別府の山の上にある大学「APU」で、
国際環境に刺激を受ける。

こんにちは、ほぼ日の田中です。
ただいまおこなっている「ほぼ日の東京特集」
ご覧いただけていますでしょうか。

ぼくとモギ、そして写真を担当した杉本は
『外国からきたみなさんに聞いた東京のイメージ』
という企画で、大分県別府にある
「APU(立命館アジア太平洋大学)」
という大学にお邪魔しました。
理由は、まだ東京を訪れたことのない留学生のみなさんに
東京のイメージについて聞いてみたかったため。
外国のみなさんが東京について
どんなイメージを持っているのか、
リアルな声を知りたかったのでした。

くわしい結果は、実際のコンテンツを
お読みいただけたらと思いますが、
今日の「ほぼ日ニュース」は、そのこぼれ話。
APUという大学自体の感じがおもしろかったので、
そのときのことをご紹介します。

APUは大分県別府市の山の上にある、
学生の半分が留学生というすこし変わった大学です。

20年ほど前に
「キャンパス自体が国際環境であるような大学を作ろう」
と、別府の山の上に創設されました。
どこかの成功例を真似て作った大学ではなく、
自分たちで一から新しいモデルを作りあげた大学。
作られた過程は、APUの副学長の今村さんと
糸井重里の対談『はたらく場所はつくれます論。』
読むことができます。
(対談内で語られているAPUの考え方も、
どう実現させたかの話も、どちらもおもしろいです。
よかったら読んでみてください)


▲『はたらく場所はつくれます論。』より

さて、APUはキャンパス内にいるだけもたのしくて、
歩いていると、あちこちから
さまざまな言語が聞こえてきます。
スタッフのかたに聞くと、
「あそこはタイの学生たちのグループ。
こっちで話しているのは中国語で、あちらは韓国語ですね」
などと教えてくださいます。
しかもそのなかに
「彼はAPUの卒業生なんだけど、
自分の国では未来の首相と呼ばれている男で‥‥」
みたいな話も混じります。すごい。

学生たちが日常的に利用する生協の品揃えも、
APUはひと味違います。

一見ふつうの大学生協のように見えますが、
よく見るとすみずみまで日英表記が徹底されていて、
日本語ができない学生でも、
気持ちよく買い物できるようになっています。

イスラム教徒のみなさんが安心して食べられる、
ハラール認証の食べ物もたくさん置いてありました。

こういった細やかな配慮も、
長い時間のなかでととのえられてきたものだそうです。

また、食堂にも、国際環境ならではの雰囲気が。

和食、洋食、エスニック、ムスリムフレンドリーフード‥‥。
各国の料理を食べることができます。
ここでもまた、ハラール専用の食器が準備されていたりなど、
学生それぞれのことを考えたメニューになっていました。

意外に思われるかもしれませんが、
APUのみなさんに特に人気の「母校の味」は、
なすの揚げ出し77円。
(上には大根おろしがのっています)
どの国からきた学生でも食べることができる
定番メニューです。

数年前、なすが不作でメニューから消えたときには
大量の問い合わせがあったとか。
そのため、食堂のスタッフのみなさんは
「このメニューだけは採算度外視で、
いつでも絶対に切らさないようにしています」
とのこと。
ぼくらももいただきましたが、とてもおいしかったです。

さて、このとき我々はとくべつに
「APハウス」と呼ばれる学生寮にお邪魔して、
話を聞かせていただきました。

海外から来た学生たちは、
かならず1年目はこのAPハウスで共同生活をして、
日本での暮らし方を学ぶのだそうです。
複数の棟からなるAPハウスの1と2に、
新入生たち1100名が暮らしています。

中に入ってすぐのところに広いロビーがあります。
さまざまな国からきた学生たちが入り混じり、
ビリヤードや卓球をしたり、
わいわいおしゃべりしたりしていました。

ここもまた、APUの他の場所と同じく
いろんな言語が聞こえてくる、完全な国際環境。
(そして、ビリヤードや卓球などのゲームは、
ことばが流暢でなくてもたのしめるから、
仲良くなるのにぴったりですね)

