株式会社DeNA コーポレートディベロップメント室 室長深澤優壽さん「ほぼ日手帳」とA4の方眼ノート。手書きを活かした、ビジネス的2冊づかい。

ショッピングやオークション、モバイルゲームなどのインターネットサービスで有名な「DeNA」。また「横浜DeNAベイスターズ」で名前を覚えた方もいらっしゃると思います。深澤優壽さんは、そんな「DeNA」で、新しい事業や新しいサービスを作る部門の責任者をされているかた。もしかしたらデジタルツールをいくつも使うようなデジタル派の方‥‥なのかと思ったら、意外にもかなりの「手書き好き」。デジタルツールを便利に使いつつも、日々の相棒は「A4サイズの方眼ノート」と「ほぼ日手帳」なのだそうです。しかも、たとえば「方眼ノート」には毎朝スケジュールを書きとめて頭を整理するなど、手書きの良さを活かした使い方をされていました。深澤さんの手帳とノートのこと、ご紹介します。
ほぼ日
今日はよろしくお願いします。
深澤
よろしくお願いします。
こんなごちゃごちゃの書き方で、
みなさんのお役に立ちますかどうか‥‥。
ほぼ日
いえいえ、大丈夫です。
今日は何冊かお持ちいただきましたが、
ふだんお使いなのは、どの手帳でしょうか。
深澤
いつも使っているのは、この2冊です。
「ほぼ日手帳」と「方眼ノート」ですね。
ミーティングのときに使ったり、いつも持ち歩いているのは、
こちらのA4サイズの方眼ノート。
ここにはなんでも書き記しています。
「ほぼ日手帳」は基本は会社の机に置いてあって、
方眼ノートから、大事なことを
あとで書き写すような使い方をしています。
「ほぼ日手帳」は革の文庫本カバーをかけています。
ほぼ日
「ほぼ日手帳」と「方眼ノート」の2冊づかい。
深澤
そうなんです。
仕事では、この方眼ノートをすごく使うんですね。
ぼくは本当にミーティングが多いので
どうしても、どんどん過ぎていっちゃうんですよ。
だから「自分が何を話したか」とか
「なぜこのタイミングでこう思ったか」とかを
ぜんぶ記録しておくんです。
会議のときのメモや自分が喋ったこと、思いついたアイデア、
一日のやるべきこと‥‥などなど、特にルールを決めずに、
大事なことをなんでもここに書くようにしています。
ほぼ日
なんでも帳、といいますか。
深澤
そうですね。
仕事用に特化した、なんでも帳です。
あと、このノートで
きれいにまとめようとか考えはじめると
逆によくわからなくなりそうなので、
自由に、気軽に、書くようにしています。
ほぼ日
たしかに「きれいにまとめよう」ということを
あえて考えないようにすると、
より気軽に書きやすくなりますね。
深澤
ただ、これだけだとどうしても
非常にごちゃごちゃしたものですし、
情報も膨大にあることで、検索性も低くなるので、
その日の終わりや、数日内などのタイミングで、
「ほぼ日手帳」に
『振り返りたいこと』や『忘れたくないこと』などを
抜き出してまとめるようにしています。
「仕事のまとめ的なことを書いておくノート」
という感覚でしょうか。
ほぼ日
ああ、読み返すためのノート、というか。
深澤
そうですね。
そして「ほぼ日手帳」は振り返りのためのものなので、
事前に書くことはしないです。
いつも、起こったことや終わったことを
備忘録のように書いています。
ほぼ日
仕事ではなく、プライベートのことを
なにか記録することもありますか?
深澤
けっこうありますよ。
方眼ノートのほうは仕事の内容だけですけど、
「ほぼ日手帳」のほうは
プライベートの記録もごちゃまぜにしています。
たとえば、週末に遊んだときに、
おいしかったものとか、見ておもしろかったものの
写真を貼って、みたいな。
ときどき写真があると‥‥癒されますね(笑)。
ほぼ日
わぁ、たのしそうです。
深澤
これは浅草に行ったときですね。
一部の写真を水色で囲んで目立たせていますけど、
要は、この中で言いたいことは、
「このお団子と、このカレーと、
 このどら焼きがとくにおいしかった!」と(笑)。
ほぼ日
(笑)
深澤
写真を貼るようになったのは最近ですけど、
やってみたら「ほぼ日手帳」って
「写真を貼る場所」として
すごくちょうどいい気がしていますね。
写真って、撮ったそのときは見ますけど、
撮って終わりになることが多いじゃないですか。
でも、だからといって、
いちいちアルバムを作るのってかなり大変ですよね。
そこまでのことでもないし、というか。
だから、ちょっと「ほぼ日手帳」に貼っておく。
そうすると、手軽にできるのに、
見返したときにけっこううれしいんです。
日付もあるから、いつ撮った写真かも後でわかる。
ほぼ日
写真のプリントアウトって、
深澤さんはどんなふうにされていますか?
深澤
ぼくはカメラ屋さんの店頭にあるプリント機で
パッとプリントしてます。
なんだか今、A4で40枚くらいとか、
一気に出せるんですよ。
それをちょこちょこ切って、貼るだけです。
ほぼ日
写真以外に、プライベートのメモをとることもありますか?
深澤
はい、ありますよ。
このページは、チョコレートの味比べです。
さいきんチョコレートにはまっていまして(笑)、
「ショコラティエの祭典」というイベントに行ったときに
