HOBO NIKKAN ITOI SHINBUN
台湾のまど 青木由香の台湾一人観光局 ほぼ日支所
台北に移住して十数年、
台湾で出版した本がベストセラーになったり、
台湾のテレビ局で番組を持ったりと、
一貫して大好きな台湾のことを
日本に紹介しつづけている、青木由香さん。
「ほぼ日」も台湾特集のとき、
ずいぶんお世話になりました。
青木由香さんのつくるガイドブックや
雑誌の台湾特集を持っていけば、
旅のたのしさは約束されたも同然。
朝から晩までおいしいものを食べ続けられるし、
かわいい日用品、食材にお茶にお菓子まで
おみやげのチョイスにも間違いがありません。
台湾の現地の空気を
ぞんぶんに味わうことができるけど、
決していきすぎることなく、本当にちょうどよく
台湾を楽しむ旅が体験できるのです。
そしてすぐにまた台湾に行きたくなるという。
そんな青木さんが台湾の今がみえる
「まど」を作ってくれました。
台湾にこれから行こうと思っている初心者の方も、
何度も台湾にいったベテランの人も、
どうぞ青木さんのまどべにお集まりを。
青木由香さんプロフィール
青木由香さんプロフィール
青木由香(あおきゆか)
神奈川県生まれ。
多摩美術大学を卒業後、世界各国を旅行。
2003年に台北で語学を学ぶとともに、
写真、墨絵などの制作をはじめる。
2005年には、台湾の出版社より
日本人の目から見た台湾の面白さを書いた
『奇怪ねー台湾』を出版し、
台湾国内でベストセラーを記録。
2008年には、ビデオブログの『台湾一人観光局』が
台湾でテレビ化され人気を博して、
外国人としてはじめて、
台湾のTV賞の最優秀総合司会部門に
ノミネートされた経験も。
現在は、台湾と日本を行き来しながら、
取材や視察のコーディネートなど、
さまざまなメディアに台湾を紹介する仕事をしている。
2015年には、
台北市にアートギャラリー
「你好我好(ニーハオウーハオ)」をオープン。

【SNS】
▶facebook:你好我好
▶facebook:青木由香


【著作】
▶奇怪ねー台湾
▶台湾 ニイハオノート
▶好好台湾 (MARBLE BOOKS)
▶最好的台湾
▶台湾のきほん 不思議の島のゆるガイド
▶おもしろがりタイ! 癒やされタイ! 幸せ大国 タイ王国
とじる
00

台湾の運動会&良いお年を!

台湾の冬の雨は、
日本の梅雨の比じゃないくらいシツコイです。
11月からずーっと雨。
このまま、2月の旧正月明けまで
降り続けると言われてます。
暖房もないのが普通の台湾、
店をあったかい雰囲気にしたくて
ビンテージのレトロ灯篭をぶら下げました。




手描きの絵まで入ってる、凝ってるもの。

あと、日本のこけしを入れたら
前よりお客さん、3人くらい増えました笑。

オンラインストアは、クリスマスやお歳暮にぴったりな
その名も「ギフトセット・龍」を作ってみました。




ギフトの中に入る龍は、
古い包装紙屋さんのおばあちゃんから仕入れていて、
年季入り。
誰かに送りたくなるビジュアルと中身にしています。

素敵なパッケージの台湾茶も始めました。


新入荷の清山寶珠のお茶シリーズ。
高山茶のミルキーな金萱茶など色々あります。
扱いやすくて、
見た目のいいティーバックなんで贈り物に最適です。

いかがでしょうか〜。

さて、先月も雨の中、
台湾ローカル小学校に通う子供の運動会がありました。
当然のことながら、日本と大分事情が違います。

当日の朝、天候不良でもなんの連絡もなく焦ったのですが、
台湾は雨でも体育館でやる、と先輩ママからの情報を入手。
マンモス校なのでどうするのかと思ったら
必要な時に必要な学年が体育館に来て、
出番のない人たちは教室に戻るという方法でした。
玉入れや組体操、騎馬戦は国が違うから仕方ないとしても
雨で校庭が使えないからリレーもなし。
そんな中、ダンスは健在でして、
上の学年だけでチューチュートレインを踊っていました。
順番に頭がぐるぐる回って見える、あのダンスではなく、
ボンボンを振って。

しかし、なぜに今、チューチュートレイン?
また、流行ってるの?
調べたら、オリジナルは約30年も前なんですね。
2003年にEXILEもカバーしていたけど
それでも踊ってる子たちは生まれていない。
この選曲はどこからやってくるのだろうか。
そういえば幼稚園でも、
ABBAやリッキーマーティンでお遊戯させられていたので
台湾では、謎な選曲で子供を踊らせる、
と国が定めているのかもしれません。

