「パンがないのだったら、ケーキを食べればいいのに」と、マリー・アントワネットは言ったのだそうだ。どうせ、そういう話はよくできたウソなのだろうが、ケーキがパンのかわりになると思っているマリーの気持ちが、もひとつよくわからない。ぼくは、ケーキを食べて腹を膨らませることなんて、したくない。マリーはどうかしている。しかし、とんでもなくお菓子好きな人間というのは、ほんとうにいる。ぼくは、そういう人を、ひとり知っている。しかも、マリーという名である。日本人だ。彼女は言った。 「わたしは、パンも食べるし、ケーキも食べる」 なんのこっちゃ?そのマリーは、お菓子のことを語るときと、お菓子を食べるときだけほんとうに真剣な表情をみせる。怖い。 悪いひとじゃないのだろうが、怖いのはほんとうだ。そんなマリーが、「いま、ぜったいにたべるべきお菓子はこれだ!」とほんとうに真剣に語るのが、ここ。 「マリーの部屋」なのだ。
HAPPY St.Valentine's Day

チョコレートですよね。
もちろん。

日本のバレンタインデーでは、
チョコの年間消費量の2割くらいが消費される
なんて話もあるそうです。
すごい‥‥。
年間消費量がどのくらいなのかわからないけど、
すごい感じは伝わってきますよね。

それに、
ひとくちにチョコレートと言っても、
そのひと粒へのこだわりや情熱、探求には
計り知れないものがあるのだなぁ‥‥
と実感するこの季節。
もちろん、歴史の中にも、
そんな逸話は散りばめられているのですね。

1779年6月のある日、
マリー・アントワネットは、
新しい調合薬を持って訪ねてきた王室薬剤師に
「薬が苦くて飲めない‥‥」と、こぼして
故郷ウィーンで飲んでいたホットチョコレートが
おいしかったことを話したとか。
そこで王室薬剤師は、
チョコレートに薬を包み込む案を考え、
丸い金貨のような薄〜い形の
チョコレートを作り出したところ、
(オブラート感覚でしょうか)
王妃はその形から「古金貨」を意味する
「ピストル」と名づけた──
とされるのが、このチョコレートだそうです。



マリー・アントワネットが薬を飲めるようにと考案した
この貴族出身の王室薬剤師は、
フランス革命後の1800年、
パリ左岸に自らの名前を店名にしたチョコレート店を開いて
それが、パリで最も歴史を持つショコラティエとして
今に至るというわけですから、歴史の重みを感じます。

ダーリンイトイさんが、
この部屋のプロローグ? といいますか、導入? で、
マリー・アントワネットの逸話を挽いてくださってますが、
(マリーという音つながりだけなご縁なのに恐縮至極‥‥
と思っておりますが。)
その「パンがなければ〜〜」に劣らず、
「薬が苦くて飲めない‥‥」も、さすが! な感じで、
なんか、いいなぁと思った次第です。

フランス王家ゆかりのチョコときたら、
やっぱり、イギリス王室でしょうか。



ハートのユニオンジャックの可愛さも然ることながら、
こちらも由緒正しきチョコだとか。
1875年、当時の皇太子エドワード7世に招かれた
パリのショコラティエとイギリスのマダムが創業した
チョコレート屋さんで、もちろん英国王室御用達。
現在もエリザベス女王のために
バッキング宮殿に献上され続けている
チョコレートだそうです。

エリザベス女王といえば、先日、即位65周年の
サファイアジュビリーを迎えられたばかり、
イギリスの歴代君主として最長の在位期間、
現在の全世界の君主の中でも最長とのこと。
25歳で即位して以来、女王が接してきた
イギリス首相は12人、ローマ教皇は7人、
アメリカ大統領は1月に就任したトランプ大統領を
入れて13人と聞くと、そのすごさを改めて実感します。
クッキー缶も人気なわけです。

話がクッキーに逸れて、しかも長くなってきたので、
チョコに戻しつつ、今年の収穫をざっとご報告しますと、

青いネコがトレードマークのチョコレート。
フランス北部の海沿いの街で1912年に開かれた
Au Chat Bleu(オ シャ ブルー)というお店は
今ではパリにも支店を持つとか。

可愛くて、ちょこっと差し上げるには最適かと。
日本初上陸だそうですが、
今度会えるのは来年になるのかな?



