ひびのこづえ Three Tree MARKET

ひびのこづえさんが、この夏もTOBICHIにやってきます!
2018年のテーマは、「森」。
「Three Tree(3つの木=森)MARKET」は、
「アイテムショップ」と「ワークショップ」、
ふたつの構成で夏をにぎやかに盛り上げます。

「アイテムショップ」は、こづえさんのお店です。
バッグ、Tシャツ、ハンカチ、アクセサリーがあふれる
深い森に、TOBICHIが変身しますよ!
森にはフクロウ、クマ、リス、キツツキ、ワニも?
いろいろな生きものが隠れているはず。
その森の中では、
葉っぱのブローチづくりもできるんです。

「ワークショップ」は、ほぼ日オフィスで。
森をテーマに、麦わら帽子を変身させます。
完成したら、みんなでTOBICHIまでお散歩!
ひびのこづえさんがうみだす森の中で、
今年の夏も元気に遊びましょう!

ひびのこづえさんのプロフィール

コスチューム・アーティスト。
1958年静岡県生まれ。
東京芸術大学美術学部デザイン科視覚伝達デザイン卒業。
コスチューム・アーティストとして
広告、演劇、ダンス、バレエ、映画、テレビなど
その発表の場は、多岐にわたる。
毎日ファッション大賞新人賞、資生堂奨励賞など受賞。
展覧会多数。
1997年作家名を内藤こづえより改める。
NHK Eテレ「にほんごであそぼ」のセット衣装を担当中。
「ちいさな生きもの研究所」ワークショップを毎月、
渋谷LOFT 6階で開催中。

2018年7/29-9/17は、
「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ 2018」
に参加。

ひびのこづえさんの公式HPはこちら
ほぼ日では下記のコンテンツをはじめ、
これまでに何度もご登場いただいています。
「第1回ほぼ日作品大賞」
「第1回ほぼ日作品大賞の審査を終えて。」
「sunuiのアトリエ。」

ことしの夏も、こづえさんといっしょに!2018年は「森」がテーマです。

▲昨年のワークショップにて、思い出に残る記念撮影!

昨年も、夏のはじまりをにぎやかに盛り上げた、
ひびのこづえさんの催しがひらかれます!

「森」というテーマで、
どんな世界がTOBICHIにあらわれるのでしょう?
何度か体験しているひとも、はじめてのあなたも、
ぜひぜひ遊びにいらしてください。

「Three Tree MARKET」は、ふたつの催しで構成されます。
ひとつずつ、ご説明しますね。

ひびのこづえ アイテムショップ

7月11日(水)~7月22日(日)
OPEN 12:00~19:00
場所 TOBICHI②

TOBICHI②が「森」に姿を変える?!

会期中、TOBICHI2の2階が、
ひびのこづえさんによるインスタレーションで
深い森にうまれ変わります。
豊かに茂る樹木のように、
一面にのびていくツタ植物のように、
会場を埋めるこづえさんの作品群が、
ことしも圧巻の空間をつくってくれることでしょう。

▲去年は「不思議な海」をイメージした空間に。ことしは‥‥?

2階に展示する作品には、購入できるものもあります。
一点もののバッグやTシャツなどは、
森の恵みを収穫するように、会場からお持ち帰りください。

葉っぱのミニワークショップを会場で!

ことしはじめての企画です。
TOBICHI2の2階でも、
ちいさなワークショップをひらくことにしました。
はぎれを使って「葉っぱのブローチ」をつくりましょう!
誰にでもできる簡単なワークショップです。
どうぞ気軽にご参加を。
先生役は主に、TOBICHIスタッフがつとめます。

葉っぱのミニワークショップ

開催日
2018年7月11日(水)~7月22日(日)
会 場
TOBICHI②の2階
時 間
オープン時間内に随時ご参加いただけます。
参加方法
当日会場でスタッフにお声がけください。
(混雑時は順番をお待ちいただく可能性があります)
参加費
100円(税込・大人も子どもも共通)

1階はアイテムショップ

▲2016年の1階、アイテムショップの様子。

TOBICHI2の1階には、
こづえさんのアイテムショップをひらきます。

たくさんの種類から選ぶたのしさが毎回好評の
ハンカチは、今回もたっぷりとご用意。
「第3回 生活のたのしみ展」のためにつくられた
「LIFE」というハンカチも販売します。

▲圧倒的な種類数のハンカチ。新作も次々に加わっています。

ほかにも、オリジナルブローチや
手ぬぐい、扇子、ストール、傘なども並びます。
ひとつずつ手に取り、
たのしく悩んで、お選びください。

ワークショップ「森の麦わら帽子」

7月21日(土)・7月22日(日)
時間 13:00~15:30
場所 ほぼ日オフィス
※有料・要予約 
お申し込みはこの下から

▲昨年のワークショップの様子

「Three Tree MARKET」、
もうひとつのおたのしみは
毎年おおいに盛り上がる「ワークショップ」です。

場所はTOBICHIではなく、
去年と同じ「ほぼ日」本社のオフィスで行います。
30名のワークショップにTOBICHIは狭いので、この場所で。

去年のワークショップのテーマは、
「Tシャツを生きものに変身」でした。

さて、今年は‥‥?

