YUBI BRUSH SET ゆびブラシセット

化粧筆が作られた歴史をひもといてみると、
もともとは指の代わりとなって
肌に色をのせるために作られていたそう。

肌にぴたりと寄り添う角度や面積のどれをとっても、
指ほど理想的な道具はありません。

岡田さんが温めていたアイディアと、
世界でも最高ランクの技術と品質を誇る
広島・熊野筆ブランドが出会い、
中指、薬指、小指を模した、
3つの「ゆびブラシ」が誕生しました。

指のすぐれた性能と、
官能的な肌ざわりの両方を兼ね備え、
細かな部分には小回りがきき、
大きな面は均一に、なめらかに。

柔らかく自在な毛動きに、うっとりします。

ブラシの使い心地をキープするために、
できれば、使うたびに
簡単なお手入れをお願いします。

衛生的に、長くお使いいただけます。

岡田いずみさんより

プロのテクニックが
簡単に叶う道具を考えていたら、
指先の形のブラシができました。

誰でも自分の指のように簡単な操作性で、
スーッと薄く均一に面を整えながら、
習字の筆のように狭いところにも、
曲線にも滑らかにカーブして 、
肌にピタッとフィットします。

肌も彩りもラインも、この3本さえあれば、
簡単に美しく仕上がるセットです。

YUBI BRUSH SET ゆびブラシセット

カートに入れる

2021年4月中旬 再販売予定

岡田いずみさんより

プロのテクニックが
簡単に叶う道具を考えていたら、
指先の形のブラシができました。

誰でも自分の指のように簡単な操作性で、
スーッと薄く均一に面を整えながら、
習字の筆のように狭いところにも、
曲線にも滑らかにカーブして 、
肌にピタッとフィットします。

肌も彩りもラインも、この3本さえあれば、
簡単に美しく仕上がるセットです。

  • ダブル(大)

    ダブル(大)

    広い面に、均一に広げることができます。

    下地、リキッドファンデーション、チーク、
    シェーディングなどにおすすめです。

    ブラシの先端は繊細で小回りがきくので、
    小鼻のきわやまぶた、唇のまわりなど、
    ヨレたくない部分も
    なめらかに仕上がります。

  • マルチ(中)

    マルチ(中)

    まぶたや頬などの「面」にも、
    眉やリップなどの「線」や「フォルム」にも。

    コンシーラー、ハイライト、リップ、
    アイカラー、アイブロー、チークなど、
    これまでひとさし指や薬指で行うことが
    多かったメイクが、
    ムラなくフィットします。

  • ピンキー(小)

    ピンキー(小)

    なめらかな線を描いたり、
    スポット使いに向いています。

    アイブロー、アイライン、
    リップラインやコンシーラーなど、
    メイクの仕上がりを左右する
    細かい部分に、ぜひ使ってください。

  • 大きさ

    ブラシセット:約W42×D42×H152mm
    ダブル:約134mm
    マルチ:約117mm
    ピンキー:約123mm
    ※ブラシは最長部分の長さです。

  • 素材

    毛:ナイロン・ポリエステル
    軸:木
    金具:真鍮、黒クロームメッキ
    ケース:紙 

  • 重さ

    ダブル:約46g
    マルチ:約8g
    ピンキー:約6g

つかいかた

リキッド
ファンデーションの
つけかた(ダブル)

movieはこちら

  • 1

    額、両頬、あごの4点に、ファンデーションを乗せ、顔全体に伸ばします。

  • 2

    頬のファンデーションは、中央からフェイスラインに向けて大きくブラシを動かし、ぼかすように広げます。

  • 3

    あご、鼻の下は、放射状になじませます。細かいところも、丁寧に。

  • 4

    小鼻の脇は、ブラシをぴたっと密着させながら、くるりとひと塗りします。

  • 5

    目の上は、骨格に添うようにブラシを密着させて外側へ広げます。

  • 6

    額も、頬とおなじく、中央から外側へ大きく広げたのち、放射状にブラシをうごかして、フェイスラインになじませます。

  • 7

    仕上げにこめかみにむかって流し、完成です。

つづきをみる

アイブロウの
描きかた (マルチ)

movieはこちら

  • 1

    ブラシにパウダーを取り、眉山から眉尻に向かって、軽いタッチで描きます。

  • 2

    中間部分を埋めていきます。眉中央→眉山へ、こちらも力を入れずに描きます。

  • 3

    眉頭をふんわり整えます。ブラシをやや上向きに動かし、眉中央まで描きます。

  • 4

    仕上げに、ワンストロークで全体をぼかし、なじませて完成です。

つづきをみる

アイカラーの
乗せかた (マルチ)

movieはこちら

  • 1

    ブラシにアイカラーを取り、ライン状にまぶたに伸ばします。

  • 2

    ブラシに残ったアイシャドウで、アイホール全体を色づけます。ブラシは、上から下へと動かします。

  • 3

    アーチ状にブラシを動かし、アイホールに乗せた色をぼかします。さいごは、すっと目尻に流し、完成です。

つづきをみる

ハイライトの
つけかた (ピンキー)

movieはこちら

  • 1

    黒目の下にハイライトを置きます。こうすることで、瞳の輝きが引き立ちます。

  • 2

    目頭から目尻に向かって、軽いタッチで流します。目の下全体に、自然になじんだら、完成です。

使用後の
お手入れのしかた

movieはこちら

  • 1

    汚れた面に、アルコールスプレーを吹きかけます。

  • 2

    キッチンペーパーにブラシをやさしく押し当て、汚れを移していきます。ちいさく円を描くようにして、キッチンペーパーに色がつかなくなるまで続けます。

  • 3

    汚れが移りきったら、仕上げにすーっと線を引き、ブラシの毛並みを整えます。お手入れが終わったブラシは、風通しのよい場所で乾かしてください。

つづきをみる

知っておいてほしいこと

  • ・保管について

    ブラシが入っているケースに、毛先を上にして立ててください。しばらく使わないときは、
    購入時についていたカバーに入れ、寝かせておくと、かたちが崩れにくくなります。

    カビに注意し、湿度の低い場所にしまい、毎日毛先に触れてあげることで長持ちします。

  • ・毎日のお手入れ

    テーブルに敷いたティッシュのうえで、ブラシの表面をすべらせてやさしくふき取ります。

    ご使用のたびに手入れをすれば、ほとんど洗わずに、お使いいただけます。

    強くこすりつけると、毛が傷み、毛切れの原因となりますので、ご注意ください。

    さらにしっかり洗いたい場合は、ティッシュをテーブルに敷き、ブラシの断面に
    アルコールスプレーをかけ、ブラシ全体をティッシュに押し当てるようにして、
    一方向に動かして、汚れを取ります。

    続いて、毛先、中央、おしりの3段階をもう一度ティッシュに押し当て、
    同様の動きで汚れを取ります。ティッシュに汚れがつかなかくなったらOKです。

  • ・週に一度のお手入れ

    ぬるま湯と石鹸での洗浄をおすすめします。

    毛先の部分にのみ、お湯をなじませ、筆先で石鹸の表面をくるくるやさしく撫でてから、
    石鹸が残らないよう、十分すすぎます。

    ブラシに洗浄部分が残ったまま使用すると、劣化や使用感の悪化に繋がります。

    つけ置き洗いは、穂先の脱落、痛みの原因となりますので、お避けください。

関連コンテンツ

;

YUBI BRUSH SET ゆびブラシセット