2019-05-19

・「ほぼ日」に、いろんなミーティングがあるなかで、ぼくがひとりでしゃべっているようなものもある。これは、毎週、定期的にやっているもので、「水曜ミーティング」と名付けられている。ぼくがテーマを考えてきて、そのことについて、あっちふらふらこっちゆらゆらしながら、とにかく、ひとりでしゃべる。正直に言って、ぼくの「ほぼ日」での仕事のなかで、いちばんたいへんなのは、このミーティングだと思う。じぶんの考えていること、考えかけのこと、わかっていること、わかってきたこと、伝えておきたいこと、じぶんたちのこと…などなど。「この人は、こういうことを考えているのか」とか、「この人の考え方は、こういう筋道なのか」とか、言っておかなきゃ、乗組員たちも「はじめて知った」ということばかりになってしまうだろうから、とにかく毎週毎週、くりかえし、たくさん伝えておく。最後に質問してもらって、それについてまた話す。

ぼくは、この「水曜ミーティング」ができなくなったら、「ほぼ日」での仕事をやめるつもりでいる。いま現在と、これからのことをどう見ているのか、それを語れなくなっていたとしたら、ぼくらは、ただ海に浮かんでいる船になってしまう。その船、どうにもならないぜ、と思う。いずれ食糧も尽き、人は気力をなくし、急激に衰えながら漂流することになるだろう。なんて、おおげさなことを言っているみたいだけれど、これは、かなり本気で思っていることだ。

・それ以外のミーティングでは、ぼくがしゃべることをどれだけ減らせるか考えている。みんなの話を、「それはつまらなくないか?」あるいは、「それはよく転がるかな?」と思いながら聞いている。前者のチェックは「輝き」に関わることだ。後者については、雪だるまのイメージである。転がっていろいろなものと影響しあって、大きくなる。ゴロゴロ転がり、どこに着地するかよくわからない。頭のなかでは、そういうことを思いながら、なるべく黙っている時間を過ごしている。

今日も、「ほぼ日」に来てくれてありがとうございます。わからないことばかりでも、向こう側が明るければ行け。

感想を送る
ほぼ日のTOPへもどる