フレデリック・カッセルのミルフィーユチョコです。
チョコなのですが、
ミルフィーユのようなサクサクとした食感が新鮮♪

軽い食感なのですが、チョコの濃厚さも活かされてる分、
チョコ好き派もミルフィーユ好き派も
満足できる味わいかも。
ミルフィーユが、
チョコのひと粒くらいに小っちゃくなっちゃった
ミニチュア感が可愛いです。






なんとなく楽しくなりそうなワーゲンの缶ケースチョコ。
缶の絵の中にたたずむ鹿やうさぎに惹かれます。

続いて、ムーミン。
缶チョコは、食べたあとの缶ねらいな部分がありますが、
こちらは中身のパッケージも素敵です。

缶をパカッと開けると、ニョロニョロがずらっと‥‥。
バレンタインに本気でドキドキする世代向け、
かつ本命向けにお薦めはしにくいかもしれないけど、
缶を開けたときの眺めは好きです。



あ、ミィもいます。

手塚治虫さんは、永遠ですよね。
ユニコのバッグの中に、エンゼルチョコが
ふたつ入ってます。

ジャングル大帝のチョコもあったら、
必ず買っちゃってただろうなぁ〜と思うと、
数百円でも散財しなくてよかったのかな、
なんてケチなことも頭をよぎったり。
毎年、ついつい自分用に財布の紐を
いつになく緩めてることを反省はしてるのです。



ゴーフルショコラもありました。
スタバに常時、コーヒークリームやチョコクリームが
あればいいのに‥‥と願う身としては、
ゴーフルにも通年でショコラがあればいいのに‥‥と
ナチュラルに願います。

そして、
懐かしくないですか?
森永のハイクラウンです。
確か、フラワーフェアリーのカードがおまけで入っていて、
チョコも好きだし、カードもほしくて、
たまに買ってもらえると、
ものすごく嬉しかったチョコレート。



それが、復刻版として
しかも3枚入だったチョコが
9枚入りの豪華版となって登場していました。
昭和39年(1964年)に売り出されてるので、
もう50年以上の貫禄をまとったチョコ、
これから50年後も、そのままの味とパッケージで
愛されててほしいなぁと思ったり。

一気に並べましたが、
バレンタインにもらったチョコを
殿方はどのくらいで消費するものなのでしょうね。
自分用に買ったチョコを
これからじっくりいただくとすると、
女子的にも、ほんとのチョコレート月間は
これからなのかもしれないですよね。
寒さ厳しい折、チョコを食す素敵なひとときを。
そして、素敵なバレンタインを。


                                 わたなべ まり

 

2017-02-14-TUE

 


