ほぼ日ハラマキ応援企画 はらよわ男の座談会。 (ジュエリー仕様)
第3回 精神とおなかは、直結。       (ターコイズ仕様)
ほぼ日 星野さんは、だいぶ小さいころから、
たいへんな思いをされたんですよね。
星野 たいへん(笑)、もう、たいへんで。
浜野 笑ってる(笑)。
星野 すごかったのは、小4のときに、
体育の授業でマラソンをやってて。
ボーズ あ、そのシチュエーションが、もう(笑)。
星野 マラソンって、まあ、疲れるじゃないですか。
ぼく、すごい運動が苦手だったんですけど、
もうへとへとになったころに、
急におなかが痛くなってきちゃって。
タナカ うん、うん。
星野 「先生、トイレに行ってもいいですか」
って言って、
「ああ、いいぞ」と言われて、
その校庭から下駄箱の前を通って
トイレに行くまでに
100メートルくらいあるんですけど、
へとへとなんで力が入んないんですよ。
「痛いな、痛いな」と思いながら
走って行くんだけど、
これ、ちょっと、
もうちょいしたら、
やばいかもしれない
と思いだして‥‥。
ボーズ うん。
星野 下駄箱に着いた時点で出ちゃったんですね。
一同 ああ‥‥。
タナカ そうか‥‥。まあ、しゃあない。
星野 ぼくの通ってた学校の体育は、
白シャツに白い短パンだった。
ボーズ うわ、白。
タナカ 白か。
浜野 それ、きびしい。
星野 小4ってけっこう、その、ちゃんと。
タナカ もう自意識が出てきてるからね。
ボーズ 小4でそれは、けっこう大きいね。
星野 人によっては性に目覚める子も
いると思うんですが。
浜野 小4で?
ボーズ まあ、そこはいいじゃないか。
それで?
星野 その、白い短パンの横から、
すーって出てきたんですよ、その‥‥。
タナカ うん、エメラルドや。
星野 エメラルドが。
短パンの裾から、
もう、滝のように。
ボーズ 滝かぁ‥‥いや、きっついね(笑)。
タナカ しかも白や。
星野 みごとに柔らかい。
タナカ 軟エメラルド。
ボーズ 他人ごとながら、
すごいハラハラするよね。
汗が出てくる。
星野 ぼく、もう、パニックになっちゃって。
タナカ 今、この場に、もう、
これ以上、触れられない空気が出てきた(笑)。
一同 (笑)。
浜野 うん、もう言わんでいいって感じ。
タナカ これ以上しゃべらんで、怖いから。
星野 で、ね。
タナカ あ、言うんや(笑)。
星野 うわあ、エメラルド出てきたと思って、
もうどうしたらいいかわかんなくて、
まだ下駄箱なんですよ、そこ。
ああ、どうしようと思ってパニックになって‥‥
何を思ったか、太ももにこぼれ出た
大量のエメラルドを、
手ですくって思いっきり投げたんですよ。
一同 わー。
星野 そしたら下駄箱の壁に、
ナイキのマークがスターン! とできた。
一同 わはははははは!
ボーズ そうか、そこまでがネタなんだ(笑)。
星野 ネタじゃなくて、事実ですよ。
ボーズ ナイキのマーク。
浜野 ナイキ(笑)。
星野 下駄箱にびっしりエメラルドが。
ボーズ ‥‥この話、どうなの?
ほぼ日的には、ぜったいNGでしょ?
タナカ こんなまあ、優良サイトで、
エメラルド、エメラルド
って。
ボーズ ナイキにも申し訳ない。
でも、まあ、例えだからね。
星野 習字の筆で「一」って書いた
みたいでもありました。
ぴしゃーっと。
一同 (笑)
タナカ エメラルドの墨汁で。
ボーズ ナイキ、プラス!
星野 プラスはさすがになかったんですけど(笑)。
タナカ でもさ、何で投げたの?
浜野 うん、そうだよ。
星野 もうほんとパニックだったんです。
わけわかんなくなっちゃって。
ボーズ 「今、ここにあっちゃだめだ!」っていう?
星野 そうなんです。
ここでエメラルドを下に落としたら、
完全にぼくだと思われる。
ひとまず投げてから考えよう、と。
で、バーンと投げたら、
壁にバーンとエメラルドの線ができて。
とりあえずよし、と。
ボーズ よしじゃない、よしじゃない(笑)。
星野 とりあえず、よしと思って、
トイレに駆け込んだんですけど、
もう途方にくれて。
白い短パンもエメラルド
茶色くなっちゃってるし。
どうしようもなくて悩んでたら、
個室のドアの上から、
友だちが乗り上げてきて、
「こいつエメラルドもらしてる!」
となって、ぼくはその日から、
あだ名がエメラルドになりました。
一同
あー。
浜野 やっぱエメラルドになるんだ。
ボーズ なったんだね。
タナカ みんなさ、一度は
エメラルドになってるの?
ボーズ ぼくはなってない。
大人になってから派だもん、
30からの、はらよわだから。
浜野 ぼくも最近だから。
タナカ あ、そうか。
星野 でもぼくもね、その事件から、
トイレに行けるようになったんですよ。
タナカ ああ、個性として認めさせたんや。
星野 授業中でも、それこそ行けるようになって。
ボーズ 境地じゃん、開き直りの。
星野 荒療治でしたけど(笑)。
浜野 あだ名は、ずーっと、
エメラルドだったの?
星野 ずーっとですね。
ぼくそれまでは、
「原始人」ていうあだ名だったんですけど。
一同 (爆笑)
ボーズ どっちも、あんまりだね。
星野 で、ハマケンと同じ中学に入学してからは、
エメラルドと呼ばれなくなりました。
タナカ 長いこと、よおがんばったねえ。
浜野 ぼくらの中学は、
エメラルドみたいな
やつばっかり集まってたよね。
一同 (笑)
ボーズ 町のエメラルドたちが?
星野 繊細なエメラルドたちが。
ボーズ われこそはエメラルドなり!
‥‥この座談会、ほぼ日に載せられるの?
ほぼ日 いやいや、なんとか、考えます。
ボーズ 切実なテーマなんだけどなー。
星野 でもやっぱりハラマキを語るときには、
エメラルドの話は避けられないでしょう。
ボーズ うん、そうだよね。
〈つづきます!〉                  


2009-07-06-MON