おいしい店とのつきあい方。
六冊目

109 ごきげんな食いしん坊。その3
タマ子さんの卵焼き。

小さい頃は、好き嫌いのとても多いオトコノコでした。
小学校に上がる直前くらいまで、
本当に甘やかされて育ったコトがその原因。
とは言え、ボクの母が甘々だったわけじゃない。

実は飲食店を経営していた両親。
ボクが生まれて小学校にあがるまでの6年ほどは、大忙し。
朝早くから夜遅くまで、何軒かあった店を
行ったり来たりしながら仕事をしていた。
特に、母は忙しかったんだという。
飲食店で働きたい調理人に困ることはほとんどなかった。
今のように飲食店が多くはなかったから、
そもそも働く人に困らなかった時代です。
けれどお客様の顔を覚えて、
好みに合わせたおもてなしをすることができる人は
少なかった。
自然と女将である母の出番は多くなり、
若い従業員が増えると
彼らの親代わりのような仕事も増えてくる。

それでボクは、ばぁやさんに預けられるコトになりました。
お嬢さん一人を立派に育て上げられた明るい女性で、
福々しく太っていつも笑顔の人だった。
料理が上手な人。
しかも料理をおいしそうに食べる人だというのが、
母がその人を気に入った一番の理由でもあった。
タマ子さんという名前までもが福々しくて、
ボクだけじゃなくボクの妹2人も
育ててもらうことにもなります。

タマ子さんの料理は本当においしかった。
ボクは小さな頃、虚弱体質。
喘息持ちという子供で痩せてた。
食が細くて、好きなモノは何? と聞かれると
リンゴジュースとバナナと答えるような子供だったのに、
タマ子さんの料理を食べるようになって体が育った。
幼稚園に通う頃には、もう小学生? って言われるほどで、
それもこれもおいしい料理に食がすすんだおかげだった。

なにより料理がやわらかい。
何を食べてもフカフカしていて、
特にタマ子さんの作ってくれる卵焼きのおいしかったこと。
ふっくらしていて口の中でとろけるような
スクランブルエッグ。
大きくなって、どういうふうに
その卵焼きを作っていたのか聞いてみたことがありました。

玉子3個。
2個は全卵、1個は黄身だけをよく割りほぐし、
ミルクをたっぷり。
ほんの少しの練乳を入れ甘みをつけて、塩をパラリ。
フライパンにバターをたっぷり溶かしたところに、
流し込んだらユックリかき混ぜ
バターを含ませ焼き上げていく。
もしそこに粉をくわえたら
パンケーキができてしまいそうな贅沢な作り方。
子供の口においしいように作ってくれていたのです。

厚切りにした食パンの、
耳はキレイに落としたモノを、
こんがり焼いてバターをたっぷり。
そこにはちみつをトロリとかけて、
濃い目にいれた紅茶にたっぷりミルクを注ぐ。
その組み合わせが小さなボクの朝ご飯の定番でした。
甘やかされていること甚だしい!
でも、当時のボクにはこれが当然。

しかも料理を作るに際して、タマ子さんは
「シンちゃんは何が食べたいの?」‥‥、って必ず聞く。
ボクの食べたいものを作って、
ボクをよろこばせるのがタマ子さんの仕事で、
だから献立を立てるのはボク。
小さくして、お抱えシェフを雇ったかのようなボクは
我が世の春です。
好きなものだけ食べて育った。
当然、嫌いなモノは食べる必要のない食生活。
好き嫌いが激しくなるのも自然ななりゆき。

固いものはダメ。
食べにくいものはダメ。
匂いの強いものもダメ。
なにより、喉越しのなめらかでないものは、
食べ物であれ飲み物であれ
口から吐き出してしまうほどの横暴ぶり。
多分、そのまま育っていたら、
ボクはただただ自分の食べたいモノだけ食べて満足をする、
鼻持ちならないグルメくんに
なってしまっていたのでしょうネ。

ただ、その偏食はそのうち母の知るところとなる。
母が父と二人三脚ではじめた事業は、
ボクが5つになる頃には軌道にのるようになっていきます。
家にいられる時間も増えて、
家にいるときの料理はできるだけ母が作るようになる。
その料理が、どうにもおいしく感じないのです。
おかぁさんってなんて料理が下手なんだろう‥‥、
とボクは思う。
なのに一緒に食卓を囲む父は
それをおいしそうに食べるのですネ。
はてさてこれはどうしたことか?
ボクは悩みます。
ボクも悩むけど、母の悩みはそれ以上。

母のスパルタ教育がはじまったのです。
ボクを本当の食いしん坊にしてくれたスパルタ教育。
今となってはなつかしい‥‥、その詳細はまた来週。

サカキシンイチロウさん
書き下ろしの書籍が刊行されました

『博多うどんはなぜ関門海峡を越えなかったのか
半径1時間30分のビジネスモデル』

発行年月:2015.12
出版社:ぴあ
サイズ:19cm/205p
ISBN:978-4-8356-2869-1
著者:サカキシンイチロウ
価格:1,296円(税込)
Amazon

「世界中のうまいものが東京には集まっているのに、
 どうして博多うどんのお店が東京にはないんだろう?
 いや、あることにはあるけど、少し違うのだ、
 私は博多で食べた、あのままの味が食べたいのだ。」

福岡一のソウルフードでありながら、
なぜか全国的には無名であり、
東京進出もしない博多うどん。
その魅力に取りつかれたサカキシンイチロウさんが、
理由を探るべく福岡に飛び、
「牧のうどん」「ウエスト」「かろのうろん」
「うどん平」「因幡うどん」などを食べ歩き、
なおかつ「牧のうどん」の工場に密着。
博多うどんの素晴らしさ、
東京出店をせずに福岡にとどまる理由、
そして、これまでの1000店以上の新規開店を
手がけてきた知識を総動員して
博多うどん東京進出シミュレーションを敢行!
その結末とは?
グルメ本でもあり、ビジネス本でもある
一冊となりました。

2017-04-27-THU

サカキシンイチロウさんの本

書籍
『おいしい店とのつきあい方』

とっておきの店の常連になって
メニューにはない味を楽しむ。
これぞ、コドモには教えたくない
大人の贅沢!
そんなおいしい店との素敵な関係を
つくる秘密を、こっそり、
でも、丁寧にお教えします。
くわしくはこちらのページからどうぞ。

書籍
『おいしい店とのつきあい方 実践編』

懐石料理で持ち上げていいお皿と
そうでないお皿の違いは?
手でつまむお寿司屋さんで
箸を割るタイミングは?
などなど。お店にもっと大事にされる
お客さんになるコツを
こっそりお教えします。
くわしくはこちらのページからどうぞ。