YAMADA
おとなの小論文教室。
感じる・考える・伝わる!

受験のテクニックとして、小論文の書き方を勉強した?
その後は、ナイスなテキストを書いていますか?
考えること伝えることの愉快を、ここで味わいましょう。

ありがたいことに、小論文というものを
考えたり、たのしんだり、たくさん読んできた
カジュアルで優しい先生がいるんです。

さぁ、山田ズーニー先生、お願いしまーす。

Lesson839
    書き続けて、見る世界



コツコツコツと書き続けていくとどうなるか?

その先にどんな世界が見えるのか?

これまでここで
書き続けた先に思わぬ景色を見たことを書いた。
それはまるで、

「理解の花が降る。」

文章で通じ合う人は、
書き手の上辺を見ているのではない、
外見でも身分でもなく、書き手の「内面」、
それも深いところを見ている。

だから書き続けていく先に、
自分の想い・考えに、
深く正しい理解が降る瞬間があると。

今日はその少し先に見えてきたものを伝えたい。

書く力は地道だ。

言葉でコツコツと人の理性にうったえる。
読む側もそれなりの労力がいる。
YouTubeのように一気に世界に灯がつく
とはなかなかならない。

それでも、

人の理性を通って、

言葉で咀嚼(そしゃく)され、
考えて濾過(ろか)され、
読む人に深くとどまることがある。

それが根をなし、
読者に思わぬ花が咲いていることがある、

先日『伝わる・揺さぶる!文章を書く』48刷が出た。

メディアで見る著名人、
初めて新書を書く研究者、
「本書を頼りに初めての本を書いた」「出版した」
という人が、ここへ来て次々現れるようになった。

本の最後に私はこう書いていた、

「あなたには書く力がある。
あなたの書いたものに私はいつ、
どんな形で出会えるだろう。」

書いて社会で活躍してほしいと
願いを込めて書いたことがいま現実になっている。

現在、私の表現力ワークショップは5つの大学に採用され、
企業に研修に行ってもたちまち定員が埋まり、
先日行った商社でも定員を倍に増やしたほど。
全国あちこちで開催しても200%以上の応募がある。

「自分の想いを相手に響くように伝える
言葉の表現力(話す・書く)を身につけたい。」

と切実に願う人がいまとても多いのを実感する。

『伝わる・揺さぶる!文章を書く』を書いた当初は、
世の中まだまだ表現することに引っ込み思案で、
「自分には伝えたいことがない」「文章は苦手」と
逃げにまわる人も多く、
「そもそも人はなぜ伝えなければならないのか」と、
ニーズを掘り起こすことからはじめなければならなかった。

「出版で志したことが現実になるには
すごく時間がかかる。」

というのが私個人の実感だ。

『伝わる・揺さぶる!文章を書く』自体、
最初の重版がでるまでに1年半、
売れるまでにすごく時間がかかったのだ。

いま現在進行形で重版され続けていること、
他の本も、例えば先日
『あなたの話はなぜ「通じない」のか』
文庫になってからの20刷が出たりと
続々重版され続けていくことなど、

