YAMADA
おとなの小論文教室。
感じる・考える・伝わる!

受験のテクニックとして、小論文の書き方を勉強した?
その後は、ナイスなテキストを書いていますか?
考えること伝えることの愉快を、ここで味わいましょう。

ありがたいことに、小論文というものを
考えたり、たのしんだり、たくさん読んできた
カジュアルで優しい先生がいるんです。

さぁ、山田ズーニー先生、お願いしまーす。

Lesson806
 読者の声
 ―「破壊はホントに創造につながるか?」について



「ぶっ壊せば新しいものができると思っている人がいる。
 これはいいことなんだろうか?
 破壊と創造はセットだし壊せば‥‥と
 私も思ってきた節がある。

 でも「創る」って、

 本当に新しいものを創った人を見ると
 もっとコツコツとした継続的な行為なのだ。
 とにかく壊したら酷い現状がより酷くなっただけ、
 では?」

と先週ここで問いかけたところ、
読者からおたよりをいただいた、

さっそく紹介しよう!


<壊したい、目立ちたい>

私は壊したいです。

なんか、壊したい! と目立ちたい! があります。
いまだにそういうのがかっこいいと思っています。

でも、なんか違うなーと思うこともあります。

あるとき身内の集まりで、
中学生の壊し屋がいました。

そして、その人の発言はみんなから喜ばれました。

私がずっと言いたかったことでもありました。
たぶん、みんなも壊し屋と同じ気持ちだったからだと
思います。

でも、そのとき、壊し屋の味方がいっきに増えて
「1人対たくさん」の構図になったんです。
なんか、急にいじめ? みたいになったんです。

それが嫌だなーと思いました。

壊したとき、自分が先頭きることになるのが嫌です。

それか、いじめみたいになるのが嫌です。

なんか、壊せてないじゃんとなります。
こんなつもりじゃなかったんだけどなと思います。

敵になりたいんじゃなくて目立ちたい、なんとかしたい
が目的だから。ほぼ「目立ちたい」ですけど。

あと、だいたい壊し屋をやったら後悔します。
やってるときはニヤニヤするけど
夜には確実に落ち込んでます。

だけど、それでしか自分の気持ちを伝えられない!
どうしても伝えない!
もう耐えられないと思ったらやります。

壊し屋になりたいときは、少し嬉しいです。
謎の嬉しさです。
だから、全部否定はできないです。
(T)


<届けることが目標だから>

誰かに言いたいことがあって、
それを時と場合を考えずに言っていたのが若かりし頃。

今は、届けるためにいつがいいのか、
誰が良いのか考えます。

相手に届けることが目標なので、

私が言うより、
相手が尊敬・信頼している人に
言ってもらった方が届く場合は、
「私」を押し出さなくて良いと思えるようになりました。

決して誰かに言わせて
自分をよく見せようとかではありません。
私で届かないから策を練るのです。

積み重ねたものの重みで作品も人間関係もできていく。

年を重ねてコツコツやった経験が増えた
いまだからこそ、こう言えます。

「破壊するなら対案を必ず出す。」
(人それぞれ)


<生活習慣創造中>

今年の特定検診の結果、
保健の指導員から指導を受けることになりました。
1ヶ月分の体重、体脂肪率、腹位、等の記録を
毎月、半年間報告することになりました。
間食は100キロカロリー以内にするなど
細かく目標も立てました。

創造は、コツコツとした基礎の地道な積み上げからなる。

というレッスンの内容が、
健康への道に通ずる手がかりとなりました。

ストレスを食べることで解消していた生活から
変えてゆく必要に迫られています。
生活習慣を変えるのは、なかなか大変ですが、
楽しみながら、コツコツ、積み上げていきたいです。
(A.T)


<破壊よりスゴイ>

元寿司職人のマスターが営む海鮮居酒屋で
アルバイトを続けています。
そこで思うのは、

「現状維持とは不変ではなく、創造の連続そのものなのだ」

ということです。

お店は、
仕込から調理までそのほとんどを、
還暦を過ぎたマスターが一人で行っています。
「どこに力をいれてどこで力を抜くのか」
長年思考錯誤の連続だったといいます。

「お客さまに満足していただくために、
 自分にはなにができるのか」

「お店を成り立たせるためにはどうすればいいのか」

日々考え、工夫を凝らし、
季節や年月の変化にあわせて、
お店もマスターも変化し続けているからこそ、
お客さまにとって、

「いつ来ても変わらない、安心するお店」

であり続けているのだと、
働きながら強く実感しています。

日々のコツコツとした積み重ねって、
破壊なんて大それたものなんかより、
実はとてもクリエイティブな行為なのかもしれません。
(ルリ子)



