YAMADA
おとなの小論文教室。
感じる・考える・伝わる!

受験のテクニックとして、小論文の書き方を勉強した?
その後は、ナイスなテキストを書いていますか?
考えること伝えることの愉快を、ここで味わいましょう。

ありがたいことに、小論文というものを
考えたり、たのしんだり、たくさん読んできた
カジュアルで優しい先生がいるんです。

さぁ、山田ズーニー先生、お願いしまーす。

Lesson790
読者の声―「選択」の時、いちばん大事なもの



想いに忠実な選択をした時、
人は後悔しない。

「自分の想いに問う=考える」

ということを、選択のとき、
地道でも、面倒くさくても、
コツコツやっていきたい。

想いに添った選択ができたとき、
目に映る風景は、別格に美しい

という先週のコラム
「選択」の時、いちばん大事なもの
に、多数反響をいただいた。
きょうは、読者の声を紹介しよう。

選択の時いちばん大事なものとは?


<胸のモヤモヤが>

ちょうど就活をしている者です。

Lesson789
「選択」の時、いちばん大事なもの

ちょうどいいタイミングにこの記事を読んで

あぁ、、、、。(胸に突き刺さっています)

と思いました。
私も思い返すと小学校→中学校→高校→大学と
淡々と進みました。

淡々と進んでることは、
凄く恵まれている環境なのです。

しかし、自分の中のモヤモヤが取り除けないです。

私は、自分の根本思想に覚悟を持てないまま、
流されて生きていくのでしょうか。
まだまだ、自分で考える力が足りないみたいです。
精進します。
(やさか)


<突然、景色が一変し>

大学卒業と同時に大手ITに就職して
13年たちます。

何度も「はい」と口にだすことができず、

何かを飲み込んで、
喉が詰まったような気がすることがありました。

内容は些細なことで、

やりたくない仕事を指示されたとき、
好きなお客さま担当を外れた時。

会社員としては、ごくごく普通の指示で、
だけど、なぜか「はい」という言葉が喉に詰まって
言えませんでした。

無言だったり
「仕方ないですね」「残念ですね」と
少し自分から切り離したような回答で、

もちろん回避できることなく、
結果は「はい」と言ったのと同じなんですが。

あのぐっと詰まる感じを思い出しました。

景色が一変したような美しい風景。

恋に破れても、未練タラタラだった
ある日の旅先で、

突然、

未練が消えて

心が震える景色が広がった

ことがあります
そういう瞬間ってあるものなんですね。
(田町にて)


