YAMADA
おとなの小論文教室。
感じる・考える・伝わる!

受験のテクニックとして、小論文の書き方を勉強した?
その後は、ナイスなテキストを書いていますか?
考えること伝えることの愉快を、ここで味わいましょう。

ありがたいことに、小論文というものを
考えたり、たのしんだり、たくさん読んできた
カジュアルで優しい先生がいるんです。

さぁ、山田ズーニー先生、お願いしまーす。

Lesson821
 就職と就社と 2



「就職と就社」について書くきっかけは、
このところ、

就社を否定する人にあいついで出くわすからだ。

まだ働いたことがない学生や、
まだ就社以外経験したことがない人に、
バッサリ就社を否定されると、

私はツラい。

就社も就職もどちらも経験してこそ今の私がある。

定義にもよるが、
ここでは、

美容師、作家、医師、弁護士、看護師など、
腕に職・脳に職、をつけ、

社会に出るとき、「職」に軸足を置く人を「就職」。

会社という船の乗組員になり、
チームの目標をチームで達成する、つまり

社会に出るとき、「組織」に軸足を置く人を「就社」。

と定義して進んでいく。

私自身は、大学を卒業するとき、
無自覚に「就社」を選んでいたことになる。

ふりかえって、それはよかった。

会社を信頼して、自分の進路をあずける
ことがなかったら、

「全国5万人の高校生を会員に持つ
小論文通信教育講座の編集長という仕事」は、

私には思いつきもしなかっただろう。

「教育」がマイテーマだった私は、

職業「小学校教員」をめざすも、
大学の教育実習で「なんかちがう」と想い、

講演会で「編集者」という職業に
ときめくも、

「具体的にどこでどう仕事をするのか?」

まったくあやふやだった。

職業編集者×テーマ教育=小論文編集長

という絶妙な仕事は、
自分では思いつけもしない、
会社にゆだねてこそ、めぐり合せてもらった進路だ。

かりに思いつけたとしても、
自力で小論文通信教育講座を起こそうとすれば、
一生かかってもその規模には到達できなかっただろう。

会社というところは、
大勢で協力もするし、
先人たちの苦労が伝統として積み上がっていく。

だから20代でも全国規模の仕事に触ることができる。

全国規模の職場で、
もまれ、鍛えられ、導かれ、
いつしか、全国規模に通用する、
人の書く力を育てる教育力・編集力が
たたきあげられていった。

これが、私にとっての就社の光の部分だ。

一方で、
なんといっても、毎年2月、人事異動の内示のとき。

全国と海外に支社を持つ会社で、
職種も、編集・営業・総務・物流・経営企画
・介護事業などなど
たくさんあり、グループ会社出向もある。
もちろん希望を考慮してくれる場合もあるけれど、

基本的には、1年先、自分がどこに住んで、
どんな職業についているかわからない。

その不安はたとえようもない。

異動があることは、新人のなにもわからないときには、
どこへ行っても何をやっても経験になるから、
ラッキーだったりするのだけれど。

私の場合、いつしか自分の持ち場の仕事に
生きがいが育っていったので、年、年、
内示のときの不安感は大きくなるばかりだった。

いまから振り返ると、
私が「就社」を選んだことは間違いじゃない、
良かった。間違ってたのは、

「就社を選んだ自覚がなかった」ことだ。

編集の職業に就いた気でいた。
出世にも興味がなく、
編集の職業が好きで、一生つとめたいと思っていた。
そこが間違いだった。

会社を船にたとえると、

だれかが本気で、船全体のことや、乗組員全体のことを
考えなければならない。

ある程度、自分の持ち場がうまくいくようになったら、
そこは若いもんに任せて、

次は、新しい持ち場の立ち上げか、
それまでいた持ち場を俯瞰できる立場に行くか。

少なくともそういう人が組織にいなければ、

そのようにして誰かが、
次々と、より船の全体が見渡せる場へ、
より乗組員を全体を考える場へいかなければ、
航海は進化していけない。

誤解を恐れずに言うと、

「就社」を選んで、一生その会社に勤める覚悟なら、
出世をめざしてよい、のではないだろうか。

組織全体を考えるより、「職」を極めたい
というならば、
40代、50代‥‥と先行き、その職で、

自分の会社に理想とするポジションの先輩がいるかどうか?