私がこのテーマで、
もっとも恐ろしいと思ったのは、

破壊的な言動をする人がいる、ということよりも、

誰か1人が破壊的な言動をしたとき、

「そうだ! そうだ! ぶっ壊せ!」
と支持する人が、
予想以上に多くいる

という事実だ。

しかも、
ぶっ壊し屋さんを持ち上げている人たちは、
特別過激な人たち、ではない。

むしろ、それまで
親や先生や上司の言うことを従順に聞き、
常識や慣例を守って生きてきた人たちだ。

読者のTさんが言うように、
「破壊願望」はだれにでもある。

私にもある。

ただそれは、ひごろ抑制しているので、

だれかが「ぶっ壊せ!」と代弁してくれたとき、

スカッ! として、
その人をヒーローのように思う。

たとえば、学校で、
みんなが厳しい補習やテストの重圧に苦しんでいるとき、

あるいは、会社で、
上司から、さいさん企画にダメ出しをくらって、
部下たちはもう、絞り出そうにも
1滴もアイデアがでなくて、
自尊心も傷ついてへとへと、というようなときに、

みんなのまえで、権力を恐れずたてついて、
先生なり、上司なりの、非を指摘する人が出たら、

意外に、そうだそうだ、と味方につく人は
多いんじゃないかと私は思う。

日ごろフタをしている破壊願望を
誰かがパカッ! とはずしてくれて、
そんな誰かに吸引され、

ゾクゾク、ワクワク血が騒ぐ感じは、私もあるのだ。

でも、そこでちょっと立ち止まって考えてみると、

どうも「安直」。

もっと言うと、「疲れ」なのかも。

疲れが出ると、
早く安直に変化が出るものにとびつきたくなる。

破壊願望が強くなるのはそういうときだ。
私だって追い詰められ続けたらきっとそうなる。

つくづく「考える」のをやめちゃいかん。

勉強だったら、
どうしたらそんな長時間の補習やテストを
受けなくても、コンスタントに点が取れるようになるか?

仕事だったら、
どうしたら、もっと面白い企画がだせるようになるか?

そこを考えなければ。

そこを何とかしてくれるのが本当のヒーローだ。

結局、上司や先生は変わっても、
もっと酷い人が変わりに来ただけ、
根本の問題はなにもかわらず、
みたいなこともあるのではないだろうか。

破壊願望は、海に行ったとき、
砂でお城でも作って、一気に蹴って壊してカタルシス、
などで、自分で昇華するとして。

人との関係性のなかでは、
「作ろう」「創ろう」と意識していかねば!

と私は、私自身に言い聞かせたいと思う。

ツイートするFacebookでシェアする

…………………………………………………………………

文庫化されました!



ほんとうにたくさんの人々のおチカラで
文庫化していただいたことに、心から感謝を申し上げます。
おとなたちのキビしい意見に反発もある本ですが、
おとなたちが、これだけ本気になった、
私は、その根底に「愛」を感じます。
淘汰の激しい出版界で文庫として残していただき、
こう願わずにはおれません。細々とでも、
「この本を必要とする人に届け!」

…………………………………………………………………

「おとなの小論文教室。」を読んでのご意見、ご感想を
ぜひお送りください
題名を「山田ズーニーさんへ」として、
postman@1101.comまでメールでお送りくださいね。

注:講演など仕事の依頼メールは、上記のアドレスでなく、
  直接オフィス・ズーニーまでお送りください。
  連絡先は、山田ズーニーの本を出している出版社まで
  お問い合わせください。


…………………………………………………………………

★出演情報などお知らせのあるときは
 山田ズーニーのtwitter(@zoonieyamada)にも掲載します。


…………………………………………………………………


『半年で職場の星になる!
 働くためのコミュニケーション力』
 ちくま文庫

あなたが職場の星になる!コミュニケーション術の決定版。
一発で信頼される「人の話を聞く技術」、
わかりやすい報告・説明・指示の仕方、
職場の文書を「読む技術」、社会人としてメールを「書く技術」。
「上司を説得」するチカラ、通じる「お詫び」、クレーム対応、
好感をもたれる自己紹介・自己アピールのやり方。
人を動かし現場でリーダーシップを発揮する表現力から、
やる気が湧き・上司もうなる目標の立て方まで。
この1冊で仕事のフィールドで通じ合い、チームで成果を出していける!
自由はここにある!



ラジオで、山田ズーニーが、
『おかんの昼ごはん』について話しました!

録音版をぜひお聞きください。
「ラジオ版学問ノススメ」(2012年12月30日〜)
 インターネット環境があれば、だれでもどこからでも
 無料で聴けます

 聴取サイトは、http://www.jfn.co.jp/susume/
 (MP3ダウンロードのボタンをクリックしてください)
 または、iTunesからのダウンロードとなります。

…………………………………………………………………

ほんとうにおかげさまで本になりました!
ありがとうございます!