みなさんのご厚意で、寮の部屋も見せてもらいました。

まずはマレーシア出身のリーさんと、
奈良県出身の真麻(マーサ)さんの暮らすシェアルームへ。

「APハウス」のシェアルームは
日本の学生と留学生が同じ部屋というのが基本ルール。
日常の中で異文化交流ができるようにしているそうです。
こういったところにも
「キャンパス自体が国際環境であるような大学に」
というAPUの考え方が貫かれています。

シェアルームとはいえ、それぞれのスペースはあり、
2つの部屋が引き戸でつながったようなかたち。
あいだの引き戸には鍵もかけられるそうです。
(リーさんと真麻さんは「あまり鍵はかけない」と
言っていました)

ふたりはシェアルームで暮らしはじめたばかりですが、
すっかり仲良し。
いっしょに出かけることも多いそうでした。

続いては、スリランカから来たという
サディンさんのシングルルームにお邪魔しました。

壁にはマスキングテープを使って
家族や友人の写真がたくさん貼られ、
すっかり自分の部屋になっていました。

「両親はもともと、わたしをスリランカの外に
出すことには反対だったんです。
でも、日本なら安全だからということで、
APUに来させてもらえました」とのこと。

こういった
「安全だから日本のAPUを選びました」
という話は、けっこういろいろな方から聞きました。

最後にお邪魔したのが、ガーナ出身のケニスさんと、
東京出身の別府さんのシェアルームです。

なんと、ふたりのコミュニケーションの基本は、中国語。
ケニスさんはAPUに来る前に、
半年ほど中国の大学に在籍していたそうです。
別府さんはお父さんが中国のかたなんだとか。
そのためおふたりからは、
英語、日本語、中国語の入り混じりで、
いろいろな話を聞かせてもらいました。

話が複雑になると別府さんがケニスさんに中国語で聞いてくれて、
それを日本語に変換して、こちらからは英語で質問し‥‥など、
APUの国際環境を目の当たりにしました。
「もしかしたら未来の日本では、
こういう状況が当たり前になるのかもしれないぞ‥‥」
そんなことを思いました。

ケニスさんは、ガーナという国の抱える問題点と、
それに対して自分がやらなきゃと思っていることを
熱く語ってくれました。

ケニスさんとしては、まずはどこか一地域の教育の水準を
高めるのがいいと思う、とのこと。
「ひとつ良い例を作れたら、そのことが、
ほかの地域でもできるという証明になりますから。
そんなふうに小さな成功例をまず作り、
そこから大きな変化を起こしていくのがいいと思うんです」

また、別府さんのほうは
「ぼくの目標はパイロットなんです。
そのためには国際的な環境に身を置くべきだと思って、
APUを選びました」とのこと。
ひとつずつ自分の頭で考え、そしてその考えを、
目の前の相手にわかってもらえるよう言葉を尽くす。
おふたりの姿勢、とてもかっこよかったです。

そして今回、APハウスでのさまざまな取材は、
寮生たちのお世話係の先輩学生
「RA(レジデントアシスタント)」のみなさんにも
たいへんお世話になりました。


▲今回お世話になった詩子(うたこ)さん、
愛莉(あいり)さん、GANIさん、Fabioさん。

「RA」はみんなの暮らしを支えるサポーター。
留学生たちへのゴミの分別方法、お風呂の入り方といった
日本での暮らし方についての説明や、
歓迎会をはじめとする行事の開催などをされているそうです。
1100名が暮らすAPハウスに、全部で62人のRAがいるとか。
新入生以外の学生がなれるそうですが、
志望者が多く、全員がなれるわけではないとか。
「自分もRAの人にすごく助けてもらったから」
といった理由で志望する人も多いそうです。

RAのみなさんからも、
いろいろと熱い話を聞かせていただきました。
たとえばFabioさんのいまの目標は
メキシコのエネルギー事業の仕事に就くこと。
(Fabioさん、本名はヒデノリさんですが、
国際学生から呼びにくいといわれ、
以前留学先でつけてもらった
ニックネームを使っているとのこと)
「今後、日本の電力会社や発電施設を作る企業が
もっともっと中南米に進出していくと思うんです。
そのなかでぼくは現地の企業と日本企業のあいだに入って、
マネジメントをできる人になりたいんです」
実際にFabioさんはもうすぐ
メキシコに留学することが決まっているそうです。

