今日のダーリン「バナナのむき方」


ほぼにちわ。

突然ですが、みなさま、
バナナはどうやってむきますか?

根元をパキっと折ってから?
それとも、先っぽの黒いほうから?

というのも、先日の「今日のダーリン」で
糸井が「バナナのむき方」について
書いたところ、
たくさんの反響をいただいたのです。

まずはこちらの「今日のダーリン」を
お読みください。

・昔から、ぼくが「圧倒的な少数派」に
 させられる場面がありました。
 それは「バナナのむき方」なんです。
 ぼくは、生まれてこの方ずっと、
 バナナといえば、軸というか茎というか、
 つながっている側を手に持って、
 反対側の先がちょっと黒いほうを
 軽くさくようにして、
 すいすいとむいてきました。
 先からむくというのが自然だと思ってましたし、
 持ちやすいし、なんの問題もなかったのです。

 しかし、あるとき、
 「イトイ、そっち側からむくのか!?」と、
 じぶんが変な人であるかのように
 不思議がられました。
 ぼくは、対抗心もないままに、
 「おれは、こうしている」
 と言うのですが、
 「そんなやつはいない」と、
 やや馬鹿にされるのです。
 そのときから、バナナの根元をパキッとやって
 むきはじめる人のほうが多いらしいと
 知ることになりました。
 でも、7対3くらいの割合で、つまり、
 10人のうちの3人くらいは、ぼくのように、
 根元を持って先からむいて食べているものだと、
 ぼくは信じていたのです。

 しかし、そのことを思いつくたびに、
 周囲の人々に質問していたのですが、
 これまで、ぼくみたいにむく人がいなかったのです。
 7対3どころか、9対1にもならないのです。
 ここまで少数派になると、
 ますます対抗意識もなくなり、
 どっちでもいいけど、
 孤立しすぎだなぁと思ってました。

 で、このことを「ほぼ日」に書いてみようと、
 誰か、これについて統計とかとってないかなぁと、
 「バナナ むき方」とGoogleで検索してみたのです。
 そしたら、なんと、多くの人がやっぱり、
 根元のほうをパキッと折ってむき出していたみたいで。
 「先っぽからむく方法」を考えてもいなかったらしい。
 そして、この先からむく方法を、おサルのむき方として、
 とても便利な大発見みたいに言ってました。
 おれは、ごく自然におサルだったらしいです。
 (2010年3月14日「今日のダーリン」より)



糸井が紹介した「おサルのむき方」に、
「私も同じ!」というおサル派と、
「私は逆から!」という非おサル派の両者から、
ぞくぞくとメールをいただきました。

まずは、
非おサル派の方からの、驚きの声です。

メールアイコン 目の前で、バナナを下から
(糸井さんがむきはじめる側)むきはじめたら、
私だったら「おぉっとぉ?!」と、
ある種の尊敬を抱くかもしれません。
あまりに意外すぎます。
ちなみに今まで糸井さんと同じむき方の人、
見たことないです。
(j)



メールアイコン 初めてやってみました。
バナナのおさるむき。
思いもつかなかったです、この方法。
慣れてないので最初のひと刺しが深すぎて
バナナに親指がはまった感じになりました。
コツをつかめばおさるむきの方が良さそう。
なんか味も美味しい気がするんですけど‥‥
(w)



メールアイコン 「今日のダーリン」のバナナのむき方は
目からうろこでした。
上の方からしかむいたことがなかった私には
画期的!!
上からはむきにくいと
つねづね思っておりました。
だれも周りでおサルむきはいませんでした。
今度から、
ぜひバナナはおサルむきにしたいと思います。
(ねこたけ)



つぎに、「私もおサル派」の方の驚きの声から、
ご紹介いたします。
おサル派は少数派、と糸井は書いておりましたが、
予想をはるかに上回る、たくさんのおサル派から
メールをいただきました。

メールアイコン ええっ?

