YAMADA
おとなの小論文教室。
感じる・考える・伝わる!

受験のテクニックとして、小論文の書き方を勉強した?
その後は、ナイスなテキストを書いていますか?
考えること伝えることの愉快を、ここで味わいましょう。

ありがたいことに、小論文というものを
考えたり、たのしんだり、たくさん読んできた
カジュアルで優しい先生がいるんです。

さぁ、山田ズーニー先生、お願いしまーす。

Lesson832
  読者の声 − 本音か、仮面か?



素の自分を出せば嫌われ、演じて生きるのは辛い、

「本音か、仮面か?」

若者のこの永遠のテーマに、
読者はどう考えたのか?

さっそくおたよりを紹介しよう。


<自分をどこまで理解できるか>

人をどこまで理解できるか 無限
自分にどれだけ正直でいられるか 無限

とにかく自分の言いたいことは、なるべく言う
言えないことは、言えない理由を自分に問う

絶対理由はあります。

納得いく答えを出すのに、
ちょっと時間がかかるかもしれません。

今は自分の信念で、
仮面をかぶったり、とったりしています。
この仮面は自由自在です。

かぶりやすい仮面、楽な仮面を一番よく使います。
それは「笑い面」です。
(H.Y)


<隠しているのではない>

大学生活も終わりに差し掛かり、
素の自分か、仮面をかぶるか、
という悩み方はあまりしなくなりました。

特定の誰かに対して見せない顔は、
隠しているのではなく、

その人と向き合う時にしまっているだけ。

必要なら出すし、
今、必要じゃないと思うから出さないだけ。

しまっておきたいな、と思っていた顔が
うっかり出てしまった時もあります。
それがいい結果になった時もあれば、
逆の場合もありました。
けれど、それはある意味
「出すべき時」だったのかもしれません。

この考え方が正解だとは思いませんが、
少なくとも今の私には一番合っています。
(枇杷島)


<多様な人々と付き合って>

以前は、
一人の相手に自分の全てを見せられたら、
と思っていました。

でも、人間関係は化学反応なので

組み合わせによって、
相手も私も出てくるキャラクターが違うんですよね。
それが面白いやらもどかしいやら。

自分の中にいるたくさんの自分を
出してあげるためにも、
いろんなタイプの人と付き合っていくことは大切なのかな、
と感じています。
(眼鏡ぐま)


<10年かけて>

私は社会に出て約10年が経ちました。
この10年、いろいろな人間関係に悩み、
さんざん考えた今、感じるのは、

「友人、親、パートナー、仕事関係の人、
それぞれに見せられる自分が違うんだ」

ということ。

そして、最近では、
それを腹の底から「そうだ」と肯定でき、
右往左往しない安定感がでてきているのを感じます。

それは、10年という年月をかけて、
『いろんな自分がいる』
と認められたことが大きいと思っています。
(あんこ)



「自分」という存在は、
きれいに1つの人格でわりきれるものではなくて、

「チーム」

そう考えるようになって
私は、ずいぶん生きやすくなった。

自分の中には、
勤勉な分子もいるし、
ぐうたらな分子も、
底意地が悪い分子も、
純粋な分子も、
計算高い分子もいる。

いわば多様な個性を持つ社員100人が集う

「山田ズーニー株式会社」だ。

以前は、笑いたくもない時に、
「暗いよ、もっと笑顔を」などと人に言われると、
意地でも笑うもんか、それが自分に正直
とかたくなだったけれど、いまは、

「チームで応対しよう」

などとも考えられるようになった。
どんな暗い会社にも社交的な人間の1人や2人は
いるように、
自分というチームにも、
「ここはこの場を楽しませようよ」と言う社交的な分子が
超少数派でもいるときがある。そしたら、

そいつに前面に出て働いてもらう。

リーダーが、
考え方が色々違う社員たちの話をよく聞いてやって、
とりまとめていくように、

私も「自分会議」と称して、
自分の中の矛盾した色々な想いを聞いてやりながら、
リーダーとして決定をしていく。

チーム自分の、100人なら100人の社員総動員しても、
1人も「それをやろう」という分子がいなければ、
それはやらない。

そこから先はもう、自分を背く行為になるので
社員たちもついてこないだろうし。

そんなふうにチームと考えると、

受け入れがたいサイテーの自分を見てしまっても、
自己否定に陥ったり、本当の自分とは何かと
悩むよりむしろ、

「リーダーとしてチームの底を把握できてよかった。
これからはチームに幻想を持たないで事にあたれる。」

「ぐうたらな社員が前面に出て寝てしまったから、
仕事が片付かなくて大変だけど、
そいつのおかげで睡眠時間は確保できた。
熱血社員たちの出ずっぱりじゃ健康を害したかも」

