ほぼ日手帳につけた
観察日記をきっかけに、
虫の本ができました。
2010.03.13
ほぼにちわ、です。

3日間にわたりお送りした、
神村学園高等部3年8組のレポートにつづき、
本日は「春の公式ガイドブックスペシャル第4弾」、
「ほぼ日手帳」に「虫の観察日記」をつけている
鈴木海花さんの手帳(『公式ガイドブック』p. 72〜73)の
その後をご紹介します。

「わたしのほぼ日手帳、ぐんぐん育ってます」と
海花さんからメールをいただいたのが、
昨年の夏の終わりのことでした。
観察日記もそのものもそうですが、
虫の本を企画中、それに「ほぼ日手帳」も収録されるといいます。
それは、とてもたのしみです!
本ができたら、ぜひ見せてくださいね、
とお願いしたのはもちろんのこと。
そして季節は巡り、いよいよこの春、
刊行のお知らせが届きました。
本のタイトルは『虫目で歩けば』
サブタイトルには、
「蟲愛づる姫君のむかしから、女子だって虫が好きでした。」
とあります。どんな本なのでしょう。
できたての本を見せていただきながら、
『虫目で歩けば』と、手帳のその後について、
お話をうかがってきました。


きっかけは「ほぼ日手帳」

ーー 拝見するのをたのしみにしていました。
かわいい表紙ですね!
鈴木 ありがとうございます。
表紙は自分で刺繍したものを使ってるんですよ。


▲表紙には、海花さん手作りの羊毛ししゅうで、
 擬人化された虫たちが。かわいい!

ーー すごい、素敵です。
じゃあまず、この本を出されたきっかけから
あらためてうかがえますか?
鈴木 いつか自分なりの虫観察の本を
作りたいというのはずっと思っていたんです。
ただ、こういう本って、
出版にこぎつけるのはなかなか
むずかしいだろうなと思っていたので
自分では、すぐにどうしようとかまでは
まったく考えてなかったんですね。
虫観察の本といっても、
昆虫採集とか、サイエンス系の虫の本ではないですし。

それが、去年「ほぼ日手帳」に
虫の観察記録をつけはじめて、
この手帳を知り合いの編集者が見て、
これはぜひ本にしたらいいよ、って
勧めてくれたんです。

だから、きっかけといえば「ほぼ日手帳」ですね。
こうして本ができたのは
手帳につけた虫の観察記録があったから。
そのくらい「プレゼン力」みたいなものが
この手帳にはありました。
ーー 女性がたのしむ虫の本って、
あまり類書はないでしょうか。
そもそも、虫が好きな女性が珍しい?
本の最初にある「はじめに」の文章にも、
「虫好き大人女子はけっこう孤独だったりします」と(笑)。
鈴木 そうなんです(笑)。
でも、よく虫の観察に
都内の植物園や公園に行くことがあるんですけど、
そうすると20代、30代の女性が
けっこうひとりでいらしてるんですね。
わたしが樹のそばで虫を見ていると、
「なにかいるんですか?」と
声をかけてくださるかたもいて。
「へえ、こんなところに
 こんなのがいるんですね」って。

虫って、虫と聞いただけで「ほんとにダメ」という人と、
すごいマニアックな昆虫好きの人と、
極端にわかれていると思うんです。
でも、わたし自身は、そのあいだの層。
編集担当のかたが本の紹介文に
「文系『女子目線』」と書いてくださったんですが
珍しい虫を追いかけて昆虫採集に行くような、
がむしゃら力づく系ではないんです。

ーー なるほど。
鈴木 あくまでも、自分の回りで、
近くに寄ってみると何かが見えてきて、発見があって。
そういう喜びが自分のなかにあるので
それを表現してわかちあえれば、と思ったんです。