と、各所に違いを感じたのですが
一番気になったのは、入場行進でした。
クラスごとに入場して来て校長先生の前で
勝負への意気込みの芸を捧げるというもので、
小物を作ったり、志向を凝らしたクラス対抗の選手宣誓です。
これに対して、舞台上の校長は国旗の前で敬礼をしますが、
なんか、軍隊っぽいと言うか、
北朝鮮の映像でよく見るやつが浮かびましたが、
見ているとやっぱり、ここは台湾。
そんなにキッチリ仕込んでいないのです。


前のクラスが捧げている間、
更新を中断して側で待機している図。

子供の動き、合ってないし。
先生もおおらかなんで気にしてない。
うちの子は、手しか動かしていなかったので
全員が一列に並んで
大股で前にバッと出るところで足が微動打もせず、
横にピッと作られるはずのラインを凹ましてました。
もし、校長先生が鬼軍曹だったら、
あいつをセンターに配置した先生ごと消されています。

そして、息子たち、
一年生の出番の綱引きになりました。
最初で最後、唯一無二の競技。
綱引きしかやりません。

1年の8クラスが左右に分かれて1回ずつ、
計4回の対戦で
左右のどちらが多く勝っているかを決める。
順位も決めず、半分が勝って半分が負けるだけ。
紅白のチーム分けも、応援団も応援歌もない、
勝利へ向けて全校生徒が一体となることもない、
運動会を学校全体のはなぜか、
その意味を探す旅に出たくなりました。

その綱引きもなぜか体育館の端っこでやりました。
準備のためとりあえず縄を置いたんだな、
と誰もが思ったその場所で、そのまま始めました。
通常ならベスポジである二階観客席は
その真下で綱を引くから体を乗り出さないと見えません。
どの父兄も上から落っこちそうでした。


上から撮った図。
バルコニーの黒い線が手すりです。

空いた体育館の中央は、出番待ちのクラスの待機場所。
台湾人は、便利グッズを考えるのは凄く得意なのに、
デザインというか、構成が変なんですよね。
家の物件探しをしていた時も、
マンションの玄関のドア開けたら
いきなりトイレのドアという家も見たことあります。
レストランでも、
広いトイレなのにすごい隅っこに便器がポツンとか
便座に座ると足に壁が当たるあるとか、
または、座ったら、
手の届かないところにトイレットペーパーがあるとか…
綱と子供の位置から、
台湾のトイレのことを色々思い出してしまいました。

綱引きの結果は、うちの負けたので出番はわずか2分。
でも、考えたら、勝っても出番は2分ですね。
これ以上子供が絡むところはありません。
出番が終わったら、それぞれに帰宅して良し。
どっちみち競技は全て午前中に終わるんで
ゴザを敷いてお弁当を食べる人は存在しません。
勝ち負けもない。
運動も少し。
消費カロリーは30kcal。
これが台湾の運動会。

