YAMADA
おとなの小論文教室。
感じる・考える・伝わる!

受験のテクニックとして、小論文の書き方を勉強した?
その後は、ナイスなテキストを書いていますか?
考えること伝えることの愉快を、ここで味わいましょう。

ありがたいことに、小論文というものを
考えたり、たのしんだり、たくさん読んできた
カジュアルで優しい先生がいるんです。

さぁ、山田ズーニー先生、お願いしまーす。

Lesson848 勇気をくれた学生の表現


人前で話すとか、発表するとかいうと、
緊張して逃げたくなる人もいると思う。

だれしも、恥をかきたくない。

「うまく伝わらなくて、誤解されたらどうしよう」
「失敗して自分以下に見られるなんて、たまらない」
「つまらない人間と思われるなんて、死んでもイヤ」

1ミリも、1滴も、自分を損なうまいと必死になり、

「時間がなかったので準備がおいつかず」
「上司に言われてしかたなく、こんな大勢の前に立たされ」

言い訳で身を守り
ガードやら、ヨロイやら、セーフティーネットやら、
ガッチガチに身を固めて人前に立つ。

日常のなかで、偶然、
そんな大人たちに出くわすとき、

私は、ひごろ表現教育でふれている
生徒さんたちの勇姿をたまらなく懐かしく思う。

とりわけ印象深く、そんなとき決まって思い出す、

「ある1人の学生」がいる。

それは大学の秋学期、

最終課題の発表会、
大教室のステージで起こった。

学生たちは、
秋学期ずっと文章表現をトレーニングして、
その集大成の作品を1本書き上げてきていた。

発表会は、
自分の作品を一人一人趣向をこらして表現するもので、
朗読あり、一人芝居あり、
作品を映像化してくる人あり、
パワーポイントで執筆過程をプレゼンする人あり‥‥。

作品は、ひとりひとりが、
いままで生きてきた自分の経験・思考に立脚して、
自由にテーマを見つけ、本気で書き上げたもの。

学生にとって、
「自分の子供」とも、「自分自身」ともいえるものだ。

だからこそ、発表会の場には、発表者だけでなく
きく人にまで、ピーンと、固い緊張がはりつめていた。

そのステージに、

ひとりの女子学生が、
結構大きなCDプレーヤーを手に持って現れた。

ポケットから、
折りたたんだ紙を出して開きながら、
ひょうひょうと、

「今から替え歌で自己表現をします。」

というのだ。
さらに、

「みなさん、
どうぞ、手拍子! 掛け声! 口笛!
私は大好きなので、お願いします!」

さあ、みなさんご一緒に、とばかり、
場内を巻き込み、手を振り、ステップを踏み、

CDプレーヤーから流れる流行歌にのせて、
用意してきたメモを見ながら、

彼女は、替え歌で、自己表現をしたのだ。

それは良い意味で荒削り。
磨き上げてはいないし、完成度も追ってない。

「彼女はあえてそうしている。」

そう直感した。
10年近くその大学で講義しているが、
これまで彼女のような、
ふっきれた表現に出逢ったことがない。

意表を突かれて、私がポカン!としているうちに、

でも、そこから明らかに流れが変わった。

そのあと、表現する学生たち、
失敗を恐れてガードを固めていた人も、
劣等感から引っ込み思案になっていた人も、

彼女がこんなにあっけらかんと、
自分がやりたいと思ったことを捨て身でやりきるなら、

「私も!」、「僕も!」、と次々と、

ヨロイを脱いで、殻を破って、
解放的に生き生きと発表をしたのだ。

あとから学生たちの感想を見ると、
やっぱり替え歌の学生は、
ものすごくリスペクトされていた。

プロのミュージシャンもけっこういる
その大学で、たとえば音楽をやっている学生は、

「僕らは音楽を本業としているから、
彼女のような表現はとてもじゃないけどできない。
なぜなら、音楽で自分を表現してもし、スベッたら、
自分がぺしゃんこになり、目もあてられない。
だからこそ、彼女の勇気がいちばん印象に残った」と。

