2019-07-16

・農業だとか狩猟だとかで生きていた時代は、「よくわからないことだらけ」だったろう。お天道様の動きや、風や雲や、植物や昆虫の様子、月の満ち欠けなんかのことをいろいろ、ちょっとずつ知っていって、それを蓄積させて、「こういうときは、こうするものだ」と伝えていった。

南から日本という島国に流れ着いた昔の人たちも、星の位置やら潮の流れ、荒天の避け方なんかを知り、生き延びるだけの食糧を確保しながら、ここに来た。身体の延長としての道具というものはあったけれど、機械と呼べるようなものは、ほぼなかった。

機械が登場して、数学や物理の進化が加わると、それまでの時代にしてきたことのなかに、「これはちがってたんじゃないか」ということが、たくさん見つかってきた。まじないでは病気は治らないし、魔女なんていないし、馬より蒸気のほうが力があったりすることがわかった。物理の法則を軸にした「工業化」というものが、文明を発展させ、人間のできることを増やしていった。損得でいえば得がたくさんあったし、わざわざ「工業化」をやめる理由もあまりなかったので、たいていのことは、「工業化」し続けていった。説明できるし、再現できるし、予測もできるんだから、そっちへ行くに決まってるとも言える。なんども言うけど、いいことがたくさんあった。そして、いまも、たくさんあるのは知っているさ。

だけど、なにもかも「工業化」はできないんだよね。もともと、そんなことできないはずだったんだ。でも、いまでも「工業化」が進化だと考えられている。「こうしてこうして、こうすればこうなる」と、トコロテンのつくり方みたいなことを信じている。その前提になる考えは、「同じ」ということへの幻想だ。記号じゃないんだから、ほんとは同じなんてないんだ。「ここでは、これを同じと考える」しかないんだよね。「同じ」であることを元にして、判断も予測もする。だから、つまらないんだよなぁ。「天は、予測を無視し給う」とか言って、今日は終わる。

今日も、「ほぼ日」に来てくれてありがとうございます。昔はよかったということじゃない。笑え、みたいなことだ。

感想を送る
ほぼ日のTOPへもどる