それではみなさん、良いお歳を!
なんだったんだ2020年。
来年も生き抜きます。

2020-12-30-WED
archives
  • 00
    ぺったんこの物体
    2020-11-19
  • 00
    一号店のこと。
    2020-10-27
  • 00
    小学校と「里」。
    2020-08-25
  • 00
    雙連市場のゆくえ。
    2020-07-15
  • 00
    通販、
    はじめました。
    2020-06-12
  • 00
    今が台湾旅行に
    最適な時期です。
    2019-11-27
  • 00
    大阪の
    『アジアフェア』と
    台北の
    『電鍋の
    周辺器具展』。
    2019-09-27
  • 00
    大阪の
    『アジアフェア』と
    台北の
    『電鍋の
    周辺器具展』。
    2019-07-19
  • 00
    「生活の
    たのしみ展」の
    あとで。
    2019-06-19
  • 00
    台湾の
    「生活をたのしむ」
    ためのもの。
    2019-04-11
  • 00
    4月17日から
    東京・丸ビル
    「生活の
    たのしみ展」へ。
    2019-03-21
  • 00
    旧正月迫る! 
    要注意!
    2019-01-16
  • 00
    こどもと一緒に
    たのしめる
    観光スポット!
    2018-11-07
  • 00
    台湾の
    銀行に行くと……
    2018-10-10
  • 00
    台湾らしい
    インテリア。
    2018-09-19
  • 00
    鬼の門が開く季節。
    2018-08-29
  • 00
    台湾で暑さ
    をやりすごす方法。
    2018-08-15
  • 00
    フルーツを
    持ち帰る。
    2018-07-20
  • 00
    6月は
    フルーツ
    シーズン。
    2018-06-06
  • 00
    オーガニック
    マーケット。
    2018-03-14
  • 00
    花蓮の地震。
    2018-02-14
  • 00
    ジャミロ・
    ルーローファン。
    2018-01-31
  • 00
    エコバッグと乾麺。
    2018-01-10
  • 00
    台湾最南端の県・
    屏東(ピンドン)
    2017-12-27
  • 00
    映画監督たちと
    会津へ。
    2017-12-13
  • 00
    映画監督たちと
    会津へ。
    2017-11-15
  • 00
    マンゴーのあとの
    フルーツ。
    2017-10-25
  • 00
    高雄ツアー 
    その3。
    2017-09-27
  • 00
    高雄ツアー 
    その2。
    2017-09-13
  • 00
    高雄ツアー 
    その1。
    2017-08-16
  • 00
    高雄のいいものを
    持ち帰る。
    2017-08-02
  • 00
    台北動物園
    2017-07-19
  • 00
    台北動物園
    2017-07-05
  • 00
    H.O.T Island Music
    Festival
    2017-06-21
  • 00
    台北で生ビールの
    時代が来た!
    2017-06-07
  • 00
    子供と一緒に
    台東へ その2
    2017-05-24
  • 00
    子供と一緒に
    台東へ その1
    2017-05-11
  • 00
    杏仁の夢の味。
    2017-04-26
  • 00
    「電鍋」
    周辺グッズ。
    2017-04-12
  • 00
    台湾の
    「いいもの」その2
    2017-03-22
  • 00
    台湾の
    「いいもの」その1
    2017-03-09
  • 00
    Willの店。
    2017-03-01
  • 00
    熱くて濃い温泉
    2017-02-15
  • 00
    貳家肆(2+4)
    2017-02-01
  • 00
    台湾は
    もうすぐお正月
    2017-01-18
  • 00
    台北郊外の夜市
    2017-01-04
  • 00
    おせちもいいけど
    2016-12-21
  • 00
    好家在台湾。
    2016-12-07
  • 00
    秋は長白小館の
    酸菜白肉鍋。
    2016-11-23
  • 00
    鄭先生の服。
    2016-11-09
  • 00
    鄭先生の服。
    2016-10-26
  • 00
    台風上陸
    2016-10-12
  • 00
    電子花車
    2016-08-31
  • 00
    台湾定番のお土産
    2016-08-17
  • 00
    携帯のなかの台湾
    2016-08-03
  • 00
    台風1号と台東
    2016-07-20
  • 00
    台湾の「秋刀魚」」
    その2
    2016-07-06
  • 00
    台湾の「秋刀魚」」
    その1
    2016-06-22
  • 00
    キーホルダーと
    ごま油。
    2016-06-08
  • 00
    タイの本を
    出します。
    2016-05-25
  • 00
    胸がメロっとする
    包子。
    2016-05-11
  • 00
    『沁園』という
    お茶屋のおばさん。
    2016-04-27
  • 00
    見たこと
    無いものを
    見にいく方法。
    2016-04-13
  • 00
    昔懐かし雞蛋糕を
    さがして。
    2016-03-30
  • 00
    北投温泉と
    ともだちの
    小馬のこと(2)
    2016-03-16
  • 00
    北投温泉と
    ともだちの
    小馬のこと(1)
    2016-03-02
  • 00
    地震のあとの
    台南のこと
    2016-02-17
  • 00
    現在、台湾は年末
    2016-02-03
  • 00
    自分だけの旅を
    タイで。
    2016-01-20
  • 00
    台湾の年越し。
    2016-01-06
  • 00
    人間がクリスマス。
    2015-12-23
  • 00
    子供を連れて。
    2015-12-09
  • 00
    マンゴー
    じゃなくて、
    パイナップル。
    2015-11-25
  • 00
    巨大な人形が
    街をねりあるく、
    田舎の顔をもつ都会。
    2015-11-18
  • 00
    「お椀一杯」問題が
    わかるように
    なること。
    2015-11-11
  • 00
    はじめの
    ごあいさつ、
    ニーハオ
    2015-11-04
  • 00
    プロローグ
    2015-11-03
いまの你好我好

10月11日を以て涼州街にあるお店を閉店しました。
これからは、廟口店で会いましょう。
廟口店は、北門駅と桃園空港へ行くMRT駅より
地上に出てから徒歩7分。
オンラインストア
YouTubeもやってますのでよろしくお願いします。

お店のページ


廟口店

■電話番号:02-2556-5616
■住所:台北市大同區南京西路239巷20號
 台北の有名な観光地でもある、
 乾物・漢方の問屋街・迪化街に有ります。
 恋の神様で有名な月下老人のお寺、
 台北霞海城隍廟の近く。
■営業時間:10:00〜18:00
■カード可
 ※青木由香さんの在廊時間は不定期です。
 ※お店の商品などのお問い合わせは
  直接お店までどうぞ。

你好我好 faebook
新刊のお知らせ
台湾の「いいもの」を持ち帰る
(講談社の実用BOOK)
1,620円 講談社
ISBN: 4062998645
Amazon.co.jpで購入する

2017年3月8日発売の青木さんの新刊です。
青木さんセレクトの
59のmade in Taiwanをご紹介しています。
食べ方、作られた背景、作っている人も登場し、
品物のもつ物語をきちんと書かれています。
台湾に行ったらお土産に買ってこようというものばかり!