YAMADA
おとなの小論文教室。
感じる・考える・伝わる!

受験のテクニックとして、小論文の書き方を勉強した?
その後は、ナイスなテキストを書いていますか?
考えること伝えることの愉快を、ここで味わいましょう。

ありがたいことに、小論文というものを
考えたり、たのしんだり、たくさん読んできた
カジュアルで優しい先生がいるんです。

さぁ、山田ズーニー先生、お願いしまーす。

Lesson797
     やる気はどこから来るか



やろうやろうと頑張っても、
どーしても、できなかったことが、

やろうとも思ってないときに、
苦労もなく、

「気づいたら、できるようになっていた。」

ということはないだろうか?

私は、ある。

自分でも不思議でならないのは、
私が、この1年あまり、

「きちんと自炊をし続けていることだ。」

おもえば約20年前、単身、
東京に転勤したときから、私は料理をしなくなった。

「自分ひとりのために料理なんて、
 やる気がしない。」

料理に手を抜こうが、外食で済ませようが、
だれも困らない。

結果、切るだけ・温めるだけ・焼くだけのような、
料理とも言えない料理で、
どうにかこうにか、しのいできた。

でも、昭和生まれで、
母の心のこもった手料理を食べて育った私には、
その生活にずっと、

「わびしさ」があった。

だから何度も、
「きちんと自炊ができる人間になろう」、
と奮起した。

友達を呼んで、
料理をせざるをえない状況をつくってみたり、

まとめ買いした材料を、
あらかじめ洗って刻んでスタンバイしておく
「効率化」に励んでみたり。

でも、一過性の余興のように終わり、
習慣として日常に根付くには程遠かった。

たまに里帰りしても、
料理は母と姉にまかせっきり。

「自分は、母・姉に、遠く及ばない人間なのではないか。」

劣等感もあるが、何より、
いまこの場で、いちばん若い私が、
美味しい手料理をふるまったら、
みんな心が安らいで、たのしいだろうにと心苦しかった。

「いざ、その気になればやれる」は、間違いだ。

いざその気になっても、
調理道具も、調味料もそろってない、
日頃の訓練も、技もない。
メニューを考えるところから、買い出しから
いちいち大ごとになって、
どんどん料理が「たいぎ」になっていく。