もし、いないなら、
将来、その「職」を、どこでまっとうするのが理想か?
考えてみてもいいのではないだろうか。

フリーランスになった今、毎年2月になると、

「人事の内示で、1年先の、
自分の勤務地も、職種も、会社にあずける
ということをよく毎年、毎年、16年もやれたなあ!」

と私は思うのだが、

「なぜ、会社にそこまであずけられたのか?」

と言えば、やっぱりあの会社が好きだった。
それにつきるように思う。

私が16年勤めた会社は、
生まれ育った岡山県で教育の全国レベルの仕事
をしている会社で、
文化や芸術にも造詣が深く、
あこがれの会社だった。

「就職か? 就社か?」

この選択のベースとなるのも、やはり、

「職業×テーマ×世界観」

の3つでやりたいことをイメージすることだと思う。
つまり、

「就きたい職業×扱いたいテーマ×達成したい世界観」

で進路を考えていくことだ。

Lesson815 就活の「やりたいこと」とは?
にくわしく書かれている。)

3つの中で意外に大事なのが「テーマ」だ。

いまから考えると私の一生のテーマと、
16年勤めた会社のテーマはドンピシャだった。

「マイテーマ=会社のテーマ=教育」

これが違うテーマだったら
私は続かなかったと思う。

とはいえ、大学を出たばかりの私には、
まだまだ、職業「編集者」へのこだわりも、
テーマ「教育」への意識も希薄だった。

自分が達成したい世界観すらなんなのかわからなかった。
つまり、

「自分が就きたい職業<扱いたいテーマ<会社の世界観」

だったので、就社を選んでよかったと思う。

その世界観に心からホレた会社に
「就社」していた時期、とても幸せだった。

いまは、自分の想いからわきあがってくる世界観に向けて
フリーランスとして進んでいる。

最後に、この読者の声を紹介して
きょうは終わろう。


<このままじゃ、いやだ!>

大学を卒業してから漫然と仕事をしてきました。

入社前の面談で
「何もわからないので、配属された部署でがんばります!」
と言いました。

こうして始まった営業の仕事は、
ノルマはきつく、勤務時間も長時間に及び、

持ち前の負けず嫌いな性格で
売り上げを達成していた私も、
愚痴が多くなり、
それとともに営業成績は落ち込みました。

ところが、同僚たちは
ちょっとした不満こそあるものの楽しそうに仕事し、
そういう人ほど実績も残しています。

私は営業に向いていない、
社風も合わない、
上司に気に入られるタイプでもないし、
どうせ女だから出世もしないし、適当にやろう。

心の中はいつも卑屈な言い訳ばかり。

「組織」に守られていることに甘えて
「職」の自己研鑽を怠っていました。

そうして年月が過ぎ、子どもを授かり、
ふと我に返ったのです。

愚痴だらけで働いている姿をこの子に見せたくない。
困難があっても生き生きと仕事をしている姿を
見て育ってほしい。

それには、私が変わらなければ。

先に挙げた同僚たちを思い返すと
「会社が決めたノルマ以外に目指すものを持っている」
という点が共通していました。

トップの成績をあげて
もっと大きい仕事ができる会社に引き抜かれたい人は、
そのまま営業「職」の能力を、
他の事を目指している人は、目標に必要な「職」の能力を、
伸ばせるよう工夫しています。

そうして更なる「職」のスキルアップを求めて
颯爽と転職・独立していく姿は、
生き生きと輝いていました。

私もそんな風になりたい。

「組織」に属しながらも自分なりの目標像に向かって
「職」の能力を伸ばしたい。

このままじゃいやだ!

「就社」しながらも、「就職」できるような力をつけたい!
(はる)


ツイートするFacebookでシェアする

…………………………………………………………………

「おとなの小論文教室。」を読んでのご意見、ご感想を
ぜひお送りください
題名を「山田ズーニーさんへ」として、
postman@1101.comまでメールでお送りくださいね。

注:講演など仕事の依頼メールは、
  上記アドレスに送らないでください。
  山田ズーニーのtwitter(@zoonieyamada)に
  直接ご連絡いただくか、山田ズーニーの本を出している出版社に
  連絡先をお問い合わせのうえで、
  ご依頼くださいますようおねがいします。


…………………………………………………………………

★出演情報などお知らせのあるときは
 山田ズーニーのtwitter(@zoonieyamada)にも掲載します。


…………………………………………………………………


『半年で職場の星になる!
 働くためのコミュニケーション力』
 ちくま文庫

あなたが職場の星になる!コミュニケーション術の決定版。
一発で信頼される「人の話を聞く技術」、
わかりやすい報告・説明・指示の仕方、
職場の文書を「読む技術」、社会人としてメールを「書く技術」。
「上司を説得」するチカラ、通じる「お詫び」、クレーム対応、
好感をもたれる自己紹介・自己アピールのやり方。
人を動かし現場でリーダーシップを発揮する表現力から、
やる気が湧き・上司もうなる目標の立て方まで。
この1冊で仕事のフィールドで通じ合い、チームで成果を出していける!
自由はここにある!