<選択の時、いちばん大切なもの>

私は、高校・大学・就職試験の際、
どれも第1志望に落ち、第2志望に進みました。

第1志望に落ちた時は、
悲しくて、悔しくて、不安でいっぱいでした。

が、第2志望に進んでみれば、
高校も、短大も、始めての就職先も、
友達や先輩に恵まれ、
とても充実した楽しい経験となりました。

今思えば、自分の目標が
はっきりと定まっていない年齢だったので
新たな自分の可能性を開拓することが
できたのだと思います。

しかし、30代も後半になり、

会社での立ち位置も固まり、
自分が何に向いていて、
自分は何がしたいのかが形となってきた時に、
会社の経営が悪化し、

早期退職を選択せざるを得ない状況となりました。

30代後半の独身女性には、
良条件の再就職は難しく、
就活に苦労していた時、

当時の友人の1人から、
縁故ならではの、好条件の就職先を紹介されました。

未上場の会社ながら、親会社がしっかりしており、
仕事はとても忙しいけど、残業代は全額支給、
給与は年齢に合わせてくれて、福利厚生も充実。

しかし、なぜか私は気が進みませんでした。

その業界に、まったく興味が持てないどころか、
自分の進みたい道と真逆の世界だったからです。

でも、この年収なら、高齢になった親も安心するだろう。
それに、友人の顔も潰せないし‥‥と悩んだ挙句、
「生活の手段と割り切ればいい」と、就職を決めました。

自分の内部からは

「これは自分がやりたい仕事じゃない。
 絶対に割り切ることなんかできないから止めた方がいい」

という声がハッキリと聞こえていましたが、

学生時代も、結果オーライだった。
今回もきっとそうなると、
無理に耳に蓋をして、転職に踏み切りました。

そして転職後10年。

現在の自分はどうか。

経済的には安定し、親を安心させることはできました。
一緒に退職した仲間内で、一番の出世と言われています。

しかし、嫌悪感は一度も消えず、一切やり甲斐を感じず、
ただ馬車馬のように働く、忙しいだけの毎日。
就職してすぐの頃には、鬱になり休職もしました。

プライベートな時間は持てず、友人とも疎遠になり、
どうにか結婚はしましたが、夫にも愚痴ばかり。
今この瞬間も、辞める事ばかり考えています。

そのような経験から、私が出した結論です。
選択の時、いちばん大事なものは何か。

自分の内なる声。そして何より、揺るがない自分。

当時の私は、30代後半で始めて外の世界へ出て、
自分が社会の中でどの程度の力量があるのかが
全く分からず、不安の方が大きかったのです。

会社に頼らず、会社の中で安心しきらず、
いつやってくるか分からない緊急時に対応できる
「これが私」と自信を持つ事ができていれば良かった。
異業種交流など、もっと外に出るべきでした。

自分の声に真摯に耳を傾けると同時に、
経験に裏打ちされた確かな思いが持てて初めて、
自分の内なる声に従えるのだとも思います。
(もつ)


<アナタノ、キモチ、タイセツ>

大学受験に失敗した私は、
高校を卒業した後、
資格取得のため、専門学校に行きました。

私のクラスは、女子だけのクラスでした。
入学後、だんだんと出来てくる人間関係。

誰にでもココロを開くタイプではない私は、
いろんな誘いが正直、苦痛でした。

一度断ると、誘われなくなる‥それも怖くて‥。

「想いとうらはらな言動」。

悩んでいた時、
英会話の授業のオーストラリア人の先生が、
「何かあったの?」と声をかけてくれました。

英会話のできない私は、和英辞典を、
先生は英和辞典を片手に、悩み相談が始まりました。

距離感、時間の感覚、考え方などが違っていて
付き合い方に悩んでいる。

と、どうにか伝えました。

すると、オーストラリア人の先生は、
「アナタハ、アナタノ、キモチヲ、タイセツニシナサイ。」
と仰いました。

「noナトキハ、noデス。ムリシナイ。」

18歳の私は、動揺しました。
でも、スッキリしました。

「そっかぁ。それで、イイんだぁ。」

と。
想いに反する選択をした時、人は絶対に後悔します。
後悔しない道を歩みたいものです。
(nao)


<想いが少しずつ形に>

とあることがきっかけで、
今まであまり話をしなかった人と
お互いの考えを交わすようになりました。

この人は鋭い問いかけをして、思いがけなく
私の考えを引き出してくれたりします。

声に出し、はっきりとした言葉にすることで
自身でも形を明確にできなかったものが
少しずつ表れてきました。

今は考えを交わせる人との結びつきを大切にして、
そこから出た言葉を基に
自分を掘り下げていこうと思っています。
(春)


<私の選択>

今、職場を引き継いで独立する準備
を進めています。

まわりからは、一国一城のあるじやね
なんて言われたりもするのですが、
それほど是が非でも独立したいというわけでは
ありませんでした。

独立は、責任やリスクを背負うことでもありますし、
治療の仕事に専念したいのであれば、
むしろ組織に属して、雑事を他に任せた方がいいでしょう。

治療にくる患者さんにとっても、
独立しようがしまいが特に変わることはありません。

それなら、なぜ独立することを選ぶのか

を考えると、
「今のままではいられない」という感じ
があります。

そこそこ患者さんにも喜ばれているし、
なんとかやっていけてはいますが、
そこに安住してしまい、
怠けそうになってしまう自分がいます。

かつて職場を変わったときも、
今のところでは通用しているが、
他のところではどうなんだろうか、
ほんとに自分にどこでも通用する力があるのか
という不安がありました。

どう自分はありたいのか?