『おかんの昼ごはん』河出書房新社
「親の老い」への哀しみをどう表現していいかわからない
私のような人は多いと思います。
読者と表現しあったこの本は、思い切り泣けたあと、
胸の奥が温かくなり、自分の進む道が見えてきます。
この本が出来上がったとき、おもわず本におじぎをし、
想いがこみ上げいつまでもいつまでも本に頭をさげていました。
大切な人への愛から生まれ、その先へ歩き出すための一冊です。



「おとなの小論文教室。」を読んでのご意見、ご感想を
ぜひお送りください
題名を「山田ズーニーさんへ」として、
postman@1101.comまでメールでお送りくださいね。

注:講演など仕事の依頼メールは、上記のアドレスでなく、
 直接オフィス・ズーニーまでお送りください。
 連絡先は、山田ズーニーの本を出している出版社まで
 お問い合わせください。


…………………………………………………………………


『「働きたくない」というあなたへ』河出書房新社
「あなたは社会に必要だ!」
ネットで大反響を巻き起こした、おとなの本気の仕事論。
あなたの“へその緒”が社会とつながる!

…………………………………………………………………


『新人諸君、半年黙って仕事せよ』
―フレッシュマンのためのコミュニケーション講座(筑摩書房)
私は新人に、「だいじょうぶだ」と伝えたい。
「あなたには、コミュニケーション力がある」と。
            ――山田ズーニー。

…………………………………………………………………


『人とつながる表現教室。』河出書房新社
おかげさまで「おとなの小論文教室。II」が文庫化されました!
文庫のために、「理解という名の愛がほしい」から改題し、
文庫オリジナルのあとがきも掲載しています。
山田はこれまで出したすべての本の中でこの本が最も好きです。


…………………………………………………………………


『おとなの進路教室。』河出書房新社
「自分らしい選択をしたい」とき、
「自分はこれでいいのか」がよぎるとき、
自分の考えのありかに気づかせてくれる一冊。
「おとなの小論文教室。」で
7年にわたり読者と響きあうようにして書かれた連載から
自分らしい進路を切りひらくをテーマに
選りすぐって再編集!


…………………………………………………………………


▲文庫版でました!
 あなたの表現がここからはじまる!

『おとなの小論文教室。』 (河出文庫)

…………………………………………………………………

ラジオ「おとなの進路教室。」
http://www.jfn.co.jp/otona/

おとなになっても進路に悩む。
就職、転職、結婚、退職……。
この番組では、
多彩なゲストを呼んで、「おとなの進路」を考える。
すでに成功してしまった人の
ありがたい話を聞くのではない。
まさに今、自分を生きようと
もがいている人の、現在進行形の悩み、
問題意識、ブレイクスルーの鍵を
聞くところに面白さがある。
インターネット、
ポッドキャスティングのラジオ番組です。

…………………………………………………………………


「依頼文」や「おわび状」も、就活の自己PRも
このシートを使えば言いたいことが書ける!
相手に通じる文章になる!

『考えるシート』文庫版、出ました。

…………………………………………………………………


『話すチカラをつくる本』
三笠書房

NHK教育テレビのテキストが文庫になりました!
いまさら聞けないコミュニケーションの基礎が
いちからわかるやさしい入門書。



『文庫版『あなたの話はなぜ「通じない」のか』
ちくま文庫

自分の想いがうまく相手に伝わらないと悩むときに、
ワンコインで手にする「通じ合う歓び」のコミュニケーション術!




『17歳は2回くる―おとなの小論文教室。III』
河出書房新社




『理解という名の愛が欲しいーおとなの小論文教室。II』
河出書房新社




『おとなの小論文教室。』
河出書房新社



『考えるシート』講談社


『あなたの話はなぜ「通じない」のか』
筑摩書房



『伝わる・揺さぶる!文章を書く』
PHP新書

内容紹介(PHP新書リードより)
お願い、お詫び、議事録、志望理由など、
私たちは日々、文章を書いている。
どんな小さなメモにも、
読み手がいて、目指す結果がある。
どうしたら誤解されずに想いを伝え、
読み手の気持ちを動かすことができるのだろう?
自分の頭で考え、他者と関わることの 痛みと歓びを問いかける、
心を揺さぶる表現の技術。
(書き下ろし236ページ)

