伊藤尚美さんシリーズ

人気のテキスタイルデザイナーで水彩画家でもある
伊藤尚美さんによるタオルです。
大人気となった昨シーズンにつづき、
描きおろしのオリジナル・デザインでの登場です。

伊藤さんは、1994年から大阪・東京・パリで
作品の発表をはじめ、2002年にテキスタイルブランド
「nani IRO」のプロデュースを開始。
ダブルガーゼやコットンリネンにのせられた
繊細さと力強さどちらも感じさせるデザインが魅力で、
伊藤さんのつくる布や、布をつかったアイテムは、
国内外(15カ国以上!)で広く支持されています。
現在は故郷の伊賀の自然あふれる土地にアトリエをもち、
日々、制作をつづけています。

幅は決まっていても長さに制限がないため
繰り返しのパターンをつくることが必要となる
テキスタイルデザインとちがい、
決まったサイズがあるタオル。
ハンド、フェイス、バス、
3つのサイズにあわせて、
カンバスに絵を描くように画を描き、
デザインをしてくださいました。
かっこいいモノトーンに見えますけれど、
じつは表情がとってもゆたか。
全体をグレージュで染めたうえに、
鉛筆や水彩で描かれた「日常のものたち」を、
ていねいに版をかさねてプリントしています。

「いつもは水彩が前に出るのですが、
線画も、よく描いています。
今回は身近にある静物を、タオルにのせました。
静かでありながら、ずっとそばにいても飽きない、
愛着がのっていくタオルになるといいな、
と思いながら‥‥」

と伊藤さん。

ハンドのテーマは「たからもの」。
「ハンドタオルは持ち歩くものですから、
そこに描くものも、ちょっと小っちゃくて、
掌に入るくらいのものを描きたいなぁと思ったんです」
貝殻、花びら、そしてお子さんが生まれたときに
頂いたという「LOVE」のハンコが押してある、石。
伊藤さんのアトリエに、いつもあるものたちが
描かれています。

フェイスは「くだもの」。
レモン、夏みかん、温州みかん、柚子など
柑橘系の果物が描かれています。
伊藤さんのアトリエのすぐ横には果樹園があり、
家族で育てているのだそう。
「果物がどんどん実っていく時というのは、
ほんとうに素敵なんです。
もちろん植える時にもときめきがあります。
季節によって新芽が出たり、花が咲いたり、
最後に実りの時を迎える。
そんなサイクルを日常で感じることができるんですよ」
畳んだ時にもグラフィカルな美しさがありますし、
ひろげてかければ、バスルームやサニタリーで
「うれしい」印象に。
暑い日に家事をするとき、
くびまわりにかけて使っても違和感がなさそうです。

バスタオルの名前は「デッサン」。
フレンチアンティークのリネンの布の
織りを1本ずつ手描きしています。
(あ! リネンの織りが絵のモチーフで、
このタオルの素材はコットンですよ。)
ちらりと見える星のような模様は、
伊藤さんが持っているリネンにほどこされていた
刺繍を描いたものだそうです。

どのサイズも、
素朴さと洗練が相まったデザイン。
派手さはありませんが、使っていくうちに
伊藤さんがこめた「たいせつな暮らし」への思いがあふれ、
愛着が湧いていくにちがいないタオルです。

カートに入れる
1~3営業日以内出荷
  • 4,937円
    デッサン
    バス
    バス
  • 1,851円
    くだもの
    フェイス
    フェイス
  • 875円
    たからもの
    ハンド
    ハンド
(※価格はすべて税込・配送手数料別)
サイズについて