GANIさんはオーストラリアの大学院に行きたいと思っていて
「いま、そのための奨学金を探しています」とのこと。
発想のスケールが、基本的にグローバル。
みなさんの話を聞いていると
「やろうと思えば、けっこうなんでもできるし、
何よりやってみることが大事」
そんな思いが、胸の奥から湧いてくるような感じがありました。

ちなみに、別府のおすすめの場所を聞いてみると、
みなさん口を揃えて「温泉です!」とのこと。
それぞれお気に入りの温泉を教えてくれました。
ああそうだ、別府ってほんとうに良い温泉が
たくさんあるもんなあ‥‥。

と、いうわけで、
とくに何か結論があるわけではないのですが、
自然の多い、とても気持ちのいいキャンパスで、
みなさんから真剣な話をたくさん聞かせてもらって、
すごく良い刺激を受けて帰ってきました。

APUのスタッフのかたが
「うちにはゆくゆく各国のリーダーになるような
若者がたくさん来てくれているんです。
その非常に志の高い人たちが、
同じ大学出身ということで繋がっています。
これは、うちの誇りなんです」
と嬉しそうに語られていましたが、
まさにその感じを目の当たりにした2日間でした。
「自分が高校生だったら、ぜひAPUに進学して、
この国際環境に4年間どっぷり浸かりたい」
そんなことをみんなで話しながら帰りました。

未来のさまざまなヒントが隠れているような大学、APU。
見学もできるそうなので、興味をもたれたかたは、
ぜひ訪れてみてくださいね。

いろいろと話を聞かせてくださったみなさん、
本当にありがとうございました。
(たのしかったー!)

(おわります)



