2021-11-28

『みてね』というアプリがあるおかげで、娘の娘の日常の写真や動画を見ることができる。家族だけの写真館みたいなものだから、だれに文句を言われることもなく、まぬけな写真と身内びいきな鑑賞がくりかえされる。そういう「劇場」で、つい発見することもあったりする。

最近のヒットは「壁にテープで絵を貼る」というものだ。うまく絵が描けたということで、その絵を飾ることに。粘着テープをちょっともらって、絵の上に半分貼りつけて。壁にテープの部分を押し付けて…貼った。と思ったら、画用紙の重みでストンと落ちてしまう。がっかりするかと思ったら、娘の娘は大笑いする。もう一度、テープを壁に押し付けて上からギュッとして、さぁ、もう大丈夫…と思ったけれど、また、ストンっ。あははははは、落ちた、あははは。次は、テープをギュッとしたら、急いでその場を立ち去る。そこから逃げたら絵は落ちない? 走る!ドタドタドタドタ…見てないところでも絵は落ちた、あはははは。何度も繰り返していればテープののりは弱くなるから、貼る落ちるあははは貼る落ちるあはははとなる。なんてたのしそうなのだと、ぼくは思う。

絵をテープで貼って飾るという「目的」からしたら、いちいちぜんぶ失敗しているのに、たのしそうなのだ。そして、そうか、これが「遊び」なのかと、気がつく。絵を飾るという「目的」なんかは、「遊び」のたのしさの前では引っ込んでしまうのだ。「目的」が達成できないなんてことは、考えてもいない。絵を飾るだとか、テープを貼るだとかは、この「遊び」のためのゲームルールなのであって、貼っては落ちてを繰り返すことがたのしいのだから、それでいいということなんだよなぁ。キャッチボールだって、サッカーだって、かけっこだって、それをしていること自体が「遊び」なんだから、いつのまにか「目的」を忘れてるなんて当然なんだね。娘の娘の「あはははははは」のなかにあったのは、それだったんだと、彼女の母の父は思ったわけさ。遊べ、遊べ、たくさん遊ぶことがたくさん成長することさ。壁に絵を飾るくらいは、大人がやってあげますから。

今日も、「ほぼ日」に来てくれてありがとうございます。「目的」が見えてからの「遊び」も、さらにあるんだけどね。

感想を送る
ほぼ日のTOPへもどる