株式会社ほぼ日が東京で運営している
リアルスペース(実店舗・ギャラリー)には、
「TOBICHI東京」と「ほぼ日曜日」の2か所があります。

「TOBICHI東京」は
神田にあるほぼ日本社の1階で、
「ほぼ日曜日」は渋谷PARCOの8階にて、
それぞれ活動を続けています。

このたび、これらのリアルスペースを運営するための、
「フルタイムスタッフ(契約社員)」
募集することとなりました。

ご興味を持ってくださった方は、
下の説明をよくお読みの上、エントリーを。
頼れる仲間との出会いを、お待ちしています。

※同じ場所でのパートタイムスタッフ(アルバイト)の募集は8月にあらためて行う予定です。
アルバイトとしての参加をご検討の方は、その機会までしばらくお待ちください。

  • ●まずは2つの場所について。

    こんにちは、「ほぼ日刊イトイ新聞」の山下です。
    ほぼ日では主に、
    リアルスペースを担当しています。

    このたび、
    「TOBICHI東京」と「ほぼ日曜日」を運営していく上で、
    重要な役割を担ってくださる
    「フルタイムスタッフ(契約社員)」を募集します。

    まずは、2つの場所について簡単に説明します。

     

    【TOBICHI東京】

    場所は、ほぼ日神田ビル(株式会社ほぼ日の本社)の1階です。

    TOBICHIとは、「ほぼ日刊イトイ新聞」が
    ぴょんと現実の街に飛び出した場所のイメージ。

    「商品」というかたちをしたほぼ日のコンテンツ、
    「ほぼ日グッズ」の直営店でもあります。


    ▲「ほぼ日手帳」「やさしいタオル」など、多くのほぼ日グッズを販売。

    グッズの販売だけでなく、
    TOBICHIでは、展示などの催しも開催されます。
    この場所のコンセプトについて詳しくは、
    ぜひこのページに目を通してください。
    ほぼ日の、リアルスペースの考え方についても
    知っていただけると思います。



    ▲「日常の中にある仲條正義のデザイン展」(2021年)の様子。

     

    【ほぼ日曜日】


    渋谷PARCOの8階にある、多目的なスペースです。

    「ほぼ日刊イトイ新聞」の読者がコンテンツを読むように
    訪れてくださるのが「TOBICHI東京」であるとすれば、
    「ほぼ日曜日」は、ふらりと訪れたお客様と
    「はじめまして」の出会いがたくさん起こる場所です。


    ▲「ドラえもん1コマ拡大鑑賞展」(2021年)の様子。

    展覧会、写真展、ライブ、カフェなどなど、
    ひらかれる催しは、
    常に新鮮なムードで展開されます。
    この場所のコンセプトについては、
    このページをお読みください。



    ▲「シロクマだらけ展」(2021年)の様子。

     

    ●2つの場所はどのように運営されているか。

    今回の募集に手を挙げていただくにあたり、
    これらのリアルスペースが
    どのような流れで運営されているかについても、
    知っておいてほしいと考えています。

    それは、こんな流れです。

    【①企画のアイデアをうむ】


    ▲「会場でりんご狩りができたらおもしろい?!」を思いついた会議。

    すべての元になる部分です。
    2つの場所で何をやりたいか、
    何をやったらみんながうれしいか、
    会議やふだんのおしゃべりのなかから見つけ出します。

    【②企画を設計する】

     


    ▲会場にりんごの木をつくるイメージで作成された図面。

    やりたいことのテーマ・方向性が決まったら、
    具体的な設計図を描きます。
    文字通り、会場の図面を(ラフに)描くのはもちろん、
    ご一緒したい作家さんへのオファーや、
    スケジューリング、
    イメージしたことが現実的かどうかの検証を行い、
    企画内容を具体的に実行可能な内容に整えます。

