ニットデザイナーの三國万里子さんが、
TOBICHIで編みもの教室をひらきます。
少人数に、ていねいに、
三國さんが直接教えてくれるワークショップは、
TOBICHIのどこかで、ときどき開催。
(展示中の会場が教室になることも?)
開催ごとに抽選で参加できる有料の教室です。
編みもので、いい時間を過ごしましょう。

三國万里子Mikuni Mariko

ニットデザイナー。
1971年、新潟生まれ。
3歳の時、祖母から教わったのが編みものとの出会い。
早稲田大学第一文学部仏文専修に通う頃には、
洋書を紐解き、ニットに関する技術と
デザインの研究を深め、創作に没頭。
大学卒業後、いくつかの職業を経た後に、
ニットデザイナーを本職とする。
2009年、『編みものこもの』(文化出版局)を出版。
以降、書籍や雑誌等で作品発表を続ける。
2011年、「ほぼ日刊イトイ新聞」で、
編みものキットやプロダクトデザインを手がけ、
活動の幅をさらに広げる。

2012年より「気仙沼ニッティング」のデザイナーを務める。

〈著作物〉

『編みものこもの』(2009年)

『編みものワードローブ』(2010年)

『きょうの編みもの』(2011年)

『冬の日の編みもの』(2012年)

『編みものともだち』(2013年)

『アラン、ロンドン、フェアアイル 編みもの修学旅行』(2014年)
(以上すべて文化出版局)

『うれしいセーター』
(2016年・株式会社ほぼ日)

〈関連コンテンツ&ウェブサイト〉

『三國万里子の編みものの世界。』(2011年)

『三國さんがミトンを編む一日。』(2011年)

『目薬ポーチで編みもの入門。』(2012年)

『いいものを編む会社 ─気仙沼ニッティング物語』(2012年)

『三國万里子さんのお店「Miknits」』(2013年~)

『気仙沼ニッティング』(2012年~)

『うれしいセーター』(2016年)

『三國万里子さんと編みもの会。』(2016年)

2017年2月教室
ミトンをデザインしよう!
火曜コース:2/7(火)・2/14(火)全2回
水曜コース:2/8(水)・2/15(水)全2回


みなさんこんにちは、三國万里子です。
TOBICHI編みものワークショップの2回目は
「ミトンをデザインしよう」です。
資料本を参考にしながら
あなただけのオリジナルのミトンをデザインしましょう。

最初の授業のあと、おうちでミトンを
ある程度作ってくる「宿題」付きなので、
今まで何回か編み込みのミトンを作ったことがある人に
参加していただこうかな、と思っています。
(ベテランである必要はありません、
 ひととおり作り方を知っていればOK)

もちろん編み方についてのいろいろも、
みなさんの実作を見ながら
お伝えできるといいと思います。

ご参加、お待ちしていますね!

『TOBICHI編みもの教室』
ミトンをデザインしよう!

今回の編みもの教室には、
火曜日に通うコースと水曜日に通うコースがあります。
ご都合に合わせてお申し込みください。

〈開校日時〉
●火曜コース
1回目:2月7日(火)19:30~21:00
2回目:2月14日(火)19:30~21:00
※全2回、登校してください

●水曜コース
1回目:2月8日(水)19:30~21:00
2回目:2月15日(水)19:30~21:00
※全2回、登校してください

〈定 員〉各コース8名(計16名)

〈参加資格〉編み込みのミトンを作ったことがある人
※引き続きいろいろなレベルの
ワークショップを行う予定ですので、お楽しみに。

〈参加費〉2回の教室で8,000円(税込)
※1回目に受付でお支払いいただきます。

〈当日お持ちいただくもの〉
・4号4本棒針
・お好きな色の並太毛糸
(地色用80~100グラム、配色用40~50グラム)
※上の写真のミトンで使っているのは
パピー「シェットランド」です。
「シェットランドヤーン」ではありません、念のため。
・ハサミ
・毛糸用とじ針
・細めのかぎ針
・鉛筆、消しゴム、定規

お申し込み方法

・参加希望の方は、下にある
「TOBICHI編みもの教室に申し込む」ボタンから
お申し込みフォームに進み、
必要事項に記入の上、お申し込みください。

・お申し込みできるのは1名様のみです。
(当日も、お連れの方は入場できません)

・申し込み〆切は2月3日(金)午前11時。

・厳正に抽選を行い、当選の方には、
2月3日(金)中にご案内のメールをいたします。

【ご注意】
2回の教室に出席できる方のみお申し込みください。
ご予定をよく確認の上、ご応募を。
※ご当選の方は確認のため、
当選通知メールにご返信ください。

TOBICHI編みもの教室に
   申し込む
2017-01-30-MON
© HOBO NIKKAN ITOI SHINBUN