今、ダーリンのお話を読んで、
びっくりしました。
私、バナナはダーリンと同じように
先っぽの方からむくんだと、
ずっと思ってました。
59歳ですが、今のいままでずっと。
そういえば、
柄のある方からむいている人もいますが、
そっちの方が変だと思っていました。
(鳥取暮らし3年目)



メールアイコン 今日の記事見てびっくり。
私は糸井さんと同じ、お猿さんと同じ。
皆、日本中、世界中、
そうだと思ってましたぁ〜。
今日の今日まで、まじで!!!
(M)



メールアイコン 自分も、根元を持って、先からむきます。
それをヘンとか言われたこともありません。
根元を折る? というのが想像できないほどに、
衝撃的な「今日のダーリン」でした。
(たけうま)



メールアイコン 付け根の方からむくのがメジャーって
ホントですか?
漫画で描かれているバナナの皮は
先からむかれている気がします。
ほらバナナの皮でつるりんとすべる、
お約束のギャグのバナナの皮です。
(i)



そして、祖父が、父が、母が、おサル派だった!
自分はおサル派だけど
子どもは非おサル派だった!
というメールもたくさんいただきました。
もしかして、年代とむき方に
関連があるのかもしれません。

メールアイコン 糸井さん、ご安心(?)ください!
私の祖父(83歳)も
糸井さんと同じようにしてバナナをむきます。
妹が驚いて
「おじいちゃんそんな食べ方するの?!」
と言っても無反応。
少数派になってることなど
意に介していないようです。
(まゆき)



メールアイコン バナナのむき方ですが、
我が家で議論になったことがあります。
父が茎を手にもってむいているのを見て、
おかしいと言ったら、
これが正しいむき方だと言い張ります。
そこで母に同意を求めたら
夫婦しておサルさんなのでした。
親子でバナナを手に
ああだこうだ言いあったことを
懐かしく思います。
偶然にも昨日、母の仏前に
バナナをお供えしたところでした。
糸井さん、仲間が福岡に1名いますよ。
(おはぎ)



メールアイコン 糸井さん!
私は47歳♀ですけど、
今まで何の疑問も持たずに
バナナを糸井さんのようにむいて食べてきました。
それを、変わっている、
と指摘をされたことは一度もありません。
もちろん家族もみんなそうだと思って、
子どもたちに今聞いたら、
茎の方から(つまり私とは逆)
むいて食べてるって言われました。
びっくりです!
親子でも知らなかった‥‥
このむき方が、少数派だったなんて、
軽くショックを受けてます。
本当に普通に、
子どもの頃からそうしてきたから。
これから、両親や友だち、
周囲の人に尋ねてみたいと思います。
(ゆきこ)



メールアイコン びっくりしました。
そして笑ってしまいました。
私も全く同じやり方でバナナを食べていました。
でもその食べ方をする人が
1割も居ないとは驚きです。
どうしてなのかなと私なりに考えてみました。
私は昭和22年生れ(女)です。
ある年代の人から食べ方が分かれるのかな‥‥
と思いました。
糸井さんが聞かれた人々は
比較的若い世代の方だったのでしょうか。
私もリサーチしてみようと思いました。
(k)



さらに、海外ではおサル派が多いというメールも
たくさんいただきました。

メールアイコン ご安心ください。
うちの夫(チェコ人)も糸井さんと同じように
バナナの皮をむいています。
しかも皮についている実(?)も
口でこそげとって食べています。
私はカナダに住んでいますが、
私の周りで、
糸井さん方式でバナナの皮をむいている人たちは
けっこういるような気がします。
(カナダ、ビクトリア在住N)



メールアイコン イトイさんの「先っぽからむく」食べ方は
ウチのダンナと同じです。
彼はイタリア人。
ある日、
私がバナナを根元の方から食べているのを見て
彼曰く
「そっちから食べたら
 最後に“持つところ”がなくなるじゃないかー。
 バカだなー」。
彼にとって「根元」は“取っ手”なのでした。

ちなみに
イタリア人はみんなそうやってむくのか?
という質問に彼は、
「それ以外のむき方があるなんて
考えたこともないから、
人がどうむいてるかなんて知らない」
そうです。
次回彼の実家に帰ったときには
家族みんなに聞いてみたいです。
(えみぱふ)



メールアイコン バナナのむき方で
カルチャーショックを受けたことがあります。
以前スロバキアに行った時、
友人が「黒い方から」むいていて
私がおどろいたら、
「みんなこっちからだよ」と言われました。
長距離電車の中で観察していたら、
確かに現地の人は「黒い方から」が
ほとんどでした!