当初、私をふくめだれが予想したろう。

書いたもので現実を動かすスピードが速い人もいる。

しかし、私の場合は、
伝わるまでにも、それが認められ、数字になり、
さらに書いた内容が現実に働きかけ、現実が実るまでに、
とても時間がかかった。

「この時の長さが待てなくて、書くことを
あきらめてしまった書き手もいるのではないか」

読者の良い反応は、
書き手自身が意識して「聞こう」としないと
なかなか体にはいってこない。

いろんなタイプの書き手がいるだろうけど、
すくなくとも私はそうだった。

自分の書いたものに良いことを言われても、
なぜか話半分に聞いて、腑に入れない。

読者アンケートなどでも、大半の良い反応はスルーし、
数少ない厳しい反応にとらわれた。

褒め言葉がダメにすると思っているからか。
自分の書くものに満足してないからか、

昨年、講演先で、
私の書くものを読んで「命をつないだ」
という人に会った。
自分の書いたものでそれほどのことはないと、
話半分に聞いてやり過ごそうとした。

でも、その人があまりに真剣で、気迫が伝わってきて
真に受けないことが失礼と感じた。
その想いを受け取らずにはおられなかった。

それから良い反応も、
ちゃんと聞こうと意識するようにしている。

「職場の上司に伝わった。」

「旦那さんの窮地を支えることができた。」

「望む職場に就職できた!」

目をあげれば読者が咲かせた花がある。
SNSなど読者の感想を知る機会が増えた時代に、
「自分なんて」と下を向いて書き続けるのはもったいない。

このコラムの読者たちとも、先日、
じかに話す機会があった。

このコラムで募集したワークショップの2期目のことだ。

ふだん大学や企業などに出講してワークショップをする
私には、生の読者の生の声を聞くことはめったにない。

「コラムをひらくと、
まさにいま自分がつまずいている、
そのことが書かれていて、
これは私のために書いてくれたの?!
どうしてわかったの?!という感じで‥‥」

「いつもお昼休みに読んでいるんですけど、
泣けてきて、職場だから困って‥‥」

ほんとうにこのコラムを、読んでいる人がいるのだ。
11年も前からの読者もいた。
それぞれの現場でこれを読み、考えたり、葛藤したり、
ヒントを得たり、楽しみに読み続けてくれている人が
現実にいるのだと実感したとき、腹からチカラがわいた。

このワークショップの参加者=読者には、
医療従事者もいた、靴や鞄の革職人も、
学校の先生も、鍼灸師も、
企業の人事担当も、アートをする人も
退職して家庭に入った人も、背景は様々だけど、

「素敵な人たちだなあ!」

と心から思った。

この社会や人間をみるまなざし、
そこからどう考え、何を選択し、何を志すか、
考え方や世界観が光っている。

「偶然にも、どうしてこんな素敵な人たちばかり
集まったのか」と不思議だったけれど、

自分が書くことを通して表現し、
そこに響き合って集まる人たちが、
自分から見て素敵でないはずはないと気がついた。

これも書き続けて見た世界だ。

ワークショップの教室は、九段下にあり、
堀に面していて、窓から武道館も見え、
堀の水面には、ピンクの蓮の花がびっしり咲いている。

その堀に向かった机で、生徒さんがひとりひとり、
黙々と考え、書いている姿や、

生徒さんの朗読する文章から、
ひとりひとりの尊厳が漂ってくるように感じながら、

ふいに満たされるような想いが突き上げてきた。

「人が自分の頭で深く考え、
自分の想いを納得感ある言葉で表現できるようになる。」

そういう世の中に近づけたいと、
書き続けてきたことが、いま現実に仕事でやれている。
コツコツだけれど直接そこに働きかけている。

書くことは理想をカタチにする行為でもある。

言葉という誰の目にも明らかなカタチで、
自分にも刻みつけるし、人々にも宣言する、証拠を残す。

だから書き続ける以上、
理想に向かって、日付を刻み、働きかけ、切り拓き、
現実に行動せざるをえなくなる。

「コツコツコツと書き続けていくと、どうなる?」

「それは、コツコツ現実になる。」

これが決して楽観などではない、
書いて、動いて、つかんで、いま、見えてきた世界だ。


ツイートするFacebookでシェアする

…………………………………………………………………

山田ズーニーワークショップ満員御礼!
いったんウェイトリストを締め切ります。

2017年6月開講したワークショップ型実践講座
「伝わる・響く!言葉の表現力をつける」
にたくさんのお申込みをありがとうございました。

大好評で即日満席、
2期、3期、4期と増設するも追いつかず、
1年待ちのウェイトリストのみ受け付けておりましたが、
現在までに12期分のお申込みがあり、
2年待ち以上の方が出てくる見込みが強くなりました。