を考えると、
「きちんと診立てて、必要な施術を無駄なくおこない、
 結果を出して患者さんに喜んでもらえる」
ただそれだけなのですが、

そう思い続けるのはけっこう難しくて、

この場への自分自身のおりかたを変えて、
きちんと場に向かい合わないと、
忙しさにかまけているうちに惰性になってしまいます。

「この場に対してきちんと責任のある立場につく
 必要があるのではないか」

と考えて、独立する方を選びました。
正直まだ迷いもありますし、
話し合いも難航していて、うまくいかないかもしれません。
どういう結果になるか不透明ですが、

「独立して今のおりかたを変えないといけないという思い」

は、間違いのないものです。
この思いを土台にしていけば、納得のいく選択になる
ように思えます。
(たまふろ)


<希望>

自分の心の底にある想いとの対話をする。
それを地道に積み上げることが大切なのだなと
実感しました。
選択に迷う時に、
想いを汲み上げて実行していけたら
格別の風景が目の前に現れる。
なんだか明日への希望が湧いてきました。
自分の想いに敏感でありたいものです。
(A.T)


「想いに忠実な選択」
というのには、少なくとも2通りある、と思う。

1つは、分かれ道でどっちを選ぶか、
自分の想う方を選ぶ、
というようなことだ。

でも、想う道を選択したからといって、

その道で、まだまだ自分はペーペーで、
ぜんぜん自分が想うレベルに達してない、
という状況が、私自身ある。

そんな時、

想いと一致した別格に美しい風景を見るためには、

自分の想う高みまで、
努力して、えっちら、おっちら、坂道を
登り続けていかなければならない。

だからもう1つは、想うレベルに行くという選択だ。

想いだけが先走って、
どんどん山の頂上へ飛んでいくけれど、

自分の体も、頭も、ぜんぜん追いついて
いっておらず、
自分の想いに、ゼイゼイ、ハーハーいいながら
必死で追いついていっているということがある。

ついさいきん、そんなことがあり、
体も頭も、ガタガタで、悲鳴をあげていたけれど、
ひた走っていたら、
ふと小さな岡を登り切っていた。

自分の想いに必死で追いついて見た風景は、
たとえ小さな岡でも、別格に、
清々しく、美しかった。

分かれ道にさしかかった時も、
頂上の見えない坂をえんえん登っている時も、

その先に、あの美しい風景があると思えば、
がんばれる!

と私は思う。
このおたよりを紹介して、きょうはおわりたい。


<自分の想い>

私は今、まさしく人生の岐路にいて、
一浪している身なのですが、大学は

医学部へ行って研究医としてやっていくか、
工学部に行って機械工学をやるか

悩み続けています。

2つの道について、
何度も何度も問いを立てては自分なりの回答を作って、
益々どちらが正しい道なのか分からなくなる始末です。

でも、先週の
「想いに忠実な選択をした時、人は後悔しない」
という言葉は、
そんな自分を後押ししてくれたような気がしました。

「正しいかどうか」
ではなく、

「自分に正直かどうか」

自分に問いかけてみます。
(浪人生)

ツイートするFacebookでシェアする

…………………………………………………………………

文庫化されました!



ほんとうにたくさんの人々のおチカラで
文庫化していただいたことに、心から感謝を申し上げます。
おとなたちのキビしい意見に反発もある本ですが、
おとなたちが、これだけ本気になった、
私は、その根底に「愛」を感じます。
淘汰の激しい出版界で文庫として残していただき、
こう願わずにはおれません。細々とでも、
「この本を必要とする人に届け!」

…………………………………………………………………

「おとなの小論文教室。」を読んでのご意見、ご感想を
ぜひお送りください
題名を「山田ズーニーさんへ」として、
postman@1101.comまでメールでお送りくださいね。

注:講演など仕事の依頼メールは、上記のアドレスでなく、
  直接オフィス・ズーニーまでお送りください。
  連絡先は、山田ズーニーの本を出している出版社まで
  お問い合わせください。


…………………………………………………………………

★出演情報などお知らせのあるときは
 山田ズーニーのtwitter(@zoonieyamada)にも掲載します。


…………………………………………………………………


『半年で職場の星になる!
 働くためのコミュニケーション力』
 ちくま文庫

あなたが職場の星になる!コミュニケーション術の決定版。
一発で信頼される「人の話を聞く技術」、
わかりやすい報告・説明・指示の仕方、
職場の文書を「読む技術」、社会人としてメールを「書く技術」。
「上司を説得」するチカラ、通じる「お詫び」、クレーム対応、
好感をもたれる自己紹介・自己アピールのやり方。
人を動かし現場でリーダーシップを発揮する表現力から、
やる気が湧き・上司もうなる目標の立て方まで。
この1冊で仕事のフィールドで通じ合い、チームで成果を出していける!
自由はここにある!



