YAMADA
おとなの小論文教室。
感じる・考える・伝わる!

受験のテクニックとして、小論文の書き方を勉強した?
その後は、ナイスなテキストを書いていますか?
考えること伝えることの愉快を、ここで味わいましょう。

ありがたいことに、小論文というものを
考えたり、たのしんだり、たくさん読んできた
カジュアルで優しい先生がいるんです。

さぁ、山田ズーニー先生、お願いしまーす。

Lesson824
 読者の声 ― 「おかあさんのアバタ―」について



Lesson822「おかあさんのアバター」には、
実際に母娘問題を経験した方から
深い反響をいただいた。

今週は、「読者の声」を紹介しよう!


<「おかあさんのアバター」を読んで>

私の母は、
私を出産した後、産後うつになり、
しばらく入院していたそうです。

私が日常生活で問題を起こすたびに
母は落ち込んでふさぎ込み、

父や祖母、
ことが大きいときは親せきや近所の人まで
私を責め立てました。

「あんたがいい子でいないと
お母さんは病気になっちゃうんだよ」と。

私は母のため、家族のため、周りの人たちのために
いい子でいないといけないと思い、
学校でいじめに遭っても耐え、
理不尽な言葉を吐かれても何も感じないよう、
努めていきました。

進学や、社会に出て、
どんどん我慢しなければならないことが
エスカレートしていきましたが、
悲しいかな子供の頃に刷り込まれた

「何も感じないようにする」
「すべて自分が悪いと思う」
「頑張ればいつかきっと報われる時が来る」

という生きるための術を捨てることができず、

親元を離れても誰かの言いなりになり、
便利使いされた上に捨てられるということを
繰り返してきました。

それは自活ができなくなり、故郷へ帰っても同じでした。

私は母の顔色を窺い、
母が心配し、再び心を病まないように配慮しながら、
仕事を見つけ、母が望むような男性と結婚することを
念頭に置きながら過ごしました。

しかしそれもすべてうまくいかずボロボロになり、

気がつけば私も入院してしまったのに、
「母を安心させること」を諦められず、
退院後すぐにハローワークに通いはじめ、
なんとか新しい仕事を見つけようと必死でした。

しかし、ある時、プツッと糸が切れたように気づきました。

「私は母と違う人間だ。
母の望むように生きることなんかできない」と。

「好きなことをして生きよう」

と決め、貯めていたお金で以前から憧れていた
通信制大学に入学し、勉強を始めました。

家で大学の教科書に向かう私に、
母は何も言いませんでした。

だからといってふさぎ込みまた心を病むということはなく、
どこか静観しているようでした。

勉強がどんどん楽しくなり、
卒業論文の執筆や大学院進学も視野に入れ始めたころ、
母は突然の病にかかり緊急入院、
その後一か月足らずで帰らぬ人になりました。

それから一年、

周りの人は母の突然の死を受け容れられずに
過ごしているかもしれないですが、

私はなぜか納得がいっているというか、
なんだか当然の流れだった気がしています。

もう自分の人生は、
自分の意志で決めるべきだとわかっています。

そうは思っていても生き方の癖は変わらず、
母の死後も人からいいように扱われ、
それでも何も感じないように笑顔で振舞ってしまうことは
ありましたし、これからもあるかもしれません。

でも、過去の記憶に

「嫌なことは嫌と思っていい」
「相手が悪いこともある」
「頑張っても報われないこともあるんだから、
それなら今楽しいことをしよう」

と根気よく上書きし、
自分の心を大切にして過ごそうと思います。
(S)


<転嫁>

自分がやりたい事がわからない、考えるのも面倒。
だから、母親の指示に従い、
また、責任転嫁するのだと思う。
(k)


<一歩、一歩>

お母さんのアバター読みました。
正に自分の事でした。私はアバターだったんだなと。

いつも、自分なのに自分ではない感覚が
小学校 大学、その後の人生まで続いていました。
今ではようやく解るようになりましたが、
その時は何でなんだろうと全く解りませんでした。