2017-08-16-WED
いままでのニュース
2010年までのニュース
2012年のニュース
2012-01-01 明日から始まる箱根駅伝。
チーム全員が「ほぼ日手帳WEEKS」を使っている
青山学院大学にご声援を!
2012-01-18 (べつに輝く必要はなくても)
輝け! ピクチャー・オブ・ザ・イヤー2011!
すいませんが、発表させてください。
2012-01-25 BRUTUS編集部が
「糸井重里が帯文を書いた本」を
さがしています!
2012-02-02 一陽来復、金銀融通?
節分直前、お守りゲットに 
穴八幡に行ってきました!
2012-02-07 【再録】
BRUTUS編集部が
「糸井重里が帯文を書いた本」を
さがしています!
2012-03-09 石川直樹さんが撮りたかった
「3万2千年前の壁画」の映画を見てきました!
2012-03-13 鬼の進行よりみなさまに。
春の「ほぼ日」の読み物などの進捗を
ご報告いたします。
2012-04-16 「お直しとか」の横尾香央留さんが
個展を開催中です。
青山で「お直しとか」ツアーをどうぞ。
2012-04-17 『夜は、待っている。』と
『ボールのようなことば。』
この春、発売する2冊の本の
原画展が来月からはじまります。
2012-04-25 第4回伊丹十三賞は森本千絵さん!
その贈呈式・祝賀パーティへお祝いに
うかがいました。
2012-05-10 赤坂英一さんの新刊、
『2番打者論』が出ました!
そして、発売を記念して特別にコラムを
書き下ろしていただきましたよー。
2012-05-12 『夜は、待っている。』と
『ボールのようなことば。』
この春発売する2冊の本の原画展が
5/14(月)から始まります。
2012-05-26 『ボールのようなことば。』増刷決定!
そして『小さいことばの原画展。』
― 酒井駒子、松本大洋、そして糸井重里。
これから、全国のあちこちを小さく回ります。
2012-06-02 ウィラブホヤぼーや。
2012-06-08 「ABC×ほぼ日 presents
菅原一剛の写真ワークショップ
『写真がもっと好きになる。』写真を観る編。」を
6月17日(日)青山ブックセンター本店で開催します。
2012-06-09 『小さいことばの原画展。』
―酒井駒子、松本大洋、そして糸井重里。
第2弾は、6月10日より帯広でスタートです。
2012-06-29 贈り物に選ばれた『夜は、待っている。』
一冊の本がご縁となったうれしいお話と、
今日からはじまる原画展のおしらせです。
2012-07-06 明日、7月7日より水戸芸術館にて
「水戸岡鋭治の鉄道デザイン展」が開幕。
15時よりトークショーを生配信いたします。
2012-07-07 仙台のみなさん、お待たせいたしました。
『小さいことばの原画展。』
きょうから、はじまります!
2012-07-23 『小さいことばの原画展。』
ただいま、和歌山でごらんいただけます。
9月25日からは福岡でも開催します!
2012-07-25 『糸井重里が出演するTV番組、
旅のチカラ 「シアワセの編み方を探して」が、
7月26日(木)午後9時から
NHK BSプレミアムで放送されます。
2012-08-06 「自分の住む町で見られてうれしいです。」
酒井駒子さんと、松本大洋さんの原画展
全国あちこち巡回して、今日から熊本です!
2012-08-10 明日8月11日(土)から
『スケッチトラベル』日本語版、発売。
石川直樹さんのイベントも始まります。
2012-08-12 タナカカツキさんが考えた、
『コップのフチ子』が
なんだかすごくかわいいのです。
2012-08-15 東京ドームの巨人戦。
レジェンドユニホームシリーズで、
糸井重里があの名選手たちと
野球の話をします。
2012-08-15 糸井重里の「おらがジャム」
大福にも、入れてみる?
2012-08-31 「ほぼ日」でご好評いただいた
建築家・光嶋裕介さんの連載、
「みんなの家。」が本になりました!
2012-08-15 鬼の進行よりみなさまに。
秋の「ほぼ日」の読み物などの
進捗をご報告いたします。
2012-08-25 今日から気仙沼ではじまります!
東京、帯広、八戸、仙台、和歌山、熊本… と、
全国あちこちを絵が旅している
『小さいことばの原画展。』
2012-08-31 みんな知らないかもしれないけど
ちょっと縁のある「劇団HOBO」の
新作公演がはじまります!
演劇好き、ペーソス好きで、
小劇場に行くのをいとわない、
というみなさま、ぜひ足をはこんでくださーい
2012-09-14 「まだまだ成長できるんじゃないかな
 という思いが衰えなかった。」
