担当編集者は知っている。



『へうげもの』
著者:山田芳裕
価格:540円(税込)
発行:講談社
ISBN:4063724875
【Amazon.co.jpはこちら】

信長、秀吉、家康に仕えた武将でありながら、
茶の湯や陶芸に秀で、
天下一の数寄者として名をはせた古田織部。
立身出世を望みながらも、
物欲が止められずに身もだえ悩む
主人公が面白いです!
「欲望」と「物」を軸に
戦国時代を描く新しい歴史マンガです。
(「ほぼ日」渡辺)


**************************************

担当編集者
/講談社モーニング編集部 藤沢学 吉原伸一郎


‥‥利休は芸術以前の人である。
自然に存在するものの中から
美を見つけ出した人ではあるが、
作り出した人ではない。
織部は美を作り出した人である。
芸術としての陶器は織部からはじまっている。
(海音寺潮五郎著『日本の名匠』中公文庫)

瀬戸焼の名工・加藤唐九郎は
織部をそう評しているそうですが、
じゃあ「織部」って誰なの、と。

織部=古田織部は信長の家臣で千利休の門人。
利休没後、茶の湯の第一人者として、
秀吉、家康、秀忠に仕えました。
特筆すべきは、現代でいうところの
プロデューサー、デザイナー、
コーディネーター、クリエーターであった点で、
茶、器、建築、ファッション、料理etc、
日本人のライフスタイルに多大な影響を残しています。
そのジャイアント・ステップス‥‥は、
「織部焼」のファニーな意匠が物語っていると思います。

武功か数奇か悩んだ挙げ句、織部は趣味のほうに走った。
武人としてはエリートじゃないから、全然カネがない。
三英傑たちが手中に収めた政治的道具としての
名物茶器を、時にうらやみ、時にあざ笑い、
きっちり目利きをしていた。

なけなしのカネをはたいて、好みの茶道具を集める。
既製のものでは飽き足らないので、
オリジナルをつくらせる。
ただのコレクターではなく、
あくまでも「創るヒト」なのです。
だから織部の物欲、創意は感覚的にとてもわかりやすい。
大きな親近感を覚えるゆえんです。

ところが、歴史は敗者にヒジョーにきびしい。

大阪の陣の後、危険人物として、
家康に腹を切らされました。
織部に関わる記録はことごとく焚書されたのでしょう。
詳しいコトがあまりよくわからないワケです。

ところがところがでして、作者の山田芳裕さんは、
もともと「マイナー」に心ひかれるタチでして、
傾き者、数奇者、へうげもの‥‥が大好きなのです。

大正浪漫にひたる大学生を描いた
『大正野郎』でデビュー。
哲学する素浪人『考える侍』を経て、
2030年のジジイ像『しわあせ』を経て、
陸上十種競技の王者『デカスロン』を経て、
宇宙飛行士の卵『度胸星』を経て、
“”うまずい”女旅渡世人『いよっおみっちゃん』を経て、
日本人メジャーリーガー『ジャイアント』などを経て、
この『へうげもの』へと至るのですが、
一貫して「少数者」を描き続けてきました。
物好きな人間、我が道をゆく人間をひたすら愛するのが、
山田さんの変わらぬスタンスと言えるでしょうか。

ヒトのやれないコトをやる。
自分にしか描けないものを描く。
面白くなければ意味がない。

特にスポーツや時代劇の見せ場で示される、
遠近法を無視した印象主義的‥‥なデフォルメは、
山田さんの信条を象徴しているんじゃないかと。
他の作家では真似ができない、なかなか亜流が現れない。
常に独自で、斬新な仕事をしていると思います、
このヒトは。
定評ある見開きのド迫力、
『へうげもの』では茶器をドドーンと描きます。
手前味噌‥‥ながら、
器物にここまで魂を込めた漫画家も
前代未聞では。

今回、山田さんが織部を主人公に選んだのも、
彼にとっては自明のなりゆきでした。
戦国時代を描くなら、信長、秀吉、家康じゃないのか。
お茶を描くなら、利休だろう。
もっと大ネタで、大ウケをねらおうよ。
ダメな編集者はそう考えるワケですが、
山田さんは「おい、それノン!」と言いました(笑)。
自分たちが「格好良い」と感じれば、
大物も小物もないでしょ、と。
御意御意。

単行本の装丁はブルーノートの
アルバムをモチーフにしました。
これも山田さんの発案です。
デザイナーの島田英明さん(LSD)が、
渾身のセッションをしてくれました。
作者と連載担当者に難題を突きつけられながら、
デザイナーといっしょに苦労してくれたのが、
単行本担当の三好俊輔クン(銀杏社)。
この場をお借りして、改めてお礼を言います。
ありがとうございました。

デビュー作の後半から山田さんを担当してるんですが、
作家&作品評価は高いのに、
本があんまり売れません(苦笑)。
『へうげもの』が大爆発して
「山田時代」がきますように‥‥。 
あ、第2巻は4月21日(金)発売予定!

**************************************



『へうげもの』
著者:山田芳裕
価格:540円(税込)
発行:講談社
ISBN:4063724875
【Amazon.co.jpはこちら】

担当編集者さんへの激励や感想などは、
メールの題名に本のタイトルを入れて、
postman@1101.comに送ってください。

2006-02-21-TUE

BACK
戻る