鋼正堂

キャセロール

ころんと愛嬌のある形をしているのに、
はたらきもの。
台所道具で一番好きなものは
もしかしたら鍋かもしれません。

今までいろんな鍋を使ってきましたが、
四日市に通うううち、
萬古焼で作ったらどうなるだろう? という
好奇心が沸き起こってきました。
いわゆる土鍋ではなく、
キッチンに置いておくだけで、
またテーブルに出してもしっくりくる、
そして大小のプレートやスープ皿との相性のよい、
キャセロールが作れたら、と。

愛嬌ある形ってどんな形?
使いやすい容量はどれくらい?
取っ手やつまみはどうする?
ひとつひとつ
内田さんと確認しながら形にしていきました。

取っ手を持ち上げると、
親指以外の指の当たる部分に少しへこみがあって
持ち上げやすくなっているのですが、
それは内田さんの工夫。
私の「見た目をかわいく」という要望を聞き入れつつも、
きちんと使う人の立場に立ってものづくりをする。
今まで数え切れないほどの器を作ってきた内田さんの
すごさがこの鍋に表れています。

ラタトゥーユ、豆の煮込み、ポトフ、
クレソンと豚のスープ‥‥。
この鍋を見ていると作りたい料理が
どんどん思い浮かぶ。
料理する気持ちを高めてくれる。
何より一番うれしいのは、
じっくり火が入ることによって、
料理がとってもおいしくなるところ、なのです。

(伊藤まさこ)

「こんなかたちだったら、
置いてあるだけでもうれしい」
というかたちを伊藤まさこさんがスケッチ、
それをもとに内田鋼一さんがろくろをひき、
原型をつくりました。
フタや持ち手、取っ手の形なども、
伊藤さんの理想をいかしています。
もちろん直火にかけられます。
(IHは非対応です。)
フタには空気穴があります。

三重県四日市市の萬古焼の工房、光泉セラミックで
機械ろくろによってつくられています。

オフホワイト

素材

耐熱陶器

大きさ(胴)

内径:約18.5cm
外経(取っ手を含まず):約19.7cm
高さ(内側):約9cm
高さ(外側):約10cm

大きさ(フタ)

直径:約21.3cm
高さ:約2.5cm(取っ手を含まず)
取っ手部分直径:約4cm
高さ:約2cm

満水容量

約2.4L

重量

約1705g

知っておいてほしいこと

  • ・てんぷら・フライ等の揚げ物には危険ですから、絶対に使用しないでください。火災になる恐れがあります。

  • ・空焚きをしないでください。

  • ・ワレモノです。取り扱いには十分きをつけてください。

  • ・キャセロールの電熱器でのご使用は、熱がこもるため危険ですので、使用しないでください。

  • ・ご使用前は、キャセロールの外気の水気を拭き取り、弱火からご使用ください。

  • ・加熱したキャセロールに触れるときには、火傷をしないように注意し、必ず鍋つかみ等を使用してください。

  • ・テーブルに置くときは、テーブル表面を傷つけないように、必ず鍋敷きを使用してください。

  • ・熱いキャセロールを急に冷たいところへ置かないでください。

  • ・ごくまれに、水分が鍋底にしみでることがありますが、異常ではございません。このようなときは、お米のとぎ汁を煮立てていただきますとなおります。

  • ・ご使用後は、カビ・臭気防止のためによく洗って、風通しのよいところで完全に乾燥してから収納してくだだい。

  • ・1点ずつ、手作業で型から起こしてつくっているため、量産品ではありますが、ひとつひとつに独特のゆらぎがあります。

  • ・使い込んでいくと使用感がでてきます。風合いもたのしんでください。

スタッフクレジット

写真|有賀傑
商品写真|沖田悟
商品写真|沖田悟
スタイリスト|伊藤まさこ