7歳のときから空想だけで地図をつくる男

地理人・今和泉隆行さんに学ぶ、知られざる趣味「空想地図」のこと。

地理・地図マニアが一目置く
「空想地図」という趣味をご存知ですか? 
この世のどこにも「存在しない街」を、
想像力と知識とセンスだけをたよりに、
1枚の地図の上に創り出そうというもの。
その趣味に26年間ハマりつづけているのが、
地図作家の今和泉隆行さん。
だれに見せるでも、どこかに発表するでもなく、
ただの個人的な趣味のひとつとして、
7歳の頃からずっと地図を描きつづけています。
代表作「中村市」の地図を愛でながら、
奇妙で不思議な「空想地図」の世界と、
作者の人生哲学をうかがってきました。
担当は、ほぼ日の稲崎です。

今和泉隆行さんプロフィール ▽

今和泉隆行(いまいずみ・たかゆき)

1985年生まれの33歳。
7歳のときに「空想地図」に目覚める。
現在は自身を「地理人」と呼び、
フリーの空想地図作家として活動中。
都市や地図に関する記事執筆、
テレビ番組・ゲーム・絵本の中の、
地理監修・地図制作にも携わっている。
2015年に「株式会社地理人研究所」を設立。
現在、首都「西京市」の地図も製作中。
著書に『みんなの空想地図』。

フェイスブックはこちらから。
ツイッターはこちらから。

第6回:首都「西京市」のこと。

──
首都の「西京市」を
描きはじめているんですか?
今和泉
はい。まだ、1年くらいですが。
──
首都ということは、
人口もかなりの規模になるのでは‥‥。
今和泉
都市人口は500万人くらいです。
でも、都市の人口って、
じつはあんまり意味がないんです。
東京の人口も1300万ぐらいですが、
23区だけなら900万くらいです。

体感的な東京の密度って、
千葉・埼玉・神奈川をふくめた
首都圏のことを指しているんだと思います。
──
都心で働いている人も、
自宅は郊外だったりしますからね。
今和泉
県境を越えて見積もると、
東京首都圏の人口はだいたい
3800万くらいと言われています。
──
その計算でいくと、
西京市はどのくらいの規模なんですか。
今和泉
東京首都圏の3800万人と
京阪神の1800万人の間、
2800万くらいになる予定です。
──
そもそも中村市って、
小学生のときに描いたものを、
描き足していったわけですよね。
今和泉
そうですね、はい。
──
それがゼロからとなると、
もう自由度がありすぎて、
逆に大変そうにも思うのですが‥‥。
今和泉
なので、地図を描きはじめる前に
いろんな人の知見を集めようと思って、
ちょっとしたシンポジウムを開いたんです。
──
シンポジウム? 
誰かと協力されるんですか?
今和泉
つくるのはひとりですが、
まずは西京市がどんな都市なのか、
地理に詳しい人たちを集めて、
検証してもらったんです。
──
検証、といいますと‥‥。
今和泉
まずは「国土」のかたち。
──
こ、国土!
今和泉
西京市がなぜ首都になったのか、
その歴史についても
はっきりさせておく必要があります。

さらに西京市は東京と反対で、
北側に海が存在しています。
そうなると、
大陸プレートはどうなっているのか、
という疑問も出てきます。
──
た、大陸プレート! 
今和泉
大陸プレートを考えないと、
なぜこういう土地になったのか、
うまく説明ができないんです。
──
な、なるほど‥‥。

ええ、この資料でいうと、
西京市はどのあたりにあるんですか?
今和泉
このあたりです。
中村市はここから
南に30キロの場所にあります。
──
こうして全体を見ると、
他にも大きな都市が存在しそうですね。
立地面だけでいえば、
西京市より好条件な場所もあります。
今和泉
第二都市の可能性はありますね。
──
なんか、ここまでくると、
海外諸国との関係も気になりますね。
今和泉
そこは日本と近いものがあると思っています。
そもそも中村市にはお城跡がありますから、
文化や歴史に関しても、
日本と似ているところは多くあります。
──
ちなみにこのプロジェクトは、
誰かから依頼されたものなんですか?
今和泉
いえ、完全な個人の趣味です。
まあ、じぶんのなかで、
そろそろ次をつくりたい気持ちが
ずっとあったので。

だって、中村市は
小学生のころから描いてる街なので、
さすがにちょっと飽きました。
──
中村市の住人が聞いたら、
いまのはショックですね(笑)。
今和泉
しょうがないですよ。
中村市はそういう街なんです。
いわゆるどこにでもある
都市のひとつですから。
──
でも、西京市は首都になります。
たくさんの人が集まってくるような、
魅力ある都市計画が求められそうですね。
今和泉
そういう意味も含めて、
やっぱり首都には
首都ならではの難しさがあります。

例えば、首都には大使館が必要です。
そうなると必然的に
海外のことを考えなければいけません。
国のパワーバランスによっても、
建物の大きさや場所は変わってきます。
──
企業の本社なんかも、
やっぱり首都に集中しますからね。
今和泉
首都には政府機関も必須だし、
他国からの防衛のこともあります。
そういう気が遠くなるような
エグい作業がたくさんあるわけです。
もうほんとに面倒くさい。

まったく、なんでこんなことを
やらないといけないのか‥‥。
──
といいながらも、
なんだかうれしそうにも見えますが‥‥。
今和泉
えぇ、そうですか?
まあ、そりゃあ、すこしは(笑)。

(つづきます)

2018-12-05-WED