ほぼ日手帳の使い方

ほぼ日手帳のさまざまな使い方を
まとめてみました。
参考にしてみてくださいね。

基本の使い方

まずは、ほぼ日手帳の
基本的な使い方をご紹介します。

書く。
‥‥スケジュール、日記、TO DO、アイデア、体調の記録、今日食べたごはん、訪れた場所など、なんでも書くことができます。カラフルにまとめても、1色ですっきりとまとめても。縦書き、とても大きく書く、筆ペン、図解などいろいろな人がいます。
貼る。
‥‥美術展やライブのチケット、乗車券、家族の写真、同僚にもらったふせん、おかしの包み紙やお酒のラベルなど、ほぼ日手帳に何かを「貼る」のもたのしい使い方。「書くのは面倒だけどページを埋めたい」そんな人にもおすすめです。
描く。
‥‥ほぼ日手帳はキャンバスにもなります。目の前のものをスケッチをしても、日々のコーディネートや食べたものを図解でまとめても。色鉛筆、クレヨン、水彩などで仕上げる人や、日常をマンガにしてSNSにアップしている人もいます。
読む。
‥‥読み返すのも、アナログの手帳の醍醐味です。書いたことや貼ってあるものに、思いがけないうれしさがあります。たまたま目にしたページが、現在の自分にちょっとしたヒントをくれることも。掲載されている「日々のことば」を読むのもたのしいです。
入れる。
‥‥手帳のカバーに何を入れるか考えるのも、ほぼ日手帳を使う醍醐味の一つ。ペン、ふせん、ノート、クリップといった文房具はもちろん、アメやばんそうこうなどを入れておく人も。また、自分が一番好きな「究極のペン」を探してみても。

みんなの使い方。

さまざまなかたの使用例や、
使うときのちょっとしたTIPS(コツ)を見られます。みんなの使い方を見る

申し訳ございません、エラーが起きました。
しばらくしてから再度アクセスしてみてください。

「ほぼ日手帳マガジン」より。

ほぼ日手帳公式サイトの読みものページから、
使い方のヒントになりそうな記事をご紹介します。ほぼ日手帳マガジン

申し訳ございません、エラーが起きました。
しばらくしてから再度アクセスしてみてください。

ほぼ日手帳公式ガイドブック。

さらにたくさんの手帳の使い方を
見てみたいかたは、毎年8月末発行の
「ほぼ日手帳公式ガイドブック」がおすすめです。
手帳の世界にたっぷり浸ることができます。

ほぼ日手帳公式ガイドブック

SNSを活用する。

TwitterやInstagramのハッシュタグ
「#ほぼ日手帳」「#HOBONICHI」を検索すると、
膨大な数の使い方を見られます。
ぜひチェックしてみてください。

またほぼ日手帳の公式SNSでは、
日々、手帳の使い方をはじめ、
さまざまな情報をアップしています。
あわせてお役立てください。