春と秋の年2回、
連ドラがはじまるころに掲載される。
ほぼ日名物「連ドラチェック」です!
ほぼ日刊イトイ新聞が誇る、
超弩級テレビッ子、あややが
脚本家、森下佳子さんと
マンガ家、荒井清和さんといっしょに
今季の連続ドラマについて熱く語ります。
ときに本質をえぐり、しばしば昔話に花を咲かせ、
しょっちゅう脱線する、たいへん自由な雑談。
例によって長くなると思いますので、
どうぞのんびりおたのしみください。
進行は、ドラマのことはまったくの素人、
「ほぼ日」の永田が担当します。
味わい深いイラストは、
「沼のハナヨメ」でお馴染み、
「気仙沼のほぼ日」のサユミが担当。
それでは、はじめますよー!

>ドラマ好きの3人を紹介します。

ほぼ日刊イトイ新聞随一のテレビッ子。
どんなに忙しくても録画したドラマは必ずチェック。
毎週発表される視聴率なども無意味に把握。
幼少期から蓄積されたテレビの知識は無尽蔵。

 

漫画家・イラストレーター。高品質な似顔絵には定評が。
ドラマ、スポーツ、バラエティー番組などが好き。
キャラクターデザインを手がけた
『伊勢志摩ミステリー案内 偽りの黒真珠』
Nintendo Switch、PS4、Steamで配信中。

脚本家。『JIN-仁-』『白夜行』『義母と娘のブルース』
大河ドラマ『おんな城主 直虎』など、数々の名作を生みだす。
NHK朝ドラ『ごちそうさん』で向田邦子賞を受賞。
新作の『だから私は推しました』も大好評。

前へ目次ページへ次へ

──
はい、どんどん、行きましょう。
あやや
それではこれ行っていいですか。
『G線上のあなたと私』。
森下
TBS、火曜10時。
荒井
バイオリン‥‥。
『カルテット』的なもの?
あやや
と、思うでしょう?
私もこの枠でバイオリンだから、
最初はそう思ったんですよ。
ところが予告編を見たら、
演奏がとても微笑ましい感じで(笑)。
つまり、カルチャーセンターの話だそうです。
森下
とはいえ、バイオリンって、
音出すまでがまずたいへんなんだよねー。
荒井
バイオリンの練習をはじめた
3人の話なんですか。
あやや
そうですね。
その3人を取り巻く人間模様。
主演が波瑠さんで、
相手役が、この‥‥福士蒼汰くん、
あ、違う、中川大志くん。
森下
混ざるよねー。
あやや
失礼しました!
──
いや、正直、ぼくはいまだに混乱します。
荒井
うん、似てますねー(笑)。
あやや
このドラマに出るのは、中川大志くん。
『なつぞら』のなつの旦那さんです。
荒井
一久(いっきゅう)さんです。
森下
『あまちゃん』じゃないほうね。
──
ぼくは「種市先輩(福士蒼汰)」と
「秀頼(中川大志)」で覚えてます。
あやや
森下さん、いっそのこと、
双子の役とか書いてもらえませんか、この2人で。
森下
‥‥その話も前にしたような。
あやや
ははははは。
森下
でも、混乱するよねー。
この枠、いま『Heaven?』やってるんだよ。
で、福士蒼汰くんが出てて、
つぎがこの『G線上のあなたと私』で中川大志くん。
あれ? また出るの? って思っちゃう。
あやや
そうなんですよ、そうなんですよ。
森下
と思ってたら、TBSの金曜10時
『4分間のマリーゴールド』は、
福士蒼汰くんなんだよね。
荒井
いやぁ、もうわけがわからない(笑)。
森下
みんな好きなのはわかるけど、
なんか決まりがあるんですか。
こういう顔を置かなければいけない、
みたいな(笑)。
──
いま好かれる顔の系統なんでしょうか(笑)。
あやや
じゃ、多重人格の役ってどうですか?
森下
多重人格なんだけど、
本人同士じゃない、っていうこと(笑)?
ややこしい!
あやや
役者自体が変わるんですよ。
──
ちょっとおもしろいね。
あやや
ふつう多重人格の役って、
ひとりの役者さんが
いろんな人格を演じ分けますけど、
同じ人物を、別の人格で、
中川大志くんと福士蒼汰くんが演るっていう、
そんなミステリー、森下さんお願いします。
世間も混乱してるから、いっそ共演させようっていう。
荒井
でも、よく見ると違うんですよ。
──
そりゃそうだ!
森下
はははははは。
あやや
あははははは、荒井先生(笑)。
──
荒井先生、ダメだそれ、おもしろい(笑)。
あやや
「よく見ると違うんですよ」って(笑)。
荒井
いや、違うんですよ、よく見ると。
──
いや、そりゃ違いますよ、違う人なんですから。
あやや
あはははは、やめてー。
荒井
言い方がわるかった(笑)。
違うなとわかるようになると、
ぜんぜん違うっていうことです。
──
あれですね、よく似た双子も、
見分けがつくようになると
ぜんぜん違うっていう。
荒井
そうです、そうです。
声とかけっこう違うんですよね。
福士蒼汰さんは意外と
声が太いんじゃないかな。
あやや
で、前後しましたが、主演は波瑠ちゃんです。
『あさが来た』すごくよかったですけど、
その後、なかなか代表作がないような。
荒井
でも、ハズレてもないんですよね。
森下
そうですね。
だから、なんというか、
あえてチャレンジとかはしない感じですよね。
荒井
そうですね。波瑠さんは
『ルパンの娘』みたいなことはやらないかな。
森下
やらない(笑)。
あやや
その点、深キョンのチャレンジ精神たるや!
──
出た、あやちゃんの深田恭子さん好き。
荒井
波瑠さんも、もうすこし
勝負に行ってもいい気がするんですけどね。
まあ、深キョンほどじゃなくても(笑)。
あやや
深キョンはつねにチャレンジ。
森下
深キョンは、ああなりたくてああなったのか‥‥
そのへんは、どうなんだろう。
あやや
あのね、じゃあ、深キョン評論家から。
‥‥言ってもいいですか?
一同
言うんでしょ?