山田ズーニーさんへの激励や感想などは、
メールの表題に「山田ズーニーさんへ」と書いて、
postman@1101.comに送ってください。

2016-11-30-WED

HOME
ホーム


いままでのタイトル

◆2000-05-17〜2001-04-25
◆2001-06-13〜2002-05-15
◆2002-05-29〜2003-05-14
◆2003-05-21〜2004-05-12
◆2004-05-19〜2005-05-11
◆2005-05-18〜2006-05-03
◆2006-05-10〜2007-05-09
◆2007-05-16〜2008-05-14
◆2008-05-21〜2009-05-27
◆2009-06-03〜2010-05-19
◆2010-05-26〜2011-04-27
◆2011-05-11〜2012-05-16
◆2012-05-23〜2013-05-08
◆2013-05-15〜2014-05-21
◆2014-05-28〜2015-04-29
 

2015-05-13

曇りの教室

2015-05-20

曇りの教室 −2.読者の声

2015-05-27

オリジナルとはなにか

2015-06-03

オリジナルとはなにか ―2.読者の声

2015-06-10

つながるダイエット

2015-06-17

未知のものが会話に出たとき

2015-06-24

未知のものが会話に出たとき ―2.読者の声

2015-07-01

未知のものが会話に出たとき ―3.読者の声

2015-07-08

「私とあなたの意見は一緒であってほしい」という願望

2015-07-15

「私とあなたの意見は一緒であってほしい」という願望
 ―2.読者の声

2015-07-22

意見がわれたとき「人につく」人

2015-07-29

意見がわれたとき「人につく」人 ―2.読者の声

2015-08-05

創造性が弱ると、人はなぜボヤくのか?

2015-08-19

論点を起こせる人に

2015-08-26

もう一つの人生

2015-09-02

もう一つの人生 ―2.読者の選択、その後

2015-09-09

もう一つの人生 ―3.さらに読者の声

2015-09-16

自分の波をのりこなす

2015-09-30

自分の波をのりこなす−2.読者の「波」

2015-10-07

「話をすりかえるな」と言う前に

2015-10-14

ヤケをおこしたとき、見るノート

2015-10-21

読者のヤケ・ノート

2015-10-28

読者のヤケ・ノート 2

2015-11-04

リミッター

2015-11-11

リミッター2 − 読者の声

2015-11-18

リミッター3 − 衰えに咲く花

2015-11-25

教育的解決

2015-12-02

分岐器

2015-12-09

怒りを静める

2015-12-16

怒りを静める−2.読者それぞれの「だいじょうぶ」

2015-12-23

いま私が向かうべきもの

2016-01-13

「わたしの課題」とは何か

2016-01-20

「わたしの課題」とは何か − 2.読者の声

2016-01-27

未来へ逃げる

2016-02-03

正直からはじめてみる

2016-02-10

引用に負ける人・まけないオリジナリティが出せる人

2016-02-17

引用に負ける人・まけないオリジナリティが出せる人
 −2.読者の声

2016-02-24

失ったものに凹み過ぎる時は

2016-03-02

失ったものに凹み過ぎる時は ― 2.愛と依存

2016-03-09

失ったものに凹み過ぎる時は ― 3.読者の声

2016-03-16

まっすぐ求める

2016-03-23

基準値を自分にもどす

2016-03-30

基準値を自分にもどす −2.読者の声

2016-04-06

ゼロから切り拓くチカラ

2016-04-13

ゼロから切り拓くチカラ ―2.読者の声

2016-04-20

表現するほうへ

2016-04-27

表現するほうへ ―2.読者の声

2016-05-11

「自分のやってきたことは意味がなかったの」と
人に問うまえに

2016-05-18

読者の声−先週の「自分の努力を認める」について

2016-05-25

人間の底

2016-06-01

人間の底−2.読者の声

2016-06-08

悪の表現

2016-06-15

読者の声−先週の闇を昇華する表現について

2016-06-22

いい子の仮面を被るまえにできること

2016-06-29

読者の声
−先週の「いい顔するか、利他に向かうか」について

2016-07-06

血液型が2つしかない国

2016-07-13

血液型が2つしかない国 −2.読者の声

2016-07-20

「選択」の時、いちばん大事なもの

2016-07-27

読者の声―「選択」の時、いちばん大事なもの

2016-08-03

背中の目

2016-08-10

背中の目−2.大きな循環のなかで

2016-08-24

ねじれない表現

2016-08-31

ねじれない表現−2.読者の声

2016-09-07

心で見る色彩

2016-09-14

心で見る色彩−2.読者の声

2016-09-21

やる気はどこから来るか

2016-10-05

読者の声
―前回の「やる気はどこから来るか」について

2016-10-12

私がいるところは全部のなかの一部

2016-10-19

読者の声―私がいるところは全部のなかの一部

2016-10-26

自意識はのぼる

2016-11-02

「やりたいことがない」と言うとき

2016-11-09

なにかを大事にするということ

2016-11-16

読者の声
―先週の「なにかを大事にするということ」について

2016-11-23

破壊はホントに創造につながるか?