前川清の歌を聴きたい。~4人が集まる、九州鉄道の旅~ 前川清・髙田明・唐池恒二・糸井重里

歌手の前川清さんがデビュー50周年となるこの年、
ほぼ日刊イトイ新聞は創刊20周年を迎えます。
お互いの「50」と「20」を祝い、
6月10日に記念コンサートを開くことにしました。
前川清さんは、ステージでまっすぐ立ち、
卓越した表現力で歌唱する方です。
ご本人は「歌は好きではない、うまくない」と
おっしゃるのですが、
50年間ずっと歌の世界を走ってこられたこと、
また、前川さんを尊敬する音楽家が多いことには
理由があると思います。
前川さんの地元である九州を列車で旅しながら、
糸井重里と、髙田明さん、唐池恒二さんが話します。
この連載を読んで前川さんの歌を生で聴いてみたくなったら、
ぜひ6月のコンサートにお越しください

この旅のルートを組んでくださったのは、
九州旅客鉄道株式会社(JR九州)さんです。

第2回 人の奥底。
糸井
前川さんの歌は、メロディー全部が
シングルヒットの連続のようになるんですよね。
唐池さんがおっしゃることはわかります。
唐池
そうなんですよ。
たとえば楽器でいうと、
ぼくは弾けませんが、
前川さんの歌声はバイオリンだと思います。
バイオリンの音色って、なぜだか
こころに響いてきませんか?
髙田
そうですね、
あれ、なんなんでしょうね。
唐池
九州を走るクルーズトレイン
「ななつ星in九州」では、
博多駅に戻ってくる1時間前に、
旅の最後のお別れパーティーを
ラウンジカーで開きます。
みんなで集まって
「ななつ星」に乗っていた
2日間または4日間に起こったことを
スライドで見ます。
そのとき、お客さまが
涙を流されることが多いんですよ。
糸井
うん、そうですよね。
唐池
そのスライドショーはバイオリンの生演奏で、
お客さまにごらんにいれます。
あれがピアノの生演奏だったら、
もしかしたらそんなに響かないのかもしれません。
前川
ストリングスって響きますよね。
唐池
そうなんです。
バイオリンはこころの奥底にグッと響きます。
前川さんの声もそう。
バイオリンに近い、
特別な声なんじゃないかと思います。
糸井
美空ひばりさんにも、
そういうところがある気がします。
声質というよりも‥‥なんだろう?
唐池
ひばりさんも、前川さんも‥‥、
いや、特にテレビを観ていて思うんですが、
画面を通して人間の奥底を見抜くような感じが
ありますよね。
それは、歌でもお話でも。
髙田
前川さんはいま、テレビで旅番組の
「タビ好キ」をやってらっしゃって
ひじょうに人気がありますけれども、
結局すべては「その人」に集約されていきますよね。
唐池
その人間の「奥底」が、
テレビは特に伝わるんですよ。
髙田
おそらく、前川さんにずっと人気があるのは
そこが理由だと思います。
テレビだけではなく、ラジオでもそうです。

私はラジオ番組でずいぶん長いこと
「ジャパネット」をやらせていただきましたが、
日本全国各局に、
人気のパーソナリティさんがいらっしゃいます。
道上洋三さん、浜村淳さん、
そういった方々は、ファンがすごく多いです。
声だけで、もう大人気です。

これはやっぱり、人間性なんだろうなと思います。
前川さんの番組にも、歌にも、
同じことが言えると思います。

人は、特に年を重ねた場合、なぜか、
「ほんとの顔」になってくるんですよね。
前川さんの「タビ好キ」が
こんなに受けているのは、それが見えるからです。

この50年のあいだ、
前川さんがちょっとでも違う道を歩いてたら、
どうでしょう? 
絶対に、これだけの歌、あれだけの番組には
ならないんですよ。

作品や番組を通して、みなさんは
そこを必ず見ているんです。
前川さんは、ご自身で偽ることなく、
ここまで重なってきたものを出していらっしゃる。
前川さんの魅力でいちばん輝いてるのは、
「見る人の目」、
そこなのではないでしょうか。
糸井
奥底まで見られることが、
前川さんの魅力につながっているんですね。
髙田
そうです。
V・ファーレン長崎がJ1になったことで
「何が変わりましたか?」
と、みなさんによく問われます。
ぼくはそういうとき、
チームが変わったんじゃなくて、
見てくださるみなさんのこころが変わったんだ、
と言っています。
それによって、チームも変わっていきます。

同じように、歌や番組を通して
前川さんを見ることによって
ぼくらのこころが変わっていきます。
唐池会長が高校時代からファンだと
おっしゃいましたが、
高校生の唐池さんが歌っていたことと、
現在のカリスマの会長がファンでいることとは
少し意味が違うと思います。
現在の立場で会長が前川さんを見るときには、
違う思いがたちのぼってくるのではないでしょうか。
唐池
はい、それは違うと思います。
前川さんは、デビューでいきなりトップになって、
そこからずっと走ってこられたわけですからね。
前川
なるほど、はぁあ。
糸井
ああ、みなさん、カレーが来ましたよ。
唐池
これこれ、ぼくの好きなカレーです。
髙田
うん、おいしいですね。
糸井
うわぁ、おいしい。
このカレー、どことも違う味がする。
おかわりしていいですか。
唐池
糸井さん、よく食べますね。
満腹以上を超えてるんじゃないでしょうか。
私はここのカレーは、
ほんとうにいちばんだと思ってます。
前川
長崎の「夕月」というお店のカレーも
おいしいですよ。
ごはんのまわりからこつこつと、
赤いカレーを下に流して食べるんです。
糸井
長崎はお料理がおいしいですね。
海の近いところは食べものがうまい。
唐池
五島列島のまわりは
釣り人たちでいっぱいですよ。
船漕ぎ出してね、メッカです。
糸井
入り組んだ地形でとれるものって、
おいしいですね。
髙田
ウニは、長崎は日本一だと思います。
前川
牡蠣もですね。
あの小さいのがいいんですよねぇ。
(明日につづきます)

日 程

2018年6月10日(日)

時 間

昼の部 トークゲスト水野良樹さん×糸井重里
14:00 開場/14:30 開演

夜の部 トークゲスト徳光和夫さん×糸井重里
18:00 開場/18:30 開演

※昼の部と夜の部はトークゲストが異なります。
 トーク部分以外の公演内容は同じ予定です。

出 演

前川 清

演 奏

鈴木正人/高田漣/坂田学/松本圭司/渡邊恭一

会 場

ザ・ガーデンホール (恵比寿ガーデンプレイス内)

料 金

全席指定 ¥7,500(税込)

チケット

4月16日(月)午前11時発売開始

【取扱】e+

※いまごらんのページからイープラスの特設ページへリンクします。

協賛:九州旅客鉄道株式会社/株式会社A and Live
制作:umu LLC.
協力:前川企画/テイチクエンタテインメント/
ソニー・ミュージックアーティスツ/
YOURSIDEMUSIC /FIREBUG
運営協力:ディスクガレージ
主催:ほぼ日

※イベントの様子は
 ほぼ日ならびにほぼ日以外の媒体の取材のため
 撮影や録音をおこないます。あらかじめご了承願います。

2018-04-15-SUN