VERMEER ICHIKO UEMOTO

アムステルダム国立美術館

COUNTRY
オランダ / アムステルダム
COLLECTION
牛乳を注ぐ女
小路
恋文
青衣の女

植本さんの日記から

今日の美術館の前には
「I amsterdam」というギャグのモニュメントがあり、
たくさんの観光客が群がっている。
その後ろにそびえ立つのは巨大な建物。
ここがアムステルダム国立美術館。
9時の開館時間に合わせて着いたものの、
すでにたくさんの人。
開館直後は空いているものだと思っていたが、
美術館に詳しい同行者の草刈さんによれば、
同じように考えている人がこぞって来るから、
来館者数は午前中が一番多いらしい。

植本さんの日記から

遠目から人の頭越しに4点を見ても、
「牛乳を注ぐ女」の圧倒的な存在感に驚く。
青と黄色のコントラストが強く、
目がその絵に引きつけられてしまうのだ。
感動するというのはこういうことかと思う。

体格のいい監視員のお兄さんが絵の横に立っているが、
威圧的な感じはなく、こちらの美術館はだいぶ寛容だ。
監視員同士が時折談笑しているのを見ると、
わたしも肩の力を抜いて絵を見ることができ、
こんなに立派な場所でもどこか気さくな感じがする。

植本さんの日記から

今回はフェルメールを見るという目的があり、
他の絵をまともに見ることができないのは残念。
でも、いつかもう一度来られたらいいなと思う。
絵を見るのはもちろん、
わたしもこの空間でのびのびとしたい。

16時台の電車に乗って、
4時間かけてドイツのフランクフルトへ。
昨日今日の2日間で7点。打って変わって明日は1点。
電車の中でやっと肩の力が抜け、
一気に疲れが出るようだった。

つぎの行き先は、

シュテーデル美術館
[ドイツ / フランクフルト]

です。
2018. 11.23 FRI