「野球の人」、田口壮さんの、
引退&再出発の会見をお届けいたします。
2012-09-18 那覇まで 偉人の三線を買いに。
「闘うな、つくり出せ」
2012-09-26 ただいま、福岡で開催中の
「小さいことばの原画展。」
酒井駒子さんと松本大洋さんの原画を
お茶を飲みながら、ゆっくりどうぞ。
2012-09-29 乗組員・シェフが、カメラマンデビュー??
ムーンライダーズ写真展。
2012-11-07 「炙り」ブーム到来か?
「くらしのこよみのお店」、 本日オープンです。
2012-11-09 もくもくもくもくぅ〜〜!
あるひとの誕生日にかこつけて、
たくさんさんまを焼きました。
2012-11-19 福島のみなさん、お待たせしました!
「小さいことばの原画展。」開催します。
12月1日はトークイベントもありますよ。
2012-11-26 糸井重里がコピーライターの殿堂入り!
「今日いただいた賞は、
『ふつうの人』というあかしです。」
2012-12-14 東京糸井重里事務所は
ポーター賞を受賞しました。
2012-12-20 横尾香央留さん、トークイベントのご案内。
2011年のニュース
2013-01-14 輝かなくていいんだけど、
輝け! ピクチャー・オブ・ザ・イヤー2012!
今年も、押しつけるように発表!
2013-02-08 ほぼ日のアルバイト、じゅんぺいが語る
「新・まんじゅう怖い」事件!
(たいへんマヌケなお話です)
2013-02-18 シェフがホントのシェフに?! 
3月に伊勢丹新宿店キッチンステージで
「調味料マニア」共同イベントを開催します!
2013-03-08 日本のみなさん、こんにちは!
世界のオートマタを山口県で展示します。
2013-03-24 「あの日起こったこと」を
11人の漫画家が語り継ぐ『ストーリー311』。
発起人・ひうらさとるさんにインタビュー。
2013-03-25 お化粧、する派? しない派?
あの問題が、再浮上しました。(前編)
2013-03-26 お化粧、する派? しない派?
あの問題が、再浮上しました。(後編)
2013-04-01 あの、おいしいアレが再現できる?
カップヌードルミュージアムに行ってきた!
2013-04-15 けなげな子のおはなし、
『すみれファンファーレ』に感動しました。
2013-04-16 三陸鉄道「てをつな号」
ラストランに乗りに行って来ました!
2013-04-20 雑誌のようにインターネットの記事を読めるアプリ
「Flipboard」で、ほぼ日の読み物をどうぞ。
2013-04-26 「ランコントレ・ミグノン」に、
商品の売上の一部を寄付しましたので
お知らせいたします。
2013-05-13 シルク・ドゥ・ソレイユ
『イモータル』に行ってきました!
2013-05-16 二葉葵展に行ってきます!
(5/18〜19、京都からテキスト中継します。)
2013-05-29 「NHK放送技術研究所」で
「ものすごいテレビ」を見た!
2013-05-31 6月2日、16時15分。
NHK総合「ラジオ」という
テレビドラマをUstreamでの
解説つきで一緒にみませんか?
2013-06-24 なかしましほさん監修の
おやつとごはんが食べられる!
「くらすこと」。
2013-07-13 じぇじぇじぇ!
糸井重里が「あまちゃん」に出るよ。
2013-07-19 司会者役で糸井重里が
「あまちゃん」に出演!
2013-08-21 参加者募集! 銀座のアコメヤさんで、
土楽の道歩さんの手料理イベント開催。
2013-08-27 フランスに、「ほぼ日」に似た会社が!? 
活躍するのは、日本人イラストレーター!
2013-08-28 気仙沼ニッティングの「MM01」
第3回抽選販売をスタートします
2013-08-31 気仙沼さんま寄席、
「前夜のおたのしみ独演会」の魅力を
もっと伝えさせてください!
2013-09-02 気仙沼から「まいまい京都ツアー」に
参加しにいきました。
2013-09-03 探検家の関野吉晴さんが
日本人の来たルートをたどった
「新グレートジャーニー」の DVDが出ました。
2013-10-02 全体的にまぼろしチックな体験。
田附勝「朽ちてゆく写真展」を見てきた。
(すでに少し朽ちてた)‥‥前編
2013-10-03 全体的にまぼろしチックな体験。
田附勝「朽ちてゆく写真展」を見てきた。
(すでに少し朽ちてた)‥‥後編
2013-10-04 本物の新聞の中での連載
「ほぼ月刊イトイ新聞」。
スタートから1年経ちました!
2013-11-11 なかしましほさん情報もりだくさん!
『みんなのおやつ』入荷、
