YAMADA
おとなの小論文教室。
感じる・考える・伝わる!

受験のテクニックとして、小論文の書き方を勉強した?
その後は、ナイスなテキストを書いていますか?
考えること伝えることの愉快を、ここで味わいましょう。

ありがたいことに、小論文というものを
考えたり、たのしんだり、たくさん読んできた
カジュアルで優しい先生がいるんです。

さぁ、山田ズーニー先生、お願いしまーす。

Lesson780
   読者の声
   −先週の「自分の努力を認める」について



「がんばった自分を認めているか?」

私たちは、
がんばっても結果が出なかったとき、
結果が出ても人から否定するようなことを言われたとき、

努力を「無かったもの」にしがちだ。

もっともっと、と
自分への要求レベルをつりあげて、
いつまでたっても認めてやらなかったりもする。

「自分の努力を認める。」

この大切なことを、2人の大学生から
教えられたと、先週私は書いた。

「これでいいのだ!」

学生が伝えてくれた、
天才バカボンのパパの言葉を、
これからは、がんばった自分にかけてやろうと。

たくさんの反響をいただいたので、
今週は、「読者メール」を紹介しよう!


<婚活は、あっけなく>

44才、独身。

この人で婚活はおしまい!
と自分で決めた相手とは、
3年間のお付き合いがありました。

いろんな焦りや、葛藤の中、
自分なりに一生懸命、やってきたつもりです。

が、彼は、あっけなく、
元奥さんのもとへ戻ってしまいました。

虚しい。

何やってたのかなー。私。

これでいい、かどうかは、
未来の私だけが知っています。
これ以上、この人との関係に発展はないのだから。

先週のコラムの2人の大学生、

駅伝の彼に、
不合格した彼に、

それらの年齢を通り越した私が、
「大丈夫だよ。」と自信をもって言ってあげられるように、

未来の私から見れば、
私もきっと大丈夫、なんでしょう。

「よく頑張ったよ。自分。
 泣けるほど、一生懸命だったって、すごいじゃない?」

だから、これでいいのだ!
(O)


<こなせているのに>

前の職場で、
なぜ私がそんな遠くへ!?と思うような
異動を経験し、
なかなか納得できずにいました。

でも、とりあえず行って頑張るしかなかった。

一年後、願いを出し、
自宅から通いやすい職場へ異動させてもらったけど、

この選択がよかったのか、悪かったのか。

私は仕事において、
キャパ以上の出来事に遭遇すると、
自分を見失いそうになります。

たいていは、
一時的なキャパオーバーで、

結果的にこなせていることが、ほとんど。

でも、こなせた自分を認めることはできていない。

できて当たり前という考えに
縛られているような気がします。

無事こなせた、自分エライ!
と心の中で言ってあげたいです。
(rin☆rin)


<つい欲が深くなって>

自分に対する要求水準の吊り上げは、
とても心当たりがあります。

欲がつい深くなってしまう自分がいました。

自分で自分をよくがんばっているね、
とほめることも大切だと思いました。
これでいいのだ。とはいい言葉ですね。
(A.T)


<自分から強烈にダメ出しされ>

大学を卒業して20余年、
就職活動に失敗して非正規の仕事を渡り歩き、
専業母時代を経て、子持ちでパートとして働き始め

10年目でようやく正社員になりました。

社会保険労務士試験にも合格して、
その方面の業務は一通りできるようになりました。

毎日弁当を作り、
家もできるだけきれいにするようがんばっているし
学校の委員などもやっています。

なのに、全然満たされないでいます。

はたから見れば十分な境遇なのでしょうが、
私自身が私に

「まだ何も成し遂げていない」

と強烈にダメ出しをするのです。

家族に「えらいねえ」と言われても、
私に家事をやってもらうための方便でしょ、
としか受け止められない。

正社員という立場をママ友にうらやましがられても、
この程度の仕事してるようじゃカスだろ、
と思ってしまう。

重症だと思います。

自分でどんどん「もっともっと」とハードルを上げて
苦しんでいた。

「これでいいのだ」がしみました。
ダメ出しをする自分をなだめる言葉、

「これでいいのだ」。

仕事、家事、子どものこと。
これからもおそらく必死で生きていくのだと思いますが
つらいときは、この言葉をつぶやいて
自分を認めてやろうと思います。
(たいち)