不思議だねとかきれいだね、とか、
ひとといっしょに喜ぶのが好きなんですね。
なんでもそう。
たとえばおいしいものがあって、
それがひとつしかなかったとしたら、
ひとつ全部自分で食べるよりも、
みんなでわけて食べるのが好きなんです。
ーー 去年取材でおじゃましたときにも、
みんなで大騒ぎしてしまいましたけど、
見せていただいた虫の写真が
なんだかすごくかわいいんですよね。
近くに寄ってみたら、
虫ってこんなにかわいいんだ、
というのにまずびっくり。
しかも、都内の庭や公園に
これほどいろんな虫が来るなんて
まったく知りませんでしたし。

ご本のタイトルに「虫目」とあって、
「自然のディテイルの美しさ、おもしろさが
 発見できる目のこと」
と帯に説明がありますが、
虫に限らず、「虫目」で世界を見ると、
発見がいっぱいありそうですね。
鈴木 そうなんですよ。
そういうたのしみって、都会に住んでいる人でも
多いにあるんじゃないかなと思うんです。
わたしの場合は、10年以上虫を観察してきたら、
なんとなくたまったものがあって、
男子の虫好きとはちょっと違うんだけど、でも
わたしとしては日常でたのしんでいて、
こういうたのしみかたもアリじゃないですか、って(笑)。

2010年はカズンで虫の観察日記。

ーー 「ほぼ日手帳」のオリジナルに
虫の観察日記をつけはじめて、
「2010年はカズンにしよう」と、
昨年からおっしゃっていましたが、
実際に使ってみて、いかがですか?
鈴木 もっと貼りたいなという気持ちがずっとあって
カズンならもっといっぱい書けると思ったんですね。

冬の間、虫の観察そのものは少しお休みなので
今、どんなふうに使っていこうかなと
試行錯誤しているところなんですが、
何よりカズンのこのカバー、
ほんとに気にいっているんです。
この微妙なメタリック感が、
わたしの虫の好みにドンピシャなんです(笑)。


▲一目惚れした「ゴールデンブラック」

ーー ちょっとお試し中のページを見せていただくと‥‥


▲2010年版のカズンと2009年版のオリジナル
ーー わぁ、やっぱり貼る量が違いますね!
鈴木 カズンは紙面が大きいので、
いろいろ可能性があるんじゃないかなと思って
試しているところなんです。
虫に関する切り抜きとか、
植物も好きなのでその写真とか、
虫の観察以外のことも
書いたり貼ったりしたいなと。

あと、わたしの虫の観察には
おいしいものも切り離せないんですよ。
ーー あ、それは去年の手帳にも貼られてましたね。
虫たちの写真のそばに、おいしそうな甘いものの写真が(笑)。
鈴木 あの、「虫養い」ということば、
ご存じですか?
ーー むしやしない?
鈴木 小腹がすいたときにちょっとなにかお腹にいれて、
腹の虫をおさめることを、
「虫養い」というそうなんです。
関西のほうでは、今でも使われているそうなんですけど。
ーー ああ、腹の虫!
へええ、虫養いというんですね。
鈴木 去年はおやつの写真も
ページのなかで遠慮しながら貼っていたんですが、
カズンには虫養いのコーナーも作ります。
虫と、おやつと、植物と‥‥。

それでね、カズンは紙面が広いので、
いろいろなことを書いたり貼ったりすると、
ごちゃごちゃしてしまいそうなので、
このハンコを使ってエリアを分けて
使おうと思っているんです。