    【③企画の準備をする】


    ▲東北から届いたりんごを会場に。壁にはヨシタケシンスケさんの原画を展示。

    催し初日に向けて、すべての準備を進めます。
    ・告知ページの原稿執筆、デザイナーとの打ち合わせ。
    ・作家さんとの打ち合わせ、メール等のやりとり。
    ・リリースの作成、広報活動。
    ・オリジナルアイテムの開発、発注、管理。
    ・他社から仕入れる商品の発注とやりとり。
    ・展示パネル、装飾物、印刷物などの製作。
    ・会場入り。展示作品の運搬、設営(力仕事も)。
    などなど。

    【④現場で企画を実行する】


    ▲「りんご狩りかもしれない展」(2021年)完成。スタッフは、催しのテーマに合わせてキャストとなり、
    安全・清潔に気をつけながら、たのしくお客さまをお迎えします。

    本番。
    つまり開催期間がやってきます。
    ・お客様を、安全・快適にご案内するための
    マニュアルを現場スタッフに伝える。
    ・現場に立ち、接客、解説、レジ業務を行う。
    ・商品の補充、発注。
    ・トラブルやイレギュラーなことが起きたときに
    判断し、対応する。
    ・会期終了後には撤収、片付け。次の催しへ。

    といった具合です。

    上記のほかにも、日々の掃除や、衛生面の管理、
    毎日のSNS投稿、スタッフのシフト作成など、
    やるべきことは多くあります。

    以上のような流れが、
    「ひとつの催しごと」に実行されます。
    先々の企画をいくつも進めていますので、
    上記作業を、同時に、複数、
    並行して進めていく日々です。


    ●仕事内容について。

    前置きが長くなりました。
    上記の流れを知っていただいた上で、
    「フルタイムスタッフ(契約社員)」のお仕事について説明します。

    今回募集する「契約社員」の方に
    受けもっていただくのは、
    主に【④現場で企画を実行する】の部分です。
    つまり‥‥

    現場のリーダー的な立場として、
    「TOBICHI東京」もしくは
    「ほぼ日曜日」を運営するお仕事です。

    イメージとしては、
    「開催中の催しや商品に最も詳しいスタッフ」
    として会場に立っている人。
    お客様からはもちろん、
    現場のアルバイトさんから質問を受けたときに、
    しっかりと答えられるリーダーです。

    そのためには、
    企画内容をコンセプトのところから
    深く理解している必要があります。
    なので「企画会議」に参加してもらうこともあります。

    また、運営業務の一部として、
    他社とのメールでのやりとりや、
    シフトの作成、商品の補充・管理など、
    上記①〜③の業務の一部も、
    幅広く担当してもらうことになります。

    ただし、軸足はあくまでも現場(会場)です。

    催しや商品の主旨やテーマを把握しながら
    現場スタッフとコミュニケーションをとり、
    共に働く、
    「太いパイプのような役割」とも言えるでしょう。

     

    ●どんな人に来ていただきたいか。

    今回の募集では、3名の採用を予定しています。

    3名の新しい仲間として、
    どんな人に来ていただきたいか‥‥。

    第一に挙げたいのは、
    「好奇心が旺盛な人」です。

    ほぼ日のリアルスペースで実施する企画は、
    その都度おおきく内容が変わります。
    しずかな絵の展覧会をひらいた次の週に、
    にぎやかなイベントを開催したりします。
    販売されるほぼ日グッズには、
    手帳やハラマキ、タオルなどほぼ日の定番商品に加えて
    スキンケアアイテム、MOTHERグッズなど
    幅広い分野の商品が並び
    つねにあたらしいものが発表されていきます。
    テイストも、雰囲気も、お客様の層も、変わります。
    ですから、
    自分がこれまで出会ったことのない世界観にも
    好奇心が自然に傾いていくような人が
    この職場に向いていると思います。
    と同時に、
    自分の嗜好にとらわれず広くやわらかく
    何でも吸収しようとする人に出会いたいと、
    私たちは思っています。