<そして、明日も!>

今の自分だあ〜!と、大声を出しそうになりました。

私は現在、
自分が勤めている会社と、
夫が経営している歯科診療所と、
2つ掛け持ちしています。

会社は、業務量が多く、毎日終電は当たり前で、
終電を逃し、ビジネスホテルに泊まる事も
たびたびあります。

今の事業部には2年前に異動してきました。
前の事業部では、同じぐらい忙しかったのですが、
周りから信頼され、
努力もそれなりに評価してもらえていました。

しかし、今の事業部は、
前の事業部と業務上の接点がなく、
新人同様の扱いを受けました。
押し付け、なすり合いの標的にされています。

頑張っても頑張っても認められず、、
仕事はお客さんのためと割り切って働いていますが、
遣り甲斐もなく、がっかりを通り越し、
虚しさしか感じません。

夫の歯科診療所の方は、
私は休日に受け付けを手伝っています。

歯科なので、スタッフは全員女性です。
夫も私も、精一杯気を配っているつもりです。

しかし、歯科診療所は、常に人手不足。

こちらが何をやっても「当たり前」「働いてやっている」
という反応しか返ってこず、
一つ満足すると次の不満が湧き、
要求はキリがありません。

夫も私も、身を削るようにして努力を続けているので、
時おり、心が折れそうになる時もある。

「誰も褒めてくれない、誰も認めてくれない。」

これは逆に言うと、
誰かに「頑張っているね」「良い仕事をしてるね」と
言われたいということ。
ずっとそれを渇望していたのだと、
先週のコラムを読んで気づきました。

でも、私、頑張っています。夫も頑張っています!!

「よくやった私」「私たち、頑張っている」
と自分と夫を励まし、

明日も頑張ろうと思います。
(もつ)


<イギリスで一念発起し>

この3年間は、
父の死に次いで、
私と主人両方ともが失業、
人生の転換となる出来事が凝縮してありました。

なんとか新しい自分、新しい生活を作り出すのだと
必死に模索している中、
友人に

「小学校の先生になれば?」

と言われ、

「そっか、8年間もイギリスでパートの教師してるし、
 日本で教職も取ったし、こうなったら、
 イギリスの教員免許を取って堂々と
 イギリスの小学校の先生になってやろう!」

と志を立て、
1年かかって
英語のイギリスでの義務教育終了資格GCSEを取り、
教育実習先の小学校も自力で見つけ、
見習い教師を3ヶ月勤め、

さあ大学で正式に教員免許資格のコースに入るぞ!
と段取りをつけていたところ、

泣く泣く降り出しに。

理由は
「義務教育終了程度の数学と化学の学力証明書がない」
から。

日本の大学を出ているなら、
数学と化学はイギリスの義務教育水準以上と
言われて安心していたのに。
正式にトレーニングする前に、
「あなたは明日からでも独り立ちできるわよ」と
推薦状まで書いてもらえていたのに。

日本での教育、イギリスでの8年間の教師経験は、
いったい何だったんだろ?

虚無感だけしか残らず。

でも、また振り出しから、

以前より倍以上に重くなったサイコロを
よっこらしょと振って、
ようやく3マスぐらい進めたと思ったら、
「1回やすみ」って感じのリズムが続いている。

まだまだ私の人生ゲームは「ゴール」には程遠いけど、
「これでいいのだ!」と言い聞かせながら、
何回振り出しに戻っても、
頑張った自分を認めながら、

サイコロを振り続けるぞ!!!!
(パー子)


<仕事をしても人から認められない>

今年は、熊本震災の対応で、
4月末からゴールデンウィークも返上して、
仕事をしました。

残業は月100時間くらいになりました。

そして、震災で自分の持ち場で仕事できたことが、
今はなんとなく良かったと思えるようになりました。

どう生きたいのか?どんな人でありたいのか?
そう自分に問いかけてます。

以下は、「熊本震災対応の時の考えたこと」
当時、自分が親しい人にメールした内容です。



上司は休みとか、
他のメンバーが休みとかもうどうでも良くなりました。
今、会社が、社員が、被災地の支援をやらないと
いつやるのでしょうか?

今週は、毎日、朝7時から、夜中まで仕事してます。
土日も仕事しても構いません。
評価や残業代もいらないです。
常識を超えた事態に、どれだけ自分の持ち場で、
動いて、対応できるか、それが大事です。

評論家や結果論しか言えない人間にはなりたくない。

必ず、明日も全部の商品供給の調整引き受け、
一人でやりきります。
(タカタカより)



がんばった自分の努力を
自分は見ている。

がんばったにもかかわらず、
ひとつも結果がでなかったとき、
だれひとり認めてくれないとき。

自分の努力を知る人は、地球で自分ただ1人。

その努力を、認めるか、認めないか?