他の学生も、
彼女から勇気をもらったと称賛していた。

世の中から難関大学とか、
エリートとか言われる学生たちには、
おそらく、まったく意表をついた表現だったろう。

私はとても良い意味のショックを受けていた。

ニュータイプの彼女の表現に、
言葉が見つからず、
あれはなんだったのか、必死に言葉を探して、とうとう、

「切り込み隊長」

というプロ・ドラマー言葉にたどりついた。

そのプロ・ドラマーは、
よく一緒に仕事をする「ベーシスト」のことを
称賛してこう言った。

「その方向性で演奏を突っ走ったとして、
もしもコケたら、いちばんイタイであろう方向へ、
彼がまっさきに、
切り込み隊長として切り込んで行ってくれる」

だから、そのベーシストのことがみんな大好きだし、
そのベーシストのライブは盛り上がるし、
あちこちから引っ張りだこなんだと。

「勇気ある切り込み隊長」

まさにあの替え歌の学生のことだ。

あの場にいた学生たちが、
もっとも恐れる方向へ、
彼女がまっさきに切り込んで、

一発で、場にいる同世代のガードを解いた。

そして彼女は、切り込み隊長としての
自分の役割を心得ていたのだと私は思う。

自分を含め、みんなが、縮こまっているとき、
コケないように、傷つかないように、
あらかじめどう身を守るか、
保身に必死なとき、

彼女は、

「自分のやりたいことをやる、かつ、場を盛り立てる」

ことを考えていた。
そして、もっとも難しい、
捨て身の自分を差し出すカタチでこの2つをまっとうした。

人は上手い表現に魅了されるけど、
自分が揺さぶられ、変えられているのは、
勇気ある表現なのだ

と彼女の表現に、私は思う。

きょうの最後に、このおたよりを紹介しよう。

「Lesson846  傷がくれるもの」 で、
「終末期の方をお看取りする仕事しています」と言った
医師のFさんのおたよりだ。


<傷つく覚悟で>

先日、病棟で
一緒に働く看護師に時間を作ってもらい

「より良い仕事をするために
職員から私に対してのフィードバックが欲しい。
出来れば普段言えない事を指摘して欲しいので
匿名でアンケートを取り、
誰が指摘したか分からない形に変えて渡して欲しい」

と切り出しました。

決して関係性の良い職員ばかりでは無く、
辛い作業になると予想されますが、
一歩踏み出して変わり続けようと
勇気を持って提案しました。

これまでは受け身で傷ついていたけれど、
これからも変わり続けるためには
傷つく覚悟で自ら動こうと思います。

私は勇気は

「危険を知りながら、それでも意味があると信じて進む事」

と考えています。
(F)


ツイートするFacebookでシェアする

…………………………………………………………………

山田ズーニーワークショップ満員御礼!
いったんウェイトリストを締め切ります。

2017年6月開講したワークショップ型実践講座
「伝わる・響く!言葉の表現力をつける」
にたくさんのお申込みをありがとうございました。

大好評で即日満席、
2期、3期、4期と増設するも追いつかず、
1年待ちのウェイトリストのみ受け付けておりましたが、
現在までに12期分のお申込みがあり、
2年待ち以上の方が出てくる見込みが強くなりました。