責任を持って対応するため、
ここでいったんウェイトリストを締め切ります。

言葉の表現力をつけたいと
申し込んでくださった方々の想いを大切に
受け入れを進めてまいります。

●この講座に対するすべてのお問い合わせはこちらへ。
お問い合わせ先
毎日文化センター東京 TEL03-3213-4768

http://www.mainichi-ks.co.jp/m-culture/each.html?id=491

2018年以降、東京開催、詳細未定、1年待ち。

*「ほぼ日」へのお問い合わせはしないでください。
*コラムの感想メールでお問い合わせはしないでください。


ワークショップ型実践講座
「伝わる・響く!言葉の表現力をつける」
――3回で一生ものの書く力・話す力が育つ

書くことによって、人は考える。
自分の内面を言葉で深く正しく理解する。
そのことにより、納得のいく選択ができるようになり、
意志が芽生える。

さらに、

言いたいことを、相手に響くように伝えられるようになる。
インターネット時代に、広く社会に
説得力を持って自分の考えを発信できるようになる。

書く力=想い言葉で表現するチカラを鍛えれば、
自分を知り、自分を表現することができる。

自分の想う人生を、この現実に書いて創っていける。

あなたには表現力がある。

山田ズーニーワークショップ型実践講座、
2017年6月東京で開講しました!

…………………………………………………………………

「おとなの小論文教室。」を読んでのご意見、ご感想を
ぜひお送りください
題名を「山田ズーニーさんへ」として、
postman@1101.comまでメールでお送りくださいね。

注:講演など仕事の依頼メールは、
  上記アドレスに送らないでください。
  山田ズーニーのtwitter(@zoonieyamada)に
  直接ご連絡いただくか、山田ズーニーの本を出している出版社に
  連絡先をお問い合わせのうえで、
  ご依頼くださいますようおねがいします。


…………………………………………………………………

★出演情報などお知らせのあるときは
 山田ズーニーのtwitter(@zoonieyamada)にも掲載します。


…………………………………………………………………


『半年で職場の星になる!
 働くためのコミュニケーション力』
 ちくま文庫

あなたが職場の星になる!コミュニケーション術の決定版。
一発で信頼される「人の話を聞く技術」、
わかりやすい報告・説明・指示の仕方、
職場の文書を「読む技術」、社会人としてメールを「書く技術」。
「上司を説得」するチカラ、通じる「お詫び」、クレーム対応、
好感をもたれる自己紹介・自己アピールのやり方。
人を動かし現場でリーダーシップを発揮する表現力から、
やる気が湧き・上司もうなる目標の立て方まで。
この1冊で仕事のフィールドで通じ合い、チームで成果を出していける!
自由はここにある!



ラジオで、山田ズーニーが、
『おかんの昼ごはん』について話しました!

録音版をぜひお聞きください。
「ラジオ版学問ノススメ」(2012年12月30日〜)
 インターネット環境があれば、だれでもどこからでも
 無料で聴けます

 聴取サイトは、http://www.jfn.co.jp/susume/
 (MP3ダウンロードのボタンをクリックしてください)
 または、iTunesからのダウンロードとなります。

…………………………………………………………………

ほんとうにおかげさまで本になりました!
ありがとうございます!


『おかんの昼ごはん』河出書房新社
「親の老い」への哀しみをどう表現していいかわからない
私のような人は多いと思います。
読者と表現しあったこの本は、思い切り泣けたあと、
胸の奥が温かくなり、自分の進む道が見えてきます。
この本が出来上がったとき、おもわず本におじぎをし、
想いがこみ上げいつまでもいつまでも本に頭をさげていました。
大切な人への愛から生まれ、その先へ歩き出すための一冊です。



「おとなの小論文教室。」を読んでのご意見、ご感想を
ぜひお送りください
題名を「山田ズーニーさんへ」として、
postman@1101.comまでメールでお送りくださいね。

注:講演など仕事の依頼メールは、上記のアドレスでなく、
 直接オフィス・ズーニーまでお送りください。
 連絡先は、山田ズーニーの本を出している出版社まで
 お問い合わせください。


…………………………………………………………………


『「働きたくない」というあなたへ』河出書房新社
「あなたは社会に必要だ!」
ネットで大反響を巻き起こした、おとなの本気の仕事論。
あなたの“へその緒”が社会とつながる!