すごく大量に買ったんです。
ただ、一気に食べると体によくないので、
1日2粒くらいをこっそり食べて、その味を書いたりしてます。
ほぼ日
あとで「これが好きだったから買おう」ということも
できますね。
深澤
ええ。こういうちょっとしたことも書いておけるのがいいですね。
あと「ほぼ日手帳」は、当時の自分がわかるのもいいですよね。
これは2011年の手帳なんですが、
読み返すと自分が何を考えていたかが、すごくよくわかるんです。
たとえばこのページは、有名なハーバード大学の先生の
講義を受けさせてもらったときのもの。
たくさんの刺激を受けたので、
忘れたくないなと思って、できるかぎり書き残してあります。
ほぼ日
あ、かっこいいですね。
深澤
こうやって振り返ると、ぼくは1日1ページというのが
すごく自分に合っているように思うんです。
ただ、そんなに毎日すごい量を書いているわけじゃなくて、
白紙のページもありますけど。
このあたりは、インフルエンザでもう、倒れていて
ただ「インフルエンザ」とだけ書いてあります(笑)。
ほぼ日
「月間ページ」はどう使われていますか?
深澤
じつは、完全に白紙なんです。
月のスケジュールは、さきほどの方眼ノートのほうで
管理しているんですね。
‥‥こんなふうに。
ほぼ日
わぁ、すごい。
これは、A4の方眼ノートに、
手書きでで月刊スケジュールを書いている、
ということでしょうか。
深澤
はい、そうなんです。
定規も使わず、フリーハンドで(笑)。
毎月の頭にこうやって書くんです。
カレンダーを持ち歩いてもいいんですけど、
手で書くのが好きなんで、つい、書いちゃってますね。
ほぼ日
予定管理に、同時にパソコンなどは使われていますか?
深澤
はい、いちばん正確な予定は、
Googleのカレンダーに入っていて、
PCとiPhoneで管理しています。
ただ、便利だし、確実なんですけど、
それだけだとぼくはちょっとデジタルすぎて
自分で自分を管理できていない気がしちゃうんですね。
チームの他のメンバーの予定もぜんぶ入ってるから、
わかりづらいし。
だからこの「方眼ノート」には、
自分にとって特に重要度の高いスケジュールだけ、
抜き出して書いてあるんです。
ほぼ日
すべてはデジタルに入っていて、
アナログの手帳で、必要なものだけ抜き出して管理する。
深澤
あと、手書きの「月間カレンダー」と同時に
「その日のスケジュール」も毎朝手書きしています。
こんな感じで。
ほぼ日
これもまた、すごいですね‥‥。
時間軸を手書きして、細かく予定が書いてあります。
こちらは毎日書かれているんですか?
深澤
そうなんです。
朝会社に来たら、このノートにGoogleカレンダーから
自分の予定をこう書き写します。
そして「今日はこんなスケジュールなんだな」と
あらためて自分にインプットします。
手で書くことで、頭も整理されますし。
そして、ミーティングの記録や、思いついたことなど
雑多なメモはすべてこのノートにつけてしまい、
最終的に「振り返りたいこと」や「覚えておきたいこと」が
ぜんぶ「ほぼ日手帳」にまとまっていくんです。
ほぼ日
‥‥おもしろいです。
深澤さんが使われていて
「ほぼ日手帳」の特に好きなところ、ってありますか?
深澤
「一日一日つむいでいけるところ」でしょうか。
人間って嫌なことからどんどん忘れるので、
失敗とかって流れていきがちですけど、
「ほぼ日手帳」にまとめることで、
振り返りというか、反省ができるんですよ。
そして、すこしは自分の身になっていくといいますか。
書かないと、どんどん忘れちゃうので、
とにかく、なんでも書いてます。
話をしながら忘れることもあるので、
書いておいて、見ながら思い出す、みたいな(笑)。
ほぼ日
(笑)
深澤
あと、手書きが好きなのは、
圧倒的に「自由」というところですね。
箇条書きにしづらいことってけっこうあって、
手書きで、ぽんぽんと書いたほうが
よかったりすることも多い気がします。
ほぼ日
A4のノートもほぼ日手帳もどちらも方眼ですけど、
深澤さん、方眼も好きですか?
深澤
方眼も好きです‥‥ただ、
じつはぼくがいちばん好きなのは、無地なんです(笑)。
ほぼ日
あ、そうなんですか(笑)。
深澤
ええ、いちばん自由な気がして。
ただ、使っているのは、
結局「ほぼ日手帳」も、このノートも方眼ですよね。
方眼のいいところは、定規を使わずに書いても
ある程度きれいにかけちゃうんですよね。
さきほどの「手書きの月間スケジュール」も、
定規がなくてもうまく書けちゃう。
説明するためのグラフなんかも、書きやすい。
たとえば、こんなふうに、さっと書けますから。
ほぼ日
あ、ほんとだ。さっと書けますね。
深澤
だから、ついつい、方眼ですね(笑)。
ほぼ日
はい(笑)。
今日は、ありがとうございました。
深澤
こちらこそ、ありがとうございました。

「手書き」を活かした深澤さん独自の使い方。
たくさんのアイデアが散りばめられたA4ノートは
本当に使い勝手が良さそうで、
取材に行った手帳チームの皆で
「真似したい!」と言い合いながら帰りました。
深澤さん、どうもありがとうございました!

2014-03-12-WED