hobo nikkan itoi shinbun

三菱地所×丸の内15丁目プロジェクト×ほぼ日 ものすごく気軽にラグビーを観にいこう。2019 たのしみたいには、上下はない!とっても気軽なラグビー観戦イベント。三菱地所×丸の内15丁目プロジェクト×ほぼ日 ものすごく気軽にラグビーを観にいこう。2019 たのしみたいには、上下はない!とっても気軽なラグビー観戦イベント。

2019年6月1日(土)14:15試合開始 ※雨天決行 東京。秩父宮ラグビー場 ヒト・コミュニケーションズサンウルブズvsブランビーズ 特典いろいろのチケットで3,000円(税込)

SCROLL DOWN

みんなでラグビーを観戦するイベントが、
3年ぶりに帰ってきました。
今回は「スーパーラグビー2019」という
世界レベルの戦いを体感しにいきます。
純粋に試合を観るだけでもたのしめますが、
はじめての観戦でもぶらりと参加できるように、
「にわかラグビーファン」歓迎のおたのしみも
たくさんご用意しています。
1. 都心からアクセスのいい会場で、
2. 1,500人がまとまった席に座って、
3. 中竹竜二さんと糸井重里の生解説を聴きながら、
「ものすごく気軽に」観戦をたのしみましょう!

販売予定の枚数を終了しました。
ありがとうございました。(2019年5月23日 12:00 追記)
「チケットラグビー」の特設サイトへ
「ものすごく気軽にラグビーを観にいこう。2019」
チケット発売 :5月23日(木)午前11時まで
※「チケットラグビー」の特設ページからご購入いただけます。
※ 購入にはチケットラグビーの会員登録が必要となります。
※ 予定枚数が終了しだい、期間内でも販売終了します。

ああ、うれしいです。
またみんなでラグビーを觀られるなんて。
しかも、世界最高峰リーグの
スーパーラグビーの試合を、目の前で!
はじめて試合を観る人でも、
気軽に会場でたのしめるように
いろんな企画をご用意しました。

  • おたのしみ1

    「ヒト・コミュニケーションズ サンウルブズ」
    2019年シーズンの日本最終戦です。

    今回みんなで観戦するのは、
    南半球中心に開催されているリーグ
    「スーパーラグビー2019」の国内最終戦。
    日本代表チームとして参戦している
    「ヒト・コミュニケーションズ サンウルブズ」が
    オーストラリアを代表する強豪チーム
    「ブランビーズ」を本拠地で迎え撃ちます。
    スーパーラグビーのレベルの高さを
    他のスポーツに言い換えてみれば、
    野球のメジャーリーグやサッカーのプレミアリーグに
    日本チームの「FUJISAN」として
    出場しているんだとご想像ください。
    9月に日本で開幕するワールドカップを前に
    世界レベルの試合を体感できる、
    ぜいたくな試合が観られますよ。

  • おたのしみ2

    1,500人がまとまって座れて、
    気軽に觀られる自由席。

    今回のイベントでは、1,500人もの大人数が
    まとまって観戦できるのが魅力です。
    観戦イベントを主催しているのは、
    「スーパーラグビー
    ヒト・コミュニケーションズ サンウルブズ」の
    タイトルスポンサーである三菱地所さん。
    「丸の内15丁目プロジェクト」でのトークショーや
    「第4回 生活のたのしみ展」など、
    ラグビーにまつわるコンテンツを
    いっしょに企画することが多いご縁で、
    「ほぼ日シート」も特別にご用意いただきました。
    「丸の内15丁目プロジェクト」と「ほぼ日」が
    いっしょに観戦するエリアには、
    にわかファンも、にわかじゃないファンもいます。
    応援してきた時間は違っていても、
    会場でたのしみたい気持ちはみんな同じです。
    せっかくなのでルールを教わったり、
    観戦しながら一喜一憂を共有しあったりできるのも、
    スポーツならではの魅力です。

  • おたのしみ3

    会場は、外苑前駅から歩いて5分。
    気軽に行ける秩父宮ラグビー場。

    試合会場の「秩父宮ラグビー場」は、
    東京メトロ銀座線「外苑前駅」から徒歩5分。
    渋谷から2駅とアクセスも良好なので、
    ほんとうに気軽に遊びにいける場所です。
    空の下、都心でスポーツ観戦ができるのは、
    ラグビーのうれしいポイントのひとつ。
    そして、このイベントに参加する
    1,500人でまとまって座れる自由席なので、
    座席の移動も自由にできます。

    ▲16番ゲートのあたりに1,500席分ご用意します!
  • おたのしみ4

    「にわかラグビーファン観戦キャップ」と
    「Ask me/Teach me」缶バッジを
    みんなでつけて応援します。

    ほぼ日と丸の内15丁目プロジェクトが
    開催するラグビーイベントの合言葉、
    「RUGBY NIWAKA DE GOMEN」の
    ロゴが入ったオリジナルキャップを
    参加者全員にプレゼントします。
    また、当日は来場者の全員に
    「RUGBY NIWAKA DE GOMEN」と
    印刷されたオリジナルのうちわを配布します!
    キャップとうちわの「NIWAKA」グッズで
    ラグビー観戦を盛り上げましょう。
    このイベントにご参加いただくかたは、
    にわかファンも、ずっと応援してきたファンも、
    ラグビー経験者もいるはず。
    スタジアムに観戦に来たみなさん同士で
    質問したり教えたりができるように、
    ラグビーボールの形をした缶バッジをプレゼントします。
    缶バッジには「▫Ask me ▫Teach me」という
    文字がデザインされていて、
    じぶんが「▫Ask me(わたしに聞いてね)」か
    「▫Teach me(わたしに教えて)」を選んで
    チェックマークをつけることができます。
    「Teach me」のみなさんはぜひ、
    すすんで「Ask me」のかたに質問してみてくださいね。

