お気に入り記事の保存はアプリが便利!

ほぼ日刊イトイ新聞

2020-03-30

おしらせ

糸井重里が毎日書くエッセイのようなもの今日のダーリン

・いま、世界中のとても多くの人が、
 新型ウイルスの感染が鎮まりますようにと願っています。
 悲痛なまでの「願い」があるとき、
 人は、ほんとうにいろんなことをしてきました。
 その願いが叶えられますようにと、祈る。
 宗教的な祈りの場所に通うこともあれば、
 ひとりでいつもの場所で祈ることもあります。
 それは尊いことだと思っています。
 ぼくも、それはよくします。

 また、願いを叶えるための方法を考えて、
 問題の複雑な糸口を探して、少しずつ引き出していく。
 これについては、感染医療の専門家が、
 経験と知識を総動員してやっていることですよね。
 臨床の現場にいる人たち、研究室で戦っている人たち、
 それを支えるスタッフ、家族、数多くの人たちに、
 こころからの感謝と敬意を捧げます。
 と、ぼくは毎日のように言ってますが、
 実は、これも祈りと似たようなものではあります。
 こころの励みになることもあるでしょうが、
 バケツリレーのバケツを運ぶ役には立っていません。
 ぼくらは医療や感染の専門家でもありませんし、
 社会に必要なものをつくったり、運んだり、
 インフラの保守や管理をしたりする仕事はできません。

 ですが(ここで逆接の接続詞です!)、
 お祈りをするよりも効果が目に見えて、
 選挙で期待する政治家に投票するよりも確実で、
 署名やデモをするよりもずいぶんと直接的で、
 じぶんのためになって、しかも社会のためになることが、
 今回のコロナウイルス対策では、はっきりあるのです。
 これが、いままでずっと言っていたこと。
 清潔(手を洗う、咳エチケットを守る)と、
 「密室、密集、密接」に近づかないことを前提に、
 「人の動きを止める」ことでウイルスの伝染も止める。
 『ワシントンポスト』のこのシミュレーション動画で、
 これがどれほど具体的に効果があるかをごらんください。
 「広範囲の社会距離戦略」は、すばらしく効果的です。
 この災禍を止めるため、じぶんにできることはないかと
 探してきた皆さん、「清潔と不動」こそがお役立ちです!

今日も、「ほぼ日」に来てくれてありがとうございます。
冗談っぽいけど「清潔不動尊」とか「手洗地蔵」もいいな。


ここ1週間のほぼ日を見る コンテンツ一覧を見る



カート