やがて、どこかであきらめていた。

ところが、去年の5月、

風邪で10日間寝込み、4キロ太ってしまった。

体調が回復するまで運動もできない。
食事だけで4キロ戻さなければ、と
必要に迫られ、やせる料理本を手に、
台所に立った。

そのときは、
「きちんと自炊ができる自分になろう」
などとは1ミリも思わなかった。

太った4キロを戻すまでの一過性の料理だ。

おばさんになって4キロ落とすのは
たいへんだ。

やればやっただけ痩せるので面白いのと、
サボったら如実に体重が増えるのと、

なによりおいしい、

通奏低音のようにあった食生活の
「わびしさ」も、消えていったので、

気がついたら、また今日も料理をしている、
という状態が続いて行った。

そして、1年4ヶ月たったいま、
ひとりでもおいしい料理をつくる習慣が、
自分の中にできあがっていた。

これには、私をよく知る母が、いちばん驚いていた。

お盆に帰ったときに、
私が、苦じゃなく、何品も料理をつくって出すので、

母は、そうとう嬉しかったのだろう、

親戚のだれにもかれにも、姉にまで、
私が、まるで料亭に行ったような料理をつくったと
自慢しまくっていた。

頑張っても
毎日おいしい手料理を食べる生活など
夢のまた夢だった私が、

そこをまったく意図しなかったのに、

「料理の習慣ができたのは、なぜ?」

理由は複雑にある、1つではない。
いろいろ理由を考え、どれも納得するものの、
これだ! という決め手が思い当らないままだった。

きのう、

朝起きて、ぽちっ、とテレビをつけたら、
いきなり、画家の横尾忠則さんが出ていた。

80歳でエネルギッシュな絵を描き続ける横尾さんは、
その秘訣をあちこちで聞かれるからだろう、
こう言った。

「エネルギーがあるから描く、のではない。
 描くからエネルギーが湧いてくる、のだ。」

ピーン! と響く言葉だった。

文章表現教育においても、

「書く気が起きない、だるい、自分はカラッポ」
と言っていた学生ほど、
書いているうちに、どんどん活気を帯び、
やがて、生命力に顔が輝き出す。

いざ書き出して、想うように書けなくて、
「ああじゃない、こうじゃない」と
苦悩している学生も、

その苦悩すら、
モチベーションをかきたて、
集中を生むチカラに変わっていく。

ライティング実践の集中講義を手伝ってくださった教授が、

「最初、学生は、起きてないような目をして、
 だらだらと歩いていた。
 それが最後には、姿勢までしゃんとして、
 僕の目を見て、ありがとうございました!
 とお辞儀をした。
 まるで別人!」

と驚いていた。

「書くことで、人は元気になる。」

そうか! 料理も同じだ。

無心に台所に立ち、料理をつくっていると、

水切りしようとして、野菜のきれっぱしを
流しに流してしまったり、

火が強すぎて肉が固くなってしまったり、

かと思えば、ふいに、いい匂いがしてきたり、

味見の一口が、びっくりするほど
いい味になっていたり。

そんな、取るに足りない失敗や納得に、
知らぬ間に、やる気をかきたてられている。

大きなやる気は得られないかもしれないが、
料理一皿つくるエネルギーは、
料理一皿つくる過程でほぼ得られるように思う。

「やる気は料理をつくる行為そのものから来る。」

人によって、やる気はさまざまだろう。

可愛い子どもがおなかをすかせて待っているから
毎日料理ができるという人もいる。

病気の家族が、食べることで元気になっているから
料理をする気が起きる、という人もいるだろう。

でも、それがない私の場合、
自炊へのやる気など、もともと無い。

その無い腹を探って、
「やる気が起きるの、起きないの」
「どうすればやる気が起きるか」だの、
「やる気が出ない自分は女子力が低い」だの、

気負ったり、へこんだりしていたら、
台所に立つまでにエネルギーを消耗して、
たいぎになるのもあたりまえだ。

ごちゃごちゃ言ってないで、
とにかく

「無心に台所に立つ。」

やりはじめさえすれば、あとはなんとかなる。

私は、痩せることに気を取られ、
料理にはまるで頓着がなかったからこそ、

無心に台所に立つことができたのだろう。

続けようとも、続くとも思ってなかったからこそ、
1回限りの料理に、潔く集中でき、
つくる行為そのものからエネルギーを得られた。

この先、やる気が出ないの
自分はだめだの、ごちゃごちゃ言い出したら、

「やる気は、やる行為そのものからも調達できる。」

そんな道もあるよ、
つくる過程で自分と通じ合い元気になるよ、

と自分に言ってやろう、と私は思う。

ツイートするFacebookでシェアする

…………………………………………………………………

文庫化されました!



ほんとうにたくさんの人々のおチカラで
文庫化していただいたことに、心から感謝を申し上げます。
おとなたちのキビしい意見に反発もある本ですが、
おとなたちが、これだけ本気になった、
私は、その根底に「愛」を感じます。
淘汰の激しい出版界で文庫として残していただき、
こう願わずにはおれません。細々とでも、
「この本を必要とする人に届け!」

…………………………………………………………………

「おとなの小論文教室。」を読んでのご意見、ご感想を
ぜひお送りください
題名を「山田ズーニーさんへ」として、
postman@1101.comまでメールでお送りくださいね。

注:講演など仕事の依頼メールは、上記のアドレスでなく、
  直接オフィス・ズーニーまでお送りください。
  連絡先は、山田ズーニーの本を出している出版社まで
  お問い合わせください。


…………………………………………………………………

★出演情報などお知らせのあるときは
 山田ズーニーのtwitter(@zoonieyamada)にも掲載します。


…………………………………………………………………


『半年で職場の星になる!
 働くためのコミュニケーション力』
 ちくま文庫

あなたが職場の星になる!コミュニケーション術の決定版。
一発で信頼される「人の話を聞く技術」、
わかりやすい報告・説明・指示の仕方、
職場の文書を「読む技術」、社会人としてメールを「書く技術」。
「上司を説得」するチカラ、通じる「お詫び」、クレーム対応、
好感をもたれる自己紹介・自己アピールのやり方。
人を動かし現場でリーダーシップを発揮する表現力から、
やる気が湧き・上司もうなる目標の立て方まで。
この1冊で仕事のフィールドで通じ合い、チームで成果を出していける!
自由はここにある!



