ご注文はこちらから

糸井重里の1年分の原稿からつくる、
「小さいことば」シリーズ。
最新作にして、記念すべき10冊目。

『抱きしめられたい。』糸井重里 ニット制作:三國万里子 写真:形部信人

著者:糸井重里
発行:ほぼ日
価格:1600円+税(配送手数料別)
ページ数:352ページ
ISBN:978-4-86501-250-7

ご注文はこちらから

本のなかのことばをひとつ、女優の石田ゆり子さんに朗読していただきました。

石田ゆり子さんのコメントはこちら。

この本について。

糸井重里が1年間に書いた原稿とツイートから、
心に残ることばを選りすぐってつくる、
「小さいことば」シリーズの本。
その最新作ができあがりました。
タイトルは『抱きしめられたい。』。
記念すべき、シリーズの10作目です。

本の中に収録されていることばはぜんぶで267。
糸井重里の思考や、視点や、描写や、
ユーモア、詩、好み、寂寥といったものが、
きら星のように散りばめられた一冊になりました。
たくさんのことばに加えて、
糸井が日常的に撮影した写真や
いろんな人に描いていただいた絵などを詰めたら、
これまでで一番厚い本になりました。

年齢や経験や知識や趣味を問わず、
たのしんでいただける本だと思います。
本屋さんに並べることを想定せずに
最初の1冊目をつくりはじめたこともあって、
装丁や製本はとっても丁寧できれいです。
毎年買ってくださっている方も、
本の存在をはじめて知ったという方も、
ぜひ、手に取って、読んでみてください。
おたのしみください。

表紙の絵は、三國万里子さん。表紙の絵は、三國万里子さん。

表紙を飾るのは、
白くてふわふわとしたニットの写真。
ニット作家の三國万里子さんに
『抱きしめられたい。』という
タイトルだけを伝えて
自由に編んでいただきました。
編み上げてくださったのは、
とても小さいサイズの、
ボタンやポケットなどがついていない
ふわふわのニットでした。
「どこかの国のお祭りとか、
そういうものをイメージしました」と
三國さんはおっしゃってました。
部屋のなかよりも外で撮影したくて、
晴れた日に空に放り投げたりして撮りました。
撮影は、刑部信人さんにお願いしました。
表紙を含むすべてをデザインしたのは
プリグラフィックスの清水肇さんです。

三國万里子さん・プロフィール

三國万里子(みくに・まりこ)

ニットデザイナー。1971年、新潟生まれ。
3歳の時、祖母から教わったのが編みものとの出会い。
早稲田大学第一文学部仏文専修に通う頃には、
洋書を紐解き、ニットに関する技術と
デザインの研究を深め、創作に没頭。
大学卒業後、いくつかの職業を経た後に、
ニットデザイナーを本職とする。
2009年、『編みものこもの』(文化出版局)を出版。
以降、書籍や雑誌等で作品発表を続ける。
2011年、「ほぼ日刊イトイ新聞」で、
編みものキットやプロダクトデザインを手がけ、
活動の幅をさらに広げる。
2012年より「気仙沼ニッティング」のデザイナーを務める。
2016年12月、宮沢りえさん、星野源さん、ミロコマチコさん、
谷川俊太郎さんらからリクエストを受けて
セーターを編むという新しいコンセプトの本、
『うれしいセーター』(ほぼ日)を出版。
その他の著作に、
『編みものこもの』『編みものワードローブ』
『きょうの編みもの』『冬の日の編みもの』
『編みものともだち』
『アラン、ロンドン、フェアアイル 編みもの修学旅行』
(以上すべて文化出版局)がある。

ほぼ日ストア購入特典(限定3000冊)「特製クリアファイル」ほぼ日ストア購入特典(限定3000冊)「特製クリアファイル」

『抱きしめられたい。』を
ほぼ日ストアで購入してくださった方に
特製のクリアファイルをプレゼントします。
本の表紙を飾った三國万里子さんのニットを
全体にあしらったクリアファイルです。
サイズは「110mm×218mm」と少し小さめ。
チケットなどを入れておくのにちょうどいいサイズです。
クリアファイルは3000枚用意いたしました。
なくなりしだい、終了いたします。
また、TOBICHIのイベントや常設店などで
購入してくださった場合も、
クリアファイルはプレゼントいたします。

『忘れてきた花束。』の立ち読みコーナー。(クリックすると、大きくなります。)『忘れてきた花束。』の立ち読みコーナー。(クリックすると、大きくなります。)

ほぼ日ストア購入特典(限定3000冊)「特製クリアファイル」

「わたしは、糸井さんのことばによって
半分くらい作られてる気がする。
それぐらい、糸井さんが書くものが好きで。

この『小さいことば』シリーズも
ぜんぶ持ってますけど、
鞄のなかにいつも入ってます。
ぼろぼろになってるものもありますし‥‥。

どこから見てもいいし、写真もかわいいし。
ぱっと開いて、その日の格言、
みたいに思い込むゲームとか(笑)。
あと、いろんな方に差し上げたりして。

わたし、子どものときから、
文章を読んだり書いたりするのが好きで、
いろんなものを読むんですけど、
糸井さんのことばから得たことは、
とてつもなく大きい。ほんとです。」

石田ゆり子(女優)

この本の編集者から。

『忘れてきた花束。』について。ほぼ日刊イトイ新聞 永田泰大

そのほかの「小さいことばシリーズ」。そのほかの「小さいことばシリーズ」。

「ほぼ日ブックス」取り扱い書店でも販売。

書籍『抱きしめられたい。』は、ほぼ日ブックスを取り扱っているAmazonや楽天といった、大手のネットサイトにも流通いたします。
取り扱い書店に関しては、こちらからご確認ください。
また、ご来店の前には、お店に在庫があるかどうかをお問い合わせいただけますようお願いいたします。

この本のお届け時期について

注文いただいた『抱きしめられたい。』はご注文日から1~3営業日以内に出荷予定です。

この本の配送手数料について

本の価格とは別に、配送手数料が発生します。配送手数料は日本国内で一律756円となります。なにとぞ、ご了承くださいませ。
なお、配送手数料は注文1件につき756円発生いたしますので、複数冊を購入される場合も756円のままです。
また、代引きの場合、上記の配送手数料に加えて代引き手数料210円がさらに加算されます。
海外へのお届けの場合、消費税はいただきませんが、事務手数料500円に加えEMSの送料をいただきます。
くわしくはこちらをお読みください。