YAMADA
おとなの小論文教室。
感じる・考える・伝わる!

受験のテクニックとして、小論文の書き方を勉強した?
その後は、ナイスなテキストを書いていますか?
考えること伝えることの愉快を、ここで味わいましょう。

ありがたいことに、小論文というものを
考えたり、たのしんだり、たくさん読んできた
カジュアルで優しい先生がいるんです。

さぁ、山田ズーニー先生、お願いしまーす。

Lesson820
 就職と就社と



社会に出ていくとき、大半の人が、
次のどちらかを選んでいる。

「就職」か、「就社」か。

もちろん、この2つ以外の選択もある。

2つはどちらも良いもので、
どっちを選ぶかはまったく本人の自由。

私自身、就社を16年間、その後、
独立して就職と、どちらも経験してみて、

本当にどちらも良くて悔いはない。

ただ、私は大学を出るとき、
就職と就社の違いがあることにすら無知だったので、
もうちょっと知っててもよかったんじゃないかと思う。

あの就活をはじめるときの自分に、
もし伝えられるなら、と、

あくまで私の考える、
「就職」と「就社」の違いを整理してみたい。

「就職」とは、

美容師、作家、医師、弁護士、看護師など、
腕に職、脳に職、をつけ、

「職」を絆に社会に入っていく。

もちろん組織に所属することもあるが
(例えば弁護士が大手弁護士事務所に所属するなど)、
組織に属しても、ひとりで開業しても、
組織を変わっても、

「職」はずっと変わらない。

一方「就社」とは、

トヨタに入る、資生堂の社員になる、というように、
会社という船の乗組員になる。

つまり「組織」を絆に社会に入っていく。

だから就活のとき、船の行先、
つまり会社の志に共感できるかどうかはとても大事だ。

チームで立てた目標を、
チームで協力・分担して達成していく
それが会社だ。

会社の中で、どの持ち場につくかは、
自分で決めることはできず、
上の人が決めることが多い。

転勤・異動・昇進など、持ち場が変わることも多い。

持ち場が変われば、「職も変わる」ことがある。

職が変わることは、
視野が広がることであったり、出世であったりもする。

営業だった人が、企画になったり、
現場にいた人が、管理職になったりすることもある。
でも、職がガラリと変わったとしても、

その船の乗組員であることはずっと変わらない。

こう見ていくと、例えば、

出版社に「就社」した人が、
「編集職」を希望し、
編集部員から編集部長になり、
定年まで編集職でありつづけたなら、

「就職的な就社」と言える。

また、美容師として、
支店や従業員を多く持つ大きな美容院に所属した人が、
長く勤めるうちに完全に現場を離れ、
経営陣にまわったとすれば、

「就社的な就職」と言える。

そんなふうに、
就職と就社の両面がある人、
両方のいいとこどりをしていく道や、
就社して年月を経てから
就職へと転身していく道もあるので、

就職か、就社か、の選択で人生まっぷたつ、
とは言えない。
それでも、

「職」を立脚点にするか? 「組織」を立脚点にするか?

まず、社会に入るときに違いがある。

弁護士を目指す人が、
司法試験に受からなければ、社会にデビューできない、

作家を目指す人が、
一定以上の読者や編集者が認めるものを
書けるようになるまでは、
職業作家としてデビューできたとは言えない、など、

就職するには、社会に入るまでに、
ある程度、腕と脳に職をつけておくことが求められる。

国家試験に受からなければならなかったり、
厳しい修練が要ったりする。

一方、いちがいには言えないものの、

国家試験に受かったりしなくても、
専門技術の修練を積んでいなくても、
「就社」はできるケースが、多々ある。

私もその一人だった。

大学を卒業する時点で、
編集の「へ」の字も知らなかったけれども、
会社に入ってから研修を受けたり、
先輩に育ててもらったり、
給料をいただきつつ、いちから、
持ち場に必要な知識や技術を身につけさせてもらった。

また、求められるコミュニケーション力が、
就職と就社では違うように思う。

「就職」では、

例えば、医師が世の中の多様な患者の治療にあたる、
美容師が、社会の多様な人々の髪を切る、など、

職を通じて直接、社会の人々に働きかけるので、

自分の外の世界に通用するコミュニケーション力
を鍛えておくことは肝になる。

「就社」の場合も、

もちろん外・他者・社会に通じるコミュニケーション力
が求められるのはあたりまえだが、

その前段階に、「社内へのコミュニケーション力」が
不可欠だ。

会社は「分業」で成り立っている。

タテにヨコに持ち場を分け、
それぞれ専門特化して、協力して
事にあたるから、
1人が何もかもやるより、ずっと効率がいい。

そのかわりに、
1つの持ち場(=部分)に長くいると
他の持ち場のことが見えにくくなる。

ヘタをすると、互いに
異なる持ち場への、視野や知識がごっそり欠けて、
話しが通じなくなる。

そこで、社内のタテにヨコに、
話を通じさせ、意思疎通を図る
コミュニケーション力が必要不可欠なのだ。

いま振り返ってみて、

私が、「就職」でいちばんいいと思うことは、

直接、人や社会に働きかけ、
成果を実感していけること、
それを積み重ねて、職を極めていけることだ。

「就社」でいちばんいいと思うのは、

大勢で協力することによって、
個人の力をはるかに超えた規模で
人や社会に働きかけられることだ。

あなたは、社会に入るときに、

「職」を立脚点にするか? 「組織」を立脚点にするか?