ヨーロッパでも西欧は
「パキッと折って」が主流です。
「バナナのむきかた分布」がわかったら
面白いですね!
(tokioterin)



そして、「おサルのむき方」をするのには
理由がある、というメールもたくさん
お寄せいただいたので、
代表的なものを2つ、ご紹介いたします。

メールアイコン バナナのむき方、
私も糸井さんと同じやり方です。

やっと仲間がっっ
うれしくて思わずメイルしちゃいました。

先っぽからからむくと
・持ち手があって食べやすい
・バナナの先に付いている(ささっている?)
 なにやら黒くて小さなヘタの名残の様なものも
 自然に取れるので良し
と、指摘される度に説明するのですが
同意してくれる人はおらず
笑われる事多し。

ちぇっ
ほんとに食べやすいのにな。
(ぐいつ)



メールアイコン 「今日のダーリン」を読んで
「おっ!」と思ったのでメールしました。
わたしはいままでずっと、
つながった茎の部分からむいて食べる、
糸井さんとは反対の人でした。

しかし!
最近、糸井さんと同じ食べ方を
するようになりました。
なぜかというと‥‥
かかりつけのお医者さんに
「朝は毎日バナナ食べてるんです〜」
と話したところ、
「バナナはどこからむいて食べてる?」
と聞かれたんです。
そんなこと聞かれたことないな〜と思いつつ
「頭の部分からむいて‥‥」と答えると、
「ダメ!!
 おしりの部分からむいて食べなきゃ!」
と言われました。

理由を聞くと、
バナナにたくさんふりかけられている農薬が、
一番あたっている上の茎の部分に
最も吸収しているので、
吸収が一番うすいおしりから食べて、
頭の部分は3センチほど残すように
ということでした。

皮につつまれているので
全く気にしていませんでしたが、
影響があるんだな〜と思い、
それからはおしりから食べるようにしています。

朝バナナを初めて、早2年。
バナナを食べた数は負けないぞ!
この情報が少しでもお役に立てれば
うれしいです。
(まいまい)



ほんとうにたくさんのメールを、
ありがとうございました!

この反響を受けて、
翌日の「今日のダーリン」で
糸井はこんなふうに書いていました。

・昨日、なんとなくここで書いた
 「バナナのむき方」に、
 たくさんの人が反応してくれて、
 じぶんでもびっくりするやら、
 うれしいやらでした。
 もうこうなったら、
 ぼくは、自信を持って、
 他人になんと言われようと
 「おサルのむき方」で行く!

 しかし、
 他の人が「おサルのむき方」じゃなくても、
 ぜーんぜんかまわない。
 でもね、「バナナ自身」はどうむかれたいのか?
 そのへんを、よくバナナと話し合っていただきたい。
 そう思うしだいです。
 (2010年3月15日「今日のダーリン」より)



みなさんも、バナナと話し合いつつ、
お好みのむき方で、バナナを食べてくださいね。

それでは、また。

2010-03-28-SUN

postman@1101.com宛てのメールは、
乗組員みんなで読んでいます。
これからもご意見、ご感想をお寄せください。
アクセスの数字の後ろに「人」の姿が見えると、
乗組員一同、なによりの励みになるのです。

postman@1101.com 宛に送ってもらったメールは、
このコーナーで紹介させていただくかもしれません。
なのでぜひハンドルネームを記入してくださいね。
また、掲載されては困るメールには、
「載せちゃイヤ!」と書き添えてください。

ほぼ日にいただいた原稿、メール(投稿)等の著作権は
翻案権を含んでほぼ日に譲渡されたものとします。
ほぼ日にいただいた原稿、メール(投稿)等は、
使用する場合に
編集等をすることがあるかもしれません 。

最新のページへ