▲写真のハンコはクモのモチーフ。
 ほかにもいろいろあります。



▲内側の大きなポケットには、好きなお菓子の能書きが。
 「カズンはとくに懐が深くていいですね。
 手帳を開けばここにあるという安心感があります」
ーー 昨年お話をうかがったときは、
虫の観察日記をつけはじめて2カ月目くらいのころでした。
1日ページがあって、時系列に記録していけるところが
虫の観察日記にぴったりとおっしゃっていましたが
その後も使いつづけてこられて、いかがでしたか?
鈴木 そうですね、ほんとに
この手帳のいいところって、
自分で使っていてあらためて実感することが多いです。
まさに、どこを開いてもパタンと開くところとか。
こうでなければ、写真を貼ったりしようとは
考えなかったと思いますから。
ーー なるほど。
鈴木 気持ちよく開けるので、
白いページを前にして、いろいろ思い描けるんです。
ページが「ウェルカム!」って、
迎えてくれる感じがするんですよね。
ーー 考えてみれば「手帳」に何かを貼るという発想は
スケジュール管理に使う手帳だったら
あんまりないですよね。
でも「ほぼ日手帳」を使ってくださるかたは
いろいろ貼ってくださっていることがほんとに多いです。
鈴木 この手帳の作りが、
自然とそういう行為を呼ぶんじゃないかと思いますよ。
「こう使わなきゃいけない」ということがない、
いい意味のゆるさがあって、
でも、ベースメントがしっかりあるから、
使う人それぞれが、ここで
自分がやりたいことをできるんだと思いますね。
ーー そうかあ。励みになります。
この手帳のよさって、使ってくださっているかたに
教えていただくことのほうが多いんです。
鈴木 わたしもたぶん、紙が裏写りするとか、
開きが悪かったりしたら、この手帳に
虫の観察日記をつけることはなかったと思うし。
でもやってみると、すごくたのしくて。


▲「虫の観察日記」の七つ道具。
 自宅での撮影はデジタル一眼レフ、外での撮影は
 フットワークのいいコンパクトカメラで。


手帳に観察日記をつけはじめるまでは、
それまでに撮りためた何万枚もの
虫の写真も整理しないままでただ保管してあって。
こうやって、出力したものが手帳に貼ってあると、
いつでも開くとそこにあるので、とても便利。

でも、貼ることだけじゃなくて、
書いておくということもそうですよね。
やっぱり書いておくことって
ほんとに大事だと思うんです。
書くことで記憶に残るし、
手帳を開けばそこにあるという安心感もあるし。
ーー 編集のお仕事をされているから、
実感される部分もあるんでしょうか。
鈴木 そう、取材のときとかでも、
録音しながら、かならずメモを取ります。
今、音声も写真もすべてデジタルになってますけど、
紙に記録しておくことは大事だなと思うんです。

去年の手帳を見返して、
ああ、去年のこの時期にカメムシ見つけたなとか、
あの虫はそろそろかな、とか‥‥
自分が見てきた春から秋までの虫たちが、
この1冊に記録されているのは
すごくいいなと実感しますね。
これを何年間か続けていけば、
データとしてもかなり役に立つだろうなと
たのしみにしているんです。
自然観察をしていると、
季節による変化がとっても大事なんですよ。
ーー 自然観察ではありませんが、
手帳に登山の記録をつけているかたが
去年のこの季節、あの山に登ったときは
こういう気温だったとか、
じゃあ装備はこうしようとか、
以前の記録が役立つとおっしゃってました。
それから、サーフィンの日記をつけているかたも
手帳を見返して、
去年の今ごろはこういう波だったとか。
鈴木 そう、自然の好きな人には
時系列の記録は役に立ちますね。
ーー 春めいてきたので、
虫の観察もそろそろ本番でしょうか。
鈴木 そうですね。
これからどんどん暖かくなって
たのしみな季節です。



『虫目で歩けば』
蟲愛づる姫君のむかしから、女子だって虫が好きでした。
【アマゾンはこちら】
鈴木海花・著
四六判/128ページ/オールカラー
株式会社ブルース・インターアクションズ
Pヴァイン・ブックス
1,680円

********************

【もうひとつのお知らせ!】
「虫目歩き講座」も開催!
7月に新宿の朝日カルチャーセンターで
鈴木海花さんを講師に迎えて「虫目歩き講座」が開催されます。
7月の土曜日に全3回、
教室での講義や観察、ワークショップなど、
海花さんといっしょに「虫目」で野外を歩くこともできそうです。
開講日などの詳しい情報は、5月中旬より、
朝日カルチャーセンターのサイトや朝日新聞紙上に掲載されます。
ご興味のあるかたはぜひチェックしてみてくださいね。