2018-09-20

・さぁ、はじまりました。阪急うめだ本店での「生活のたのしみ展」出張巡回展。「イトイさんは百貨店開店のときに、お客さまといっしょにふつうに入店してください」前もって従業員入口とかから入ろうとすると、道に迷ったり案内の人の手を借りなきゃならないので、そういうことになったのでした。さすが阪急、小林一三のつくった宝塚歌劇にちなんで、「すみれの花咲く頃」が開店の音楽なんですね。エスカレーターを乗り継いで9階の会場に着いたのが、開店からたった9分後だったわけですが…「たのしみ展」の会場は、もう人でいっぱいでした。出発は同時だったはずなのに、どうやってここに?そんな疑問も生まれるほど、みんな速かったなぁ。

一日中、機嫌のいい時間が流れていたのは、いつもの「生活のたのしみ展」に負けてないのですが、レジのシステムや、そのオペレーションは、百貨店の方々が受け持ってくださったので、さすがプロフェッショナルという見事さでした。また、雨や風の心配がないということは、そのために準備するもろもろの作業がなくなるので、パワーをじぶんたちの得意なことに使えるんですよね。ぼくも、伊藤まさこさんとのトークショーが、時間はやや押したものの無事に終えられ、しみじみスタートしたなぁと実感して、夕食は、今日のゲストの前川清さんとお好み焼き屋に行きました。

それはそうと、お笑いの芸人さんや、大阪方面の友人が、しょっちゅうネタにしている「大阪のおばちゃん」って、どこにいるのでしょうか?有名な豹柄のファッションも目にしてないし、まだ大阪初心者のぼくには、発見できませんでした。この先も長丁場になりますので、ぼくも乗組員たちも、いろいろ刺激を受けていくと思います。ぼく個人は、付け焼き刃ですが、小林一三さんのことを、急に勉強したくなって、本を読みはじめています。

ウィークデイの初日に、これだけたくさんのお客さんだと週末の人出がどうなるか、ちょっと見当がつきません。

今日も、「ほぼ日」に来てくれてありがとうございます。ほっとして疲れがどっと出ないよう、上手に休みましょう。

感想を送る
ほぼ日のTOPへもどる