責任を持って対応するため、
ここでいったんウェイトリストを締め切ります。

言葉の表現力をつけたいと
申し込んでくださった方々の想いを大切に
受け入れを進めてまいります。

●この講座に対するすべてのお問い合わせはこちらへ。
お問い合わせ先
毎日文化センター東京 TEL03-3213-4768

http://www.mainichi-ks.co.jp/m-culture/each.html?id=491

2018年以降、東京開催、詳細未定、1年待ち。

*「ほぼ日」へのお問い合わせはしないでください。
*コラムの感想メールでお問い合わせはしないでください。


ワークショップ型実践講座
「伝わる・響く!言葉の表現力をつける」
――3回で一生ものの書く力・話す力が育つ

書くことによって、人は考える。
自分の内面を言葉で深く正しく理解する。
そのことにより、納得のいく選択ができるようになり、
意志が芽生える。

さらに、

言いたいことを、相手に響くように伝えられるようになる。
インターネット時代に、広く社会に
説得力を持って自分の考えを発信できるようになる。

書く力=想い言葉で表現するチカラを鍛えれば、
自分を知り、自分を表現することができる。

自分の想う人生を、この現実に書いて創っていける。

あなたには表現力がある。

山田ズーニーワークショップ型実践講座、
2017年6月東京で開講しました!

…………………………………………………………………

「おとなの小論文教室。」を読んでのご意見、ご感想を
ぜひお送りください
題名を「山田ズーニーさんへ」として、
postman@1101.comまでメールでお送りくださいね。

注:講演など仕事の依頼メールは、
  上記アドレスに送らないでください。
  山田ズーニーのtwitter(@zoonieyamada)に
  直接ご連絡いただくか、山田ズーニーの本を出している出版社に
  連絡先をお問い合わせのうえで、
  ご依頼くださいますようおねがいします。


…………………………………………………………………

★出演情報などお知らせのあるときは
 山田ズーニーのtwitter(@zoonieyamada)にも掲載します。


…………………………………………………………………


『半年で職場の星になる!
 働くためのコミュニケーション力』
 ちくま文庫

あなたが職場の星になる!コミュニケーション術の決定版。
一発で信頼される「人の話を聞く技術」、
わかりやすい報告・説明・指示の仕方、
職場の文書を「読む技術」、社会人としてメールを「書く技術」。
「上司を説得」するチカラ、通じる「お詫び」、クレーム対応、
好感をもたれる自己紹介・自己アピールのやり方。
人を動かし現場でリーダーシップを発揮する表現力から、
やる気が湧き・上司もうなる目標の立て方まで。
この1冊で仕事のフィールドで通じ合い、チームで成果を出していける!
自由はここにある!



ラジオで、山田ズーニーが、
『おかんの昼ごはん』について話しました!

録音版をぜひお聞きください。
「ラジオ版学問ノススメ」(2012年12月30日〜)
 インターネット環境があれば、だれでもどこからでも
 無料で聴けます

 聴取サイトは、http://www.jfn.co.jp/susume/
 (MP3ダウンロードのボタンをクリックしてください)
 または、iTunesからのダウンロードとなります。

…………………………………………………………………

ほんとうにおかげさまで本になりました!
ありがとうございます!


『おかんの昼ごはん』河出書房新社
「親の老い」への哀しみをどう表現していいかわからない
私のような人は多いと思います。
読者と表現しあったこの本は、思い切り泣けたあと、
胸の奥が温かくなり、自分の進む道が見えてきます。
この本が出来上がったとき、おもわず本におじぎをし、
想いがこみ上げいつまでもいつまでも本に頭をさげていました。
大切な人への愛から生まれ、その先へ歩き出すための一冊です。



「おとなの小論文教室。」を読んでのご意見、ご感想を
ぜひお送りください
題名を「山田ズーニーさんへ」として、
postman@1101.comまでメールでお送りくださいね。

注:講演など仕事の依頼メールは、上記のアドレスでなく、
 直接オフィス・ズーニーまでお送りください。
 連絡先は、山田ズーニーの本を出している出版社まで
 お問い合わせください。


…………………………………………………………………


『「働きたくない」というあなたへ』河出書房新社
「あなたは社会に必要だ!」
ネットで大反響を巻き起こした、おとなの本気の仕事論。
あなたの“へその緒”が社会とつながる!