というように、自分のなかに矛盾する色々な分子がいて
よかったと思える。

「社風」があるように、
「チーム自分」とひとくちに言っても、
圧倒的にまじめな社員が多い社風の人とか、
ひっこみ思案超多数の社風の人とか、
クリエイティブな社員がよく育つ社風の人とか、
色々いるし、いていい。

もしも、常に常に、
チーム自分の中の超少数派の分子ばかりが前に出て
がんばらなければいけないような環境とか、

多数派の社員が常にスタンバっていなきゃいけないとか、
そんな環境にいることは、
社風に無理をしていることになる。

そこで、
このお便りを紹介して今日は終わろう。

自分探しに走るより、

「チーム自分への理解」と、それを「生かす環境」と、
この両輪を求めていきたいなあ、と私は思う。


<今回のテーマ、仮面について>

小さな頃から我が強いと言われ、
強い個性を持つ私には、
日本での暮らしが息苦しくて仕方ありませんでした。

いつも本当の自分、やりたいこと、
生き方とは違うのではないか
と思い続けていました

自分という大きなパズルピースを、
合わない型に無理矢理押し込むような不快感、

無理して合わせるのではなくて、合う所や人を探せばいい。

気がついたら外国にいました。
もう二十五年。

少なくとも自分の自由、やりたいようにやっていい環境
にいれることは有り難いと思います。

数はそう多くなくても、私と同じような考えを持つ人達と
知り合うことも出来たし、
FBなどでも、浅いつきあいかも知れないけど、
正直に書いた意見に賛同を得ることも出来、

気持ちのいい関係、生き方、
人生が送れているのではないか、
と思っています。

一度しかない人生、思っているよりずっとずっと短いです。

私は本物が好き、無駄が嫌い、偽るのも合わない、
表面上のつきあいはいらない、という価値観なので、
自然と今のような状況になりました。
(エリコ)



ツイートするFacebookでシェアする

…………………………………………………………………

山田ズーニーワークショップ満員御礼!

2017年6月のワークショップは、
告知後2時間で満席となりました。

即日、2期を増設しましたが、2期も満席となり、
5日間で5期分の方がウェイトリストに並ばれました。

受けたい人がみなさん受けられるようにと、
秋に3期を決定し、
4期以降は来年になってしまうかもしれませんが、
コツコツと受け入れの準備を進めております。

●現在1年待ちのウェイトリストのみ受け付けています。
ご登録・お問い合わせ先
毎日文化センター東京 TEL03-3213-4768

http://www.mainichi-ks.co.jp/m-culture/each.html?id=491

2018年以降、東京開催、詳細未定、1年待ち。

*「ほぼ日」へのお問い合わせはしないでください。
*コラムの感想メールでお問い合わせはしないでください。


ワークショップ型実践講座
「伝わる・響く!言葉の表現力をつける」
――3回で一生ものの書く力・話す力が育つ

書くことによって、人は考える。
自分の内面を言葉で深く正しく理解する。
そのことにより、納得のいく選択ができるようになり、
意志が芽生える。

さらに、

言いたいことを、相手に響くように伝えられるようになる。
インターネット時代に、広く社会に
説得力を持って自分の考えを発信できるようになる。

書く力=想い言葉で表現するチカラを鍛えれば、
自分を知り、自分を表現することができる。

自分の想う人生を、この現実に書いて創っていける。

あなたには表現力がある。

山田ズーニーワークショップ型実践講座、
2017年6月東京で開講しました!

…………………………………………………………………

「おとなの小論文教室。」を読んでのご意見、ご感想を
ぜひお送りください
題名を「山田ズーニーさんへ」として、
postman@1101.comまでメールでお送りくださいね。

注:講演など仕事の依頼メールは、
  上記アドレスに送らないでください。
  山田ズーニーのtwitter(@zoonieyamada)に
  直接ご連絡いただくか、山田ズーニーの本を出している出版社に
  連絡先をお問い合わせのうえで、
  ご依頼くださいますようおねがいします。


…………………………………………………………………

★出演情報などお知らせのあるときは
 山田ズーニーのtwitter(@zoonieyamada)にも掲載します。


…………………………………………………………………


『半年で職場の星になる!
 働くためのコミュニケーション力』
 ちくま文庫

あなたが職場の星になる!コミュニケーション術の決定版。
一発で信頼される「人の話を聞く技術」、
わかりやすい報告・説明・指示の仕方、
職場の文書を「読む技術」、社会人としてメールを「書く技術」。
「上司を説得」するチカラ、通じる「お詫び」、クレーム対応、
好感をもたれる自己紹介・自己アピールのやり方。
人を動かし現場でリーダーシップを発揮する表現力から、
やる気が湧き・上司もうなる目標の立て方まで。
この1冊で仕事のフィールドで通じ合い、チームで成果を出していける!
自由はここにある!