ラジオで、山田ズーニーが、
『おかんの昼ごはん』について話しました!

録音版をぜひお聞きください。
「ラジオ版学問ノススメ」(2012年12月30日〜)
 インターネット環境があれば、だれでもどこからでも
 無料で聴けます

 聴取サイトは、http://www.jfn.co.jp/susume/
 (MP3ダウンロードのボタンをクリックしてください)
 または、iTunesからのダウンロードとなります。

…………………………………………………………………

ほんとうにおかげさまで本になりました!
ありがとうございます!


『おかんの昼ごはん』河出書房新社
「親の老い」への哀しみをどう表現していいかわからない
私のような人は多いと思います。
読者と表現しあったこの本は、思い切り泣けたあと、
胸の奥が温かくなり、自分の進む道が見えてきます。
この本が出来上がったとき、おもわず本におじぎをし、
想いがこみ上げいつまでもいつまでも本に頭をさげていました。
大切な人への愛から生まれ、その先へ歩き出すための一冊です。



「おとなの小論文教室。」を読んでのご意見、ご感想を
ぜひお送りください
題名を「山田ズーニーさんへ」として、
postman@1101.comまでメールでお送りくださいね。

注:講演など仕事の依頼メールは、上記のアドレスでなく、
 直接オフィス・ズーニーまでお送りください。
 連絡先は、山田ズーニーの本を出している出版社まで
 お問い合わせください。


…………………………………………………………………


『「働きたくない」というあなたへ』河出書房新社
「あなたは社会に必要だ!」
ネットで大反響を巻き起こした、おとなの本気の仕事論。
あなたの“へその緒”が社会とつながる!

…………………………………………………………………


『新人諸君、半年黙って仕事せよ』
―フレッシュマンのためのコミュニケーション講座(筑摩書房)
私は新人に、「だいじょうぶだ」と伝えたい。
「あなたには、コミュニケーション力がある」と。
            ――山田ズーニー。

…………………………………………………………………


『人とつながる表現教室。』河出書房新社
おかげさまで「おとなの小論文教室。II」が文庫化されました!
文庫のために、「理解という名の愛がほしい」から改題し、
文庫オリジナルのあとがきも掲載しています。
山田はこれまで出したすべての本の中でこの本が最も好きです。


…………………………………………………………………


『おとなの進路教室。』河出書房新社
「自分らしい選択をしたい」とき、
「自分はこれでいいのか」がよぎるとき、
自分の考えのありかに気づかせてくれる一冊。
「おとなの小論文教室。」で
7年にわたり読者と響きあうようにして書かれた連載から
自分らしい進路を切りひらくをテーマに
選りすぐって再編集!


…………………………………………………………………


▲文庫版でました!
 あなたの表現がここからはじまる!

『おとなの小論文教室。』 (河出文庫)

…………………………………………………………………

ラジオ「おとなの進路教室。」
http://www.jfn.co.jp/otona/

おとなになっても進路に悩む。
就職、転職、結婚、退職……。
この番組では、
多彩なゲストを呼んで、「おとなの進路」を考える。
すでに成功してしまった人の
ありがたい話を聞くのではない。
まさに今、自分を生きようと
もがいている人の、現在進行形の悩み、
問題意識、ブレイクスルーの鍵を
聞くところに面白さがある。
インターネット、
ポッドキャスティングのラジオ番組です。

…………………………………………………………………


「依頼文」や「おわび状」も、就活の自己PRも
このシートを使えば言いたいことが書ける!
相手に通じる文章になる!

『考えるシート』文庫版、出ました。

…………………………………………………………………


『話すチカラをつくる本』
三笠書房

NHK教育テレビのテキストが文庫になりました!
いまさら聞けないコミュニケーションの基礎が
いちからわかるやさしい入門書。



『文庫版『あなたの話はなぜ「通じない」のか』
ちくま文庫

自分の想いがうまく相手に伝わらないと悩むときに、
ワンコインで手にする「通じ合う歓び」のコミュニケーション術!