あやや
深キョンは‥‥‥‥
ああなりたくてああなってますね。
荒井
ふはははは。
──
深キョンは、
「ああなりたくてああなってる」。
森下
本人の意思なのね(笑)。
あやや
間違いありません。
深キョンは、ああなりたくてああなってます。
荒井
まぁ、本人がヤだったらやらないでしょう。
あやや
でも、深キョン、すごくないですか?
ドロンジョ様になってみたり、
急にサーフィンはじめてみたり。
話題、てんこ盛りじゃないですか。
で、いまは「ルパンの娘」ですよ。
あれはもう、完全に、
ああなりたくてああなってますよ。
──
じゃあ、波瑠さんも、リスクを恐れず、
ああなることを望めばあの道もあるってこと?
あやや
うーーん、それはない。
──
ないのか(笑)。
荒井
まぁ、波瑠さんは望まないだろうなという気が。
森下
その道は深キョンのためだけの道だから。
あやや
つまり、
深キョンはああなりたくてああなってるけど、
波瑠さんはああなりたくないのでああなってない。
──
深キョンの話はそのくらいにして、
ドラマの話をしてください。
荒井
これはマンガが原作なんですね。
あやや
いくえみ綾さんのマンガです。
というと、同じ波瑠さんが主演を務めた
『あなたのことはそれほど』
を思い出しますけど。
荒井
『あなそれ』ですね。
『あなそれ』って、ヘンなドラマでしたよね。
森下
ドラマがヘンっていうか、
東出昌大くんがヘンだった(笑)。
あやや
いわゆる「怪演」でしたね。
荒井
この『G線上のあなたと私』も、
ああいうこじれた感じの話になるんですかね。
森下
まあ、もつれはするでしょうけど、
あれほどドロドロした感じには
ならないんじゃないでしょうか。
あやや
ヒューマンドラマみたいですけど、
なんか、明るい感じしますよね。
森下
そうそうそう。
あやや
人生をこじらせた人たちが、
こころを交流しながら、たのしく、
こじらせなく生きていく話みたいな。
荒井
どうしても『カルテット』を
思い出しちゃいますけど‥‥。
森下
ああいう切羽詰まった感じではなくて、
もうちょっと日常っぽい話なんだと思う。
荒井
いわゆる恋愛モノじゃないってことかな。
あやや
ラブというより人間模様なんでしょうね、軸は。
TBSのドラマって、『凪のお暇』もそうだけど、
そのへんちゃんと描いてくれますよね。
森下
そうですね。
そういうとこは絶対外さないと思います。
あやや
明るい雰囲気もありつつ、
いくえみ綾さん原作ですから、
ちゃんと心の内面を描くと思いますよ。
リアルなところで。
荒井
やさしいお話になるんですかね。
問題を抱えた3人が教室に行ったことで、
みんなバイオリンに救われていく、みたいな。
あやや
バイオリン、ちょっとヘタでしたけどね。
──
ドラマが進むにつれて
うまくなっていくんじゃない?
バイオリン教室に通う話だから。
あやや
あ、そういえば、バイオリン教室の講師役で
『だから私は推しました』の
桜井ユキさんが出ますね。
なんか、モテる役みたいですよ。
どうですか、桜井ユキさんは、役者さんとして。
森下
桜井ユキちゃんって、
実は、けっこう遅咲きなんですよ。
年齢もいま32歳かな?
遅咲きな分、いろいろやりたいって感じで、
これからいろんな役で出ていくと思いますよ。
荒井
なんか、そういう予感しますよ。
あちこちに、気がつけばいる、みたいな。
森下
一時期の吉田羊さんみたいにね。
過労にだけは気をつけてほしいなー。
あと、お酒強いんだよ。
あやや
ああー、強そう!
森下
並みじゃないから、
まわりの人が潰れていくから。
あやや
お酒飲める人って、うらやましいなー。
共演者とか、スタッフさんとか、
仲良くなりそうじゃないですか。
森下
ああ、そういう感じの人ですよ。
どこにいても気持ちいい感じで。
だから、体に気をつけてね、ユキちゃん?

