YAMADA
おとなの小論文教室。
感じる・考える・伝わる!

受験のテクニックとして、小論文の書き方を勉強した?
その後は、ナイスなテキストを書いていますか?
考えること伝えることの愉快を、ここで味わいましょう。

ありがたいことに、小論文というものを
考えたり、たのしんだり、たくさん読んできた
カジュアルで優しい先生がいるんです。

さぁ、山田ズーニー先生、お願いしまーす。

Lesson816
  読者の声 ― 就活の「やりたいこと」とは?



就活で「やりたいこと」と聞くから
自己実現と仕事が混線するんだろうなあ。
より現実的には、

「社会は、
電車を走らせる人、食品を作る人、病気を治す人など、
皆が何かの苦労を引き受けるカタチで成り立っています。
あなたは、どの苦労なら引き受けられますか、
役立てますか、責任を持って続けられそうですか?」

と聞くほうが混線は少ないかも、

そんな先週のコラムに、
読者から反響をいただいた。

今週は、読者の声を紹介しよう!


<夢がなくとも、ちゃんと生きる>

大阪在住の大学2年生です。

先週のlesson815就活の「やりたいこと」とは?

自分の心の中にもやもやと溜まっていた何かを
びしっと代弁していただけたような気がして
とても心を打たれました。

私は春から大学3年生になります。
就活の話題は避けられず、
少しずつ不安がつのっていきます。

関西の様々な学生と交流し
支援をするバイトをしているため、
「やりたいこと」に全力で取り組む同年代の学生を
何人も見てきました。

今の自分の自己実現がそのまま将来の仕事に繋がるような
素晴らしい「夢」を持つ学生がたくさんいました。

ただ、私は彼らとは違う。

「夢=やりたいこと=将来の仕事」という等式が、
どうしても受け入れられない。

思えば昔から、
「将来の夢」という言葉に対して違和感を覚えていました。
やりたいことがそのまま仕事につながるとは
思えなかったからです。

私にも好きなもの、自己実現につながるものはあります。

文章を書くことです。
でも、文章を書くことを仕事にしようとは思わないんです。

仕事をする気はもちろんあるし、
就活にも真面目にのぞみたいのですが、

「夢」「やりたいこと」と聞かれると、
正直困ってしまいます。

「やりたいことと仕事は別で、
夢はそもそも持っていない」、
「こういう仕事につきたい、という希望はあるけれど、
それがやりたいことではない」、

そんな風に答えると、
周囲の大人には「現実的だなあ」とか
「若いのにもったいない」とか、
挙げ句には「夢がないなあ」とか言われます。

「夢」を持つ学生は、
私のような「夢」を持たない学生を、
ときに哀れむように見ることがあります。

「夢」を持たない私のような人間を排除しないでほしい。

若者は夢を持つべきだという風潮に圧迫され、
辟易して動けなくなっている学生は、
私以外にもたくさんいるはずです。

先週のおとなの小論文教室を読み、

「仕事は、他者を満たす。」
「自己実現は、自己を満たす。」
もともとベクトルが違うものだ。

「ああ、これが言いたかったんだ」と感動したのです。
自分の力では言い表せなかった心のもやもやを、
すっと目の前に文字として落としてくださり、
救われた気がしました。

夢がある学生に対して劣等感を抱く必要がなくなりました。
(もうすぐ大学3年生)


<苦じゃなく続けられること、あります!>

先週の、
「どの苦労なら引き受けられるだろう」
という問いに、目から鱗が落ちる思いでした。

「何ができるだろう」と考えた時に、
いつもなかなか思いつかなかったし、
自分を客観的に見ることも上手くできませんでした。
人と比べて自分は劣ってるとか、
役に立ってるんだろうかとか、よく悩みました。
でも、

「どの苦労なら引き受けられるだろう」

なら判る気がする。
苦も無く続けられていること、
小さなものだけど幾つかあります。

それらを見つめていけば、私の適性が見えて来そうです。

一人一人違って、
いろんな場所で場面で支え合っている。

自分のことが判れば、人の適性を羨まなくていい。

活かし合って行けばいい。
前が明るく開けて来ます。
(クロ助)