やはりどちらも面白く、
わくわくする。

自分の自由な意志で選んでほしい、と私は思う。

ツイートするFacebookでシェアする

…………………………………………………………………

「おとなの小論文教室。」を読んでのご意見、ご感想を
ぜひお送りください
題名を「山田ズーニーさんへ」として、
postman@1101.comまでメールでお送りくださいね。

注:講演など仕事の依頼メールは、
  上記アドレスに送らないでください。
  山田ズーニーのtwitter(@zoonieyamada)に
  直接ご連絡いただくか、山田ズーニーの本を出している出版社に
  連絡先をお問い合わせのうえで、
  ご依頼くださいますようおねがいします。


…………………………………………………………………

★出演情報などお知らせのあるときは
 山田ズーニーのtwitter(@zoonieyamada)にも掲載します。


…………………………………………………………………


『半年で職場の星になる!
 働くためのコミュニケーション力』
 ちくま文庫

あなたが職場の星になる!コミュニケーション術の決定版。
一発で信頼される「人の話を聞く技術」、
わかりやすい報告・説明・指示の仕方、
職場の文書を「読む技術」、社会人としてメールを「書く技術」。
「上司を説得」するチカラ、通じる「お詫び」、クレーム対応、
好感をもたれる自己紹介・自己アピールのやり方。
人を動かし現場でリーダーシップを発揮する表現力から、
やる気が湧き・上司もうなる目標の立て方まで。
この1冊で仕事のフィールドで通じ合い、チームで成果を出していける!
自由はここにある!



ラジオで、山田ズーニーが、
『おかんの昼ごはん』について話しました!

録音版をぜひお聞きください。
「ラジオ版学問ノススメ」(2012年12月30日〜)
 インターネット環境があれば、だれでもどこからでも
 無料で聴けます

 聴取サイトは、http://www.jfn.co.jp/susume/
 (MP3ダウンロードのボタンをクリックしてください)
 または、iTunesからのダウンロードとなります。

…………………………………………………………………

ほんとうにおかげさまで本になりました!
ありがとうございます!


『おかんの昼ごはん』河出書房新社
「親の老い」への哀しみをどう表現していいかわからない
私のような人は多いと思います。
読者と表現しあったこの本は、思い切り泣けたあと、
胸の奥が温かくなり、自分の進む道が見えてきます。
この本が出来上がったとき、おもわず本におじぎをし、
想いがこみ上げいつまでもいつまでも本に頭をさげていました。
大切な人への愛から生まれ、その先へ歩き出すための一冊です。



「おとなの小論文教室。」を読んでのご意見、ご感想を
ぜひお送りください
題名を「山田ズーニーさんへ」として、
postman@1101.comまでメールでお送りくださいね。

注:講演など仕事の依頼メールは、上記のアドレスでなく、
 直接オフィス・ズーニーまでお送りください。
 連絡先は、山田ズーニーの本を出している出版社まで
 お問い合わせください。


…………………………………………………………………


『「働きたくない」というあなたへ』河出書房新社
「あなたは社会に必要だ!」
ネットで大反響を巻き起こした、おとなの本気の仕事論。
あなたの“へその緒”が社会とつながる!

…………………………………………………………………


『新人諸君、半年黙って仕事せよ』
―フレッシュマンのためのコミュニケーション講座(筑摩書房)
私は新人に、「だいじょうぶだ」と伝えたい。
「あなたには、コミュニケーション力がある」と。
            ――山田ズーニー。

…………………………………………………………………


『人とつながる表現教室。』河出書房新社
おかげさまで「おとなの小論文教室。II」が文庫化されました!
文庫のために、「理解という名の愛がほしい」から改題し、
文庫オリジナルのあとがきも掲載しています。
山田はこれまで出したすべての本の中でこの本が最も好きです。


…………………………………………………………………


『おとなの進路教室。』河出書房新社
「自分らしい選択をしたい」とき、
「自分はこれでいいのか」がよぎるとき、
自分の考えのありかに気づかせてくれる一冊。
「おとなの小論文教室。」で
7年にわたり読者と響きあうようにして書かれた連載から
自分らしい進路を切りひらくをテーマに
選りすぐって再編集!


…………………………………………………………………


▲文庫版でました!
 あなたの表現がここからはじまる!

『おとなの小論文教室。』 (河出文庫)

…………………………………………………………………

ラジオ「おとなの進路教室。」
http://www.jfn.co.jp/otona/

おとなになっても進路に悩む。
就職、転職、結婚、退職……。
この番組では、
多彩なゲストを呼んで、「おとなの進路」を考える。
すでに成功してしまった人の
ありがたい話を聞くのではない。
まさに今、自分を生きようと
もがいている人の、現在進行形の悩み、
問題意識、ブレイクスルーの鍵を
聞くところに面白さがある。
インターネット、
ポッドキャスティングのラジオ番組です。

…………………………………………………………………


「依頼文」や「おわび状」も、就活の自己PRも
このシートを使えば言いたいことが書ける!
相手に通じる文章になる!