    ほかにも、出会いたい人のイメージを下に。

    ・接客がたいせつなので、話すことが好きな人。
    ・明るくて誠実、約束を守る人。
    ・健康と清潔に気を配っている人。
    ・仲間を助けようとする人。
    ・ていねいなメールを書ける人。
    ・文章を書くことが好きな人。
    ・数字にマメな人。(発注やシフト作成のため)
    ・アートやファッションに興味がある人。
    ・簡単な大工仕事ならできそうな人。
    ・日常的な英会話ができる人。(必須ではありません)

    目安として、捉えていただけると幸いです。

     

    ●働く場所について。

    「TOBICHI東京」と「ほぼ日曜日」、
    同じほぼ日が運営する場所ですからムードが似ています。
    似てはいますが、もちろんそれぞれに個性があります。

    「TOBICHI東京」で働く人には、
    上に記した①〜④の企画を実行していく以外に、
    「ほぼ日グッズの常設ショップを運営する」
    というたいせつな仕事があります。
    さまざまな商品・グッズの発注、陳列をおこない、
    お客さまのご興味にあわせて
    わかりやすい説明ができる商品知識が必要です。
    つまり、
    「催しの企画とほぼ日グッズの販売」
    この2つを同時に行えるのが
    「TOBICHI東京」での働き方の特徴と言えるでしょう。

    一方「ほぼ日曜日」には、
    常設の「ほぼ日グッズショップ」はありません。
    こちらで行うことはほぼすべて、
    展覧会やイベントなどの企画と運営です。
    ただ、「ほぼ日グッズ」のお店ではありませんが、
    ここでひらかれる催しでは、
    ほぼすべての場合、何らかのグッズ販売を行います。
    展覧会であれば作家さんの著作物やオリジナルアイテムを、
    テーマを決めてのイベントであれば
    そのテーマに合わせた様々な商品を販売します。
    その度ごとに、作家さんやテーマについての知識を深め、
    関連する商品群についての説明も
    一通りできるようになっておく準備が必要です。

    と、ここでは「販売」について
    2つの場所を比較しましたが、
    実際にはもっとたくさんの異なる個性があります。

    エントリーをご検討くださるあなたが
    どちらに向いているのか、
    そしてあなた自身がどちらで働きたいのか。
    現時点でそれを決めるのは難しいと思います。

    ご応募の際、どちらでの勤務を希望するかを
    うかがう項目がありますが、
    そこは暫定的に、いまの印象でお答えください。
    実際の勤務地の決定は、
    その後のご相談で決めさせていただきます。

    リアルスペース担当・山下からのご案内は以上です。

    大人の本気の学園祭が続いているような、
    どたばたですがたのしい現場です。
    われこそはと思う方、
    下の募集要項をさらによくお読みになって、
    エントリーへとお進みください。

    ご応募、お待ちしています。

     

    募集要項

    ●雇用形態/募集人数
    ・「TOBICHI東京」契約社員 1名
    ・「ほぼ日曜日」契約社員 2名

    ●業務内容
    「TOBICHI東京」または「ほぼ日曜日」における店舗運営業務。
    催しものの運営及び販売関連業務。

    それぞれの詳しいお仕事内容は、
    上記の「●仕事内容について。」をご覧ください。

    ●契約期間
    初回契約期間(試用期間相当)6ヶ月を経て
    お互いに合意ができれば、
    原則6ヶ月ごとに最長3年まで(試用期間含む)
    契約更新を行っていきます。

    ●求める資質・経験
    <必須条件>
    ・18才以上(但し、高校生はご遠慮ください)
    ・土日祝日の出勤が可能であること
    ・気持ちよくお客さまとコミュニケーションが取れる方
    ・お客さまによろこんでいただける場所となるように
    考えて実行できる方

    <歓迎するスキル・ご経験>
    ・店舗運営業務のご経験
    ・販売、接客業務のご経験
    ・ギャラリーやイベントスペース等で勤務のご経験
    ・アイディアを出したり実行するのが好きな方
    ・簡単な大工仕事や作りものが得意な方
    ・日常的な英会話

