じぶんの年齢を意識せずに着られること。

「たっぷり」だけじゃない、
きれいなシルエットであること。

かるいこと。

素材がいいこと。

つくりがいいこと。

シンプルでスタンダードなのに、
ちゃんと「今らしい」おしゃれな感覚があること。

「さあ、この服を着て出かけよう」というときに、
気負わず、ぱっと選べるかっこよさ。

今シーズンの「hobonichi + a.」は、
大橋歩さんの服づくりの「原点回帰」ともいえる
コレクションがそろいました。

身につければ、ちゃんとおしゃれ。

感じよく見えて、気分がいい。

若いかたも、年齢を重ねてきたかたも、
ふっくらしたかたも、ほっそりしたかたも、
のっぽのかたも、小柄なかたも、
みんなが着てみたくなって、
ちゃんと「その人らしく」なる。
さあ、どこに出かけようかしら? と
たのしい気持ちになる服です。

そして、ここ数年の「hobonichi+a.」の
アーカイブ的なアイテムも再登場。

買いそびれて気になっていたものが
見つかるかもしれません。

大橋歩さんのプロフィール

おおはしあゆみ。イラストレーター、デザイナー、エッセイスト。

1940年三重県生まれ、多摩美術大学油絵学科卒業後、
『平凡パンチ』の表紙専属を7年半つとめる。

1972年からフリーとなり、雑誌や広告等で幅広く活躍を続ける。

エッセイや商品開発など、「イラスト」を軸に新しい世界を
開いていった第一人者。

2002年から『アルネ』を、2010年から『大人のおしゃれ』を発行。

ほとんどの記事を自らの企画、写真取材、編集でつくりあげ、
ほかにはない編集姿勢で多くの読者に愛され続け、
『アルネ』は30号、『大人のおしゃれ』を17号で終了。

2010年8月にみずからのファッションブランド
「a.」(えーどっと)を立ち上げ、洋服づくりと販売をおこなっている。

現在は、そのアイテムやグッズとともに、身につけるクリエイティブを紹介する
ギャラリー&ショップを東京(IO SHOP)と京都(io+)にもつ。

●大橋歩さんの「イオグラフィック」のウェブサイトはこちら。

http://www.iog.co.jp/

[特典]
「hobonichi + a.」ロゴ入りハンガー
(ボトムスはズボンかけ)を
1着につき1点さしあげます。

*バッグ、ストールには
つきません。
[ハンガーとズボンかけは、
別途販売もしています。]

大橋歩さんの『ARNE アルネ・もう1回』販売中

大橋歩さんの
『大人のおしゃれ17 
春と夏 '18 最終号』

大橋歩さんが編集長をつとめる雑誌
『大人のおしゃれ』第17号。

これがこのタイトルの最終号になります。

「長く仕事をしている人達」
「ポルトガルのかわいいもの」など
魅力的なコンテンツがたくさん。

詳細はこちら

Amazon.co.jpで購入する

[販売時期・販売方法]
2018年4月24日(火)
午前11時より数量限定販売

*なくなり次第、販売を終了します。
[出荷時期]
1~3営業日以内
[アーカイブ]
[スタッフ]
スタイリング:髙品逸実

モデル:Jessica、珠里亜、小林知典

モデル写真:神ノ川智早

ヘアメイク:西ヒロコ

商品写真:安井智洋

取材:武田景