2020-07-01

病院の待合室で隣に座ったおばあちゃん。

付き添いの娘さんらしき人に、「足の痺れについてもちゃんと話してね」と忠告され「全身痛いんだから、忘れねーよー」と答え足を引きずりながらいざ、診察室へ。

出てくると、「先生と泣いたてー 歩けるようにしてもらって ありがとうございますーって。 先生も、よかったよかったって、 2人で手をとって看護婦さんも感激してくれてー」と話し始めた。

おばあちゃんの顔は晴れやかで、娘さんも苦笑いで、私も自分の腰の痛みをしばし忘れた。             (おだんご)

ほぼ日のTOPへもどる