糸井重里が毎日書くエッセイのようなもの

09月19日の「今日のダーリン」

・ぼくは18日の深夜に大阪に入りますので、おそらく、みなさんがこれを読んでいるころには、阪急うめだ本店の「生活のたのしみ展」会場にいます。阪急うめだ本店で「出張巡回展」をやろうと決めたのは、もうずいぶん前のことなんです。

これまでも、ご縁のあった阪急うめだ本店さんから、大阪で「生活のたのしみ展」をやりませんかというご提案をいただいて、検討やら下見やら相談やらをくりかえして、やっとこの日を迎えられたというわけです。

「ほぼ日」が、なにかお誘いいただいたときには、だいたい、こんなふうに考えます。「それは、こちらからお願いしてでもやりたいことか」と、いったん提案をひっくり返してみるのです。「阪急うめだ本店で、生活のたのしみ展をやりたい」と、ぼくらのほうがお願いをすることを想像します。「もうちょっと、よく知ってからかな」とか、「お相手があんまりやりたくないなら無理だな」とか、よく考えて、ご遠慮するか、引き受けるか、それとも、もうちょっと話し合うかを決めます。「お願いしたい」となったら、頭を下げてお願いします。ずいぶん生意気なように思う人もいるかもしれませんが、いっしょに組んでやる以上は、「頼まれたからしょうがない」でやるのはダメです。こちらからも「やりたいこと」だから、真剣になります。今回、「やりたいです」と決める前も決めてからも、大阪で東京で、ときには京都で、何人もの関係者がお会いして話し合って、実現に向けて歩んできました。阪急うめだ本店(うめはん)のチームは、ほんとに信頼のできる、誠実でしかもおもしろい人たちで、「ほぼ日」の乗組員たちも大好きになっていました。

来てくれた人も、遠くでながめてくれてる人も、そしてそれぞれのお店、作家さん、アルバイトさん、きっとみんなによろこんでもらえるような、たのしい6日間にできると思います。ぼくも、生まれて初めて大阪に1週間、毎日います。東京から遊びにくるという友人なんかもいますね。

今日も、「ほぼ日」に来てくれてありがとうございます。おもろいギャグとか言えなくても、カンニンしたってやー。