ラジオで、山田ズーニーが、
『おかんの昼ごはん』について話しました!

録音版をぜひお聞きください。
「ラジオ版学問ノススメ」(2012年12月30日〜)
 インターネット環境があれば、だれでもどこからでも
 無料で聴けます

 聴取サイトは、http://www.jfn.co.jp/susume/
 (MP3ダウンロードのボタンをクリックしてください)
 または、iTunesからのダウンロードとなります。

…………………………………………………………………

ほんとうにおかげさまで本になりました!
ありがとうございます!


『おかんの昼ごはん』河出書房新社
「親の老い」への哀しみをどう表現していいかわからない
私のような人は多いと思います。
読者と表現しあったこの本は、思い切り泣けたあと、
胸の奥が温かくなり、自分の進む道が見えてきます。
この本が出来上がったとき、おもわず本におじぎをし、
想いがこみ上げいつまでもいつまでも本に頭をさげていました。
大切な人への愛から生まれ、その先へ歩き出すための一冊です。



「おとなの小論文教室。」を読んでのご意見、ご感想を
ぜひお送りください
題名を「山田ズーニーさんへ」として、
postman@1101.comまでメールでお送りくださいね。

注:講演など仕事の依頼メールは、上記のアドレスでなく、
 直接オフィス・ズーニーまでお送りください。
 連絡先は、山田ズーニーの本を出している出版社まで
 お問い合わせください。


…………………………………………………………………


『「働きたくない」というあなたへ』河出書房新社
「あなたは社会に必要だ!」
ネットで大反響を巻き起こした、おとなの本気の仕事論。
あなたの“へその緒”が社会とつながる!

…………………………………………………………………


『新人諸君、半年黙って仕事せよ』
―フレッシュマンのためのコミュニケーション講座(筑摩書房)
私は新人に、「だいじょうぶだ」と伝えたい。
「あなたには、コミュニケーション力がある」と。
            ――山田ズーニー。

…………………………………………………………………


『人とつながる表現教室。』河出書房新社
おかげさまで「おとなの小論文教室。II」が文庫化されました!
文庫のために、「理解という名の愛がほしい」から改題し、
文庫オリジナルのあとがきも掲載しています。
山田はこれまで出したすべての本の中でこの本が最も好きです。


…………………………………………………………………


『おとなの進路教室。』河出書房新社
「自分らしい選択をしたい」とき、
「自分はこれでいいのか」がよぎるとき、
自分の考えのありかに気づかせてくれる一冊。
「おとなの小論文教室。」で
7年にわたり読者と響きあうようにして書かれた連載から
自分らしい進路を切りひらくをテーマに
選りすぐって再編集!


…………………………………………………………………


▲文庫版でました!
 あなたの表現がここからはじまる!

『おとなの小論文教室。』 (河出文庫)

…………………………………………………………………

ラジオ「おとなの進路教室。」
http://www.jfn.co.jp/otona/

おとなになっても進路に悩む。
就職、転職、結婚、退職……。
この番組では、
多彩なゲストを呼んで、「おとなの進路」を考える。
すでに成功してしまった人の
ありがたい話を聞くのではない。
まさに今、自分を生きようと
もがいている人の、現在進行形の悩み、
問題意識、ブレイクスルーの鍵を
聞くところに面白さがある。
インターネット、
ポッドキャスティングのラジオ番組です。

…………………………………………………………………


「依頼文」や「おわび状」も、就活の自己PRも
このシートを使えば言いたいことが書ける!
相手に通じる文章になる!

