ほぼ日刊イトイ新聞

仲間の背中を信じて走る。

あけましておめでとうございます。
2019年の「ほぼ日刊イトイ新聞」は、
ラグビー元日本代表の五郎丸歩選手をゲストに
「にわかラグビーファン」糸井重里との対談で幕開け。
2015年のラグビーワールドカップ 南アフリカ戦で、
歴史を変える大金星をあげた日本代表。
五郎丸選手は「奇跡じゃなく必然です」と語り、
相応の準備と、仲間への強い信頼を表現しました。
最後列のフルバックという位置から、
仲間の背中を信じて走り、キックで魅せるスター選手。
日本のラグビーをもっと盛り上げたい五郎丸さんから、
糸井をはじめ「にわかラグビーファン」に
期待していることがあるそうですよ。
ラグビーワールドカップが日本にやってくる
特別な一年の、特別な対談をおたのしみください。

世界のスポーツが、日本に集まる。

糸井
ぼくら「にわかファン」にとって、
ラグビー観戦がおもしろくなりそうな話を
いろいろ教えていただきました。
ラグビーでは「音を聞け」というのと、
専門領域でやっていることを想像できないけども、
ちょっとずつ知っていくとおもしろい、というのも。
引退しても闘争心が消えないっていうのも、
外から見ているぼくには、おもしろかったです。
五郎丸
これからラグビーを好きになってくれる
「にわかファン」のみなさんに期待しているのは、
新しい応援のやり方ですね。
ずっとラグビーを観てきた人たちの間には
「こうあるべきだ」という思い込みがありますから。
「静かに観るべきだ」とか、
いろんなことがマナーのようになっているんです。
でも、日本の応援というのは、
イングランドから入ってきた文化を
そのまま取り入れただけなんですよね。
ぼくは南半球のオーストラリアに行って、
北半球のフランスにも行きましたけど、
その2か国だけでも全然環境が違うんです。
糸井
そうなんですか。
五郎丸
南半球のファンなんて大ブーイングしていますよ。
キッカーが蹴る時なんて、特に激しいです。
でも、ワールドカップの場合、
イングランド戦ではしーんとしていて、
ブーイングをする人には周りが注意するんです。
一方、フランスではラッパを吹いている(笑)。
糸井
お国訛りのようなものが出るんですね。
五郎丸
国によって全然違う応援でOKなんだなって
海外チームを経験したことで感じました。
2019年のワールドカップでは、
「にわか」ファンの方を含めて、
日本のラグビーを観る雰囲気作りができたら、
さらにおもしろいなって期待感がすごく高いです。
糸井
サッカーの日韓ワールドカップがあった2002年に、
カメルーンのキャンプ地だった
九州の中津江村の人たちが、
カメルーンを応援しにみんなで集まりましたよね。
じぶんの立場を超えて親切にしたり、
応援したりすることって、
外国の人から見るとすごく不思議らしいです。
五郎丸
いやあ、日本ならではだと思いますよ。
糸井
日本人のいい特性ですよね。
お客さんをとにかく大事にするんです。
その良さは、新しいジャパンラグビーでも
何か役立てるんじゃないかなっていう気はしますね。
五郎丸
ぼくは以前、フランスのチームにいた頃、
英語で話しかけた相手に
フランス語で返されたことがありました。
この感覚は日本人にはないなぁと思って、
いい意味でショックを受けたんですよ。
日本人が外国人を見かけると、
英語がしゃべれてもしゃべれなくても、
英語で話しかけようとしますよね。
日本語で話しかける人なんて、まずいません。
でも、フランスの、特に田舎のほうでは
本当にフランス語でしかしゃべらないんですよ。
この感覚、日本にはあまりありませんよね。
フランスの人たちを見ていたら、
「それだけ国を愛してるんだな」って感じたんです。
糸井
五郎丸さんの話は全部一貫して、
じぶんと違うものをおもしろがりますね。
五郎丸
そうかもしれません。
糸井
五郎丸さん個人の特徴なのか
ラグビー人がそうなのかわかりませんけど、
素晴らしいことですね。
「普通の人は嫌がるかもしれないけれど、
ぼくはおもしろかったんです」
ということを、何回も話しているんです。
五郎丸
いろんなことを知りたいんですよね。
中竹さんの影響が大きいかもしれないです。
糸井
ああ、似てる似てる。
意外なことを言われると、
おもしろがるんですよね。
五郎丸
いろんなことを知りたいです。
糸井
中竹さんの功績は大きいですね。
ラグビー選手がみんな、
ものすごく言葉を取り入れている気がします。
ぼく、中竹さんが日本代表を相手にした
ミーティングを見学したことがあって、
選手がたくさんしゃべるんでビックリしたんです。
「今日はどういう日にするんだ」
ということを考えて言葉にしているんです。
五郎丸
はい。
糸井
見えない知性の塊みたいなものが
ぶつかり合っているんです。
そこはね、これからラグビーを観る人たちが
本当に覚えておいてほしいことです。
ラグビーって、ものすごく知的なんですよね。
それなのに、身体がデカいっていうだけで
「肉体的」と思い込んじゃうと
観る側も損していると思うんですよね。
あのピッチで行われているのは、大物語ですよ。
五郎丸
そうですね。
まあ、身体の大きさはわかりやすいですし、
それだけ大きいと、
肉体的なものに期待するのもわかりますけどね。
糸井
2019年はワールドカップの年です。
みなさん来てください、ですね。
五郎丸
ぼくはラグビーをしているんで
ワールドカップを盛り上げてほしいのは
第一にありますけど、
2020年にはオリンピックも来ますよね。
世界3大イベントのうちの
2つが続くわけじゃないですか。
これをきっかけにスポーツのよさを
日本のみんながもっともっと理解してくれて、
他の先進国のようにスポーツを観る環境とか、
いろんなものが変わっていけばいいなと思います。
4年後に、フランスでまた同じことが起きるんです。
ラグビーのワールドカップが来て、
その翌年にオリンピックが来る。
そのモデルケースのトップバッターを
日本がやらなくちゃいけなくなったわけです。
糸井
フランスに続くんですね。
五郎丸
ラグビーだけではなくて、
スポーツイベントがこれから2年続きます。
日本の人たちがたのしく観てくれると、
もっとおもしろいだろうなと思います。
糸井
五郎丸さんは部活のOB会に参加する
いい老人になりそうですね。
五郎丸
あはは、そうですかね。
糸井
いやぁ、おもしろかった!
たいへん濃い時間を、
本当にありがとうございました。
あの、じつはぼく「にわかTシャツ」を
下に着ていたのをずっと忘れてましたよ。
五郎丸
あっ、中に着ていらしたんですね(笑)。
糸井
なかなかお見せするタイミングがなくて(笑)。
また今度、五郎丸さんが出場する試合を
「にわか」のみんなで観に行きますね。
いつもと違う声援が聞こえるかもしれませんが
たのしみにしています。
五郎丸
ぜひ、来てください。
また何かやりましょう。
今日はありがとうございました。

