1958年岐阜市生まれ。東京芸術大学大学院修了。
在学中にダンボール作品で注目を浴び、
国内外で個展・グループ展を多数開催するほか、
舞台美術、パブリックアートなど、
多岐にわたる分野で活動。
近年は各地で一般参加者とその地域の特性を生かした
ワークショップを多く行っている。

1982年第3回日本グラフィック展大賞、
1983年第30回ADC賞最高賞、
第1回JACA展グランプリを受賞。
1986年シドニー・ビエンナーレ、
1995年ヴェネチア・ビエンナーレに出品、
1999年度毎日デザイン賞グランプリを受賞。

作品集・著書に『HIBINO』『HIBINO2』
『海の向こうに何がある』『100の指令』
『日常非常日(ピジョッピジョッピ)』(朝日出版社)、
『えのほん』(三起商行/ミキハウス)、
『KATSUHIKO HIBINO』(小学館)、
『8万文字の絵 -表現することについて-』(PHP新書)、
『HIBINO LINE』(玄光社)、
『ひ ESSEY OF KATSUHIKO HIBINO』(淡交社)など。

日比野克彦さん公式ホームページ
CAFE HIBINO NETWORK


とじる