あやや
ユキちゃん、気をつけてねー。
ユキちゃん、見てるー?
──
どこに向かって手を振ってるんだ。
あやや
いや、なんとなく。
見てるー?
──
いや、見てないから。

あやや
続いては、『同期のサクラ』。
森下さんの師匠ともいえる
遊川和彦さんが脚本です。
森下
そうなんです。
あやや
これ、ストーリーを読んで、
私、すごく観たくなったんですよ。
森下
うんうん。
──
ええと、公式ページによれば、
「北の小さな離島から上京した主人公、
サクラが大手ゼネコンの入社式で、
『私の夢は故郷と本土を結ぶ橋を架けること』
と社長に宣言。
しかし、配属に影響する大事な新人研修で、
社長の理不尽な言動に、
サクラの忖度できない性格が、
思わぬ事態を引き起こす。
これはどんな逆境にも自分を貫いたサクラと、
その同期たちの10年間の記録」、とのことです。
あやや
遊川さんって、
主人公に困難を与えて、
物語を過激にするじゃないですか。
試練を与えて、与えて、与えて。
森下
ああ、そうかな‥‥。
『過保護のカホコ』は?
あやや
あれはあれで「異常な過保護」という
試練を与えてるんですよ、カホコに。
森下
あー、なるほどね。
つまり、ふつうじゃない過激な何かが、
いつも主人公に降りかかる。
あやや
そうそう、それで目が離せないっていう。
今回もまさに過剰なことが
いろいろ用意されてるみたいですけど、
すごく興味があるのが、このドラマ、
「1年1話」なんですって。
荒井
へーーー。
ああ、じゃあ、10年間を10話くらいで。
あやや
一歩一歩、乗り越えながら
進んでいくんじゃないかなと。
森下
そういえば、『十年愛』って、むかしあったね。
あやや
そうそうそう。
『十年愛』ですよ、これ。
荒井
『十年愛』型(笑)。
──
なんですか、それは?
あやや
ダウンタウンの浜ちゃんと田中美佐子さんの
『十年愛』っていうドラマがありまして、
それがまさに1話1年だったんですよ。
あれ、私、けっこう好きでした!
ありがーーとおー♪
荒井
大江千里さん。
あやや
そう。主題歌、うたってたし、
出演もしてましたよね、大江千里さん。
ありがーーとおー♪
荒井
主題歌、それでしたっけ?
あやや
ありがーーとおー♪