    お会いしたい人のイメージについては
    上記の「●どんな人にきていただきたいか」
    あわせてご覧ください

    ●勤務日時
    週40時間、一日実働8時間を原則としてシフトにて決定します。

    ●休日・休暇
    休日:週2日以上を原則としてシフトにて決定します。
    休暇:有給休暇(勤務日数、在籍期間などに応じて付与)、慶弔休暇、健康休暇(5日間)

    ●シフトについて
    「TOBICHI東京」は【10時30分~19時30分】
    「ほぼ日曜日」は【10時30分~20時30分】のあいだでシフトを組みます。
    *店舗の営業時間やイベント開催時間に合わせて
    上記のシフト時間枠を変更する可能性があります。

    ●働き方・報酬・待遇
    時給1250円
    ・社会保険加入
    ・交通費支給
    ・社員販売割引制度

    ●勤務場所

    「TOBICHI東京」
    東京都千代田区神田錦町3-18ほぼ日神田ビル1F
    ・東京メトロ半蔵門線、都営三田線、都営新宿線
    「神保町」駅 A9出口徒歩約5分 他

    「ほぼ日曜日」
    ・東京都渋谷区宇田川町15-1 渋谷PARCO8F
    各線「渋谷」駅より徒歩約5分

    勤務場所はご応募時のご希望をもとに
    面接の結果を受けて決定します。
    研修の実施やイベントにより
    両方の店舗、およびほぼ日本社(千代田区神田錦町)で勤務いただく場合もあります。

     

    下記の「応募する」ボタンをクリックすると
    エントリーフォームが表示されます。
    ページの案内に従ってご応募をお願いいたします。
    応募の受け付けは2022年5月28日(土)午前9時までです。

    ※今回のエントリーフォームは株式会社ステラスが運営する採用管理システムジョブスイートを利用しています。以下のボタンをクリックすると、株式会社ステラスが運営する「ほぼ日」専用エントリーフォームに遷移します。

     

    選考スケジュール

    エントリーフォーム応募受付期間
    2022年5月14日(土)午前9時

    2022年5月28日(土)午前9時

    書類選考

    書類選考通過のお知らせ
    5月末を予定
    選考結果は応募くださったみなさまへメールにてご連絡いたします。
    選考状況によってはご案内時期が前後する可能性があります。
    あらかじめご了承ください。

    選考(面接)
    6月中を予定
    ※1~2回の面接を予定しています。

    勤務開始時期
    7月中旬から勤務開始
    ※勤務開始日はご相談に応じて決定します。

     

    お問い合わせについて

    採用に関するお問い合わせは
    saiyo@1101.com まで、メールでお問い合わせください。

     

    応募情報の取り扱いについて

    ~ご応募の前に必ずご確認ください~
    応募情報について

    人事採用のご応募に際して、個人情報およびその他の情報(以下「応募情報」といいます)の提供をお願いいたします。
    応募情報の内容については、応募者自らが責任を負うものとし、虚偽の内容に基づいた応募や、不正なアクセス、公序良俗に反する行為、第三者の権利を侵害する行為、その他法律、法令に反する行為をしないものとします。
    応募情報の管理
    応募情報入力の画面は、SSLという暗号化の仕組みを使用しています。
    お預かりした応募情報につきましては、厳重に管理いたします。
    採用選考後は、例外なく返却いたしませんので、あらかじめご了承ください。不採用とさせていただいた場合は、採用選考業務終了後、適切な方法にて破棄・削除いたします。
    応募情報の利用
    採用選考および入社手続きに必要な範囲で利用し、法令で定められる場合、安全管理処置を講じた委託先に業務委託をする場合をのぞき、ご本人の同意なく、第三者に提供したり、他の目的では利用することはありません。
    また、応募情報が、当社が独自に開発、制作、検討などを行っている未発表の企画、コンテンツ、デザイン、アイデア等と偶然に類似する可能性がございますが、その場合にも、当社が代償などの支払いを含め、いかなる責任を負わないことをご了承ください。

    2022-05-14-SAT