長崎・佐世保のかたすみで営業していた
当時、街で唯一の靴磨店。
店主・山邊恵介さんの大学進学のため
惜しまれつつ閉店したお店が、
南青山のTOBICHIの奥のスペース
「すてきな四畳間」で、
ときどき営業してくれることになりました。
ていねいに、時間をかけて、
いたわるように靴を磨いてくれるのは、
もちろん、山邊さんご本人。
使い慣れた道具を、TOBICHIに持ち込んで。
ずっとお気に入りだったんだけど
いつしか古ぼけてしまった靴が
もういちど輝きを取り戻していくのって、
ちょっと、うれしいですよ。
最新の営業日程は以下のとおり。
どうぞ、みなさん、お立ち寄りください。
お気に入りの靴を、わすれずに。

来店時のご予約の必要はございません。
期間中、直接、
TOBICHI常設ショップにお越しください。
ただし、その日の混雑の状況によっては、
お待ちいただいたり、
受付が終了している可能性もございます。
その点、あらかじめご了承ください。
なお、作業時間は、
磨く靴の種類や大きさにもよりますが
一足につき20~30分が目安です。

現在19歳になる山邊恵介さんが
16歳のときに開いた、
当時、佐世保で唯一の靴磨店。
一坪にも満たないような、
ひみつ基地のような空間で2年とすこし。
佐世保市役所近くのビルの2階に、
静かに店を開いていました。
開店してしばらくは
ずいぶん「ひま」だったそうですが、
人懐っこい山邊さんの性格もあって、
じょじょに、お客さまを獲得。
2016年初頭の閉店にあたっては
常連さんからの惜しむ声が
たくさん、寄せられたそうです。
なお、等々靴磨店のことをはじめ
山邊さんご本人については
以下のインタビューをごらんください。
会期:10月21日(土)ー10月22日(日)の2日間
時間:11時~19時
会場:TOBICHI 1階・奥「すてきな四畳間」
    住所:東京都港区南青山4-25-14
料金:1足500円
(ロングブーツなど、磨く靴の大きさによっては
 少々お値段がアップします。上限800円)
2017-10-17-TUE