翻訳前のアメリカ。
そのあたりのこと、現地ではどんな感じ?

 
第十七回配信 
みんなで遊ぼう!
ロサンゼルス対ニューヨーク

今回はちょっと趣向を変えて、
アメリカを代表する二大都市、
ロサンゼルスとニューヨークの違いを考察してみました。
宴会芸にすらなりませんが、
なにかのときの世間話のネタくらいにはなるかも。
それではどうぞ。

歩行者が道路を横断するとき
LA: 歩行者用信号専用ボタンを押さないと渡れない。
NY: いつでもどこでも好きに渡る。警官がいようと渡る。

歩いていくことができる限界は
LA: 広大な駐車場の向こうはじ。
NY: マンハッタン島どこでも。
    但し、20ドル札を胸ポケットにもっており
    かつ、ひとけがあり
    かつ、タクシーを捕まえやすい場合に限る

タクシー
LA: 電話で呼ばないと絶対こない。
NY: 通りが黄色くなるほど走っている。

タクシー
LA: 英語が通じるが、ドライバーの機嫌は悪い。
NY: 英語が通じないので、ドライバーの機嫌は不明。

クルマが車線変更するとき
LA: 方向指示器を使わない。でも車線変更はできる。
NY: 方向指示器使いっぱなし。
    でも車線変更させてもらえない。

クルマのクラクション
LA: 青空に吸い込まれる。
NY: ビルの谷間に響き渡る。

携帯電話
LA: ドライブしながら話す癖に、普通の携帯。
NY: 歩きながら話す癖に、インカム式。

美術館は
LA: J.P.ゲッティ・センター。
   サンタモニカの海岸とダウンタウンの高層ビルを
   見渡すことのできる山頂にあり景色はいいが、
   所蔵品はたいしたことない。
NY: メトロポリタン美術館。
   所蔵品が多すぎて、
   すぐ隣りのセントラルパークで
  くつろぐ時間がなくなる。

マクドナルドの店員は
LA: May I Help You?
NY: What Do You Want?

ギャンブルしたくなったら
LA: ラスベガス・ヒルトン
   (ダリル・ホール&ジョン・オーツのコンサート付)
NY: アトランティック・シティ・ヒルトン
   (ダリル・ホール&ジョン・オーツのコンサート付)

カントリー音楽ファンがギャンブルしたくなったら
LA: ラスベガス・ヒルトン
   (ケニー・ロジャースのコンサート付)
NY: アトランティック・シティ・ヒルトン
   (ケニー・ロギンスのコンサート付)

デリカテッセンで観光客が
8ドル24セントのおつりをもらうとき

LA: 店員が面倒くさがって、
    8ドルと25セント玉をくれるので
    1セントだけど得をすることがある。
NY: 当然のように7ドル24セント渡され、
    一言いわないと
    1ドル誤魔化される。

スシがでてくるのは…
LA: Korean レストラン
NY: Kosher(ユダヤ教徒向け)スシ ケータリング

コーヒーは…
LA: スタバ
NY: スタバ


この他にも、
みなさんが気づいたニューヨークとロサンゼルスの
違いがあったらメールでどんどんお寄せください。
この二つの大都市にみられる、
とても同じ国だとは思えないような違い、
逆に、違うようでいてそっくりなところ・・・
実体験に基づく必要はまったくありません。
映画でみた、人から聞いた、適当にでっちあげた、
LAとNYの違いをお待ちしています。

うまいぐあいに集まったら、
このコーナーで紹介させていただきたいと思います。
集まらなかったら・・・
何事もなかったかのように連載をつづけます。

2001-06-28-THU

BACK
戻る