──
もういいから。うるさいから。
あやや
ともかく、高畑充希ちゃん演じるサクラが、
大手ゼネコンに就職して、
逆境に打ち勝ちながら10年の記録。
これはおもしろいんじゃないですか?
荒井
うん、おもしろそうです。
あやや
しかもね、今回、サクラに与えられる試練は
そうとうなものになるんじゃないか、
と私は予想しています。
公式ページに掲載された
遊川さんのこのコメントをお読みください!
ていうか永田さん、朗読してください!
──
急に‥‥はい、読みます。
「このドラマは、人の成長を描くドラマですが、
人は一体いつ大人になるのでしょうか?
大人になるとは何なのでしょうか?
この主人公は周囲の声など気にせず、
10年間変わらない。
そんな人間がどうなっていくのか?
そんな人間がいて欲しいという思いを込めて、
作っていきたいと思います」‥‥とのことです。
あやや
どうですか。
これは、与えまくりますよ、遊川さん。
試練を。これでもかと。
──
いろんなひどい目に。
あやや
遭っちゃいます。
どんなひどい目に遭っても、
変わらず、自分らしく、いられるのか。
そんな姿が毎週描かれるのではないか!
‥‥と勝手に予想します。
荒井
でも、高畑充希さんは似合いそうですね、
遊川さんの試練を乗り越えていく役が。
森下
たしかに、主人公の芯が弱いと、
かわいそうになっちゃいますからね。
あやや
マイペースで乗り越えていく
主人公のサクラに高畑充希さん。
いいキャスティングだと思います。
荒井
その脇の同期役に橋本愛さん。
この組み合わせもいいですね、
高畑さんとはいかにもキャラが違いそうで。
あやや
橋本愛さんって、
見るたびに雰囲気が変わりますよね?
シューッとなったり、バァーンとなったり。
荒井
たしかに。
いつも同じイメージ、って感じじゃないかも。
急に細くなったり‥‥。
あやや
ちょっとふくらんだり。
──
こらこら。
あやや
いや、でも、ほんとに雰囲気違うんですよ。
前髪ぱっつんで日本人形みたいになったり。
ちょっとヒップホップみたいになったり。
──
それはあれじゃないの?
ロバート・デ・ニーロ的に、
役に合わせて変えてるとか。
あやや
いや、どちらかといえば、
プライベートで変わった自分の雰囲気に
役を合わせているんじゃないかと。
──
こらこらこら。
あやや
いや、誤解しないでください。
私、橋本愛ちゃんはね、好きなんです。
いつも「こう来たか」という
ギャップがあって、いいんですよ。
森下
でも、そんな橋本愛ちゃんも、
このドラマの中では10年歳をとるわけでしょ?
それはちょっとたのしみですね。
あやや
あー、たしかに、たしかに。
橋本愛ちゃんの10年は、
けっこう見応えあると思います。
森下
それに比べて、
高畑充希ちゃんは、
10年経っても変わらなさそうだなー。
いい意味でのどっしり感がある。
荒井
そうですね、なんかちょっと、
ある意味ベテラン感もあるような。
森下
なにせ、子どものころピーターパンを
やり尽くした方ですから!
──
そ、そういう問題?
あやや
あと、ほかのキャストでいうと、
私、けっこう好きなのが、
新田真剣佑くん。
森下
あー、真剣佑くんねー。
あやや
めちゃくちゃきれい、真剣佑。
イケメン界のなかでもさらにきれい。
この、すごい、なんていうの、
とにかく、マッケンユー。
森下
うちの娘、ものすごい塩顔好きなんだけど、
「真剣佑だけは別」って言ってました。
塩顔好きからも一目置かれてます!
あやや
わかります、わかります。
真剣佑だけは、あらゆることの例外です。
もうね、完璧なの。
二重の感じとか、瞳のうつくしさとか。
森下
そのとおりだ。
あやや
イエーイ、マッケンユー!
森下
イエーイ、マッケンユー!
──
‥‥ああ、本名なのか。
「真剣佑」で「まっけんゆう」って読むんですか。
すごい名前だな。
荒井
永田さんは、この人が
千葉真一さんの息子だ
っていうのは知ってますか?
──
へー、いえいえ、知らなかった。
森下
しかも弟も俳優さんなんですよ。
眞栄田郷敦(まえだ ごうどん)っていう。
──
「ごうどん」! 「まっけんゆう」と「ごうどん」!
すごいネーミングですね。
さすが千葉真一さん。
ていうか、兄弟なのに名字違うんだ?
んん? そもそもなんで「千葉」じゃないの?
あやや
いいんですよ、そういう細かいことは。
こんだけイケメンなんだから。
──
千葉真剣佑と千葉郷敦じゃだめなのか。
森下
いや、新田真剣佑のほうがいいでしょ。
あやや
うん、絶対そっちのほうがいい。
──
「千葉」のほうがいいですよ。
なんか「一族」っぽいじゃないですか。
千葉一族の跡継ぎとして千葉真一さんから
奥義を伝授されそうじゃないですか。
荒井
なんの話ですか、これ。
あやや
そもそも、千葉真一さんだって、
本名が「千葉」なのかどうかわかんないですよ?
森下
あ、そうだよね。
──
何を言ってるんですか。
じゃあ調べてみますよ。
あ、海外では「サニー千葉」でしたね。
えっと、ウィキペディアによると‥‥
えっっ!!! 本名じゃない!!
あやや
ほら!
森下
ほら!
──
しかも、ずいぶん違う‥‥。
あやや
なになに? どんなの?
──
千葉真一さんの本名は‥‥。
「前田禎穂(まえだ さだほ)」さん‥‥。
森下
えっ! まえださだほ?
荒井
「千葉」でも「真一」でもないんですか!
あやや
予想のななめ上を行きましたね。
荒井
ちょっと、衝撃です。
名前でイメージぜんぜん違ってきますね。
あやや
やさしい名前‥‥。
──
うん。まえださだほさんは、
影の軍団とか率いてなさそう。
あやや
名前って大事ですよ。
そういう目でほかのキャストを見ると‥‥
新田真剣佑くんの名前もすごいけど、
竜星涼くんっていうのもすごいよね。
荒井
名前、かっこよすぎる。
あやや
岡山天音くんも売れてますね。
──
真剣佑、竜星、天音‥‥。
なんだかすごいですね、このドラマ。
あやや
そんな彼らにきっと試練を与える、
遊川先生の脚本に期待します!