解ったけれど、どうすれば良いかわからず。
自分と言うものが無いまま自信のないまま
今も生きています。
でも、

 自分がやりたいと思ったことを自分でやる。

その言葉は難しいけれど
やらなきゃ私はずっとこのままだろうと思いました。
やりたい事。何か私の中にあるだろうか?
考えてみます。
(b.b)


<もう少し掘り下げていただきたかった>

「自分がやりたいと思ったことを自分でやる。」

これは本当にそのとおりです。

ですが、いま苦しんでいる娘の立場の人たちは、
これができなくて、
しようとするとあの手この手で阻まれて、
とうとうやる気も希望もなくしてしまって、
自分のやりたいこともわからなくなって、

「自分はできなかったのだから仕方がない」
「自分にはそれほどの意思と熱意がなかったのだから」

と自分を責めたりするのです。

いろいろと行く手を阻まれているうちに、
抵抗する気も意思も感情も何もなくなってきてしまう、
これは虐待やDVを受けた人と同じような心理状態に
なるのではないかと私は考えています。

そんな状態の人に、
「やりたいことを自分でやればいい」
と言っても解決にはならないのです。

何故なら既にその
「自分のやりたいこと」すら
「(母)親の望むこと」に塗り替えられてしまい、
わからない状態になってしまっているからです。

私は、そこ から抜け出すために必要なものは、
「怒り」と「精神的に母親を捨てること」だと
思っています。

親を敬おう、親を大切にしようなんて思っていては、
とてもではありませんが、私は抜け出せませんでした。

そんなことは、抜け出した後に考えればいいのです。

今さら親は変わりません。

「あなたのためを思って」

この言葉ほどずるいものはありません。

世の中の娘という立場で苦しいと感じている人が、
ひとりでも多く自分の人生を生きられるよう、
先に1歩抜け出した(と思っている)自分に何ができるか、
何かできないか、最近よく考えます。

あなたは悪くない。
親は捨てていい。
どうか自分を取り戻して楽になって。
100%自分のために生きていい。

私が欲しかった言葉たちです。
私もこの言葉を、いま苦しんでいる人たちに
届けたいと思うのです。
(あすか)


<あなたはそれをしていいのだ!>

母親に取り込まれている娘に、
独立意識が自然発生することはまずありません。

娘が学生時代まで、
母と一心同体である違和感は娘のうちに生じません。

でも大丈夫。

実社会に出た後
「母親の内側の世界」でのみ成立していた処世術では
全く通用しないことを、
娘は遅かれ早かれ体当たりで衝撃を受けます。

もしくは、母親に相談することなく
自分勝手に判断して決めてるのに、
それなのに不幸に転落する気配がなく、
朗らかに笑って生きてる女性を目の当たりにします。

母親が、

娘をアバター化し、
手中に収めたまま全く手放すつもりがなくても、
娘を自分の成功作品として世間に披露することで
鼻高々であろうと、
娘を引きこもりニートにさせたい母親でないならば、

社会に出た娘は、
母親ではないあらゆる多様な人格と
「次から次へと出会い」ます。

母親の甘やかし手懐けてきた手管では
間に合わないほどの質量で。

母親にはコントロール不能の出会いを続けるうち、
娘の中に母親への「?」が一瞬、点灯します。

コップの表面張力の水が自然に零れ落ちるように。

未だに離れていく気配がない娘に安心した母親が
気づかぬ間に、点灯回数は次第に増え、
点滅は激しくなり、点灯時間も長くなっていきます。

ここに至って「母娘癒着」を自覚し、
期間の長さと重症度に娘は慄きます。

しかし、「癒着」を剥がす外科手術は
しなくてはなりません。
自分の人生を生きた手ごたえがないまま死んでしまうのは、
自分に対してあまりに理不尽過ぎる仕打ちだから。

> アバター化したりされそうなほど
> 密着した母娘も、そこから抜け出すには、
> 「自分がやりたいと思ったことを自分でやる。」
> これにつきるのではないだろうか。

