含まれている曲
『ラグタイム・オソヘ』『オソヘ城』『おばけのためのエチュード』


『ラグタイム・オソヘ』‥‥
緊張感あふれるオソヘ城の中、
この曲が流れているのは一息つける部屋ですよね。
「♪わたしのせなかとうちまたの
 ちいさなホクロをわすれても〜」
糸井さんの手による、このメッセージを、
この曲にハメて歌ってみようと
トライしてみた自分でした。
もちろん字余り、無理でした‥‥よね?
『オソヘ城』‥‥
明るいラグタイムピアノから一変、
弦楽で書かれた怖い音楽です。
1ループ目は、弦楽四重奏の線の細さが
余計に怖さを引き立たせています。
2ループ目は、弦楽器の数を増やした
ストリングス・アンサンブルです。
ゲームでは、同じ曲がキマイラ研究所でも流れますが、
こちらは、タイル張りの床に響く曲、
硬質なコンクリートの壁に
響くようなアレンジに変えてあります。
『おばけのためのエチュード』‥‥
ピアノだけの曲ですが、自分で弾いています。
現代の技術で、なんとかごまかしております。
超スローテンポで弾いて、
それからテンポ上げ、というワザです。
いつか、この曲を、このテンポで
「生で」お客さんとして聴いてみたい、と思っています。
そのうち、テクニシャンなピアニストと
友だちになって弾いてもらえたらいいなぁ。