「約束だけは守らねばな。」

と私は思う。
最初に自分で「ここまで」と決めた、
そこまでは頑張るし、

最初「ここまで」頑張ったら良し、
と自分に約束した地点に達したら、
要求レベルをすり替えたり、不当に吊り上げたりしないで、
そこまでの努力は認めてやる。

それだけは、

「自分との約束だけは守らねば」、
まずそこからやっていこうと私は思う。


ツイートするFacebookでシェアする

…………………………………………………………………

文庫化されました!



ほんとうにたくさんの人々のおチカラで
文庫化していただいたことに、心から感謝を申し上げます。
おとなたちのキビしい意見に反発もある本ですが、
おとなたちが、これだけ本気になった、
私は、その根底に「愛」を感じます。
淘汰の激しい出版界で文庫として残していただき、
こう願わずにはおれません。細々とでも、
「この本を必要とする人に届け!」

…………………………………………………………………

「おとなの小論文教室。」を読んでのご意見、ご感想を
ぜひお送りください
題名を「山田ズーニーさんへ」として、
postman@1101.comまでメールでお送りくださいね。

注:講演など仕事の依頼メールは、上記のアドレスでなく、
  直接オフィス・ズーニーまでお送りください。
  連絡先は、山田ズーニーの本を出している出版社まで
  お問い合わせください。


…………………………………………………………………

★出演情報などお知らせのあるときは
 山田ズーニーのtwitter(@zoonieyamada)にも掲載します。


…………………………………………………………………


『半年で職場の星になる!
 働くためのコミュニケーション力』
 ちくま文庫

あなたが職場の星になる!コミュニケーション術の決定版。
一発で信頼される「人の話を聞く技術」、
わかりやすい報告・説明・指示の仕方、
職場の文書を「読む技術」、社会人としてメールを「書く技術」。
「上司を説得」するチカラ、通じる「お詫び」、クレーム対応、
好感をもたれる自己紹介・自己アピールのやり方。
人を動かし現場でリーダーシップを発揮する表現力から、
やる気が湧き・上司もうなる目標の立て方まで。
この1冊で仕事のフィールドで通じ合い、チームで成果を出していける!
自由はここにある!



ラジオで、山田ズーニーが、
『おかんの昼ごはん』について話しました!

録音版をぜひお聞きください。
「ラジオ版学問ノススメ」(2012年12月30日〜)
 インターネット環境があれば、だれでもどこからでも
 無料で聴けます

 聴取サイトは、http://www.jfn.co.jp/susume/
 (MP3ダウンロードのボタンをクリックしてください)
 または、iTunesからのダウンロードとなります。

…………………………………………………………………

ほんとうにおかげさまで本になりました!
ありがとうございます!


『おかんの昼ごはん』河出書房新社
「親の老い」への哀しみをどう表現していいかわからない
私のような人は多いと思います。
読者と表現しあったこの本は、思い切り泣けたあと、
胸の奥が温かくなり、自分の進む道が見えてきます。
この本が出来上がったとき、おもわず本におじぎをし、
想いがこみ上げいつまでもいつまでも本に頭をさげていました。
大切な人への愛から生まれ、その先へ歩き出すための一冊です。



「おとなの小論文教室。」を読んでのご意見、ご感想を
ぜひお送りください
題名を「山田ズーニーさんへ」として、
postman@1101.comまでメールでお送りくださいね。

注:講演など仕事の依頼メールは、上記のアドレスでなく、
 直接オフィス・ズーニーまでお送りください。
 連絡先は、山田ズーニーの本を出している出版社まで
 お問い合わせください。


…………………………………………………………………


『「働きたくない」というあなたへ』河出書房新社
「あなたは社会に必要だ!」
ネットで大反響を巻き起こした、おとなの本気の仕事論。
あなたの“へその緒”が社会とつながる!

…………………………………………………………………


『新人諸君、半年黙って仕事せよ』
―フレッシュマンのためのコミュニケーション講座(筑摩書房)
私は新人に、「だいじょうぶだ」と伝えたい。
「あなたには、コミュニケーション力がある」と。
            ――山田ズーニー。

…………………………………………………………………


『人とつながる表現教室。』河出書房新社
おかげさまで「おとなの小論文教室。II」が文庫化されました!
文庫のために、「理解という名の愛がほしい」から改題し、
文庫オリジナルのあとがきも掲載しています。
山田はこれまで出したすべての本の中でこの本が最も好きです。


…………………………………………………………………


『おとなの進路教室。』河出書房新社
「自分らしい選択をしたい」とき、
「自分はこれでいいのか」がよぎるとき、
自分の考えのありかに気づかせてくれる一冊。
「おとなの小論文教室。」で
7年にわたり読者と響きあうようにして書かれた連載から
自分らしい進路を切りひらくをテーマに
選りすぐって再編集!