愛情も感情もこれまでの人生も、
ビッシリと全身に母から絡まりつかれ、
娘からも母に愛されたくて自ら取り込まれていった、

この癒着を娘一人の勝手で、
母親の同意なく無理矢理剥すのです。

最初に裂け目を入れる一太刀までが非常に長く、
心の負担もまた重い。

この葛藤のハードルを下げるのは
「あなたはそれをしていいのだ」という
娘の決断を支持する言葉です。

振り下ろす一太刀を
ギリギリで躊躇っている母親想いの娘に、

「その刀は振り下ろしていいんだよ」と
先達からの冷静なアドバイスが。

一人では割り切れなくとも、
他者の暖かい眼差しと励ましがあれば、
娘はそこを割り切ることができる。
割る踏ん切りが付けられる。

母娘癒着解消に必要なのは、
大きな怒りや恨みではないのです。
(きりんじ)



心理的に、物理的に、母親を断ち切った人の
文章表現にも数多く触れてきた。

その中でも印象に残っている女性は、

ずっと自分を悩ませ続けてきたお母さんを、
断ち切った。

電話がかかっても、一切出ない。

しかし、電話に出なかった間に
お母さんが亡くなられた。

女性は、結婚して子どももできて自分の家庭ができても、
そのことに罪悪感をかかえたまま、
そのことをずっと誰にも言えずに生きて来られた。

私が、この女性の文章を読んで、
ぐっと込み上げて泣いてしまったのは、

この女性の苦労の部分や、罪悪感のくだりではなかった。

この女性は、ある日、買い物帰りに、
手に買い物袋をぶら下げたまま、

だれかに何かを言われたわけではなく、
何かがあったというわけでもなく、

ふと、心の底から、

「私は私だ。この人生は私のものだ。」

という強い想いがつきあげてくるシーンだ。

「この人生は、私のもの。」

その感覚が、母娘問題のあるなしをこえて、
強く私に真実として響いた。

さいごにこのおたよりを紹介して
きょうは終わろう。


<自分の中心を取り戻す>

まさに私は母のアバターだった娘です。
自分の中心を母に乗っ取られていました。

よくある話ですが、
私達親子も世間的には、良き母、良き娘です。

どうにも生きるのが苦しくなって
40歳になった昨年からカウンセリングに通い始め、
自分の中心を取り戻している最中です。

今はずいぶん生きるのが楽になりました。

自分の気持ち、本やカウンセリングの先生の言葉、
友達の言葉、色々な方のブログ、NHKの「オカムス」、
など沢山の言葉と対話しながら、

少しずつ「本来の私」を生き返らせる作業をしています。
(w)


ツイートするFacebookでシェアする

…………………………………………………………………

「おとなの小論文教室。」を読んでのご意見、ご感想を
ぜひお送りください
題名を「山田ズーニーさんへ」として、
postman@1101.comまでメールでお送りくださいね。

注:講演など仕事の依頼メールは、
  上記アドレスに送らないでください。
  山田ズーニーのtwitter(@zoonieyamada)に
  直接ご連絡いただくか、山田ズーニーの本を出している出版社に
  連絡先をお問い合わせのうえで、
  ご依頼くださいますようおねがいします。


…………………………………………………………………

★出演情報などお知らせのあるときは
 山田ズーニーのtwitter(@zoonieyamada)にも掲載します。


…………………………………………………………………


『半年で職場の星になる!
 働くためのコミュニケーション力』
 ちくま文庫

あなたが職場の星になる!コミュニケーション術の決定版。
一発で信頼される「人の話を聞く技術」、
わかりやすい報告・説明・指示の仕方、
職場の文書を「読む技術」、社会人としてメールを「書く技術」。
「上司を説得」するチカラ、通じる「お詫び」、クレーム対応、
好感をもたれる自己紹介・自己アピールのやり方。
人を動かし現場でリーダーシップを発揮する表現力から、
やる気が湧き・上司もうなる目標の立て方まで。
この1冊で仕事のフィールドで通じ合い、チームで成果を出していける!
自由はここにある!



ラジオで、山田ズーニーが、
『おかんの昼ごはん』について話しました!