<良い意味で身勝手に働く人々を見て>

わたしは、フランスに留学して1年が経ちました。

わたしはずっと、
やりたいことを仕事にし
自己実現と収入を得ることことを両立させねば!
と、考えていました。

わたしにとって自己実現とは表現することなのだ、
と信じていたのが高校生の頃です。
詩や歌を書く、物書きとして生きたいと思っていました。

しかしいざ、どうやってそれを仕事にし、
お金をもらい暮らしていけるだろう?と考えると、
いつもいつも具体性のない将来に、
先の見えなさを感じていました。

そして火を消したのは自分でした。

冷静になってみると、
自分の中にある見てきた景色や
経験の少なさに気づきました。
わたしは今すぐには物書きを
一生の仕事にしていくことはできないのだ、
とそのときさとりました。

そして、先の見えなさ、
生まれ育った東京で感じていた閉塞感から逃れるように、
ここフランスへやってきました。

この一年、
常識だと思っていたマナーやルールは、
日本ならではの文化であること、

それに人一人が生きていくのは
そんなに大変そうじゃないこと、

を知ることができました。

日本の半額ほどという食べものの安さや、
政府からの手当のおかげで、
大抵の人は食べていくには困っていなさそう。

そして何より、
そこここで働く人の身勝手さ
(その時々で機嫌の悪さがロコツに出てるなど)
がいい意味で、わたしの
「仕事をしてお金をもらうというのは、
価値を生み出すことに心と命をかけ、
常に上を目指すことだ!」
というような強い思い込みをほぐしてくれました。

つまり、社会に出るにはわたしもそういう人でなくては!
という思い込みを。

以前は、その思い込みのせいで
自分の足りなさを数えるばかりだったけれど、
その堂々めぐりから少し離れることができました。

無駄な力みのない今、

自分の以前から好きだった発酵、
職人さんに持っていたつよい憧れ、
それにフランスにいるということを活かして、

チーズを作る人になろうかな、と思います。

自分のことを考え過ぎなくなったら、
矢じるしの向く先が定まったので、
まだ決めただけだけどそこへ向かっていこうと思います。

気持ちよく、20歳の一歩を踏み出せそうです。
(ナオ)


<ないから始めて10年、わかったこと>

「やりたい事、なんて『ない』」
から始めてみよう。

そう決めた10年前のことを思い出しました。

先週のコラムに
「力量=できることを増やさないと、
やりたいことすら限定されてくる。
できることが増えれば、夢の範囲も広がっていく。」
とありました。

20代、30代の頃は、自分が「できること」を増やす
作業に没頭してきました。

「これが出来るようになったら
やりたい事が見つかるのかも知れない」

「これが出来るようになったら‥‥」

とドンドン重ね着をして着ぶくれした自分がいました。

ところが、40才を過ぎたころ、しみじみと
自分の「できること吸収力」みたいなものが
身に染みて落ちたことを実感したのです。

でも、相変わらず「やりたい事」は見つかりません。

焦って苦しんで。

そんなとき、開き直りに近い感覚で決めたことが、
「やりたい事、なんて『ない』」から始める、
だったんです。

それから、約10年。来月には50歳になります。

いま、どんな感覚なのか?

これまで自分が身に着けてきた「出来ること」は、
周囲の人に

「助かる」「癒される」「刺激になった」

などのコメント付きで喜んでもらえて、

「あれ、自分って、案外まわりのみんなの
役に立ってるんじゃないか?」

と実感できる機会が増えています。

そして、そんな瞬間は、自分もすごく嬉しい。

他者が喜んでくれることは、もしかしたら、
僕のやりたい事、にすごく近い場所のこと、
なのかも知れません。

「やりたいことはない」、からスタートしたし、
いまだに「これだ!」には出会っていないです。

でも、「やってみたら面白かった」ってことなら
結構たくさんある。楽しんでいる、面白がっている
自分を見つけて、びっくりしたこともたくさんある。

だから今は、

「やりたい事って、いまは見えてない。
けど、言葉にできてないだけで、
自分の中には、ちゃんとあるんだろうなぁ。
まぁ、いつか出会えるさ!」

って感じの、ゆるーい、緩やか気持ちで
気楽に構えています。
(ひげおやじ)