ラジオで、山田ズーニーが、
『おかんの昼ごはん』について話しました!

録音版をぜひお聞きください。
「ラジオ版学問ノススメ」(2012年12月30日〜)
 インターネット環境があれば、だれでもどこからでも
 無料で聴けます

 聴取サイトは、http://www.jfn.co.jp/susume/
 (MP3ダウンロードのボタンをクリックしてください)
 または、iTunesからのダウンロードとなります。

…………………………………………………………………

ほんとうにおかげさまで本になりました!
ありがとうございます!


『おかんの昼ごはん』河出書房新社
「親の老い」への哀しみをどう表現していいかわからない
私のような人は多いと思います。
読者と表現しあったこの本は、思い切り泣けたあと、
胸の奥が温かくなり、自分の進む道が見えてきます。
この本が出来上がったとき、おもわず本におじぎをし、
想いがこみ上げいつまでもいつまでも本に頭をさげていました。
大切な人への愛から生まれ、その先へ歩き出すための一冊です。



「おとなの小論文教室。」を読んでのご意見、ご感想を
ぜひお送りください
題名を「山田ズーニーさんへ」として、
postman@1101.comまでメールでお送りくださいね。

注:講演など仕事の依頼メールは、上記のアドレスでなく、
 直接オフィス・ズーニーまでお送りください。
 連絡先は、山田ズーニーの本を出している出版社まで
 お問い合わせください。


…………………………………………………………………


『「働きたくない」というあなたへ』河出書房新社
「あなたは社会に必要だ!」
ネットで大反響を巻き起こした、おとなの本気の仕事論。
あなたの“へその緒”が社会とつながる!

…………………………………………………………………


『新人諸君、半年黙って仕事せよ』
―フレッシュマンのためのコミュニケーション講座(筑摩書房)
私は新人に、「だいじょうぶだ」と伝えたい。
「あなたには、コミュニケーション力がある」と。
            ――山田ズーニー。

…………………………………………………………………


『人とつながる表現教室。』河出書房新社
おかげさまで「おとなの小論文教室。II」が文庫化されました!
文庫のために、「理解という名の愛がほしい」から改題し、
文庫オリジナルのあとがきも掲載しています。
山田はこれまで出したすべての本の中でこの本が最も好きです。


…………………………………………………………………


『おとなの進路教室。』河出書房新社
「自分らしい選択をしたい」とき、
「自分はこれでいいのか」がよぎるとき、
自分の考えのありかに気づかせてくれる一冊。
「おとなの小論文教室。」で
7年にわたり読者と響きあうようにして書かれた連載から
自分らしい進路を切りひらくをテーマに
選りすぐって再編集!


…………………………………………………………………


▲文庫版でました!
 あなたの表現がここからはじまる!

『おとなの小論文教室。』 (河出文庫)

…………………………………………………………………

ラジオ「おとなの進路教室。」
http://www.jfn.co.jp/otona/

おとなになっても進路に悩む。
就職、転職、結婚、退職……。
この番組では、
多彩なゲストを呼んで、「おとなの進路」を考える。
すでに成功してしまった人の
ありがたい話を聞くのではない。
まさに今、自分を生きようと
もがいている人の、現在進行形の悩み、
問題意識、ブレイクスルーの鍵を
聞くところに面白さがある。
インターネット、
ポッドキャスティングのラジオ番組です。

…………………………………………………………………


「依頼文」や「おわび状」も、就活の自己PRも
このシートを使えば言いたいことが書ける!
相手に通じる文章になる!

『考えるシート』文庫版、出ました。

…………………………………………………………………


『話すチカラをつくる本』
三笠書房

NHK教育テレビのテキストが文庫になりました!
いまさら聞けないコミュニケーションの基礎が
いちからわかるやさしい入門書。



『文庫版『あなたの話はなぜ「通じない」のか』
ちくま文庫

自分の想いがうまく相手に伝わらないと悩むときに、
ワンコインで手にする「通じ合う歓び」のコミュニケーション術!