いままでのタイトル
◆1998-06-06〜2005-12-30までの更新
◆2006-02-10〜2011-06-24までの更新
2011-07-14 涼しげな夏菓子を少し。
2011-08-09 あんぱんとカルピス
2011-08-14 真夏のスヌーピー!
2011-09-06 残暑のケチャップ
2011-10-05 秋、来たり‥‥
つきたての大きな豆大福。
2011-10-19 小さいアップルパイといちじくパイと
パンプキンパイと‥‥。
2011-11-03 “ありあけのハーバー”が
ロールだそうです!
2011-12-20 アトムのクリスマス
ロールだそうです!
2012-01-31 友達マドレーヌ
2012-02-11 バレンタインなのですが、
板チョコ特集になりました。
2012-02-21 やっぱり林檎は凄いです。
2012-03-08 そういえば、ホワイトデーですね。
2012-04-01 白松がモナカ
2012-04-27 新緑溢れる頃のかしわ餅
2012-05-15 初夏にさしかかる頃のエクレア
2012-06-28 あじさい
2012-07-20 またまた真夏のスヌーピー
2012-08-21 ありがとう! ロンドン!! の菓子
2012-08-22 はなちゃんに似てる。
2012-09-08 おみやげのチカラ
2012-10-25 ハートのお饅頭‥‥♡
2012-11-28 旅の香りの東京駅舎最中と利休饅
2012-12-08 特にクリスマス限定じゃないけれど、
とても伝統のある菓子を。
2012-12-27 うっかりしてました‥‥
今度こそ今年の最終稿、カステラです。
2013-01-11 迎春の巳菓子
2013-01-28 節分ですが、
メルヘンのサンドイッチ
2013-02-06 チョコレートに囲まれると幸せです。
2013-02-17 春先のヨーグルト
2013-03-03 前回のヨーグルトの
ちょっとした補足です!
2013-03-29 気づけば弥生も終わりのわらび餅
2013-04-08 春色のお祝いクッキー
2013-04-26 至福のコーヒーロールと、
大地のプリン
2013-05-31 プリン続きなのですが、
コルドン・ブルーなのです!
2013-06-28 祝・富士山!
2013-07-23 小さいパンダのあんぱんと
大きな有珠山、羊蹄山
2013-08-09 今年は、真夏のダースベイダー
2013-08-28 夏の終わりのスイカ飴
2013-10-17 秋のシャモニー
2013-11-20 芋とネコ
2013-12-06 12月14日といえば、義士羊羹。
2013-12-20 今年もクリスマスですね〜。
2014-01-01 あけまして
おめでとうございます。
2014-01-16 はなちゃんに似てる! あげいん
2014-01-31 ちょっとだけ、節分
2014-02-12 またまたバレンタインの季節です。
2014-03-28 永遠の定番菓子も、
進化し続けるんですね! の巻
2014-04-17 桜の終わりに、花衣
2014-04-28 菓子でも鯉のぼり
2014-05-19 皐月五月の空色の菓子
2014-07-01 七夕ちかくの、ささらがた
2014-08-15 夏ですから! 
シロクマなんて、どうでしょう?
2014-09-05 秋の足音に、うさぎ菓子。
2014-09-20 菊、薫りはじめる頃の流鏑馬
2014-10-21 葡萄なんですけど。。。
2014-10-24 可愛いハロウィーン菓子を
いただいたのです。
2014-11-01 葡萄そのものの次は、
葡萄の菓子を。
2014-11-28 奈良におわす大仏プリン
2014-12-23 Merry Christmas!
チョコレートフルーツケーキ
2015-01-07 新春のしかどら
2015-02-03 風邪の季節のシロクマヨーグルト
2015-02-13 STARWARSバレンタイン♪
2015-02-24 チョコの余韻って‥‥ないですか?
2015-02-27 春浅い桃の節句のひな菓子たち
2015-03-28 桜の頃の桜餅
2015-05-04

GWなので、
マグノリアなカップケーキを。

2015-06-19 小夏かん(寒天)と小夏柑
2015-07-25 夏本番のカステラ
2015-08-21 深い感謝をこめて、
チョコレートテリーヌを。
2015-09-27 お月見のうさぎの菓子を
いろいろと。
2015-10-26 たまごサンドと十六夜の月と。
2015-12-04 もうすぐクリスマスなので、
とっておきのクッキーを。
2015-12-17 SWクリスマス☆
2016-01-01 あけましておめでとうございます。
2016-02-06 今、おいしいと思うチョコレート
2016-02-15 春待つ あまおういちご大福
2016-03-23 春は別れの芋ようかん
2016-04-29 苺ミルクプリンと、
びっくりするほど甘い苺の話
2016-06-17 サレは、お好きですか?
2016-08-02 ゆきちゃんに似てる
2016-08-26 夏のジブリ!
2016-09-27 女王陛下のカップケーキ
2016-10-13 深まる秋に、至福の黄金安納芋あんぱん
2016-11-09 鹿鳴く秋の鹿まんじゅうと、鹿もなか。
2016-12-21 エーデルワイスのクリスマス
2017-01-02 2017年は、幸せなクッキーから。
2017-02-03 節分とネコ