SHIRU
まっ白いカミ。

166:「地球写真展 -2-」

 


「むむ、ここは事件現場だな。
書き込まれたメッセージの位置から察するに、
被害者の手はかなり長いものと思われる。」

「あまりいいかげんなこといわないでくださいよ、先生。」

「しかし、この男。ここ通るたびに、
思い出し怒りしてるんだろうな。それつらいなあ。」

 

「地球人が機動性を犠牲にしてまで、
前肢を連結して移動する現象についての考察・(1)」

過去のレポートでは雌雄組と同性組によって、
手繋ぎ率が有意に変化する理由がわからなかったが
精細な再調査の結果、
雌雄の場合に限って心臓の鼓動が高まるといった
特殊な反応がみられることが判明。

つまり一層の体温上昇効果がみこまれることが、
この手繋ぎ率の差を生みだしていると思われる。

証明として先日、調査した印刷媒体「anan」による
雌に理想とされる雄の要因に
「おもしろい人」「やさしい人」とならび
「あたたかい人」という文字列を発見した。

地球人の平均体温は36.5度。
カラフルな疑似表皮や暖房機器を発明してはいるが、
体温調節機能はお世辞にも強いとはいえない。
体温の高い雄は生存率が高まり、
冷え性の多い雌にアピールするのだろう。

 

「えー、ボス。ターゲットは午前中だというのに
朝マック後、爆睡。しばらくして、がばっと飛び起きたと思うと
Mサイズのオレンジジュースの上に
鏡をセットして念入りにメイクをはじめました。
このままじゃ日本の将来はどうなりますか?どうぞ。」

「あー。さぞプリティーになるだろうね。」

 

ジャムにもならず
フルーチェにもならず
タルトにもムースにもならず
つぶれずに
虫にも喰われず形よく
旬でもないのに
まっ赤に染まる。

そんな勝ち組だけが
羽織ることをゆるされる純白のマント。

エリート街道をひた走る一団には
あまりに画一的にすぎると
批判の声もあるとかないとか。

 


バックナンバー「地球写真展」はこちら。
http://www.1101.com/paper/1999-07-09.html

2001-03-09-FRI

BACK
戻る