ラジオで、山田ズーニーが、
『おかんの昼ごはん』について話しました!

録音版をぜひお聞きください。
「ラジオ版学問ノススメ」(2012年12月30日〜)
 インターネット環境があれば、だれでもどこからでも
 無料で聴けます

 聴取サイトは、http://www.jfn.co.jp/susume/
 (MP3ダウンロードのボタンをクリックしてください)
 または、iTunesからのダウンロードとなります。

…………………………………………………………………

ほんとうにおかげさまで本になりました!
ありがとうございます!


『おかんの昼ごはん』河出書房新社
「親の老い」への哀しみをどう表現していいかわからない
私のような人は多いと思います。
読者と表現しあったこの本は、思い切り泣けたあと、
胸の奥が温かくなり、自分の進む道が見えてきます。
この本が出来上がったとき、おもわず本におじぎをし、
想いがこみ上げいつまでもいつまでも本に頭をさげていました。
大切な人への愛から生まれ、その先へ歩き出すための一冊です。



「おとなの小論文教室。」を読んでのご意見、ご感想を
ぜひお送りください
題名を「山田ズーニーさんへ」として、
postman@1101.comまでメールでお送りくださいね。

注:講演など仕事の依頼メールは、上記のアドレスでなく、
 直接オフィス・ズーニーまでお送りください。
 連絡先は、山田ズーニーの本を出している出版社まで
 お問い合わせください。


…………………………………………………………………


『「働きたくない」というあなたへ』河出書房新社
「あなたは社会に必要だ!」
ネットで大反響を巻き起こした、おとなの本気の仕事論。
あなたの“へその緒”が社会とつながる!

…………………………………………………………………


『新人諸君、半年黙って仕事せよ』
―フレッシュマンのためのコミュニケーション講座(筑摩書房)
私は新人に、「だいじょうぶだ」と伝えたい。
「あなたには、コミュニケーション力がある」と。
            ――山田ズーニー。

…………………………………………………………………


『人とつながる表現教室。』河出書房新社
おかげさまで「おとなの小論文教室。II」が文庫化されました!
文庫のために、「理解という名の愛がほしい」から改題し、
文庫オリジナルのあとがきも掲載しています。
山田はこれまで出したすべての本の中でこの本が最も好きです。


…………………………………………………………………


『おとなの進路教室。』河出書房新社
「自分らしい選択をしたい」とき、
「自分はこれでいいのか」がよぎるとき、
自分の考えのありかに気づかせてくれる一冊。
「おとなの小論文教室。」で
7年にわたり読者と響きあうようにして書かれた連載から
自分らしい進路を切りひらくをテーマに
選りすぐって再編集!


…………………………………………………………………


▲文庫版でました!
 あなたの表現がここからはじまる!

『おとなの小論文教室。』 (河出文庫)

…………………………………………………………………

ラジオ「おとなの進路教室。」
http://www.jfn.co.jp/otona/

おとなになっても進路に悩む。
就職、転職、結婚、退職……。
この番組では、
多彩なゲストを呼んで、「おとなの進路」を考える。
すでに成功してしまった人の
ありがたい話を聞くのではない。
まさに今、自分を生きようと
もがいている人の、現在進行形の悩み、
問題意識、ブレイクスルーの鍵を
聞くところに面白さがある。
インターネット、
ポッドキャスティングのラジオ番組です。

…………………………………………………………………


「依頼文」や「おわび状」も、就活の自己PRも
このシートを使えば言いたいことが書ける!
相手に通じる文章になる!

『考えるシート』文庫版、出ました。

…………………………………………………………………


『話すチカラをつくる本』
三笠書房

NHK教育テレビのテキストが文庫になりました!
いまさら聞けないコミュニケーションの基礎が
いちからわかるやさしい入門書。



『文庫版『あなたの話はなぜ「通じない」のか』
ちくま文庫

自分の想いがうまく相手に伝わらないと悩むときに、
ワンコインで手にする「通じ合う歓び」のコミュニケーション術!