…………………………………………………………………


『新人諸君、半年黙って仕事せよ』
―フレッシュマンのためのコミュニケーション講座(筑摩書房)
私は新人に、「だいじょうぶだ」と伝えたい。
「あなたには、コミュニケーション力がある」と。
            ――山田ズーニー。

…………………………………………………………………


『人とつながる表現教室。』河出書房新社
おかげさまで「おとなの小論文教室。II」が文庫化されました!
文庫のために、「理解という名の愛がほしい」から改題し、
文庫オリジナルのあとがきも掲載しています。
山田はこれまで出したすべての本の中でこの本が最も好きです。


…………………………………………………………………


『おとなの進路教室。』河出書房新社
「自分らしい選択をしたい」とき、
「自分はこれでいいのか」がよぎるとき、
自分の考えのありかに気づかせてくれる一冊。
「おとなの小論文教室。」で
7年にわたり読者と響きあうようにして書かれた連載から
自分らしい進路を切りひらくをテーマに
選りすぐって再編集!


…………………………………………………………………


▲文庫版でました!
 あなたの表現がここからはじまる!

『おとなの小論文教室。』 (河出文庫)

…………………………………………………………………

ラジオ「おとなの進路教室。」
http://www.jfn.co.jp/otona/

おとなになっても進路に悩む。
就職、転職、結婚、退職……。
この番組では、
多彩なゲストを呼んで、「おとなの進路」を考える。
すでに成功してしまった人の
ありがたい話を聞くのではない。
まさに今、自分を生きようと
もがいている人の、現在進行形の悩み、
問題意識、ブレイクスルーの鍵を
聞くところに面白さがある。
インターネット、
ポッドキャスティングのラジオ番組です。

…………………………………………………………………


「依頼文」や「おわび状」も、就活の自己PRも
このシートを使えば言いたいことが書ける!
相手に通じる文章になる!

『考えるシート』文庫版、出ました。

…………………………………………………………………


『話すチカラをつくる本』
三笠書房

NHK教育テレビのテキストが文庫になりました!
いまさら聞けないコミュニケーションの基礎が
いちからわかるやさしい入門書。



『文庫版『あなたの話はなぜ「通じない」のか』
ちくま文庫

自分の想いがうまく相手に伝わらないと悩むときに、
ワンコインで手にする「通じ合う歓び」のコミュニケーション術!




『17歳は2回くる―おとなの小論文教室。III』
河出書房新社




『理解という名の愛が欲しいーおとなの小論文教室。II』
河出書房新社




『おとなの小論文教室。』
河出書房新社



『考えるシート』講談社


『あなたの話はなぜ「通じない」のか』
筑摩書房



『伝わる・揺さぶる!文章を書く』
PHP新書

内容紹介(PHP新書リードより)
お願い、お詫び、議事録、志望理由など、
私たちは日々、文章を書いている。
どんな小さなメモにも、
読み手がいて、目指す結果がある。
どうしたら誤解されずに想いを伝え、
読み手の気持ちを動かすことができるのだろう?
自分の頭で考え、他者と関わることの 痛みと歓びを問いかける、
心を揺さぶる表現の技術。
(書き下ろし236ページ)

山田ズーニーさんへの激励や感想などは、
メールの表題に「山田ズーニーさんへ」と書いて、
postman@1101.comに送ってください。

2017-10-18-WED

HOME
ホーム


いままでのタイトル

◆2000-05-17〜2001-04-25
◆2001-06-13〜2002-05-15
◆2002-05-29〜2003-05-14
◆2003-05-21〜2004-05-12
◆2004-05-19〜2005-05-11
◆2005-05-18〜2006-05-03
◆2006-05-10〜2007-05-09
◆2007-05-16〜2008-05-14
◆2008-05-21〜2009-05-27
◆2009-06-03〜2010-05-19
◆2010-05-26〜2011-04-27
◆2011-05-11〜2012-05-16
◆2012-05-23〜2013-05-08
◆2013-05-15〜2014-05-21
◆2014-05-28〜2015-04-29
◆2015-05-13〜2016-03-30
 

