含まれている曲
『悲しみのタツマイリ』『もう朝だった』『ドロボー・マインド』



『悲しみのタツマイリ』‥‥
ダスターのテーマをバラードで料理しています。
1章の牢屋前と、2章の冒頭が、
同じ状況なのに、違う主人公の視点で語られる、
そして、流れる曲は同じ、というニクい演出が好きです。
『もう朝だった』‥‥
接続部として、短い曲ですが挟み込みました。
この演出は、『MOTHER2』の冒頭、
隕石騒動後の夜明け、
最初にネスが自宅を出るときの演出を参考にしました。
あのオネットの自宅を出るときの演出は、最高に好きです。
『ドロボー・マインド』‥‥
サウンドプレイヤー各曲の題名をつけて下さったのは、
前述の戸田さんです。
『ドロボー・マインド』という題名がいいですね。
ちなみにダスターがバトルで攻撃するときの楽器音は、
もちろん! ベースです。フリントは男性的なサックス。
クマトラはクライベイビーという
エフェクターを通したギター。
リュカはナチュラルでクリーンなギター。
サルサはクイーカーというパーカッションです。余談でした。