『17歳は2回くる―おとなの小論文教室。III』
河出書房新社




『理解という名の愛が欲しいーおとなの小論文教室。II』
河出書房新社




『おとなの小論文教室。』
河出書房新社



『考えるシート』講談社


『あなたの話はなぜ「通じない」のか』
筑摩書房



『伝わる・揺さぶる!文章を書く』
PHP新書

内容紹介(PHP新書リードより)
お願い、お詫び、議事録、志望理由など、
私たちは日々、文章を書いている。
どんな小さなメモにも、
読み手がいて、目指す結果がある。
どうしたら誤解されずに想いを伝え、
読み手の気持ちを動かすことができるのだろう?
自分の頭で考え、他者と関わることの 痛みと歓びを問いかける、
心を揺さぶる表現の技術。
(書き下ろし236ページ)

山田ズーニーさんへの激励や感想などは、
メールの表題に「山田ズーニーさんへ」と書いて、
postman@1101.comに送ってください。

2017-06-21-WED

HOME
ホーム


いままでのタイトル

◆2000-05-17〜2001-04-25
◆2001-06-13〜2002-05-15
◆2002-05-29〜2003-05-14
◆2003-05-21〜2004-05-12
◆2004-05-19〜2005-05-11
◆2005-05-18〜2006-05-03
◆2006-05-10〜2007-05-09
◆2007-05-16〜2008-05-14
◆2008-05-21〜2009-05-27
◆2009-06-03〜2010-05-19
◆2010-05-26〜2011-04-27
◆2011-05-11〜2012-05-16
◆2012-05-23〜2013-05-08
◆2013-05-15〜2014-05-21
◆2014-05-28〜2015-04-29
◆2015-05-13〜2016-03-30
 

2016-04-06

ゼロから切り拓くチカラ

2016-04-13

ゼロから切り拓くチカラ ―2.読者の声

2016-04-20

表現するほうへ

2016-04-27

表現するほうへ ―2.読者の声

2016-05-11

「自分のやってきたことは意味がなかったの」と
人に問うまえに

2016-05-18

読者の声−先週の「自分の努力を認める」について

2016-05-25

人間の底

2016-06-01

人間の底−2.読者の声

2016-06-08

悪の表現

2016-06-15

読者の声−先週の闇を昇華する表現について

2016-06-22

いい子の仮面を被るまえにできること

2016-06-29

読者の声
−先週の「いい顔するか、利他に向かうか」について

2016-07-06

血液型が2つしかない国

2016-07-13

血液型が2つしかない国 −2.読者の声

2016-07-20

「選択」の時、いちばん大事なもの

2016-07-27

読者の声―「選択」の時、いちばん大事なもの

2016-08-03

背中の目

2016-08-10

背中の目−2.大きな循環のなかで

2016-08-24

ねじれない表現

2016-08-31

ねじれない表現−2.読者の声

2016-09-07

心で見る色彩

2016-09-14

心で見る色彩−2.読者の声

2016-09-21

やる気はどこから来るか

2016-10-05

読者の声
―前回の「やる気はどこから来るか」について

2016-10-12

私がいるところは全部のなかの一部

2016-10-19

読者の声―私がいるところは全部のなかの一部

2016-10-26

自意識はのぼる

2016-11-02

「やりたいことがない」と言うとき

2016-11-09

なにかを大事にするということ

2016-11-16

読者の声
―先週の「なにかを大事にするということ」について

2016-11-23

破壊はホントに創造につながるか?

2016-11-30

読者の声
―「破壊はホントに創造につながるか?」について

2016-12-07

きょう自分とした小さな約束を守ろう

2016-12-14

お母さんの耳

2016-12-21

読者の声 ― 先週の「お母さんの耳」について

2017-01-11

訓練と勇気と

2017-01-18

想いに忠実な選択をする

2017-01-25

読者の声―想いに忠実な選択

2017-02-01

言い方でイキイキさせる

2017-02-08

メンタルの強さは、自分にかける言葉の強さ

2017-02-15

就活の「やりたいこと」とは?

2017-02-22

読者の声 ― 就活の「やりたいこと」とは?

2017-03-01

やりたい仕事を3つでイメージする

2017-03-08

「助けて」と言えない、あの日の私へ

2017-03-15

読者の声―先週の「助けてと言えない」について

2017-03-22

就職と就社と

2017-03-29

就職と就社と 2

2017-04-05

おかあさんのアバタ―

2017-04-12

かけがえのないものに代わるもの、の探し方

2017-04-19

読者の声 ― 「おかあさんのアバタ―」について

2017-04-26

読者の声2 ― 「おかあさんのアバター」について

2017-05-10

未熟

2017-05-17

書いて、自分になる。

2017-05-24

読者の声 ― 「未熟」について

2017-05-31

読者の声 ― 「未熟」その2

2017-06-07

伝わってない?

2017-06-14

本音か、仮面か?