「ヒロシです。」からはじまる自虐ネタで
2004年頃に大ブレークしたヒロシさんは、
現在、YouTuberとしても活躍しています。
趣味のキャンプをしながら撮影した動画を
自分で編集してYouTubeで配信したところ、
新しいファンがじわじわと増えていき、
チャンネル登録者数50万人超えの人気者に。
「好き」からはじめたことをきっかけに
コンテンツを届けたり、グッズを生み出したり。
たのしい仕事につなげていくヒロシさんを、
糸井重里は自分にそっくりだと感じていました。
ここ最近はキャンプに興味津々の糸井重里、
またひとつ、好きから、はじまる予感です。

>ヒロシさんのプロフィール

ヒロシ

芸人兼ソロキャンプYouTuber
1972年、熊本県出身。本名、齊藤健一。
九州産業大学商学部商学科卒。
ピン芸人として「ヒロシです。」の
フレーズではじまる自虐ネタで大ブレーク。
俳優としても映画『転校生 さよならあなた』
『22才の別れ(大林宣彦監督)に出演。
現在はカフェ「FOREST COFFEE(旧ヒロシのお店)」を経営。
お笑いライブなどの活動も続けている。
レギュラーも増えBS朝日『迷宮グルメ異郷の駅前食堂』
〔毎週火曜日22:00~〕も絶賛放送中!
また、2015年3月よりYouTube「ヒロシちゃんねる」を開設。
自ら撮影、編集したソロキャンプ動画をアップして人気を集め
チャンネル登録者数は50万人を突破(2019年11月時点)。
著書には、シリーズ50万部を突破した『ヒロシです。』
『ヒロシです。2』(共に扶桑社)、
『ヒロシです。華も嵐も乗り越えて』(東邦出版)、
『ネガティブに生きる。ヒロシの自虐的幸福論』(大和書房)、
ヒロシの日めくり『まいにち、ネガティブ』(自由国民社)、
『今日のネガティブ』(SBクリエイティブ)、
『働き方1.9 君も好きなことだけして生きていける』(講談社)
発売前に増刷が決定した
『ひとりで生きていく』(廣済堂出版)も出版。

前へ目次ページへ次へ

ヒロシ
ぼく、釣りが一生モンの趣味になると思ったんで、
倉庫を借りて、釣りの道具をそろえて、
歳をとったときのヘラブナ用の竿まで、
全部用意していたんですよ。
糸井
うん、うん。
ヒロシ
それが、飽きちゃったんですよ。
糸井
なんで‥‥!

ヒロシ
釣り自体は好きなんですけども、
釣りをやっていると、
寄ってくる人が出現しはじめたんですよ。
「お前の釣り方はよくない」とか。
糸井
はいはい、それはよくわかります。
ヒロシ
こういう人が増えてきたんで、
嫌になって行かなくなってきたんです。
で、釣り道具は処分して、
倉庫にはキャンプのセットが並んでいます。
糸井
キャンプには、
そういう面倒な人はいないの?
ヒロシ
キャンプがいいのは、
たのしみ方が人それぞれなんです。
たとえば、いろんなキャンプ道具がありますが、
ぼくは、いかにシンプルに
ザックひとつで一晩すごせるか、
というのが好きなタイプなんですけど、
みんなでワイワイやるたのしみもあります。
もっと細かく言ったら、
アウトドアナイフの研ぎ方だけが好きな人なんて、
YouTubeで、ずーっと砥石の紹介をするんです。
糸井
砥石かあ(笑)。
ヒロシ
テントだけが好きな人、
登山をしてキャンプするのが好きな人、
いろんなパターンがあるんですよね。
だから、広がりがすごいんですよ。
糸井
「キャンプ」っていうことばの中に、
いわば人類の歴史が入っているわけですね。
ヒロシ
本当にね、それを感じるときがあるんですよ。
たとえばぼく、焚き火を点けるのに
ライターをできるだけ使いたくなくて。
糸井
ほおー。
ヒロシ
最近できるようになったのが、火打ち石です。
火打ち石で小さな火花を出して、
その点が布切れの隅につくんですよ、ポツンと。

糸井
火を点ける相手は布なんですか?
ヒロシ
いろんな方法があるんですけども、
ぼくの場合は布ですね。
火が点いたら天然の枯れ葉で包んで‥‥。
糸井
フーッフーッて。
ヒロシ
そうです。
この火種が徐々に広がって、炎になります。
誕生したばかりの炎は、赤ちゃん。
最初の点は、いわば精子ですよね。
ポンッと着床して、これが赤ちゃんになります。
赤ちゃんは最初、手がかかるから、
油断するとすぐに消えちゃうんです。
だから、赤ちゃんの炎が生まれる前に、
揺りかごになるような
小さくて細い木を準備しておきます。
いきなり太い木を与えても燃えつきません。
徐々に徐々に、すこーしずつ炎を育てるんです。
糸井
炎を育てるんだ。なるほど。
ヒロシ
火が一度安定して、炎がブワーってなったら、
勝手に炎が勢いよく燃えていく。
これが人間で言うところの10代。
訳もわからずにとにかく、
燃えろ燃えろで燃えているんですよ。
ただこれが落ち着いてくると、30代に突入する。
糸井
ああ、なるほど(笑)。
ヒロシ
おい、ちょっと待ってよと振り返る。
いろんな知識をためて
仕事もそれなりにできるけども、
そんなにもうワーッとはならない。
髪にそり込みなんか、もう入れません。
糸井
薪(まき)が赤くなっている状態だ。
ヒロシ
熾火(おきび)って言うんですけどね。