録音版をぜひお聞きください。
「ラジオ版学問ノススメ」(2012年12月30日〜)
 インターネット環境があれば、だれでもどこからでも
 無料で聴けます

 聴取サイトは、http://www.jfn.co.jp/susume/
 (MP3ダウンロードのボタンをクリックしてください)
 または、iTunesからのダウンロードとなります。

…………………………………………………………………

ほんとうにおかげさまで本になりました!
ありがとうございます!


『おかんの昼ごはん』河出書房新社
「親の老い」への哀しみをどう表現していいかわからない
私のような人は多いと思います。
読者と表現しあったこの本は、思い切り泣けたあと、
胸の奥が温かくなり、自分の進む道が見えてきます。
この本が出来上がったとき、おもわず本におじぎをし、
想いがこみ上げいつまでもいつまでも本に頭をさげていました。
大切な人への愛から生まれ、その先へ歩き出すための一冊です。



「おとなの小論文教室。」を読んでのご意見、ご感想を
ぜひお送りください
題名を「山田ズーニーさんへ」として、
postman@1101.comまでメールでお送りくださいね。

注:講演など仕事の依頼メールは、上記のアドレスでなく、
 直接オフィス・ズーニーまでお送りください。
 連絡先は、山田ズーニーの本を出している出版社まで
 お問い合わせください。


…………………………………………………………………


『「働きたくない」というあなたへ』河出書房新社
「あなたは社会に必要だ!」
ネットで大反響を巻き起こした、おとなの本気の仕事論。
あなたの“へその緒”が社会とつながる!

…………………………………………………………………


『新人諸君、半年黙って仕事せよ』
―フレッシュマンのためのコミュニケーション講座(筑摩書房)
私は新人に、「だいじょうぶだ」と伝えたい。
「あなたには、コミュニケーション力がある」と。
            ――山田ズーニー。

…………………………………………………………………


『人とつながる表現教室。』河出書房新社
おかげさまで「おとなの小論文教室。II」が文庫化されました!
文庫のために、「理解という名の愛がほしい」から改題し、
文庫オリジナルのあとがきも掲載しています。
山田はこれまで出したすべての本の中でこの本が最も好きです。


…………………………………………………………………


『おとなの進路教室。』河出書房新社
「自分らしい選択をしたい」とき、
「自分はこれでいいのか」がよぎるとき、
自分の考えのありかに気づかせてくれる一冊。
「おとなの小論文教室。」で
7年にわたり読者と響きあうようにして書かれた連載から
自分らしい進路を切りひらくをテーマに
選りすぐって再編集!


…………………………………………………………………


▲文庫版でました!
 あなたの表現がここからはじまる!

『おとなの小論文教室。』 (河出文庫)

…………………………………………………………………

ラジオ「おとなの進路教室。」
http://www.jfn.co.jp/otona/

おとなになっても進路に悩む。
就職、転職、結婚、退職……。
この番組では、
多彩なゲストを呼んで、「おとなの進路」を考える。
すでに成功してしまった人の
ありがたい話を聞くのではない。
まさに今、自分を生きようと
もがいている人の、現在進行形の悩み、
問題意識、ブレイクスルーの鍵を
聞くところに面白さがある。
インターネット、
ポッドキャスティングのラジオ番組です。

…………………………………………………………………


「依頼文」や「おわび状」も、就活の自己PRも
このシートを使えば言いたいことが書ける!
相手に通じる文章になる!

『考えるシート』文庫版、出ました。

…………………………………………………………………


『話すチカラをつくる本』
三笠書房

NHK教育テレビのテキストが文庫になりました!
いまさら聞けないコミュニケーションの基礎が
いちからわかるやさしい入門書。



『文庫版『あなたの話はなぜ「通じない」のか』
ちくま文庫

自分の想いがうまく相手に伝わらないと悩むときに、
ワンコインで手にする「通じ合う歓び」のコミュニケーション術!




