HOBO NIKKAN ITOI SHINBUN
台湾のまど 青木由香の台湾一人観光局 ほぼ日支所
台北に移住して十数年、
台湾で出版した本がベストセラーになったり、
台湾のテレビ局で番組を持ったりと、
台湾国内でも活躍しつつ、
一貫して大好きな台湾のことを
日本に紹介しつづけている、青木由香さん。
「ほぼ日」も台湾特集のとき、
ずいぶんお世話になりました。
青木由香さんのつくるガイドブックや
雑誌の台湾特集を持っていけば、
旅のたのしさは約束されたも同然。
朝から晩までおいしいものを食べ続けられるし、
かわいい日用品、食材にお茶にお菓子まで
おみやげのチョイスにも間違いがありません。
台湾の現地の空気を
ぞんぶんに味わうことができるけど、
決していきすぎることなく、本当にちょうどよく
台湾を楽しむ旅が体験できるのです。
そしてすぐにまた台湾に行きたくなるという。
そんな青木さんが台湾の今がみえる
「まど」を作ってくれました。
台湾にこれから行こうと思っている初心者の方も、
何度も台湾にいったベテランの人も、
どうぞ青木さんのまどべにお集まりを。
青木由香さんプロフィール
青木由香さんプロフィール
青木由香(あおきゆか)
神奈川県生まれ。
多摩美術大学を卒業後、世界各国を旅行。
2003年に台北で語学を学ぶとともに、
写真、墨絵などの制作をはじめる。
2005年には、台湾の出版社より
日本人の目から見た台湾の面白さを書いた
『奇怪ねー台湾』を出版し、
台湾国内でベストセラーを記録。
2008年には、ビデオブログの『台湾一人観光局』が
台湾でテレビ化され人気を博して、
外国人としてはじめて、
台湾のTV賞の最優秀総合司会部門に
ノミネートされた経験も。
現在は、台湾と日本を行き来しながら、
取材や視察のコーディネートなど、
さまざまなメディアに台湾を紹介する仕事をしている。
2015年には、
台北市にアートギャラリー
「你好我好(ニーハオウーハオ)」をオープン。

【SNS】
▶facebook:你好我好
▶facebook:青木由香


【著作】
▶奇怪ねー台湾
▶台湾 ニイハオノート
▶好好台湾 (MARBLE BOOKS)
▶最好的台湾
▶台湾のきほん 不思議の島のゆるガイド
▶おもしろがりタイ! 癒やされタイ! 幸せ大国 タイ王国
とじる
00

フルーツを持ち帰る。

今月末、四月にオープンしてからやっと、
隣の新しい方の店で初めてのイベントです。
イラストレーターのヒラノトシユキさんが
台湾のおいしいもの、味な人々をじゃんじゃん描いてくれています。
7月28日、29日はライブペイントや
巾着やうちわに、あなたのために一点ものも描いてくれちゃう。
すでに一部が搬入されていて、
チラ見している我らも楽しみで仕方ありません。
私は美大受験がきつすぎで、
自由に絵が描けなくなってしまったけど
鼻くそほじりながら気持ち良さそうに
するする描いてる感じがします。
ご本人はそんなつもりじゃないだろうけど。
でも、私ももっと鼻くそを溜めてこうなりたいです。
「絵って自由でいいな。」
と思える自由なイラストでゆるい台湾を切り取っています。
ぜひ、台北にお越しの際はお立ち寄りください〜!

さて、本日も前回にひきつづき、フルーツばなしです。

山積みフルーツの果物屋さんを見ればわかる通り、
台湾人は、本当によくフルーツを食べる。
日本でお爺さんがフルーツを気軽に買いに行く姿が
日常的に見られるでしょうか?
台湾の料理はみんな火が通ったものばかり。
フレッシュフルーツで酵素を取っている。
爺さんもおっさんもフルーツ男子です。

台湾女子の美肌だって、
骨つき肉にかぶりついて骨の髄まで吸うというのと、
湿度の高い空気もあるけれど
フルーツ消費量の多さが作っているに決まってる。
台北にきたら、そんなフルーツを食べまくってほしい。
そしてお土産にはドライフルーツを持ち帰ってもらいたいです。
うちのお店でもみかん、パイン、グアバを紹介していますが
最近は、あれもこれもドライにされています。


台湾の甘くて大粒のみかん。少しオレンジピールのような味も楽しめる。
最近は日本のコンビニやスーパーでも売っていますが、
日本のとはちょっと味が違いますよ。

デパートやオーガニックショップでも買えますが
形が整っていたり、パッケージが洒落てるため割高。
うちの店の近くの迪化街では、量り売り好きな分だけ買えて
試食が約束されています。
ドライフルーツ選びの心得は

「食べて気に入ったものを買えばいい」です。

できれば、糖や添加物のないものを選びたいけど
中国語ができなければ質問もできないし、
聞けたとしても適当なことを言う店もある。
昔、お茶の達人にお茶を見極める極意を聞いたら