『17歳は2回くる―おとなの小論文教室。III』
河出書房新社




『理解という名の愛が欲しいーおとなの小論文教室。II』
河出書房新社




『おとなの小論文教室。』
河出書房新社



『考えるシート』講談社


『あなたの話はなぜ「通じない」のか』
筑摩書房



『伝わる・揺さぶる!文章を書く』
PHP新書

内容紹介(PHP新書リードより)
お願い、お詫び、議事録、志望理由など、
私たちは日々、文章を書いている。
どんな小さなメモにも、
読み手がいて、目指す結果がある。
どうしたら誤解されずに想いを伝え、
読み手の気持ちを動かすことができるのだろう?
自分の頭で考え、他者と関わることの 痛みと歓びを問いかける、
心を揺さぶる表現の技術。
(書き下ろし236ページ)

山田ズーニーさんへの激励や感想などは、
メールの表題に「山田ズーニーさんへ」と書いて、
postman@1101.comに送ってください。

2016-09-21-WED

HOME
ホーム


いままでのタイトル

◆2000-05-17〜2001-04-25
◆2001-06-13〜2002-05-15
◆2002-05-29〜2003-05-14
◆2003-05-21〜2004-05-12
◆2004-05-19〜2005-05-11
◆2005-05-18〜2006-05-03
◆2006-05-10〜2007-05-09
◆2007-05-16〜2008-05-14
◆2008-05-21〜2009-05-27
◆2009-06-03〜2010-05-19
◆2010-05-26〜2011-04-27
◆2011-05-11〜2012-05-16
◆2012-05-23〜2013-05-08
◆2013-05-15〜2014-05-21
2014-05-28 あげなさい
2014-06-04 「人見知り」をのりこえる
2014-06-11 「人見知り」をのりこえる ―2.正体を見る
2014-06-18 「人見知り」をのりこえる ―3.恐いは大切
2014-06-25 「人見知り」をのりこえる
 ―4.心をひらかせるもの
2014-07-02 悪い習慣
2014-07-09 悪い習慣 ― 2.サイン
2014-07-16 手放せる人・執着する人
2014-07-23 手放せる人・執着する人 − 2.読者の声
2014-07-30 孤独のカタチ
2014-08-06 孤独のカタチ − 2.それぞれの孤独
2014-08-20 孤独のカタチ − 3.孤独に寄り添うもの
2014-08-27 孤独のカタチ − 4.超絶ひとりぼっちでも
2014-09-03 孤独のカタチ − 5.家族のカタチだけある孤独
2014-09-10 いつのまにか質問攻めにしてるとき
2014-09-17 ひらく鍵とざす鍵
2014-09-24 ひらく鍵とざす鍵 ―2.読者メール紹介
2014-10-01 ひらく鍵とざす鍵 ―3.読者メール紹介