人は多様だ。

私は、表現教育を通して、
外見からは計り知れない、人の内面を
たくさん、たくさん、見てきた。
そこから伝えたいのは、

「人間は、ほんとうに、想像しているよりも、
ずっとずっと多様である。」

ということだ。

「仕事=自己実現」の人もいれば、
一方で、
「仕事にそこまでのめりこめないが、
責任を持ってちゃんと続ける」という人もいる。

みんながみんな「やりたいこと」があって、
「やりたいこと=仕事=自己実現」
でなきゃいけないというような圧迫感が
社会にあるとすれば、それは、

「熱烈な恋愛結婚以外、結婚を認めない」

と言ってるのと同じくらい、
人を窮屈にしてしまう。

本当に心からの恋愛をし合って結婚をした人は、
たいへんいいことだと思う。

でも、それ以外にも多様な結婚観、

「人間として尊敬できるから」
「家族になれる人だと思ったから」
「こんな人に育てられたら
生まれてくる子どもは幸せだと思えたから」

など、

「熱烈な恋愛はしなかった」
けれども、なげやりにならず、ちゃんと考えたら、

「自分の中に、ささやかでも結婚に対して
大事にしたい想い、ちゃんとあった」

ということもある。

同様に、

「多様な働き方、多様な仕事への想い、を認める」

ということが、
「やりたいこと」の圧迫感におしつぶされそうなとき、
自分自身を支えてくれると、私は思う。

ツイートするFacebookでシェアする

…………………………………………………………………

文庫化されました!



ほんとうにたくさんの人々のおチカラで
文庫化していただいたことに、心から感謝を申し上げます。
おとなたちのキビしい意見に反発もある本ですが、
おとなたちが、これだけ本気になった、
私は、その根底に「愛」を感じます。
淘汰の激しい出版界で文庫として残していただき、
こう願わずにはおれません。細々とでも、
「この本を必要とする人に届け!」

…………………………………………………………………

「おとなの小論文教室。」を読んでのご意見、ご感想を
ぜひお送りください
題名を「山田ズーニーさんへ」として、
postman@1101.comまでメールでお送りくださいね。

注:講演など仕事の依頼メールは、上記のアドレスでなく、
  直接オフィス・ズーニーまでお送りください。
  連絡先は、山田ズーニーの本を出している出版社まで
  お問い合わせください。


…………………………………………………………………

★出演情報などお知らせのあるときは
 山田ズーニーのtwitter(@zoonieyamada)にも掲載します。


…………………………………………………………………


『半年で職場の星になる!
 働くためのコミュニケーション力』
 ちくま文庫

あなたが職場の星になる!コミュニケーション術の決定版。
一発で信頼される「人の話を聞く技術」、
わかりやすい報告・説明・指示の仕方、
職場の文書を「読む技術」、社会人としてメールを「書く技術」。
「上司を説得」するチカラ、通じる「お詫び」、クレーム対応、
好感をもたれる自己紹介・自己アピールのやり方。
人を動かし現場でリーダーシップを発揮する表現力から、
やる気が湧き・上司もうなる目標の立て方まで。
この1冊で仕事のフィールドで通じ合い、チームで成果を出していける!
自由はここにある!



ラジオで、山田ズーニーが、
『おかんの昼ごはん』について話しました!

録音版をぜひお聞きください。
「ラジオ版学問ノススメ」(2012年12月30日〜)
 インターネット環境があれば、だれでもどこからでも
 無料で聴けます

 聴取サイトは、http://www.jfn.co.jp/susume/
 (MP3ダウンロードのボタンをクリックしてください)
 または、iTunesからのダウンロードとなります。

…………………………………………………………………

ほんとうにおかげさまで本になりました!
ありがとうございます!


『おかんの昼ごはん』河出書房新社
「親の老い」への哀しみをどう表現していいかわからない
私のような人は多いと思います。
読者と表現しあったこの本は、思い切り泣けたあと、
胸の奥が温かくなり、自分の進む道が見えてきます。
この本が出来上がったとき、おもわず本におじぎをし、
想いがこみ上げいつまでもいつまでも本に頭をさげていました。
大切な人への愛から生まれ、その先へ歩き出すための一冊です。



「おとなの小論文教室。」を読んでのご意見、ご感想を
ぜひお送りください
題名を「山田ズーニーさんへ」として、
postman@1101.comまでメールでお送りくださいね。

注:講演など仕事の依頼メールは、上記のアドレスでなく、
 直接オフィス・ズーニーまでお送りください。
 連絡先は、山田ズーニーの本を出している出版社まで
 お問い合わせください。


…………………………………………………………………


『「働きたくない」というあなたへ』河出書房新社
「あなたは社会に必要だ!」
ネットで大反響を巻き起こした、おとなの本気の仕事論。
あなたの“へその緒”が社会とつながる!