──
もう1本いきましょう。
あやや
はい、『ドクターX』です!
米倉サマですよ! 大門未知子!
2年ぶりだそうですよ。
どうやら蛭間院長の
東帝大学病院に戻ってくるようですよ。
つまり西田敏行さんのところですよ。
森下
違うところに行ってたんだっけ?
あやや
いろいろ行ってます。
北大路欣也さんのところとか。
荒井
このドラマも『相棒』と同じく、
「人気シリーズがマンネリにならないように」
というテレ朝の工夫が施されてますね。
森下
うまいですよね、そのへん。
あやや
そういう意味では、
私、ちょっと心配があるんですよ、
『ドクターX』。
──
どういうことですか。
あやや
大門未知子さん、医学界ではもう、
やり尽くしちゃった気がするんですよ。
これ以上高みがあるのかな、と。
そう思いません?
──
それはあれかな、
各話をつなぐ縦軸のようなものとして、
取り組むテーマがあるのか、と。
あやや
そうです!
『ドクターX』の新シリーズが
はじまると聞いて私はそこが心配でした。
しかし、安心してください!
──
どっちなんだよ。
あやや
大門未知子さんは
新しい領域に踏み込みました。
今回ついに、ビジネスです。
荒井
ビジネス!
あやや
赤字に転落した東帝大学病院に、
ハゲタカがやってきます。
森下
鳥?
あやや
比喩です。
海外ファンドの投資家だそうです。
──
ああ、書いてありますね。
ハゲタカの異名を持つニコラスがやってくる。
あやや
つまり、ハゲタカじゃなくて、
ニコラスがやってくるんですよ。
ニコラスというハゲタカがやってくるんですよ。
ハゲタカがニコラスです。