2014-10-08

ひらく鍵とざす鍵 ―4.読者メール紹介

2014-10-15

めんどくさい女

2014-10-22

めんどくさい女 ―2.読者はこう考えた

2014-10-29

「楽しみじまい」のあとにあるもの

2014-11-05

自分で社会に居場所つくる

2014-11-12

自分で社会に居場所つくる −2.ゆるやかなつながり

2014-11-19

自分で社会に居場所つくる −3.わたしの出番

2014-11-26

自分で社会に居場所つくる −4.ずれ

2014-12-03

自分で社会に居場所つくる
 −5.アイデンティティについて読者の経験

2014-12-10

自分で社会に居場所つくる
 −6.折れた支柱

2014-12-17

自分で社会に居場所つくる
 −7.人はかけがえない

2014-12-24

自分で社会に居場所つくる
 −8.まず声をあげる

2015-01-07

暴力的な弱さが支配する

2015-01-14

弱さのハラスメント

2015-01-21

弱さのハラスメント −2.さらに読者メール

2015-01-28

文章にできること

2015-02-04

文章にできること −2.書き時

2015-02-11

文章にできること −3.書く仕事のみらい

2015-02-18

文章にできること
 −4.文章からもらおうとする人、文章に与える人

2015-02-25

小さなすりかえ

2015-03-11

書きたいものを書くまで

2015-03-18

皮相が本質を駆逐する

2015-03-25

2とおりの自信

2015-04-01

2とおりの自信 −2.読者の声

2015-04-08

伝えるポジション

2015-04-15

伝えるポジション −2.読者の声

2015-04-22

伝えるポジション −3.さらに読者の声

2015-04-29

伝えるポジション −4.さらにさらに読者の声

2015-05-13

曇りの教室

2015-05-20

曇りの教室 −2.読者の声

2015-05-27

オリジナルとはなにか

2015-06-03

オリジナルとはなにか ―2.読者の声

2015-06-10

つながるダイエット

2015-06-17

未知のものが会話に出たとき

2015-06-24

未知のものが会話に出たとき ―2.読者の声

2015-07-01

未知のものが会話に出たとき ―3.読者の声

2015-07-08

「私とあなたの意見は一緒であってほしい」という願望

2015-07-15

「私とあなたの意見は一緒であってほしい」という願望
 ―2.読者の声

2015-07-22

意見がわれたとき「人につく」人

2015-07-29

意見がわれたとき「人につく」人 ―2.読者の声

2015-08-05

創造性が弱ると、人はなぜボヤくのか?

2015-08-19

論点を起こせる人に

2015-08-26

もう一つの人生

2015-09-02

もう一つの人生 ―2.読者の選択、その後

2015-09-09

もう一つの人生 ―3.さらに読者の声

2015-09-16

自分の波をのりこなす

2015-09-30

自分の波をのりこなす−2.読者の「波」

2015-10-07

「話をすりかえるな」と言う前に

2015-10-14

ヤケをおこしたとき、見るノート

2015-10-21

読者のヤケ・ノート

2015-10-28

読者のヤケ・ノート 2

2015-11-04

リミッター

2015-11-11

リミッター2 − 読者の声

2015-11-18

リミッター3 − 衰えに咲く花

2015-11-25

教育的解決

2015-12-02

分岐器

2015-12-09

怒りを静める

2015-12-16

怒りを静める−2.読者それぞれの「だいじょうぶ」

2015-12-23

いま私が向かうべきもの

2016-01-13

「わたしの課題」とは何か

2016-01-20

「わたしの課題」とは何か − 2.読者の声

2016-01-27

未来へ逃げる

2016-02-03

正直からはじめてみる

2016-02-10

引用に負ける人・まけないオリジナリティが出せる人

2016-02-17

引用に負ける人・まけないオリジナリティが出せる人
 −2.読者の声

2016-02-24

失ったものに凹み過ぎる時は

2016-03-02

失ったものに凹み過ぎる時は ― 2.愛と依存

2016-03-09

失ったものに凹み過ぎる時は ― 3.読者の声

2016-03-16

まっすぐ求める

2016-03-23

基準値を自分にもどす

2016-03-30

基準値を自分にもどす −2.読者の声

2016-04-06

ゼロから切り拓くチカラ

2016-04-13

ゼロから切り拓くチカラ ―2.読者の声

2016-04-20

表現するほうへ

2016-04-27

表現するほうへ ―2.読者の声

2016-05-11

「自分のやってきたことは意味がなかったの」と
人に問うまえに

2016-05-18

読者の声−先週の「自分の努力を認める」について

2016-05-25

人間の底

2016-06-01

人間の底−2.読者の声

2016-06-08

悪の表現

2016-06-15

読者の声−先週の闇を昇華する表現について

2016-06-22

いい子の仮面を被るまえにできること

2016-06-29

読者の声
−先週の「いい顔するか、利他に向かうか」について

2016-07-06

血液型が2つしかない国

2016-07-13

血液型が2つしかない国 −2.読者の声

2016-07-20

「選択」の時、いちばん大事なもの

2016-07-27

読者の声―「選択」の時、いちばん大事なもの

2016-08-03

背中の目

2016-08-10

背中の目−2.大きな循環のなかで

2016-08-24

ねじれない表現

2016-08-31

ねじれない表現−2.読者の声

2016-09-07

心で見る色彩

2016-09-14

心で見る色彩−2.読者の声