…………………………………………………………………


『新人諸君、半年黙って仕事せよ』
―フレッシュマンのためのコミュニケーション講座(筑摩書房)
私は新人に、「だいじょうぶだ」と伝えたい。
「あなたには、コミュニケーション力がある」と。
            ――山田ズーニー。

…………………………………………………………………


『人とつながる表現教室。』河出書房新社
おかげさまで「おとなの小論文教室。II」が文庫化されました!
文庫のために、「理解という名の愛がほしい」から改題し、
文庫オリジナルのあとがきも掲載しています。
山田はこれまで出したすべての本の中でこの本が最も好きです。


…………………………………………………………………


『おとなの進路教室。』河出書房新社
「自分らしい選択をしたい」とき、
「自分はこれでいいのか」がよぎるとき、
自分の考えのありかに気づかせてくれる一冊。
「おとなの小論文教室。」で
7年にわたり読者と響きあうようにして書かれた連載から
自分らしい進路を切りひらくをテーマに
選りすぐって再編集!


…………………………………………………………………


▲文庫版でました!
 あなたの表現がここからはじまる!

『おとなの小論文教室。』 (河出文庫)

…………………………………………………………………

ラジオ「おとなの進路教室。」
http://www.jfn.co.jp/otona/

おとなになっても進路に悩む。
就職、転職、結婚、退職……。
この番組では、
多彩なゲストを呼んで、「おとなの進路」を考える。
すでに成功してしまった人の
ありがたい話を聞くのではない。
まさに今、自分を生きようと
もがいている人の、現在進行形の悩み、
問題意識、ブレイクスルーの鍵を
聞くところに面白さがある。
インターネット、
ポッドキャスティングのラジオ番組です。

…………………………………………………………………


「依頼文」や「おわび状」も、就活の自己PRも
このシートを使えば言いたいことが書ける!
相手に通じる文章になる!

『考えるシート』文庫版、出ました。

…………………………………………………………………


『話すチカラをつくる本』
三笠書房

NHK教育テレビのテキストが文庫になりました!
いまさら聞けないコミュニケーションの基礎が
いちからわかるやさしい入門書。



『文庫版『あなたの話はなぜ「通じない」のか』
ちくま文庫

自分の想いがうまく相手に伝わらないと悩むときに、
ワンコインで手にする「通じ合う歓び」のコミュニケーション術!




『17歳は2回くる―おとなの小論文教室。III』
河出書房新社




『理解という名の愛が欲しいーおとなの小論文教室。II』
河出書房新社




『おとなの小論文教室。』
河出書房新社



『考えるシート』講談社


『あなたの話はなぜ「通じない」のか』
筑摩書房



『伝わる・揺さぶる!文章を書く』
PHP新書

内容紹介(PHP新書リードより)
お願い、お詫び、議事録、志望理由など、
私たちは日々、文章を書いている。
どんな小さなメモにも、
読み手がいて、目指す結果がある。
どうしたら誤解されずに想いを伝え、
読み手の気持ちを動かすことができるのだろう?
自分の頭で考え、他者と関わることの 痛みと歓びを問いかける、
心を揺さぶる表現の技術。
(書き下ろし236ページ)

山田ズーニーさんへの激励や感想などは、
メールの表題に「山田ズーニーさんへ」と書いて、
postman@1101.comに送ってください。

2017-02-22-WED

HOME
ホーム


いままでのタイトル

◆2000-05-17〜2001-04-25
◆2001-06-13〜2002-05-15
◆2002-05-29〜2003-05-14
◆2003-05-21〜2004-05-12
◆2004-05-19〜2005-05-11
◆2005-05-18〜2006-05-03
◆2006-05-10〜2007-05-09
◆2007-05-16〜2008-05-14
◆2008-05-21〜2009-05-27
◆2009-06-03〜2010-05-19
◆2010-05-26〜2011-04-27
◆2011-05-11〜2012-05-16
◆2012-05-23〜2013-05-08
◆2013-05-15〜2014-05-21
◆2014-05-28〜2015-04-29
 

2015-05-13

曇りの教室

2015-05-20

曇りの教室 −2.読者の声

2015-05-27

オリジナルとはなにか

2015-06-03

オリジナルとはなにか ―2.読者の声

2015-06-10

つながるダイエット

2015-06-17

未知のものが会話に出たとき

2015-06-24

未知のものが会話に出たとき ―2.読者の声

2015-07-01

未知のものが会話に出たとき ―3.読者の声

2015-07-08

「私とあなたの意見は一緒であってほしい」という願望

2015-07-15

「私とあなたの意見は一緒であってほしい」という願望
 ―2.読者の声

2015-07-22

意見がわれたとき「人につく」人

2015-07-29

意見がわれたとき「人につく」人 ―2.読者の声

2015-08-05

創造性が弱ると、人はなぜボヤくのか?

