話題のべにふうきを、おいしく仕上げた「うすくれない」入りました。 話題のべにふうきを、おいしく仕上げた「うすくれない」入りました。
昨日は、あたらしい国産紅茶
「和の紅茶 テイブル」をご紹介しましたが、
毎年この季節限定の人気商品
「うすくれない」も同時に発売します。



「うすくれない」は、
静岡県牧之原産の「べにふうき」を使用した、
はなやかな香りと、
すっきりとした味わいが特徴のにほん茶です。



「べにふうき」は、一般的に
渋みが強いお茶といわれていますが、
つきまさ工場のみなさんの工夫により、
すっきりと飲みやすく、やわらかな
味わいに仕上がっています。



今年は半発酵させて
釜炒り茶にする、という製法を採用し、
はなやかな香りを強く出した
春らしい仕上がりにしています。
中国茶を思わせる芳醇な香りがあり、
さわやかで心地よい苦味も残るため、
何杯でもすいすい飲みたくなるお茶です。
写真
▲釜炒り茶の特徴は、香りがとても強いこと。
荒茶の段階で、熱湯をかけ、
香りをしっかりたしかめます。
写真
▲「ほかの釜炒り茶と比較しても
香りの立ち方が全然違います」と、
つきまさ工場の石田さん。
手に入りにくい茶葉を使用しているため、
今回も数量限定販売となります。



昨日ご紹介した、はじめての紅茶
「和の紅茶 テイブル」とともに、
春の「いいふだん」のお茶を
ぜひおためしください。
ほぼ日のにほん茶
・和の紅茶 テイブル
 100g/1,836円(茶葉)



・うすくれない(べにふうき)
 100g/2,052円(茶葉)

 50g/1,674円(あたり茶)

 0.8g×30包/1,674円(あたり茶スティック)



・柏木円さんのマグカップ
 3,080円
2月18日(火)午前11時 販売開始
※上記すべて税込・配送手数料別
▶︎予告1

香り高く、やさしい味わい。
「和の紅茶 テイブル」できました。
2020-02-15-SAT