阿曽山大噴火さんと 裁判に行こう!
裁判という場では、型にはまった答弁のように 事実が淡々と述べられるのだと思っていました。 でも、ちがいました。 法廷にいる被告人、弁護人、裁判官、検察官。 裁き裁かれる4者がひとつのチームのようになって 未来を見据え、結論をみちびくようすは 活気あるミーティングとドラマを足したようにおもしろい! 裁判傍聴のプロフェッショナル、 阿曽山大噴火さんが案内役をつとめます。
阿曽山大噴火さんのプロフィールはこちら
公判1 新件 占有離脱物横領 路上カバン持ち去り事件 1
 
 
フランクで人情家。50歳くらい。
眼鏡、白髪、ぽっちゃりした体格。
岩松了さん似。
脱線したツッコミも得意。
 
2人いるが、
裁判中に話すのは、
おもに1人。
30台前半くらいで、
声が高くハキハキと
叫ぶように話す。
林家いっ平タイプ。
身長は低め。
眼鏡で長身。
ややクールで
淡々としているが、
口調はやわらかい。
時折、
被告を責めるような
質問もする。
50代後半、男性。職業なし。
U駅周辺で路上のカバンを持ち去った疑い。
前科8犯。
8犯のうち6犯が電車内の寝ている人からのスリ。
今回は、被告初の路上事件。なお、被害者は
カバンをまくらにして路上で睡眠をとり、
その後7メートル先の地下鉄の階段入口に移動、
ふたたび眠っていた。
糸井重里が、阿曽山大噴火さんと
テレビ番組でご一緒したときにうかがった
裁判傍聴のお話が
あまりにもおもしろかったので、
ぜひ「ほぼ日」にご出演を!とお願いし、
実現したコンテンツ
「阿曽山大噴火さんと裁判に行こう!」です。
今日からはじまります!

さて、ここは東京地方裁判所前。
みなさん、裁判所に行ったことはありますか?
裁判所に入る際には、まず
手荷物検査があるんです。
空港で飛行機に乗る前に受ける検査に似ています。

↑こんなかんじ。
裁判所内は写真が撮れないのでスケッチでお伝えします。

荷物チェックを終えたら、
今日行われる公判のスケジュールを見に行きます。
阿曽山さんによると、事件の概要がわかるので、
初心者は「新件(初公判)」を見るといいそうです。

阿曽山さんのアドバイスにより、
今日、選んだのはこの3つ。
1、地方裁判所 占有離脱物横領
2、簡易裁判所 窃盗(氏名が自称)
3、簡易裁判所 占有離脱物横領、住居侵入

 
2つめの、名前が自称、というのが
ちょっと気になりますね。
裁判の時点でもまだ身元が不明って、
あんまりありませんから。

 

 

 

期待が高まります。
まずはひとつめの、占有離脱物横領の
法廷を傍聴しましょう。
占有離脱物横領は、自転車泥棒が多いんだそうですが、
この事件は違いました。


メンバーはだいたいこういう位置につきます。


裁判官は、ほんとうにこういう服を着ています。
法服(ほうふく)といいます。
何色にも染まらない、という意味で、
色は黒なんだとか。

検察官、弁護人、裁判官が席につき、
刑務官につきそわれて被告人の入廷です。
手錠と腰ひもがついていて、
ちょっと緊張します。

まずこの時点で、
こんなふうに法廷に入ることができるんだ、
ということに私たちは驚いていました。

 
はい。手荷物検査を経て
私語を慎むなどのマナーさえ守れば、
裁判は、誰でも傍聴できます。

 

 

 

では、初公判がはじまります。
裁判官から、
黙秘権があることなどが被告人に伝えられます。

 
答えたくないことがあれば、
答えなくていいですよ。
ここで話したことは、
すべて証拠になりますから、
話すときはよく考えてから話してくださいね。
わかりましたか?
 
 
 
 
はい。  
 
 
閻魔大王のイメージのせいか、
裁判官って、もっと
おそろしい物言いをするのかと思っていました。
意外とやさしいです。
 
 
それは、ほんとうに先入観の問題ですね。
やさしいとかそういう問題じゃなくて、
裁判官って、そういうものなんですよ。

 

 

 
   
続いて、検察官の冒頭陳述です。
ここで事件の概要がわかります。
被告人は路上で、
被害者がまくらがわりにして寝ていた
ウォークマンほか6点の入ったカバンを
置き引きした疑いで、訴えられています。
(事件発生時は、被害者はカバンのあった場所から
 7メートル先に移動して睡眠)
これまでの刑歴は、スリなどの前科8犯。
   
 
まずはカバンをまくらに
寝ていた人がいたってことが、
この事件の発端ですね。
7メートル先には地下鉄の入口があって、
被害者はカバンを放置して
そこに移動して寝ていたらしいです。
地下鉄の入口が開いたから、
そこに移動したんですね。
きっと、あたたかかったんでしょうね。
盗むことは、いちばん悪いけど、
路上で寝るのも避けたいと思います。

 

 

 

   
 
被告人は、路上にあるカバンを、
近くの手すりに腰かけ、
ようすをうかがうように
眺めたあと、持ち去りました。
それを一部始終見ていた警官により
現行犯逮捕されました。
 
 
   
ええ?
一部始終おまわりさんが見ていたんですね。
   
 
盗る前に何か言ってやれよ、って
気持ちになりますね。

 

 

 

   
 
被告は、警官に声をかけられた際に、
「これはひろったものだ」
「あとで届ければいいんだろ」
などと答えた。
 
 
   

 
苦しい言い逃れですね。

 

 

 
   

次に、弁護人が立ち上がり、口を開きます。
被告人はおよそ2年前に窃盗で服役し、
その後、2か月間、
ビジネスホテルの清掃をして働いていたそうです。
   
 
1か月、お金はどのくらいもらえたんですか?  
 