2016-04-06

ゼロから切り拓くチカラ

2016-04-13

ゼロから切り拓くチカラ ―2.読者の声

2016-04-20

表現するほうへ

2016-04-27

表現するほうへ ―2.読者の声

2016-05-11

「自分のやってきたことは意味がなかったの」と
人に問うまえに

2016-05-18

読者の声−先週の「自分の努力を認める」について

2016-05-25

人間の底

2016-06-01

人間の底−2.読者の声

2016-06-08

悪の表現

2016-06-15

読者の声−先週の闇を昇華する表現について

2016-06-22

いい子の仮面を被るまえにできること

2016-06-29

読者の声
−先週の「いい顔するか、利他に向かうか」について

2016-07-06

血液型が2つしかない国

2016-07-13

血液型が2つしかない国 −2.読者の声

2016-07-20

「選択」の時、いちばん大事なもの

2016-07-27

読者の声―「選択」の時、いちばん大事なもの

2016-08-03

背中の目

2016-08-10

背中の目−2.大きな循環のなかで

2016-08-24

ねじれない表現

2016-08-31

ねじれない表現−2.読者の声

2016-09-07

心で見る色彩

2016-09-14

心で見る色彩−2.読者の声

2016-09-21

やる気はどこから来るか

2016-10-05

読者の声
―前回の「やる気はどこから来るか」について

2016-10-12

私がいるところは全部のなかの一部

2016-10-19

読者の声―私がいるところは全部のなかの一部

2016-10-26

自意識はのぼる

2016-11-02

「やりたいことがない」と言うとき

2016-11-09

なにかを大事にするということ

2016-11-16

読者の声
―先週の「なにかを大事にするということ」について

2016-11-23

破壊はホントに創造につながるか?

2016-11-30

読者の声
―「破壊はホントに創造につながるか?」について

2016-12-07

きょう自分とした小さな約束を守ろう

2016-12-14

お母さんの耳

2016-12-21

読者の声 ― 先週の「お母さんの耳」について

2017-01-11

訓練と勇気と

2017-01-18

想いに忠実な選択をする

2017-01-25

読者の声―想いに忠実な選択

2017-02-01

言い方でイキイキさせる

2017-02-08

メンタルの強さは、自分にかける言葉の強さ

2017-02-15

就活の「やりたいこと」とは?

2017-02-22

読者の声 ― 就活の「やりたいこと」とは?

2017-03-01

やりたい仕事を3つでイメージする

2017-03-08

「助けて」と言えない、あの日の私へ

2017-03-15

読者の声―先週の「助けてと言えない」について

2017-03-22

就職と就社と

2017-03-29

就職と就社と 2

2017-04-05

おかあさんのアバタ―

2017-04-12

かけがえのないものに代わるもの、の探し方

2017-04-19

読者の声 ― 「おかあさんのアバタ―」について

2017-04-26

読者の声2 ― 「おかあさんのアバター」について

2017-05-10

未熟

2017-05-17

書いて、自分になる。

2017-05-24

読者の声 ― 「未熟」について

2017-05-31

読者の声 ― 「未熟」その2

2017-06-07

伝わってない?

2017-06-14

本音か、仮面か?

2017-06-21

読者の声−本音か、仮面か?

2017-06-28

劣等感にからめとられない

2017-07-05

読者の声―劣等感にからめとられないについて

2017-07-12

「自分の頭で考える」、まずそれ!

2017-07-19

読者の声 ― 自分の頭で考えることについて

2017-07-26

より切実な何かがみつかったとき

2017-08-02

理解の体力を鍛える

2017-08-09

書き続けて、見る世界

2017-08-23

つい言い過ぎてしまう人は

2017-08-30

止まる言葉

2017-09-06

思秋期

2017-09-13

読者の声―伝えることと、吐き出すことのちがい

2017-09-20

傷を治すチカラ

2017-09-27

きりぬける言葉

2017-10-04

傷がくれるもの

2017-10-11

人と比べない