Tokyo Pearシリーズ

ひさしぶりの登場となる「Tokyo Pear」。
恵梨子さんとダレンさんのスミス夫妻による
活版印刷のデザイン・ユニットです。
手仕事と機械が足並みをそろえていた時代から
愛されてきた技術を使った作品は、
コンピュータの時代にあって、とても新鮮。
今回は恵梨子さんが中心となって、
ハンド、キッチン、フェイス、バスの
4つのサイズのタオルをデザインしました。

キッチンは、恵梨子さんが理想とする
キッチン道具をあつめたデザインになっています。
タイトルは、「today’s menu」。
「ひとりじゃなく、友だちや家族と
ガヤガヤワイワイしているなかで、
何か作っていたり、お茶を飲んだり。
そんなふうに、キッチンという空間で
楽しんでもらえるようなイメージを考えました」
その絵柄はほんのり外国のムードと、
ミッドセンチュリー的な、ヴィンテージ感覚も。
色味も、夏らしく、
さわやかな印象になっています。

「ハンド」は、スミス家の思い出の場所である、
アメリカ合衆国ワシントン州の
「マウント・レーニア」の麓の、
野生の花が咲く草原をイメージ。
夏に訪れるその地は、とても清々しく、
空気が澄んでいて、ほんとうにきれいな
花が咲くのだそうです。
タイトルは「morning meadow」。
meadow(ミドゥ)というのは
ひろい草原や、森の中でポンと木が抜けて、
陽だまりになっているような、
気持ちのいい草むらのイメージ。
英単語のなかでも
とてもうつくしい言葉だと言われているんだそうです。

「フェイス」は、2ひきのハリネズミがモチーフ。
ちょっと大きい子と、ちょっとちっちゃい子は、
カップル? ともだち? 親子?
さらに、キノコと木の実と花をあしらって、
タイトルは「a walk in the woods」。
「緑の森の中を朝、散歩してるような
イメージで作りました」
こまかな絵柄なので、
大きめのサイズでもスッキリとするようにと
すっきりした色で構成されています。

「バス」は、その名も「GO WILD」。
野性的に行こうぜ、というような意味ですが、
完全なる野生というよりも、
身近でたのしめるアウトドアがテーマ。
山、森、キャンプ、キノコ、蝶々、釣り、
キャンピングカー、ギター、コーヒー、
天体観測、バードウォッチング、丸太棒、
カエル、それからネッシーとビッグフット!
「未知の、発見されていない、
よくわからないものも入れました。
いるのかな、いないのかな、
大人もそのドキドキ感を思い出して、
楽しく使っていただきたいなと思って作りました」

どの絵柄も、見ているだけで
物語が生まれてきそうなたのしいものばかり。
大人はもちろんのこと、
子ども用のタオルとしても、おすすめですよ。

カートに入れる
1~3営業日以内出荷 10月下旬出荷
  • 4,937円
    GO WILD
    バス
    バス
  • 1,851円
    a walk in the woods
    フェイス
    フェイス
  • 972円
    today’s menu
    キッチン
    キッチン
  • 875円
    morning meadow
    ハンド
    ハンド
(※価格はすべて税込・配送手数料別)
サイズについて