『17歳は2回くる―おとなの小論文教室。III』
河出書房新社




『理解という名の愛が欲しいーおとなの小論文教室。II』
河出書房新社




『おとなの小論文教室。』
河出書房新社



『考えるシート』講談社


『あなたの話はなぜ「通じない」のか』
筑摩書房



『伝わる・揺さぶる!文章を書く』
PHP新書

内容紹介(PHP新書リードより)
お願い、お詫び、議事録、志望理由など、
私たちは日々、文章を書いている。
どんな小さなメモにも、
読み手がいて、目指す結果がある。
どうしたら誤解されずに想いを伝え、
読み手の気持ちを動かすことができるのだろう?
自分の頭で考え、他者と関わることの 痛みと歓びを問いかける、
心を揺さぶる表現の技術。
(書き下ろし236ページ)

山田ズーニーさんへの激励や感想などは、
メールの表題に「山田ズーニーさんへ」と書いて、
postman@1101.comに送ってください。

2017-04-19-WED

HOME
ホーム


いままでのタイトル

◆2000-05-17〜2001-04-25
◆2001-06-13〜2002-05-15
◆2002-05-29〜2003-05-14
◆2003-05-21〜2004-05-12
◆2004-05-19〜2005-05-11
◆2005-05-18〜2006-05-03
◆2006-05-10〜2007-05-09
◆2007-05-16〜2008-05-14
◆2008-05-21〜2009-05-27
◆2009-06-03〜2010-05-19
◆2010-05-26〜2011-04-27
◆2011-05-11〜2012-05-16
◆2012-05-23〜2013-05-08
◆2013-05-15〜2014-05-21
◆2014-05-28〜2015-04-29
◆2015-05-13〜2016-03-30
 

2016-04-06

ゼロから切り拓くチカラ

2016-04-13

ゼロから切り拓くチカラ ―2.読者の声

2016-04-20

表現するほうへ

2016-04-27

表現するほうへ ―2.読者の声

2016-05-11

「自分のやってきたことは意味がなかったの」と
人に問うまえに

2016-05-18

読者の声−先週の「自分の努力を認める」について

2016-05-25

人間の底

2016-06-01

人間の底−2.読者の声

2016-06-08

悪の表現

2016-06-15

読者の声−先週の闇を昇華する表現について

2016-06-22

いい子の仮面を被るまえにできること

2016-06-29

読者の声
−先週の「いい顔するか、利他に向かうか」について

2016-07-06

血液型が2つしかない国

2016-07-13

血液型が2つしかない国 −2.読者の声

2016-07-20

「選択」の時、いちばん大事なもの

2016-07-27

読者の声―「選択」の時、いちばん大事なもの

2016-08-03

背中の目

2016-08-10

背中の目−2.大きな循環のなかで

2016-08-24

ねじれない表現

2016-08-31

ねじれない表現−2.読者の声

2016-09-07

心で見る色彩

2016-09-14

心で見る色彩−2.読者の声

2016-09-21

やる気はどこから来るか

2016-10-05

読者の声
―前回の「やる気はどこから来るか」について

2016-10-12

私がいるところは全部のなかの一部

2016-10-19

読者の声―私がいるところは全部のなかの一部

2016-10-26

自意識はのぼる

2016-11-02

「やりたいことがない」と言うとき

2016-11-09

なにかを大事にするということ

2016-11-16

読者の声
―先週の「なにかを大事にするということ」について

2016-11-23

破壊はホントに創造につながるか?

2016-11-30

読者の声
―「破壊はホントに創造につながるか?」について

2016-12-07

きょう自分とした小さな約束を守ろう

2016-12-14

お母さんの耳

2016-12-21

読者の声 ― 先週の「お母さんの耳」について

2017-01-11

訓練と勇気と

2017-01-18

想いに忠実な選択をする

2017-01-25

読者の声―想いに忠実な選択

2017-02-01

言い方でイキイキさせる

2017-02-08

メンタルの強さは、自分にかける言葉の強さ

2017-02-15

就活の「やりたいこと」とは?

2017-02-22

読者の声 ― 就活の「やりたいこと」とは?

2017-03-01

やりたい仕事を3つでイメージする

2017-03-08

「助けて」と言えない、あの日の私へ

2017-03-15

読者の声―先週の「助けてと言えない」について

2017-03-22

就職と就社と

2017-03-29

就職と就社と 2

2017-04-05

おかあさんのアバタ―

2017-04-12

かけがえのないものに代わるもの、の探し方