2024-02-29

・4年に一度の2月29日という一日が、「おまけ」みたいなものだと気づいて、こいつを安息日にしてみましょう、と決めただけのことだ。いつもとちがう一日なのだから、いつもとちがうことをしてやりましょう、と決めた。それは「さぼる日」と名付けられて、恒例の行事になった。

しかしねー、ぼくにとってはこの「さぼる日」って、「さぼってない日」より、ずっとさぼってないです。いつものように午前4時に寝て、9時にはスタートに合わせて神田の「ほぼ日」にいて、そこから計画したりしなかったりの一日をすごす。ま、そこでずるずるとさぼっていてもいいんだけどさ、一回目が「雪の千葉動物園」でゴリラと対面できたとか、二回目は「箱根温泉一人旅」とか、けっこうよかったんで、今回も、それなりに、「じぶんの思い出に残るような」そんなさぼり方をしたいと思うじゃん。でもね、あんまり張り切りすぎてもいけない。「猛烈さぼりーまん」とか噂されるのはありがたくない。某山下さんは「この機会にバンジージャンプを」と、思いついたままに勇んで家族に告白したら、えらくとっちめられたらしい。ぼくも考えている途中では「へリコプターで東京湾周回」とか「赤城山のバラ栽培農家から山ほどのバラを買ってくる」「都内都下ラーメンの旅」「ひとりメイド喫茶を嗜む」「厳寒の本栖湖で釣れない釣りをしてくる」とか、なかなか苦労の多そうな企画も考えたんだけれど、「さぼる日」は「がんばる日」じゃないんだと気づいた。で、まぁ、もう遅いが、当日になってしまったので、いちおうなにをしようかはメモしたんですけどね、

「がんばらないで、ちゃんといつもとちがってる日」として「雪の日の千葉のゴリラ」や「箱根温泉一人旅」よりもたのしめそうかというと、もひとつ自信はない。「この道をゆけばどうなるものか、危ぶむなかれ。危ぶめば道はなし。踏み出せばその一足が道となる。迷わず行けよ。行けばわかるさ」こんなときにもアントニオ猪木のことばは強い。いくつかの「この道」を考えついた。あとは、危ぶまずに一足を踏み出すのだ。

今日も、「ほぼ日」に来てくれてありがとうございます。みんなはどんなこと考えてるのかなぁ、食べもの多めかな?

感想を送る
ほぼ日のTOPへもどる