『考えるシート』文庫版、出ました。

…………………………………………………………………


『話すチカラをつくる本』
三笠書房

NHK教育テレビのテキストが文庫になりました!
いまさら聞けないコミュニケーションの基礎が
いちからわかるやさしい入門書。



『文庫版『あなたの話はなぜ「通じない」のか』
ちくま文庫

自分の想いがうまく相手に伝わらないと悩むときに、
ワンコインで手にする「通じ合う歓び」のコミュニケーション術!




『17歳は2回くる―おとなの小論文教室。III』
河出書房新社




『理解という名の愛が欲しいーおとなの小論文教室。II』
河出書房新社




『おとなの小論文教室。』
河出書房新社



『考えるシート』講談社


『あなたの話はなぜ「通じない」のか』
筑摩書房



『伝わる・揺さぶる!文章を書く』
PHP新書

内容紹介(PHP新書リードより)
お願い、お詫び、議事録、志望理由など、
私たちは日々、文章を書いている。
どんな小さなメモにも、
読み手がいて、目指す結果がある。
どうしたら誤解されずに想いを伝え、
読み手の気持ちを動かすことができるのだろう?
自分の頭で考え、他者と関わることの 痛みと歓びを問いかける、
心を揺さぶる表現の技術。
(書き下ろし236ページ)

山田ズーニーさんへの激励や感想などは、
メールの表題に「山田ズーニーさんへ」と書いて、
postman@1101.comに送ってください。

2016-07-27-WED

HOME
ホーム


いままでのタイトル

◆2000-05-17〜2001-04-25
◆2001-06-13〜2002-05-15
◆2002-05-29〜2003-05-14
◆2003-05-21〜2004-05-12
◆2004-05-19〜2005-05-11
◆2005-05-18〜2006-05-03
◆2006-05-10〜2007-05-09
◆2007-05-16〜2008-05-14
◆2008-05-21〜2009-05-27
◆2009-06-03〜2010-05-19
◆2010-05-26〜2011-04-27
◆2011-05-11〜2012-05-16
◆2012-05-23〜2013-05-08
◆2013-05-15〜2014-05-21
2014-05-28 あげなさい
2014-06-04 「人見知り」をのりこえる
2014-06-11 「人見知り」をのりこえる ―2.正体を見る
2014-06-18 「人見知り」をのりこえる ―3.恐いは大切
2014-06-25 「人見知り」をのりこえる
 ―4.心をひらかせるもの
2014-07-02 悪い習慣
2014-07-09 悪い習慣 ― 2.サイン
2014-07-16 手放せる人・執着する人
2014-07-23 手放せる人・執着する人 − 2.読者の声
2014-07-30 孤独のカタチ
2014-08-06 孤独のカタチ − 2.それぞれの孤独
2014-08-20 孤独のカタチ − 3.孤独に寄り添うもの
2014-08-27 孤独のカタチ − 4.超絶ひとりぼっちでも
2014-09-03 孤独のカタチ − 5.家族のカタチだけある孤独
2014-09-10 いつのまにか質問攻めにしてるとき
2014-09-17 ひらく鍵とざす鍵
2014-09-24 ひらく鍵とざす鍵 ―2.読者メール紹介
2014-10-01 ひらく鍵とざす鍵 ―3.読者メール紹介