『考えるシート』文庫版、出ました。

…………………………………………………………………


『話すチカラをつくる本』
三笠書房

NHK教育テレビのテキストが文庫になりました!
いまさら聞けないコミュニケーションの基礎が
いちからわかるやさしい入門書。



『文庫版『あなたの話はなぜ「通じない」のか』
ちくま文庫

自分の想いがうまく相手に伝わらないと悩むときに、
ワンコインで手にする「通じ合う歓び」のコミュニケーション術!




『17歳は2回くる―おとなの小論文教室。III』
河出書房新社




『理解という名の愛が欲しいーおとなの小論文教室。II』
河出書房新社




『おとなの小論文教室。』
河出書房新社



『考えるシート』講談社


『あなたの話はなぜ「通じない」のか』
筑摩書房



『伝わる・揺さぶる!文章を書く』
PHP新書

内容紹介(PHP新書リードより)
お願い、お詫び、議事録、志望理由など、
私たちは日々、文章を書いている。
どんな小さなメモにも、
読み手がいて、目指す結果がある。
どうしたら誤解されずに想いを伝え、
読み手の気持ちを動かすことができるのだろう?
自分の頭で考え、他者と関わることの 痛みと歓びを問いかける、
心を揺さぶる表現の技術。
(書き下ろし236ページ)

山田ズーニーさんへの激励や感想などは、
メールの表題に「山田ズーニーさんへ」と書いて、
postman@1101.comに送ってください。

2017-03-22-WED

HOME
ホーム


いままでのタイトル

◆2000-05-17〜2001-04-25
◆2001-06-13〜2002-05-15
◆2002-05-29〜2003-05-14
◆2003-05-21〜2004-05-12
◆2004-05-19〜2005-05-11
◆2005-05-18〜2006-05-03
◆2006-05-10〜2007-05-09
◆2007-05-16〜2008-05-14
◆2008-05-21〜2009-05-27
◆2009-06-03〜2010-05-19
◆2010-05-26〜2011-04-27
◆2011-05-11〜2012-05-16
◆2012-05-23〜2013-05-08
◆2013-05-15〜2014-05-21
◆2014-05-28〜2015-04-29
◆2015-05-13〜2016-03-30
 

2016-04-06

ゼロから切り拓くチカラ

2016-04-13

ゼロから切り拓くチカラ ―2.読者の声

2016-04-20

表現するほうへ

2016-04-27

表現するほうへ ―2.読者の声

2016-05-11

「自分のやってきたことは意味がなかったの」と
人に問うまえに

2016-05-18

読者の声−先週の「自分の努力を認める」について

2016-05-25

人間の底

2016-06-01

人間の底−2.読者の声

2016-06-08

悪の表現

2016-06-15

読者の声−先週の闇を昇華する表現について

2016-06-22

いい子の仮面を被るまえにできること

2016-06-29

読者の声
−先週の「いい顔するか、利他に向かうか」について

2016-07-06

血液型が2つしかない国

2016-07-13

血液型が2つしかない国 −2.読者の声

2016-07-20

「選択」の時、いちばん大事なもの

2016-07-27

読者の声―「選択」の時、いちばん大事なもの

2016-08-03

背中の目

2016-08-10

背中の目−2.大きな循環のなかで

2016-08-24

ねじれない表現

2016-08-31

ねじれない表現−2.読者の声

2016-09-07

心で見る色彩

2016-09-14

心で見る色彩−2.読者の声

2016-09-21

やる気はどこから来るか

2016-10-05

読者の声
―前回の「やる気はどこから来るか」について

2016-10-12

私がいるところは全部のなかの一部

2016-10-19

読者の声―私がいるところは全部のなかの一部

2016-10-26

自意識はのぼる

2016-11-02

「やりたいことがない」と言うとき

2016-11-09

なにかを大事にするということ

2016-11-16

読者の声
―先週の「なにかを大事にするということ」について

2016-11-23

破壊はホントに創造につながるか?

2016-11-30

読者の声
―「破壊はホントに創造につながるか?」について

2016-12-07

きょう自分とした小さな約束を守ろう

2016-12-14

お母さんの耳

2016-12-21

読者の声 ― 先週の「お母さんの耳」について

2017-01-11

訓練と勇気と

2017-01-18

想いに忠実な選択をする

2017-01-25

読者の声―想いに忠実な選択

2017-02-01

言い方でイキイキさせる

2017-02-08

メンタルの強さは、自分にかける言葉の強さ

2017-02-15

就活の「やりたいこと」とは?

2017-02-22

読者の声 ― 就活の「やりたいこと」とは?

2017-03-01

やりたい仕事を3つでイメージする

2017-03-08

「助けて」と言えない、あの日の私へ

2017-03-15

読者の声―先週の「助けてと言えない」について