「お茶は嗜好品。
賞を取っているお茶とか、
希少なものがいいお茶なのではなく、
自分の気に入った味が
あなたにとっての一番のお茶です。」
と言われたことがあり、
ドライフルーツにも言えるのでは、と思っています。

糖分使用が必ず悪いわけでなく、
色味をキープするためだったり、
水分が多すぎる果物をドライにするためには必要とか
理由があるときもあります。
美味しいと思えば糖が使ってあっても
いいのですよ。
一つ言えるのは、
やけにビビットな色のマンゴーやキウイのドライ。
これは、ちょっと怪しいと思ってください。
その店は他の品も危うし。
他と比べて安いのもおかしい。
これ、当然ですね。

中でも人気ダントツなマンゴーは、
東南アジアものを売っている店もあります。
台湾産は、アップルマンゴー(愛文芒果)が主流。
こちらのドライはオレンジっぽいです。
マンゴー界のジャイアント馬場・
黄金芒果(巨大なマンゴー)ってのも
ありますよ。お好みで。


ベロンとでかい切り身。小さくて薄い黄色はフィリピン産。
台湾のアップルマンゴーは、
干し芋のようなねっとり感と甘い人参のような味もする気がします。
糖が使ってあるのは表面に粉吹いてます。
真ん中のお椀にカットされたものが入ってるので勝手に食べて良い。


小さく、緑の酸味のある若いマンゴーのドライ。
アップルマンゴーの甘いのとちがって、酸っぱくパリッとしてます。

ジャイアントなやつのドライは、黄色系。
台湾土産にしたければ、台湾産を選びたい。
台湾産はそんなに安くないので、そこんとこ注意してください。

最近のヒットは、台湾の柚子。
日本でいうと文旦みたいな大きいのも柚子だし
洋ナシ型のグレープフルーツくらいのものも柚子というので
どれなのか不明ですが、皮が厚いやつです。


黄金柚とかネーミングされています。中華圏は、ゴールド好きが多いのです。
台湾の量り売りの単位は斤。一斤は600gです。
これは、一斤で250元。
半斤(300g)とか4分の一斤(150g)とか、
筆談して買いましょう

その皮の部分を糖と絡めてドライにしてあるもの。
オレンジやレモンの輪切りドライもおいしいですが
それより皮が柔らかく、苦味が少ないんです。


皮ごとスライスしたタイプのオレンジ。噛み応えあり。
みかん、オレンジ、レモンなど、
柑橘系だけでバリエーションがすごい豊富です。
一斤300元。

変わり種として、スイカやドラゴンフルーツ、
いちご、パパイヤ、バナナ、メロンもあり。


いちご。水分が多いので糖を使っているようです。
今回調べてみたら、店によって、
何も加えていないと回答する場合もありました。
色止めと水分だしには何かが必要なはず、と私は睨んでいます


メロン。味は新鮮果物時代と比較して、目立ったプラスがありません。
珍しくはあります。
スイカもそんなイメージです。
好きな人もいるだろうから、
先入観にとらわれず、試食してください。
スイカの様子は今回は写真に収められず、です

台湾のプチトマトは、冬が盛り。
新鮮トマト自体もフルーツのように甘くて大好きです。
一斤300元。

グアバは、芭樂(バーラァ)といいます。
赤肉の他に牛奶芭樂(ミルクグアバ)1斤280元とか
土芭樂(台湾原種のグアバ))1斤300元とか色々あり。
味も全く違うので試食試食。
私は、香りがいい赤肉のグアバが好き。

輪切りのドライ。お花みたいで可愛い。
でもその分高い。
乾燥するのに場所を取るのと、
端っこや形の悪いものは外されるから。

分厚くカットしてあるので、しっとり水分を残したセミドライ。
私はスライスより、こちら派。
砂糖が使ってないと色が少々悪いけど、
台湾のパイナップルのすごくすごく甘い感じを
噛み締められますよ。