2014-10-08

ひらく鍵とざす鍵 ―4.読者メール紹介

2014-10-15

めんどくさい女

2014-10-22

めんどくさい女 ―2.読者はこう考えた

2014-10-29

「楽しみじまい」のあとにあるもの

2014-11-05

自分で社会に居場所つくる

2014-11-12

自分で社会に居場所つくる −2.ゆるやかなつながり

2014-11-19

自分で社会に居場所つくる −3.わたしの出番

2014-11-26

自分で社会に居場所つくる −4.ずれ

2014-12-03

自分で社会に居場所つくる
 −5.アイデンティティについて読者の経験

2014-12-10

自分で社会に居場所つくる
 −6.折れた支柱

2014-12-17

自分で社会に居場所つくる
 −7.人はかけがえない

2014-12-24

自分で社会に居場所つくる
 −8.まず声をあげる

2015-01-07

暴力的な弱さが支配する

2015-01-14

弱さのハラスメント

2015-01-21

弱さのハラスメント −2.さらに読者メール

2015-01-28

文章にできること

2015-02-04

文章にできること −2.書き時

2015-02-11

文章にできること −3.書く仕事のみらい

2015-02-18

文章にできること
 −4.文章からもらおうとする人、文章に与える人

2015-02-25

小さなすりかえ

2015-03-11

書きたいものを書くまで

2015-03-18

皮相が本質を駆逐する

2015-03-25

2とおりの自信

2015-04-01

2とおりの自信 −2.読者の声

2015-04-08

伝えるポジション

2015-04-15

伝えるポジション −2.読者の声

2015-04-22

伝えるポジション −3.さらに読者の声

2015-04-29

伝えるポジション −4.さらにさらに読者の声

2015-05-13

曇りの教室

2015-05-20

曇りの教室 −2.読者の声

2015-05-27

オリジナルとはなにか

2015-06-03

オリジナルとはなにか ―2.読者の声

2015-06-10

つながるダイエット

2015-06-17

未知のものが会話に出たとき

2015-06-24

未知のものが会話に出たとき ―2.読者の声

2015-07-01

未知のものが会話に出たとき ―3.読者の声

2015-07-08

「私とあなたの意見は一緒であってほしい」という願望

2015-07-15

「私とあなたの意見は一緒であってほしい」という願望
 ―2.読者の声

2015-07-22

意見がわれたとき「人につく」人

2015-07-29

意見がわれたとき「人につく」人 ―2.読者の声

2015-08-05

創造性が弱ると、人はなぜボヤくのか?

2015-08-19

論点を起こせる人に

2015-08-26

もう一つの人生

2015-09-02

もう一つの人生 ―2.読者の選択、その後

2015-09-09

もう一つの人生 ―3.さらに読者の声

2015-09-16

自分の波をのりこなす

2015-09-30

自分の波をのりこなす−2.読者の「波」

2015-10-07

「話をすりかえるな」と言う前に

2015-10-14

ヤケをおこしたとき、見るノート

2015-10-21

読者のヤケ・ノート

2015-10-28

読者のヤケ・ノート 2

2015-11-04

リミッター

2015-11-11

リミッター2 − 読者の声

2015-11-18

リミッター3 − 衰えに咲く花

2015-11-25

教育的解決

2015-12-02

分岐器

2015-12-09

怒りを静める

2015-12-16

怒りを静める−2.読者それぞれの「だいじょうぶ」

2015-12-23

いま私が向かうべきもの

2016-01-13

「わたしの課題」とは何か

2016-01-20

「わたしの課題」とは何か − 2.読者の声

2016-01-27

未来へ逃げる

2016-02-03

正直からはじめてみる

2016-02-10

引用に負ける人・まけないオリジナリティが出せる人

2016-02-17

引用に負ける人・まけないオリジナリティが出せる人
 −2.読者の声

2016-02-24

失ったものに凹み過ぎる時は

2016-03-02

失ったものに凹み過ぎる時は ― 2.愛と依存

2016-03-09

失ったものに凹み過ぎる時は ― 3.読者の声

2016-03-16

まっすぐ求める

2016-03-23

基準値を自分にもどす

2016-03-30

基準値を自分にもどす −2.読者の声

2016-04-06

ゼロから切り拓くチカラ

2016-04-13

ゼロから切り拓くチカラ ―2.読者の声

2016-04-20

表現するほうへ

2016-04-27

表現するほうへ ―2.読者の声

2016-05-11

「自分のやってきたことは意味がなかったの」と
人に問うまえに

2016-05-18

読者の声−先週の「自分の努力を認める」について

2016-05-25

人間の底

2016-06-01

人間の底−2.読者の声

2016-06-08

悪の表現

2016-06-15

読者の声−先週の闇を昇華する表現について

2016-06-22

いい子の仮面を被るまえにできること

2016-06-29

読者の声
−先週の「いい顔するか、利他に向かうか」について

2016-07-06

血液型が2つしかない国

2016-07-13

血液型が2つしかない国 −2.読者の声

2016-07-20

「選択」の時、いちばん大事なもの