…………………………………………………………………


▲文庫版でました!
 あなたの表現がここからはじまる!

『おとなの小論文教室。』 (河出文庫)

…………………………………………………………………

ラジオ「おとなの進路教室。」
http://www.jfn.co.jp/otona/

おとなになっても進路に悩む。
就職、転職、結婚、退職……。
この番組では、
多彩なゲストを呼んで、「おとなの進路」を考える。
すでに成功してしまった人の
ありがたい話を聞くのではない。
まさに今、自分を生きようと
もがいている人の、現在進行形の悩み、
問題意識、ブレイクスルーの鍵を
聞くところに面白さがある。
インターネット、
ポッドキャスティングのラジオ番組です。

…………………………………………………………………


「依頼文」や「おわび状」も、就活の自己PRも
このシートを使えば言いたいことが書ける!
相手に通じる文章になる!

『考えるシート』文庫版、出ました。

…………………………………………………………………


『話すチカラをつくる本』
三笠書房

NHK教育テレビのテキストが文庫になりました!
いまさら聞けないコミュニケーションの基礎が
いちからわかるやさしい入門書。



『文庫版『あなたの話はなぜ「通じない」のか』
ちくま文庫

自分の想いがうまく相手に伝わらないと悩むときに、
ワンコインで手にする「通じ合う歓び」のコミュニケーション術!




『17歳は2回くる―おとなの小論文教室。III』
河出書房新社




『理解という名の愛が欲しいーおとなの小論文教室。II』
河出書房新社




『おとなの小論文教室。』
河出書房新社



『考えるシート』講談社


『あなたの話はなぜ「通じない」のか』
筑摩書房



『伝わる・揺さぶる!文章を書く』
PHP新書

内容紹介(PHP新書リードより)
お願い、お詫び、議事録、志望理由など、
私たちは日々、文章を書いている。
どんな小さなメモにも、
読み手がいて、目指す結果がある。
どうしたら誤解されずに想いを伝え、
読み手の気持ちを動かすことができるのだろう?
自分の頭で考え、他者と関わることの 痛みと歓びを問いかける、
心を揺さぶる表現の技術。
(書き下ろし236ページ)

山田ズーニーさんへの激励や感想などは、
メールの表題に「山田ズーニーさんへ」と書いて、
postman@1101.comに送ってください。
2016-05-18-WED

HOME
ホーム


いままでのタイトル

◆2000-05-17〜2001-04-25
◆2001-06-13〜2002-05-15
◆2002-05-29〜2003-05-14
◆2003-05-21〜2004-05-12
◆2004-05-19〜2005-05-11
◆2005-05-18〜2006-05-03
◆2006-05-10〜2007-05-09
◆2007-05-16〜2008-05-14
◆2008-05-21〜2009-05-27
◆2009-06-03〜2010-05-19
◆2010-05-26〜2011-04-27
◆2011-05-11〜2012-05-16
◆2012-05-23〜2013-05-08
◆2013-05-15〜2014-05-21
2014-05-28 あげなさい
2014-06-04 「人見知り」をのりこえる
2014-06-11 「人見知り」をのりこえる ―2.正体を見る
2014-06-18 「人見知り」をのりこえる ―3.恐いは大切
2014-06-25 「人見知り」をのりこえる
 ―4.心をひらかせるもの
2014-07-02 悪い習慣
2014-07-09 悪い習慣 ― 2.サイン
2014-07-16 手放せる人・執着する人
2014-07-23 手放せる人・執着する人 − 2.読者の声
2014-07-30 孤独のカタチ
2014-08-06 孤独のカタチ − 2.それぞれの孤独
2014-08-20 孤独のカタチ − 3.孤独に寄り添うもの
2014-08-27 孤独のカタチ − 4.超絶ひとりぼっちでも
2014-09-03 孤独のカタチ − 5.家族のカタチだけある孤独
2014-09-10 いつのまにか質問攻めにしてるとき
2014-09-17 ひらく鍵とざす鍵
2014-09-24 ひらく鍵とざす鍵 ―2.読者メール紹介
2014-10-01 ひらく鍵とざす鍵 ―3.読者メール紹介