と、まぁ、こんな感じに、
最近のドライフルーツの発展はすさまじいのです。
チェックチェック。

2018-07-20-WED
archives
  • 00
    6月は
    フルーツ
    シーズン。
    2018-05-23
  • 00
    馬祖土産。
    2018-05-23
  • 00
    馬祖ならではの
    おいしいもの。
    2018-05-02
  • 00
    ジャミロ・
    ルーローファン。
    2018-01-31
  • 00
    花蓮の地震。
    2018-02-14
  • 00
    オーガニック
    マーケット。
    2018-03-14
  • 00
    馬祖
    わたしの好きな
    絵になる離島。
    2018-04-04
  • 00
    馬祖
    絵になるワケ。
    2018-04-18
  • 00
    マンゴーのあとの
    フルーツ。
    2017-10-25
  • 00
    映画監督たちと
    会津へ。
    2017-11-15
  • 00
    映画監督たちと
    会津へ。
    2017-12-13
  • 00
    台湾最南端の県・
    屏東(ピンドン)
    2017-12-27
  • 00
    エコバッグと乾麺。
    2018-01-10
  • 00
    高雄ツアー 
    その3。
    2017-09-27
  • 00
    高雄ツアー 
    その2。
    2017-09-13
  • 00
    高雄ツアー 
    その1。
    2017-08-16
  • 00
    高雄のいいものを
    持ち帰る。
    2017-08-02
  • 00
    台北動物園
    2017-07-19
  • 00
    台北動物園
    2017-07-05
  • 00
    H.O.T Island Music
    Festival
    2017-06-21
  • 00
    台北で生ビールの
    時代が来た!
    2017-06-07
  • 00
    子供と一緒に
    台東へ その2
    2017-05-24
  • 00
    子供と一緒に
    台東へ その1
    2017-05-11
  • 00
    杏仁の夢の味。
    2017-04-26
  • 00
    「電鍋」
    周辺グッズ。
    2017-04-12
  • 00
    台湾の
    「いいもの」その2
    2017-03-22
  • 00
    台湾の
    「いいもの」その1
    2017-03-09
  • 00
    Willの店。
    2017-03-01
  • 00
    熱くて濃い温泉
    2017-02-15
  • 00
    貳家肆(2+4)
    2017-02-01
  • 00
    台湾は
    もうすぐお正月
    2017-01-18
  • 00
    台北郊外の夜市
    2017-01-04
  • 00
    おせちもいいけど
    2016-12-21
  • 00
    好家在台湾。
    2016-12-07
  • 00
    秋は長白小館の
    酸菜白肉鍋。
    2016-11-23
  • 00
    鄭先生の服。
    2016-11-09
  • 00
    鄭先生の服。
    2016-10-26
  • 00
    台風上陸
    2016-10-12
  • 00
    電子花車
    2016-08-31
  • 00
    台湾定番のお土産
    2016-08-17
  • 00
    携帯のなかの台湾
    2016-08-03
  • 00
    台風1号と台東
    2016-07-20
  • 00
    台湾の「秋刀魚」」
    その2
    2016-07-06
  • 00
    台湾の「秋刀魚」」
    その1
    2016-06-22
  • 00
    キーホルダーと
    ごま油。
    2016-06-08
  • 00
    タイの本を
    出します。
    2016-05-25
  • 00
    胸がメロっとする
    包子。
    2016-05-11
  • 00
    『沁園』という
    お茶屋のおばさん。
    2016-04-27
  • 00
    見たこと
    無いものを
    見にいく方法。
    2016-04-13
  • 00
    昔懐かし雞蛋糕を
    さがして。
    2016-03-30
  • 00
    北投温泉と
    ともだちの
    小馬のこと(2)
    2016-03-16
  • 00
    北投温泉と
    ともだちの
    小馬のこと(1)
    2016-03-02
  • 00
    地震のあとの
    台南のこと
    2016-02-17
  • 00
    現在、台湾は年末
    2016-02-03
  • 00
    自分だけの旅を
    タイで。
    2016-01-20
  • 00
    台湾の年越し。
    2016-01-06
  • 00
    人間がクリスマス。
    2015-12-23
  • 00
    子供を連れて。
    2015-12-09
  • 00
    マンゴー
    じゃなくて、
    パイナップル。
    2015-11-25
  • 00
    巨大な人形が
    街をねりあるく、
    田舎の顔をもつ都会。
    2015-11-18
  • 00
    「お椀一杯」問題が
    わかるように
    なること。
    2015-11-11
  • 00
    はじめの
    ごあいさつ、
    ニーハオ
    2015-11-04
  • 00
    プロローグ
    2015-11-03
新刊のお知らせ
台湾の「いいもの」を持ち帰る
(講談社の実用BOOK)
1,620円 講談社
ISBN: 4062998645
Amazon.co.jpで購入する

2017年3月8日発売の青木さんの新刊です。
青木さんセレクトの
59のmade in Taiwanをご紹介しています。
食べ方、作られた背景、作っている人も登場し、
品物のもつ物語をきちんと書かれています。
台湾に行ったらお土産に買ってこようというものばかり!

いまの你好我好


【はじめまして、台湾】
イラストレーターヒラノトシユキさんの
初めての台湾旅行を描いた展示です。
ルーローファンにマンゴーかき氷、タピオカミルクティー!
夜市の様子や台湾の町並み、
食べ物、人々の生活などがヒラノさんらしく
楽しく表現されています。
可愛い、他にはない、台湾グッズもたくさん並びます!
ヒラノさん在廊日には、ライブペインティングや
巾着、うちわへのペイントイベントも予定しています。
家族の似顔絵や、おうちにいる動物たち、
他にもリクエストがあれば10〜15分ほどで描いてくれますよ!
ぜひお越しください!

7/28(Sat.)〜8/31(Fri.) 10:00〜18:00 入場免費/無休
https://nihaowohao.blogspot.com/2018/07/blog-post.html

お店のブログ


■電話番号:02-2557-6665
■住所:台北市大同區涼州街45號
 台北の有名な観光地でもある、
 乾物・漢方の問屋街・迪化街の
 そのちょっと先にあります。
■営業時間:11:00〜18:00(水曜日定休)
 ※青木由香さんの在廊時間は不定期です。

你好我好 faebook