2019-01-20

「ほぼ日の学校」で、シェイクスピアの授業を受けたり、万葉集の講座を聴講したりしているのが、ずいぶんとたのしい。「こういうの好きだったの?」とじぶんに訊いてみたい。シェイクスピアも万葉の歌も、学校にいるときは、じぶんから遠いものとして横目で見ていただけだった。しかし、義務でもなく、目的があるわけでもなく、古典と呼ばれるものに出合うということは、ずいぶんと気持ちのいいものだった。長い歳月に晒されながらも強く残ってきたものは、こちらが身をやわらかくして接すると、わくわくさせるような「おもしろみ」を見せてくれる。「わかる」とか「わからない」ということに因われて、親しくなれなかったことが、もったいなかったと思う。

「ほぼ日の学校」に集まっている方々は、おそらく、そのテーマを専門的に学んできた人ではない。好きだったとか、興味がある、少し読んでいたというくらいの軽さでやってきた人たちだ。なんとものびのびと、なおかつ真剣に古典をたのしんでいる姿は、見ていても気持ちがいい。

ちょうど、そんなことを考えていた時期に、上野の国立博物館で『顔真卿』の特別展があった。もちろん、ぼくが書に詳しいわけはない。書の世界で別格の扱いを受けている人だから、名前くらいは知っているという程度だ。展覧会に行って、そこに展示されている書を、「よさがわかるのか」と言われたら、返答に困る。そんな人間がなぜ行くのかわからないけれど、観てみたいと出かけたのは、幸運だったと思う。東博で書の展示で、観客はどれほど集まるのだろうかと(どうせ空いているだろう)と地下鉄に乗ったのだが、着いたら、いやいや、とんでもない満員だった。中国の人が、この機会にたくさん観に来ているのだ。歴史的でしかも世界的なスターの登場という感じなのだ。わかるわからないではなくて、「おお!」と言う場面だ。ぼくも、わかってるわけじゃない観客として、「なんだか、おおお」という思いながらたのしんできた。

今日も、「ほぼ日」に来てくれてありがとうございます。書というものを大切にしてきた人間の歴史が、まず、尊い。

感想を送る
ほぼ日のTOPへもどる