2014-10-08

ひらく鍵とざす鍵 ―4.読者メール紹介

2014-10-15

めんどくさい女

2014-10-22

めんどくさい女 ―2.読者はこう考えた

2014-10-29

「楽しみじまい」のあとにあるもの

2014-11-05

自分で社会に居場所つくる

2014-11-12

自分で社会に居場所つくる −2.ゆるやかなつながり

2014-11-19

自分で社会に居場所つくる −3.わたしの出番

2014-11-26

自分で社会に居場所つくる −4.ずれ

2014-12-03

自分で社会に居場所つくる
 −5.アイデンティティについて読者の経験

2014-12-10

自分で社会に居場所つくる
 −6.折れた支柱

2014-12-17

自分で社会に居場所つくる
 −7.人はかけがえない

2014-12-24

自分で社会に居場所つくる
 −8.まず声をあげる

2015-01-07

暴力的な弱さが支配する

2015-01-14

弱さのハラスメント

2015-01-21

弱さのハラスメント −2.さらに読者メール

2015-01-28

文章にできること

2015-02-04

文章にできること −2.書き時

2015-02-11

文章にできること −3.書く仕事のみらい

2015-02-18

文章にできること
 −4.文章からもらおうとする人、文章に与える人

2015-02-25

小さなすりかえ

2015-03-11

書きたいものを書くまで

2015-03-18

皮相が本質を駆逐する

2015-03-25

2とおりの自信

2015-04-01

2とおりの自信 −2.読者の声

2015-04-08

伝えるポジション

2015-04-15

伝えるポジション −2.読者の声

2015-04-22

伝えるポジション −3.さらに読者の声

2015-04-29

伝えるポジション −4.さらにさらに読者の声

2015-05-13

曇りの教室

2015-05-20

曇りの教室 −2.読者の声

2015-05-27

オリジナルとはなにか

2015-06-03

オリジナルとはなにか ―2.読者の声

2015-06-10

つながるダイエット

2015-06-17

未知のものが会話に出たとき

2015-06-24

未知のものが会話に出たとき ―2.読者の声

2015-07-01

未知のものが会話に出たとき ―3.読者の声

2015-07-08

「私とあなたの意見は一緒であってほしい」という願望

2015-07-15

「私とあなたの意見は一緒であってほしい」という願望
 ―2.読者の声

2015-07-22

意見がわれたとき「人につく」人

2015-07-29

意見がわれたとき「人につく」人 ―2.読者の声

2015-08-05

創造性が弱ると、人はなぜボヤくのか?

2015-08-19

論点を起こせる人に

2015-08-26

もう一つの人生

2015-09-02

もう一つの人生 ―2.読者の選択、その後

2015-09-09

もう一つの人生 ―3.さらに読者の声

2015-09-16

自分の波をのりこなす

2015-09-30

自分の波をのりこなす−2.読者の「波」

2015-10-07

「話をすりかえるな」と言う前に

2015-10-14

ヤケをおこしたとき、見るノート

2015-10-21

読者のヤケ・ノート

2015-10-28

読者のヤケ・ノート 2

2015-11-04

リミッター

2015-11-11

リミッター2 − 読者の声

2015-11-18

リミッター3 − 衰えに咲く花

2015-11-25

教育的解決

2015-12-02

分岐器

2015-12-09

怒りを静める

2015-12-16

怒りを静める−2.読者それぞれの「だいじょうぶ」

2015-12-23

いま私が向かうべきもの

2016-01-13

「わたしの課題」とは何か

2016-01-20

「わたしの課題」とは何か − 2.読者の声

2016-01-27

未来へ逃げる

2016-02-03

正直からはじめてみる

2016-02-10

引用に負ける人・まけないオリジナリティが出せる人

2016-02-17

引用に負ける人・まけないオリジナリティが出せる人
 −2.読者の声

2016-02-24

失ったものに凹み過ぎる時は

2016-03-02

失ったものに凹み過ぎる時は ― 2.愛と依存

2016-03-09

失ったものに凹み過ぎる時は ― 3.読者の声

2016-03-16

まっすぐ求める

2016-03-23

基準値を自分にもどす

2016-03-30

基準値を自分にもどす −2.読者の声

2016-04-06

ゼロから切り拓くチカラ

2016-04-13

ゼロから切り拓くチカラ ―2.読者の声

2016-04-20

表現するほうへ

2016-04-27

表現するほうへ ―2.読者の声

2016-05-11

「自分のやってきたことは意味がなかったの」と
人に問うまえに