『17歳は2回くる―おとなの小論文教室。III』
河出書房新社




『理解という名の愛が欲しいーおとなの小論文教室。II』
河出書房新社




『おとなの小論文教室。』
河出書房新社



『考えるシート』講談社


『あなたの話はなぜ「通じない」のか』
筑摩書房



『伝わる・揺さぶる!文章を書く』
PHP新書

内容紹介(PHP新書リードより)
お願い、お詫び、議事録、志望理由など、
私たちは日々、文章を書いている。
どんな小さなメモにも、
読み手がいて、目指す結果がある。
どうしたら誤解されずに想いを伝え、
読み手の気持ちを動かすことができるのだろう?
自分の頭で考え、他者と関わることの 痛みと歓びを問いかける、
心を揺さぶる表現の技術。
(書き下ろし236ページ)

山田ズーニーさんへの激励や感想などは、
メールの表題に「山田ズーニーさんへ」と書いて、
postman@1101.comに送ってください。

2017-03-29-WED

HOME
ホーム


いままでのタイトル

◆2000-05-17〜2001-04-25
◆2001-06-13〜2002-05-15
◆2002-05-29〜2003-05-14
◆2003-05-21〜2004-05-12
◆2004-05-19〜2005-05-11
◆2005-05-18〜2006-05-03
◆2006-05-10〜2007-05-09
◆2007-05-16〜2008-05-14
◆2008-05-21〜2009-05-27
◆2009-06-03〜2010-05-19
◆2010-05-26〜2011-04-27
◆2011-05-11〜2012-05-16
◆2012-05-23〜2013-05-08
◆2013-05-15〜2014-05-21
◆2014-05-28〜2015-04-29
◆2015-05-13〜2016-03-30
 

2016-04-06

ゼロから切り拓くチカラ

2016-04-13

ゼロから切り拓くチカラ ―2.読者の声

2016-04-20

表現するほうへ

2016-04-27

表現するほうへ ―2.読者の声

2016-05-11

「自分のやってきたことは意味がなかったの」と
人に問うまえに

2016-05-18

読者の声−先週の「自分の努力を認める」について

2016-05-25

人間の底

2016-06-01

人間の底−2.読者の声

2016-06-08

悪の表現

2016-06-15

読者の声−先週の闇を昇華する表現について

2016-06-22

いい子の仮面を被るまえにできること

2016-06-29

読者の声
−先週の「いい顔するか、利他に向かうか」について

2016-07-06

血液型が2つしかない国

2016-07-13

血液型が2つしかない国 −2.読者の声

2016-07-20

「選択」の時、いちばん大事なもの

2016-07-27

読者の声―「選択」の時、いちばん大事なもの

2016-08-03

背中の目

2016-08-10

背中の目−2.大きな循環のなかで

2016-08-24

ねじれない表現

2016-08-31

ねじれない表現−2.読者の声

2016-09-07

心で見る色彩

2016-09-14

心で見る色彩−2.読者の声

2016-09-21

やる気はどこから来るか

2016-10-05

読者の声
―前回の「やる気はどこから来るか」について

2016-10-12

私がいるところは全部のなかの一部

2016-10-19

読者の声―私がいるところは全部のなかの一部

2016-10-26

自意識はのぼる

2016-11-02

「やりたいことがない」と言うとき

2016-11-09

なにかを大事にするということ

2016-11-16

読者の声
―先週の「なにかを大事にするということ」について

2016-11-23

破壊はホントに創造につながるか?

2016-11-30

読者の声
―「破壊はホントに創造につながるか?」について

2016-12-07

きょう自分とした小さな約束を守ろう

2016-12-14

お母さんの耳

2016-12-21

読者の声 ― 先週の「お母さんの耳」について

2017-01-11

訓練と勇気と

2017-01-18

想いに忠実な選択をする

2017-01-25

読者の声―想いに忠実な選択

2017-02-01

言い方でイキイキさせる

2017-02-08

メンタルの強さは、自分にかける言葉の強さ

2017-02-15

就活の「やりたいこと」とは?

2017-02-22

読者の声 ― 就活の「やりたいこと」とは?

2017-03-01

やりたい仕事を3つでイメージする

2017-03-08

「助けて」と言えない、あの日の私へ

2017-03-15

読者の声―先週の「助けてと言えない」について

2017-03-22

就職と就社と