「なぜ古典を知ることが役立つのか?」

「シェイクスピアがいまの暮らしにどう関係するか?」

水をのむようにごくごくわかったら、おもしろい!

そんなイベントを、12月に開催します。

チケット発売は11月7日(火)です。

ほぼ日の学校」は古典をテーマに、2018年1月
シェイクスピア講座を皮切りとして開校します。

一次応募は締め切りましたが、
11月14日から27日まで二次募集を行います)
その開校を前にして、たくさんの方々とともに、
古典のたのしさ、深さ、応用力を味わう
イベントにしたいと思っています。

英文学を代表するといわれるシェイクスピアに
これまで触れずにきた方も、ぜひのぞきに来てください。

ここからみなさんのあたらしい「古典」へのドアが開く、
そんな夜にしたいと思っています。

主催は「ほぼ日の学校」です。

年末前の、1回限りのイベントです。

この日のための豪華な顔ぶれでお届けします。

  • 橋本治さんの古典作品の解釈、現代語訳は、
    私たちをいつもウキウキ驚かせ、たのしませてくれます。

    橋本さんにとって古典とは、
    いったいどういうものなのでしょうか。

    橋本さんは言います。

    「古典を読み進むと、考え方の可能性の芽のようなものが
    いくつもあることがわかります。

    もしも私たちが、過去にあったものを
    みんな忘れてしまったら、
    豊かにはならないのではないでしょうか。

    私がやっているのは、古典にある、
    忘れられているかもしれない芽を
    ひろいだしていくことです」
    古典をさぐっていくことによって出現する、
    根っこのようなものとの出会い──
    橋本さんの「ひろいぐい」を、
    いっしょにあじわいましょう。

  • 実業家、投資家として第一線で活躍するおふたりを迎え、
    シェイクスピアが、経済学やビジネスの世界と
    どうつながっていくのかを語ります。

    「シェイクスピアを知ったあとには
    チンプンカンプンだったあの学問がわかるようになった」
    という意見も聞かれます。

    もしかしたらシェイクスピアは、
    いろんな世界のドアを開ける鍵になるのかもしれません。

    ビジネスに応用できるシェイクスピアの魅力、
    おふたりに存分にお話いただくことにいたしましょう。

    聞き手は「ほぼ日」の糸井重里、
    「ほぼ日の学校」の河野通和がつとめます。

  • 講演とトークの幕間に、木村龍之介さん率いる
    シアターカンパニー・カクシンハンによる
    古典をテーマにしたパフォーマンスがあります。

    貴重な体験を、どうぞおたのしみください。

  • 開場から開演までの1時間(18時から19時まで)、
    ロビーにおいて、
    古典の世界を体感いただけるような
    たのしい催しを計画しています。

    また、シェイクスピアの本はもちろん、
    (講演やトークを聞いたあと読みたくなると思います)

    登壇する方々の著作も、とりそろえて販売いたします。

  • ほぼ日の学校スペシャルイベント第1回に
    参加くださったみなさまと、登壇した方々、
    最後に一同で記念撮影をします。

  • 当日、心に残った言葉を
    ご自身で書き留めていただけるように
    ちいさなメモ帳とシェイクスピアをイメージした
    羽根ペンのセットをおみやげにする予定です。

    ※準備中ですので、
    おみやげの内容は変更になることがあります。

ほぼ日の学校スペシャルごくごくのむ古典

2017年12月22日(金)

草月ホール(東京 赤坂)

18時開場 19時開演 21時終了予定

全席指定6,480円(税込)

協賛:サントリーホールディングス(株)

第1部 講演「古典ひろいぐい」

講演者:橋本治(作家)

第2部 トークセッション

「シェイクスピアをベンチャーする」

登壇者:村口和孝

(株式会社日本テクノロジーベンチャーパートナーズ 代表)

藤野英人

(レオス・キャピタルワークス株式会社 代表取締役社長)

聞き手:糸井重里、河野通和※講演内容などの詳細は変更になる可能性があります。

発売開始日は11月7日(火)午前11時です。

時間になりましたらチケット購入サイト
お進みいただき、お申込みください。

[ ご注意 ]

このスペシャルイベントは、
「ほぼ日の学校」の授業に含まれます。

1月から開校する「シェイクスピア講座2018」の
受講生となった方は申込みの必要はありません。

ご自身でこのスペシャルイベントに申し込まれていた方が、
「シェイクスピア講座2018」<99席クラス>の
二次募集枠またはキャンセル枠(※1)で
受講が決まった場合は、
「ほぼ日の学校スペシャル『ごくごくのむ古典』」の
チケットのキャンセルをお受けいたします。

キャンセル方法については、
受講が決まった方にお知らせいたします。

(※1)「シェイクスピア講座2018」の受講生から
キャンセルが出た場合、一次募集および二次募集に
応募された方が、繰り上げで当選となることがあります。

繰り上げ当選の方も、
「ほぼ日の学校スペシャル『ごくごくのむ古典』」
受講生用の席をご用意しますので、
無料でご参加いただけます。

その場合、開催日ギリギリとなりますが、
12月15日(金)に「ほぼ日の学校」チームより
メールでお知らせいたします。