『四十九日のレシピ』などなど。
2013-11-12 石田ゆり子さんと田口壮さんが、
気仙沼ニッティングにご協力くださいました。
新作「エチュード」の展示販売会は11/30!
2013-11-15 とらや×ねこ 『甘いねこ展』開催中!
2013-11-25 水沢ダウントークイベント、キラキラ、
ブラジャーワークショップ、くまお中継。
この週末いろいろありました。
2013-11-25 "終わりのない歌を、歌っていた。
ROGUE奥野敦士さんの 復活ライブが、
本当にかっこよかった。
2013-11-26 鬼の進行よりみなさまに。
冬のほぼ日は燃えているぜ(たぶん)。
ということをご報告いたします。
2013-12-19 高専ロボコンの
全国大会を観てきました。
12/21(土)16時、NHK総合で放送!
2013-12-27 ワタリウム美術館で
齋藤陽道さんの写真展「宝箱」が
開催されていますよ。
2013-12-28 12月22日の日曜日に開催された
「くまおとクリスマス・イヴ・イヴ・イヴ会」は、
ゆるゆるとした、たのしい会になりました。
2014年のニュース
2014-01-28 輝かなくていいんだけど、
輝け! ピクチャー・オブ・ザ・イヤー2013
寛大におつき合いしてくれたまえ。
2014-02-21 2月26日(水)より、
「Café&Meal MUJI 渋谷西武店」で
「カレーの恩返し」入り
特製バターチキンが食べられます!
2014-02-25 気仙沼ニッティングの「エチュード」、
28日にネット上で限定販売スタート!
ショートムービーも完成しました。
2014-03-11 震災後の東北の海に潜り続ける
水中写真家・鍵井靖章さんの写真展が、
3/20まで東京ミッドタウンで開催中です。
2014-03-29 ほぼ日あみもの友の会の
みなさんの成果を!
2014-03-31 いったいどんな空間になるんだろう‥‥。
川上未映子×マームとジプシー
「まえのひ」の全国ツアーが
4月より本格的にスタートします。
2014-04-08 「ほぼ日」の死と生の展覧会
「かないくん展」ただいま準備中!
4月10日は、下北沢でトークイベント。
ぜひ、遊びにいらしてくださいね。
2014-04-09 文房具のよさを、手書きでお届け中。
4月8日から20日まで、東急ハンズ銀座店で
「手で書く文房具通信 POP UP STORE」を
開催しています!
2014-04-29 日本科学未来館の
「THE世界一展」にいってきました。
2014-04-29 まだまだ、焼かれる
シフォンケーキ!
2014-05-27 奈良「くるみの木」30周年の展示に
「ほぼ日」も参加しますー!
2014-05-30 「きまぐれラジお」
春の(貼るの?)ステッカー祭り。
ステッカーの行方と次回と。
2014-07-10 気仙沼ニッティングの「エチュード」に、
新色「生成り」登場! 11日にネット上で
限定販売を開始します。
2014-07-15 渋谷・LOFT &で『にっぽんの梅干し展』
+海苔、お茶、器!
2014-07-30 山下哲が福田利之さんと絵本を出します!
原画展やトークイベントも。
2014-08-22 気仙沼ニッティングの「MM01」、
本日22日から抽選販売の受付を開始!
「MM01」の編み手さんも増えました。
2014-09-19 「きのこの話」の新井文彦さんの
美しい写真を堪能。
書籍『毒きのこ』本日発売。
2014-10-02 「マーガレット展」に行ってきたよ!
2014-10-13 スソアキコさんの帽子展
「ニュー山高帽」が10/14から、青山で。
2014-10-17 今年もあります「市場で朝めし。」
気仙沼のほぼ日は観光案内所に!
2014-11-07 三國万里子さんの新刊、
『アラン、ロンドン、フェアアイル
 編みもの修学旅行』が完成しました!
たとえば、ガーンジー島という場所は‥‥
2014-12-09 「サンクゼール」「久世福商店」の一部店舗にて、
ジャムやしょうがシロップ、にほん茶、
ハラマキなどを販売します。
2014-12-24 「ティム・バートンの世界」展に行ってきました!
1月4日(日)までやってます。
2014-12-25 ミシェル・ゴンドリーに会ってきた。
〈前編〉ゴンドリーを知ってるかい?
2014-12-26 ミシェル・ゴンドリーに会ってきた。
〈後編〉はたしてゴンドリー監督は、
歯をむいたくまを受け取ってくれるか?
2014-12-28 「ほぼ日」の社員名簿で
劇団セルフタイマー活動!してみましたよ。
2015年のニュース
2015-01-14 輝かなくていいんだけど、
輝け! ピクチャー・オブ・ザ・イヤー2014