…………………………………………………………………


『新人諸君、半年黙って仕事せよ』
―フレッシュマンのためのコミュニケーション講座(筑摩書房)
私は新人に、「だいじょうぶだ」と伝えたい。
「あなたには、コミュニケーション力がある」と。
            ――山田ズーニー。

…………………………………………………………………


『人とつながる表現教室。』河出書房新社
おかげさまで「おとなの小論文教室。II」が文庫化されました!
文庫のために、「理解という名の愛がほしい」から改題し、
文庫オリジナルのあとがきも掲載しています。
山田はこれまで出したすべての本の中でこの本が最も好きです。


…………………………………………………………………


『おとなの進路教室。』河出書房新社
「自分らしい選択をしたい」とき、
「自分はこれでいいのか」がよぎるとき、
自分の考えのありかに気づかせてくれる一冊。
「おとなの小論文教室。」で
7年にわたり読者と響きあうようにして書かれた連載から
自分らしい進路を切りひらくをテーマに
選りすぐって再編集!


…………………………………………………………………


▲文庫版でました!
 あなたの表現がここからはじまる!

『おとなの小論文教室。』 (河出文庫)

…………………………………………………………………

ラジオ「おとなの進路教室。」
http://www.jfn.co.jp/otona/

おとなになっても進路に悩む。
就職、転職、結婚、退職……。
この番組では、
多彩なゲストを呼んで、「おとなの進路」を考える。
すでに成功してしまった人の
ありがたい話を聞くのではない。
まさに今、自分を生きようと
もがいている人の、現在進行形の悩み、
問題意識、ブレイクスルーの鍵を
聞くところに面白さがある。
インターネット、
ポッドキャスティングのラジオ番組です。

…………………………………………………………………


「依頼文」や「おわび状」も、就活の自己PRも
このシートを使えば言いたいことが書ける!
相手に通じる文章になる!

『考えるシート』文庫版、出ました。

…………………………………………………………………


『話すチカラをつくる本』
三笠書房

NHK教育テレビのテキストが文庫になりました!
いまさら聞けないコミュニケーションの基礎が
いちからわかるやさしい入門書。



『文庫版『あなたの話はなぜ「通じない」のか』
ちくま文庫

自分の想いがうまく相手に伝わらないと悩むときに、
ワンコインで手にする「通じ合う歓び」のコミュニケーション術!




『17歳は2回くる―おとなの小論文教室。III』
河出書房新社




『理解という名の愛が欲しいーおとなの小論文教室。II』
河出書房新社




『おとなの小論文教室。』
河出書房新社



『考えるシート』講談社


『あなたの話はなぜ「通じない」のか』
筑摩書房



『伝わる・揺さぶる!文章を書く』
PHP新書

内容紹介(PHP新書リードより)
お願い、お詫び、議事録、志望理由など、
私たちは日々、文章を書いている。
どんな小さなメモにも、
読み手がいて、目指す結果がある。
どうしたら誤解されずに想いを伝え、
読み手の気持ちを動かすことができるのだろう?
自分の頭で考え、他者と関わることの 痛みと歓びを問いかける、
心を揺さぶる表現の技術。
(書き下ろし236ページ)

山田ズーニーさんへの激励や感想などは、
メールの表題に「山田ズーニーさんへ」と書いて、
postman@1101.comに送ってください。

2017-08-09-WED

HOME
ホーム


いままでのタイトル

◆2000-05-17〜2001-04-25
◆2001-06-13〜2002-05-15
◆2002-05-29〜2003-05-14
◆2003-05-21〜2004-05-12
◆2004-05-19〜2005-05-11
◆2005-05-18〜2006-05-03
◆2006-05-10〜2007-05-09
◆2007-05-16〜2008-05-14
◆2008-05-21〜2009-05-27
◆2009-06-03〜2010-05-19
◆2010-05-26〜2011-04-27
◆2011-05-11〜2012-05-16
◆2012-05-23〜2013-05-08
◆2013-05-15〜2014-05-21
◆2014-05-28〜2015-04-29
◆2015-05-13〜2016-03-30
 