(五郎丸歩選手と糸井重里の対談はおしまいです。
 2019年のラグビーワールドカップに向けて、
「にわか」ファンも盛り上がれる企画をおたのしみに!)

2019-01-08-TUE

teach me!

にわかラグビーファンの質問に、
五郎丸さんが答えてくれます!

対談がお開きになる頃に、
糸井から五郎丸さんに、こんなお願いをしました。
「たぶん、この対談を読んだ人は
絶対におもしろがってくれると思うんですよ。
読者からの質問をいくつか見つくろうんで、
『五郎丸さんが答えます』っていう
コーナーを作っていいでしょうか?」。
すると五郎丸さんも前のめりになって
「ぜひぜひ、喜んで!」と快諾いただけました。
最近ラグビーを好きになった「にわかファン」の人も、
これからファンになりたいと考えている人も、
ずっとラグビーを応援してきた人も質問をぜひどうぞ。
「2019年1月15日(火)午前11時」までに
投稿いただいた質問をいくつかピックアップして、
五郎丸さんに答えていただいたものを後日、
ほぼ日刊イトイ新聞で公開します。

募集は終了しました。

「丸の内15丁目PROJECT」を
応援しています。

ラグビーワールドカップ2019™日本大会の
オフィシャルスポンサーである三菱地所が、
様々な切り口でラグビーの魅力を伝えるために、
リアルのイベントとウェブの特設サイト
「丸の内15丁目PROJECT」を展開中です!
2018年9月に丸の内で開催したイベントでは、
「美術館」「ビジネススクール」「映画館」がオープン。
ラグビーをテーマに企画した「映画館」では、
世界のトップラガーマンが残した言葉とともに
ラグビーワールドカップの名場面を描く
ショートムービー『BY THE RUGBY』を制作し、
これから順次公開していくそうです。
“15丁目映画館臨時館長”に就任した糸井重里は、
ショートムービーの第一弾『JAPAN WAY』の
完成披露試写会で五郎丸選手と対談をおこないました。
2019年、「丸の内15丁目PROJECT」では、
ショートムービーの第二弾の公開を皮切りに
さまざまなイベントなどを計画しているそうです。
1月17日(木)から20日(日)の4日間は、
「丸の内15丁目」コンテンツをリアルに体験できる
「MARUNOUCHI RUGBY FESTIVAL」も開催されます。
ぜひTwitterFacebookをフォローして、
今後の活動にご注目ください。

ショートムービー第一弾
『JAPAN WAY』

前回大会の「ラグビーワールドカップ2015」で
歴史的な大金星をあげた日本対南アフリカ戦での
大逆転勝利の裏側にあった真実を、
出場していた選手たちの言葉とともに探る
約15分間のショートムービーです。
五郎丸選手の活躍ぶりも、ぜひご覧ください。

ほぼ日のラグビー企画

  • にわかラグビーファン、U20日本代表ヘッドコーチに会う。
  • ものすごく気軽にラグビーを観に行こう。
  • 行ってきました、はじめてのラグビー観戦!トップリーグ開幕戦@秩父宮ラグビー場