hobonichi +a.

フォーマルも、そのままで。

おとなの女性が、あらたまった場に出かけるときに着たい、
シンプルだけれど、ちゃんとおしゃれに見える服。

そんなコンセプトで大橋歩さんが考えたのが、
「hobonichi + a. フォーマルも、そのままで。」です。

基本は、黒。
ストッキングや靴を合わせて、
そのまま喪服として着られるのはもちろん、
アクセサリーや靴など、組み合わせるアイテムのくふうで、
入学式などのお祝いの席、食事会やパーティのような、
はなやかな場にも対応します。

そう、フォーマル用だからといって、
ずっとクローゼットにしまいっぱなしでは、
もったいないですものね。

年齢や体型を気にせず着られて、ふつうで、おしゃれ。

オリジナルの「hobonichi + a.」と同じコンセプトで、
ちゃんとしていて、着ごこちがいい、そんな服がならびます。

販売時期と販売方法/販売は商品が売り切れ次第終了となります。

出荷時期/お申し込みから1~3営業日以内に
出荷いたします。

最新のコレクションはこちら

大橋歩さんのプロフィール

おおはしあゆみ。
イラストレーター、デザイナー、エッセイスト。
1940年三重県生まれ。

多摩美術大学油絵学科卒業後、『平凡パンチ』の表紙専属を7年半つとめる。

1972年からフリーとなり、雑誌や広告等で幅広く活躍を続ける。

エッセイや商品開発など、「イラスト」を軸に新しい世界を
開いていった第一人者。2002年から『アルネ』を発行。

ほとんどの記事を自らの企画、写真取材、編集でつくりあげ、
ほかにはない『アルネ』ならではの編集姿勢で、
多くの読者に愛され続け、2009年12月、30号で終了。

2010年8月にみずからのファッションブランド
「a.」(えーどっと)を立ち上げ、洋服づくりと販売をおこなっている。

現在は、そのアイテムやグッズとともに、身につけるクリエイティブを紹介する
ギャラリー&ショップを東京(IO SHOP)と京都(io+)にもつほか、
『アルネBOOKS 大人のおしゃれ』の編集も手がけている。