──
言いたいだけだろう。
あやや
そんなわけでちょっとおもしろそうです!
荒井
東帝大学病院が赤字に転落したとなると、
大門未知子に払うお金はあるんですかね?
森下
いままでと立場が変わりそうですね。
──
どういうことですか。
あやや
大門未知子はフリーの外科医なの。
それで、なんかやりよると、
岸部一徳さんがメロンと請求書を持ってきて、
そこに「何千万」とか書かれてるわけ。
それを「ん?」ってやるのが西田敏行さんだったの。
ところが、払うお金ないとなると、
そこがどうなるのかなと。
──
あー、なるほど、つまり、
いままでは『ブラック・ジャック』だったけど、
これからは『赤ひげ』に。
あやや
うまいこと言った。
永田、うまいこと言った。
──
恐縮です。
荒井
しかし米倉涼子さん、
すっかりこの役が定着して、
完全に「大門未知子」になっちゃいましたね。
あやや
うちの子どもとか、CMの米倉さん見て
「大門未知子だ」ってふつうに言ってますよ。
荒井
ここまでハマっちゃうと、
『相棒』とか『科捜研』みたいなことに
なっちゃうかもしれませんね。
森下
それはそれですごいことだと思います。
本人はイメージがつきすぎないようにしている
という話も聞きますけど、
まあ、こんなに続いてるって、すごいことですよ。
あやや
なんだかんだ言って、
私たちもたのしみですからね。
で、『ドクターX』といえば、
気になるのがファーストシーンですよ!
森下
ファーストシーンね、たのしみ。
荒井
シリーズ第1話の最初、
大門未知子の登場シーンは
かならずゴージャスなことになりますからね。
あやや
競馬場にいたり、ニューヨークにいたり。
森下
山登ったりね。
あやや
そこにお金をかけるのが
このシリーズのお約束!
──
お約束といえば、
ぼくもちょっと気になってるんですが‥‥。
あやや
なんですか。
──
公式サイトのメインビジュアル。
いつものように、大きな「X」に
米倉さんが寄り添うデザインなんですが、
いつもあやちゃんが絶賛する
「どうですか米倉サマのこのポーズ!」
みたいなものと比べると、
ずいぶん保守的だな、と。
森下
そうだよね。
荒井
たしかに、「X」の横に立ってるだけ。
あやや
しかも、ロングスカート? 足、なし?
森下
ふつうのファッション誌の
モデルさんみたいに立ってますね。
あやや
これ、撮ってないんじゃないの?
──
え?
あやや
これはファッション誌に載ってる
米倉サマを切り取って、
「X」の横に合成したんじゃない?
このために撮影してないんじゃないですか?
森下
そんなことするかなぁ。
荒井
っていうぐらい保守的なビジュアルですね。
森下
やっぱりミニスカートはいてほしいなぁ。
荒井
攻めてないですよね。
あやや
攻めてほしいな。
「X」の文字とセクシーに絡んでほしいな。
森下
工藤静香さんはインスタで
ビキニ披露ですからね!
荒井
それはサーフィンやってるだけでは。
あやや
こんな米倉サマ、
私たちの知ってる米倉サマじゃない!
もっと攻めてくれ! 足を見せてくれ!
──
いまこのしゃべってる時点が9月上旬で、
ちょっと早いからじゃない?
今後、本チャンのビジュアルに差し替わるとか。
荒井
いまは「大門未知子(仮)」ですか。
森下
どうなんだろう。差し替わってほしい。
あやや
差し替わってくれー!
──
果たして、この記事が出るころには、
差し替わっているでしょうか‥‥。
※はい、見事に差し替わってました。
 「こちら」をご覧ください。

(明日に続きますーー)

2019-10-12-SAT

前へ目次ページへ次へ