自分たちの写真を自分たちで振り返る。#1
2015-01-15 輝かなくていいんだけど、
輝け! ピクチャー・オブ・ザ・イヤー2014
自分たちの写真を自分たちで振り返る。#2
2015-01-16 輝かなくていいんだけど、
輝け! ピクチャー・オブ・ザ・イヤー2014
自分たちの写真を自分たちで振り返る。#3
2015-03-09 いまさらだけどレポートします!
抱負を燃やしてきたよ!
2015-04-25 なんだかすごーく、気持ちがいいぞ。
アルプス空中散歩ドキュメンタリー
2015-05-12 京都動物愛護センターに
行ってきました。
2015-06-04 「ほぼ日のくびまき」
オーガニック・コットンシリーズの
機場に行ってきました。
2015-06-08 高円寺の「すごろくや」さんと
ボードゲームとカードゲームをして
遊んでみました!
2015-06-15 カロリーメイツ台湾の旅2015をふりかえる。
これさえあれば、メイツ旅ができます。
2015-07-28 『知ろうとすること。』の
英語版ができました。
いますぐ、Kindleで読むことができます。
2015-08-20 いぬねこのなかまの浅田美代子さん
2015-10-23 冬は台湾へ!
「ほぼ日カロリーメイツ X JALパック台湾」
好評につき再販売!
2015-11-08 東京カリ〜番長・水野仁輔さんが
気仙沼で作ったフィッシュカレー、
レシピをどうぞ!
2015-11-20 かっこよくてグッとくる。
漁師カレンダー2016 !
2015-12-05 カロリーメイツ、
シンガポールの旅を振り返る!
2015-12-06 行ってきました、はじめてのラグビー観戦!
トップリーグ開幕戦@秩父宮ラグビー場!
2015-12-17 コストコの川崎倉庫店で
「カレーの恩返し」の販売がはじまりました!
2015-12-18 CHANEL銀座で石川直樹さんのK2展。
上田義彦さんのGallery916では
「写真と泊まれる」イベントを開催!
2016-01-15 東京糸井重里事務所は
新しいオフィスに引っ越しました、
というご報告です。
2016-02-06 輝かなくていいんだけど、
輝け!
ピクチャー・オブ・ザ・イヤー2015
2016-03-09 「夜回り猫展」へ行ってきました。
2016-03-17 あの写真の、2年半後。
田附勝「みえないところに私をしまう」は
この3連休で終了です。
2016-04-19 堤大介さんのトンコハウス、上田義彦さん、
謎の爺・望月計男さん。
春のおすすめ展覧会を3つ。
2016-04-30 災害に備えて。
落ち着いて考えられるときにこそ、
知っておいてほしいコンテンツ。
2016-06-09 ロックバランシングはたーのしいぞー!
2016-08-20 ウワサとは、どのように生まれ、
どのように広まっていくのか?
〜乗組員菊地の日焼けサロン問題をモデルケースに〜
(前編)
2016-08-21 ウワサとは、どのように生まれ、
どのように広まっていくのか?
〜乗組員菊地の日焼けサロン問題をモデルケースに〜
(後編)
2016-09-15 フェザード・シジュちゃん
テルミンを弾く(前編)
2016-09-20 宇多田ヒカルさんが
約6年振りに出演する歌番組に
糸井重里が登場しますよー。
2016-10-17 井の頭自然文化園にいた
ゾウのはな子と「いっしょに写った写真」を
さがしています。
2016-10-26 フェザード・シジュちゃん
テルミンを弾く(後編)
2016-12-30 「ほぼ日のティーテーブル」
天童木工さんのショールームに
「あの」卓球台を見に行ってきました!
2017-02-02 人間をいったんやめてみる時間? 
藤田一照さんに教わって、
みんなで坐禅を組んでみました。
2017-03-03 輝かなくていいんだけど、 輝いてもいいかもよ?
ピクチャー・オブ・ザ・イヤー2016!
いまごろ報告する自由な社風。
2017-03-18 株式会社ほぼ日、上場。
東京証券取引所のセレモニーで
「鐘」を鳴らしてきましたよー。
2017-04-21 星野源さん、おめでとうございます!
第9回伊丹十三賞の贈呈式に
行ってまいりました。
2017-06-02 システムチームから
セキュリティ向上に関するお知らせです。
2017-06-05 福島の果樹園で
ツリーハウスをつくります。
2017-06-08 第1回「生活のたのしみ展」、
3日間のにぎわいをふり返ります。(前編)
2017-06-094 第1回「生活のたのしみ展」、
3日間のにぎわいをふり返ります。(後編)
2017-07-04 乗組員もハマってしまう‥‥。
大好評です、ほぼ日のアプリ。