「麦わら帽子を生きものに変身」

これはいちばん最初に行った2016年とほぼ同じテーマ。
「麦わら帽子」を自分が想像する生きものに変身させて
バッグの生きものを誕生させましょう。
今回は「森の」というのがポイントですね。

こういう麦わら帽子を使って‥‥

ほら、こんなふうに。

針と糸を使う「縫いもの」のワークショップなので
ちょっと難しそうですが、大丈夫。
こづえさんの指示通りに、あわてず取り組めば、
だれでもかならず完成させることができます。

▲2016年の麦わら帽子を使ったワークショップ会場にて

こういう世界にひとつだけの帽子や‥‥

帽子でつくったかわいいバッグが、きっとできます。

完成したらTOBICHI②までお散歩!

▲去年は、こづえさんのコスチュームを着た「姫」の引率でした。

こちらも恒例になりました。
ワークショップのクライマックス!
それぞれが完成させた作品を身に着けて、
みんなでTOBICHI2までお散歩をします。

歩いてだいたい、20分とちょっと。
暑さに気をつけながら歩きましょう。

TOBICHI2に到着したら、
よ~く冷えたラムネをみんなで飲みましょう。
がんばったごほうび。サービスです。

▲ラムネが吹き出しちゃうので、おそとで飲みましょう!

親子で、お友だちと、おひとりでも大歓迎。
下のご案内と応募要項をよく読んで、
お申し込みください。

ワークショップ「森の麦わら帽子」

開催日
2018年7月21日(土)、22日(日)
時間
作業13:00~15:30 散歩15:30ころから
参加費
2,160円(税込・大人も子どもも共通)
会場
株式会社ほぼ日・本社
参加資格
大人から5歳まで。
小学生以下は保護者と一緒にご参加ください。
大人も子どもも、見学だけの参加はできません。
親子でいらっしゃる場合は、それぞれにご参加ください。
【応募要項】

下にあるボタン、
「ワークショップ 森の麦わら帽子に申し込む」
をクリックするとお申し込みフォームに進みます。
すべての項目にご記入の上、
「この内容で申し込む」ボタンを押してください。
〆切りは、7月17日(火)の午前11時です。

ワークショップ「森の麦わら帽子」に申し込む

※抽選結果をお伝えする際に使用するメールシステムの関係上、
「icloud.com」「mac.com」「me.com」のメールアドレスには
メールをお送りすることができません。
入力フォームには、上記以外のメールアドレスをご入力いただけますよう、
よろしくお願いいたします。

【ご注意】
  • 先着順の受付ではありません。
    〆切りの時点で応募者多数の場合は、
    抽選となりますことをあらかじめご了承ください。
  • やむを得ない事情を除いては、
    ご当選後にキャンセルをしないようお願いします。
【当日までの流れ】

7月17日(火)午前11時の〆切後に抽選を行い、
翌日、18日(水)中に、
抽選結果をおしらせするメールをお送りいたします。
ご当選の方には、
会場となる「株式会社ほぼ日・本社」への
アクセスや、料金のお支払い方法など、
ワークショップに関する詳細をメールにてお伝えします。

以上、「ひびのこづえ Three Tree MARKET」のご案内でした。

夏のTOBICHIへお出かけください。
ふるって、ワークショップへお申込みください。
TOBICHIの森でお待ちしています!

〈最後におしらせを〉越後妻有、「大地の芸術祭」にひびのこづえさんが参加されます。

ページの冒頭にあったこの絵の、樹の根元に、
「DAICHINO GEIJUTSUSAI」と描かれています。

TOBICHIでの催しが終わって一週間後の
7月29日から9月17日まで、
ひびのこづえさんは
「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ 2018」
に参加されます。
「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ」は、
日本有数の豪雪地・越後妻有(新潟県十日町市、津南町)を舞台に、
2000年から3年に1度開催されている
世界最大級の国際芸術祭です。
前回2015年には約51万人(!)の来場者があったそうです。

こづえさんは、
今回の「Three Tree MARKET」を
「大地の芸術祭」の前しょう戦と考えていらっしゃるとか。
TOBICHIでの催しが、
国際的な芸術祭につながっているのですね‥‥。
光栄です。
「Three Tree MARKET」を体験した方はとくに、
越後妻有、「大地の芸術祭」にも、ぜひ!

2018-07-06-FRI