    ※観戦グッズの引き換えは12:15~14:45におこないます。

    ▲ボールのマークにチェックを入れてくださいね!
  • おたのしみ5

    おいしい食べものがあれば、もっとたのしい!
    「カレーの恩返しカレー」のおためしができます。

    「ものすごく気軽にラグビーを観にいこう」に
    ご参加いただく方限定で、
    5月下旬に発売する「カレーの恩返しカレー」の
    おためしの半分サイズをご用意します。
    試合前にカレーコーナーをつくるので、
    ぜひ取りにいらしてくださいね。
    おいしいカレーをみんなで食べて、
    試合前に元気と勢いをつけましょう。

    ※カレーの引き換えは12:15~14:45におこないます。

    ▲5月下旬に発売。すでに先行販売で大好評です。
  • おたのしみ6

    ラグビー観戦ガイド「にわかのミカタ」を
    参加者の1,500人全員にプレゼント!

    「ものすごく気軽にラグビーを観に行こう」に
    お越しいただいたかたには、
    来場記念のプレゼントとして、
    にわかラグビーファンが
    ラグビーをたのしむための小冊子
    「にわかのミカタ」もプレゼントします。
    にわかラグビーファン糸井重里が
    中竹竜二さんや五郎丸歩選手にした質問や
    ほんとうに基本的なルールなど、
    はじめてラグビーに触れるかたにもおすすめです。

  • おたのしみ7

    場内限定のラジオ「秩父宮FM」に、
    中竹竜二さんと糸井重里がゲスト出演!

    「ものすごく気軽に」ラグビーを観られるように、
    場内限定のラジオ放送を聴けます。
    ラグビー経験のあるレフリーの民辻さん、
    秩父宮FMでおなじみの
    ラジオパーソナリティ丸山さんのおふたりで
    お届けしているミニFM番組のゲストとして、
    中竹竜二さんと糸井重里が出演します。
    試合中の素朴な疑問をぶつける糸井と、
    なんでも答えてくださる中竹さんのやりとりを
    聴きながら試合を観てみると、
    新しいたのしみ方が見つかるかもしれません。
    出演
    ・日本ラグビー協会 A1レフリー 民辻竹弘さん
    ・秩父宮ラグビー場内FMパーソナリティ 丸山みづ紀さん
    ・日本ラグビー協会コーチングディレクター 中竹竜二さん
    ・にわかラグビーファン 糸井重里

    ◎FMラジオにゲスト出演する
    中竹竜二さんと糸井重里からメッセージです。

    中竹竜二さん

    中竹竜二さん1,500人で観るなんて、すごい企画ですね。
    普段の解説ならまずやらないことですが、
    あえて「黙って観る時間」を設けてみたいです。
    たとえば「今からスクラムを観まーす。
    次の笛が鳴るまで1分半くらい黙ってみましょうか」
    という感じで、ぼくたちの解説に引っ張られないよう、
    まず自分の目線で観られるといいですね。

    糸井重里

    糸井重里みんなでいっしょに試合を観に行くのは、
    好きになるきっかけになると思うんです。
    まず考えたいのは、スタジアムで何を食べようか。
    ラグビー場というのは屋外ですから、
    食べものがあればピクニックになります。
    「おいしい」「たのしい」がある目の前で
    ラグビーをやってくださっているんだから、
    見どころがまったくわからなくても、
    「怖いねえ」とか「あれはなに?」とか
    興味が自然と湧いてくるんじゃないでしょうか。

  • おたのしみ8

    試合をたのしんだあとは、
    みんなで記念撮影!

    80分間の試合を見届けたあとは、
    おなじ場所で盛り上がった
    1,500人のみんなで集合写真を撮りましょう。
    観客席にそのまま残って、
    「みんなで観に行ったぞー!」と
    とびきりの笑顔で写ってくださいね。
    撮影した写真はダウンロードできます。

    記念撮影の画像
    ▲試合後の興奮を、記念に残しましょう!
  • おたのしみ9

    イベントの開催前に、TOBICHIで
    「にわかラグビーファン観戦グッズ」を販売!

    生活のたのしみ展で販売していた、
    「にわかラグビーファングッズ」を
    5月14日(火)からTOBICHI東京で販売します。
    「RUGBY NIWAKA DE GOMEN」とプリントされた
    「にわかラグビーファン観戦Tシャツ」や、
    肩かけのバッグ「にわかラグビーファン観戦バッグ」を
    身に着けて、イベントにお越しいただけます。
    スタジアムへ向かう前に、
    ぜひ足を伸ばしてみてくださいね。

    ※「にわかラグビーファン観戦グッズ」は
    ウェブの「ほぼ日ストア」で6月に販売予定です。

    にわかラグビーファン観戦グッズ
    ▲にわかラグビーファン観戦グッズを販売します!
販売予定の枚数を終了しました。
ありがとうございました。(2019年5月23日 12:00 追記)
チケットの注文はこちらから。「チケットラグビー」の特設サイトへ
「ものすごく気軽にラグビーを観にいこう。2019」
チケット発売 :5月23日(木)午前11時まで
※「チケットラグビー」の特設ページからご購入いただけます。
※ 購入にはチケットラグビーの会員登録が必要となります。
※ 予定枚数が終了しだい、期間内でも販売終了します。

主催:三菱地所 企画協力:ほぼ日

  • 2016年に「ほぼ日」が秩父宮ラグビー場で開催した観戦イベントのようすはこちら
  • ほぼ日イトイ新聞の、ラグビーにまつわるコンテンツ
©JSRA photo by H.Nagaoka