2016-04-06

ゼロから切り拓くチカラ

2016-04-13

ゼロから切り拓くチカラ ―2.読者の声

2016-04-20

表現するほうへ

2016-04-27

表現するほうへ ―2.読者の声

2016-05-11

「自分のやってきたことは意味がなかったの」と
人に問うまえに

2016-05-18

読者の声−先週の「自分の努力を認める」について

2016-05-25

人間の底

2016-06-01

人間の底−2.読者の声

2016-06-08

悪の表現

2016-06-15

読者の声−先週の闇を昇華する表現について

2016-06-22

いい子の仮面を被るまえにできること

2016-06-29

読者の声
−先週の「いい顔するか、利他に向かうか」について

2016-07-06

血液型が2つしかない国

2016-07-13

血液型が2つしかない国 −2.読者の声

2016-07-20

「選択」の時、いちばん大事なもの

2016-07-27

読者の声―「選択」の時、いちばん大事なもの

2016-08-03

背中の目

2016-08-10

背中の目−2.大きな循環のなかで

2016-08-24

ねじれない表現

2016-08-31

ねじれない表現−2.読者の声

2016-09-07

心で見る色彩

2016-09-14

心で見る色彩−2.読者の声

2016-09-21

やる気はどこから来るか

2016-10-05

読者の声
―前回の「やる気はどこから来るか」について

2016-10-12

私がいるところは全部のなかの一部

2016-10-19

読者の声―私がいるところは全部のなかの一部

2016-10-26

自意識はのぼる

2016-11-02

「やりたいことがない」と言うとき

2016-11-09

なにかを大事にするということ

2016-11-16

読者の声
―先週の「なにかを大事にするということ」について

2016-11-23

破壊はホントに創造につながるか?

2016-11-30

読者の声
―「破壊はホントに創造につながるか?」について

2016-12-07

きょう自分とした小さな約束を守ろう

2016-12-14

お母さんの耳

2016-12-21

読者の声 ― 先週の「お母さんの耳」について

2017-01-11

訓練と勇気と

2017-01-18

想いに忠実な選択をする

2017-01-25

読者の声―想いに忠実な選択

2017-02-01

言い方でイキイキさせる

2017-02-08

メンタルの強さは、自分にかける言葉の強さ

2017-02-15

就活の「やりたいこと」とは?

2017-02-22

読者の声 ― 就活の「やりたいこと」とは?

2017-03-01

やりたい仕事を3つでイメージする

2017-03-08

「助けて」と言えない、あの日の私へ

2017-03-15

読者の声―先週の「助けてと言えない」について

2017-03-22

就職と就社と

2017-03-29

就職と就社と 2

2017-04-05

おかあさんのアバタ―

2017-04-12

かけがえのないものに代わるもの、の探し方

2017-04-19

読者の声 ― 「おかあさんのアバタ―」について

2017-04-26

読者の声2 ― 「おかあさんのアバター」について

2017-05-10

未熟

2017-05-17

書いて、自分になる。

2017-05-24

読者の声 ― 「未熟」について

2017-05-31

読者の声 ― 「未熟」その2

2017-06-07

伝わってない?

2017-06-14

本音か、仮面か?

2017-06-21

読者の声−本音か、仮面か?

2017-06-28

劣等感にからめとられない

2017-07-05

読者の声―劣等感にからめとられないについて

2017-07-12

「自分の頭で考える」、まずそれ!

2017-07-19

読者の声 ― 自分の頭で考えることについて

2017-07-26

より切実な何かがみつかったとき

2017-08-02

理解の体力を鍛える