   
 
10万です。  
 
   
 
その、ある程度お金を稼げる仕事を
2か月で、どうしてやめたんですか?
 
 
   
 
このくらいのお金なら、
ギャンブルで稼げるから。
 
 
   
 
どんなギャンブル?  
 
   
 
競輪です。  
 
   

清掃の仕事をやめてからは、職をもたず、
ギャンブルで生活費をまかなっていたようです。
そして、競輪の券を買うために、
事件のあった当日、U駅方面に出かけたのだそうです。
   
 
被告人が出かけたのは
朝の4:30ということですが、
どうしてそんな早朝に出かけたんですか?
 
 
   
 
競輪の券を買う前に、
まだ早いから、
昔のスリ仲間に会いに行こうと思って。
 
 
   

ここで、場内の空気が一瞬「ギョッ」となりました。
昔のスリ仲間?
   
 
最初、「釣り仲間」と聞き間違えましたよ。
びっくりしましたね。
あんなこと、いわなきゃいいのに!って
かんじですよ。

 

 

 

   
 
昔のスリ仲間には
どこで会うの?
 
 
   
 
電車の中。  
 
   

!!!

それって、スリしてるのでは?!?!
   
 
でも、仲間に会うにもまだ早くて、
自転車に乗ってたらカバンを見つけて、
しばらく座ってたんだけど
持ち主が見あたらないので。
 
 
   
 
持ち主が見えないからって
盗んでいいってものではないでしょう?
 
 
   
 
はあ。
カバンとかに近づいてしまった、っていう、
そういう自覚が足りませんでした。
 
 
   
 
今後どうしたいの?  
 
   
 
ほんとうにすみません、って言いたいけど
毎回毎回すみませんって言ってて
まーたやっちゃったかなってことで
よくわからない‥‥。
 
 
   
   
ぽかーんと聞いていると、
裁判官がこう言いました。
   
 
手元にある書類には
「しっかり職に就いてがんばりたい」って
書いてあるけど、
そういうことでよろしいですか。
 
 
   
 
はい。  
 
   
‥‥ここで、阿曽山さんと私たちの関心は、
●なぜ被告人は4:30に出かけたのか?
●昔のスリ仲間って、なんだ?
ということに集まっています。
   
   
次に、検察官が立ちあがります。
   
 
あなたね、カバンを見つけたって
言っていたけど、
近くで被害者が寝ていたんですよ、
その人のものだと思わなかった?
 
 
   
最初の冒頭陳述とうってかわって
タメ口です。
   
 
いや‥‥  
 
   
 
けどあなた、これまで何回も
寝ている人からカバン盗って
刑務所行ってるじゃない?
だいたいあなたが寝ている人に近づいちゃ
疑われるでしょ。
 
 
   

 
「だいたい疑われるでしょう」って、
失礼な。
一般の人は誰も
被告人のことは知らないと思うんだけど。

 

 

 

   
 
あなた、スリの仲間に会いに行くって
言っていたけど、
そんな明け方に仲間がいないってことは
出かける前にわかっていたでしょう。
 
 

   
そうそう、そこです。
そもそも出かける時間がおかしい。
置き引き狙いでうろついていた疑いがあると
ちょっと思ってしまいます。
次に、裁判官の出番です。
(この人が、とってもおもしろかった)
   
 
あなた、昔のスリ仲間に電車の中で会うって
言っていたけど、
スリ仲間といっしょにいたら、
自分も疑われるって思わなかった?
スリ仲間がスリをはじめたらどうするの?!
 
 
   
 
そしたら、離れる‥‥。  
 

 

これは、小学生?
小学生のやりとりでしょうか?

   
 
言い逃れに、大人も子どももありませんよ。
おんなじです。

 

 

 
   
初公判冒頭だけで、
傍聴初心者の私たちは、夢中です。
ものすごいやりとりが
目の前でくりひろげられています。

ここまでの、阿曽山さんの解説を
どうぞ動画でごらんください
   
f
   
このつづきは来年です。
次回は、この裁判官と被告人の、
「ギャンブルで生きていけるかどうか」という
味わい深いやりとり
(ほとんど言い争い)
に突入します。

それではみなさま、
よいお年を!

 
 
2006-12-27-WED
 
2007-01-17
2007-01-18
 

2007-01-19

 

2007-01-22

 

2007-01-23

 

2007-01-24

 

2007-01-25

 

2007-01-26

傍聴終了