糸井
ぼく、ストーブ好きなんでよくわかります。
あの状態が大好きで、
芋を置いておくだけで焼き芋が焼ける。
ヒロシ
そうです、そうです。
あの状態がいちばん渋くていいですけどね。
30代から後はやっぱり木を足していかないと、
どんどん燃えて最後、灰になってしまう。
焚き火って、生き物と同じなんです。
誰かに助けてもらわないと
大きくなれないときもあるし、
ワーッと勢いのあるときもあるし。
大げさかもしれないですが、
キャンプのいたるポイントで、
そういうことを感じることがあって。
糸井
自分が人類のひとりとして、
いまの時代に生まれたっていうことは、
過去のものすごい歴史を全部背負って
今日に至ってるんだなっていう気がするんだよね。
ヒロシ
そうそうそうそう! そうなんですよ!
キャンプ場に行きますとね、
すごい大木があったりするわけですよ。
その木は何百年も前の木なんだと。
ということは、ずーーっと昔に、
この木の周りでひと休みしていた農夫の方とか
いたんじゃないかなとか想像するんです。
でも、いまはその時代の人は誰ひとりいない。
この木だけが残っていて、いまはそこに俺がいる。
じゃあ次の時代は、どういう人がいるんだろう。
そういうことを考えたりする時間が、
キャンプの素敵なところです。
糸井
じんとくるよねえ。
キャンプに行く人のなかには、
「何をするか」ということと、
「どこを端折るか」ということがありますよね。
たとえば、キャンプ用の靴は必要なのか、
テントにしても、ポンと投げるだけで
バーンといいテントができることを選ぶのか。
気軽にできることを喜ぶ人と、
自分でやりたい人がいますよね。
ヒロシ
そうです、そうです。
みんなそれぞれわかれるんですよ。
ただ、グループでキャンプをすると、
ひとつのテントに泊まるじゃないですか。
これだと人に合わせなきゃいけないんで、
いっしょに行った人に不満を言われたら
たのしくないじゃないですか。
ぼくは本当は小さいときに親がやっていた、
竹を組んでブルーシートだけで泊まるような
キャンプに憧れていたんで
「こんなのに泊まるのかよ」なんて言われたくない。
4、5年前から1人で行くようになって、
ようやく「これだ」と思えました。
糸井
ひとりでキャンプをやるようになってから、
もう4、5年経つんだ。
グループのキャンプは何年ぐらい?
ヒロシ
ずーっと、小学校のときから。
糸井
そんなに長くやってたんだ(笑)。

ヒロシ
グループは大変でしたね。
ひとりでキャンプに行くようになったら、
もう全部が自分の責任になりますけども、
全部を自分で選んでいいんですよ。
糸井
いっしょに行った人を
ガッカリさせることもない。
ヒロシ
自分がガッカリするだけ。
糸井
自分だけのガッカリは、
結構たのしいんだよね。
ヒロシ
ええ、たのしいんですよ。
たとえば、火起こしにしても、
いまは火打ち石でやってますけど、
最終的には木で擦(こす)って
火を起こすのまでやりたいんですよ。
これはみんなと行ったらできないわけですよ。
糸井
「まだ火がつかねえのか!」ってなるから。
ヒロシ
「お前、キャンプ得意って言ってたくせに、
火も起こせねえのか!
オレの友だちは炭使って速攻で火起こしてたぞ」
とか言われても、かなわんのですよ。
そりゃあね、炭を使えばすぐに火は点けられますよ。
でも、そんなことで口論するのも面倒じゃないですか。
だからひとりでキャンプに行くんです、ぼくは。

9月に銀座ロフトで開催したイベント
『好きから、はじまる。』で展示していた、
「あの人の、好きなもの」を毎日ご紹介します。
子どものころからずっと好きなもの。
いま、なんだかすごく好きなもの。
じつは、ひそかに好きなもの‥‥。
いろんな人の「好きなもの」が集まりました。

好きなもの
「モーニング娘。’19の活動で
欠かせないもの」セット
加賀楓 (モーニング娘。’19/アイドル)

       

いま、いちばん好きなものはオーディオ機器です。
イヤホン専門店に行って2時間入りびたるくらい
夢中になれるものです!
現在はイヤホン・ヘッドホンを6個、
スピーカーを1個持っています。
その日の気分や服装によって使うものを変えています。
このイヤホンはマグネットが入っていて、
使わないとき、首から下げたまま
イヤホン同士をくっつけて落ちないようにしてくれるし、
それがひとつのオシャレになるので、
1番気に入っています。
メイクブラシは、ライブでの活動が多いので、
汗をかいても取れないメイクをするために、
コスメ付属のブラシではなく
こういうブラシを使ってメイクをしています。
撮影、ライブの仕事の時には必ず持ち運んでいます!

 

好きなもの
ピジャ
スキウサギ (自称・野ウサギ)

       

あちちでうみゃすだから。

(つづきます)

2019-12-03-TUE

前へ目次ページへ次へ