2015-08-19

論点を起こせる人に

2015-08-26

もう一つの人生

2015-09-02

もう一つの人生 ―2.読者の選択、その後

2015-09-09

もう一つの人生 ―3.さらに読者の声

2015-09-16

自分の波をのりこなす

2015-09-30

自分の波をのりこなす−2.読者の「波」

2015-10-07

「話をすりかえるな」と言う前に

2015-10-14

ヤケをおこしたとき、見るノート

2015-10-21

読者のヤケ・ノート

2015-10-28

読者のヤケ・ノート 2

2015-11-04

リミッター

2015-11-11

リミッター2 − 読者の声

2015-11-18

リミッター3 − 衰えに咲く花

2015-11-25

教育的解決

2015-12-02

分岐器

2015-12-09

怒りを静める

2015-12-16

怒りを静める−2.読者それぞれの「だいじょうぶ」

2015-12-23

いま私が向かうべきもの

2016-01-13

「わたしの課題」とは何か

2016-01-20

「わたしの課題」とは何か − 2.読者の声

2016-01-27

未来へ逃げる

2016-02-03

正直からはじめてみる

2016-02-10

引用に負ける人・まけないオリジナリティが出せる人

2016-02-17

引用に負ける人・まけないオリジナリティが出せる人
 −2.読者の声

2016-02-24

失ったものに凹み過ぎる時は

2016-03-02

失ったものに凹み過ぎる時は ― 2.愛と依存

2016-03-09

失ったものに凹み過ぎる時は ― 3.読者の声

2016-03-16

まっすぐ求める

2016-03-23

基準値を自分にもどす

2016-03-30

基準値を自分にもどす −2.読者の声

2016-04-06

ゼロから切り拓くチカラ

2016-04-13

ゼロから切り拓くチカラ ―2.読者の声

2016-04-20

表現するほうへ

2016-04-27

表現するほうへ ―2.読者の声

2016-05-11

「自分のやってきたことは意味がなかったの」と
人に問うまえに

2016-05-18

読者の声−先週の「自分の努力を認める」について

2016-05-25

人間の底

2016-06-01

人間の底−2.読者の声

2016-06-08

悪の表現

2016-06-15

読者の声−先週の闇を昇華する表現について

2016-06-22

いい子の仮面を被るまえにできること

2016-06-29

読者の声
−先週の「いい顔するか、利他に向かうか」について

2016-07-06

血液型が2つしかない国

2016-07-13

血液型が2つしかない国 −2.読者の声

2016-07-20

「選択」の時、いちばん大事なもの

2016-07-27

読者の声―「選択」の時、いちばん大事なもの

2016-08-03

背中の目

2016-08-10

背中の目−2.大きな循環のなかで

2016-08-24

ねじれない表現

2016-08-31

ねじれない表現−2.読者の声

2016-09-07

心で見る色彩

2016-09-14

心で見る色彩−2.読者の声

2016-09-21

やる気はどこから来るか

2016-10-05

読者の声
―前回の「やる気はどこから来るか」について

2016-10-12

私がいるところは全部のなかの一部

2016-10-19

読者の声―私がいるところは全部のなかの一部

2016-10-26

自意識はのぼる

2016-11-02

「やりたいことがない」と言うとき

2016-11-09

なにかを大事にするということ

2016-11-16

読者の声
―先週の「なにかを大事にするということ」について

2016-11-23

破壊はホントに創造につながるか?

2016-11-30

読者の声
―「破壊はホントに創造につながるか?」について

2016-12-07

きょう自分とした小さな約束を守ろう

2016-12-14

お母さんの耳

2016-12-21

読者の声 ― 先週の「お母さんの耳」について

2017-01-11

訓練と勇気と

2017-01-18

想いに忠実な選択をする

2017-01-25

読者の声―想いに忠実な選択

2017-02-01

言い方でイキイキさせる

2017-02-08

メンタルの強さは、自分にかける言葉の強さ

2017-02-15

就活の「やりたいこと」とは?