通常のお茶と、あたり茶、冷茶、それぞれの、おいしいいれかたをご紹介します。



沸かしたての新鮮なお湯と湯ざましを用意します。
付属の10cc用スプーンに山盛り1杯の茶葉をとり、
急須にいれます。
沸かしたての熱いお湯を急須に直接そそぎます。
急須から湯ざましにそそぎ、
湯ざましから湯のみにそそいで、完成!

 



急須、湯ざまし、湯のみ、
沸かしたての新鮮なお湯を用意します。
付属の10cc用スプーンに軽く1杯の茶葉をとり、
急須にいれます。茶葉の量はひかえめにするのがコツ。
80℃くらいに冷ましたお湯を急須にいれます。
湯ざましに、お茶をすべてそそぎます。
急須を軽くたたいて、アミについた茶葉を戻します。
湯ざましに入ったお茶を、半分くらい急須に戻します。
濃さをみながら、湯ざましに再びそそぎます。
湯のみにそそいで完成!

※茶葉をご購入された方には、「おいしいお茶のアドバイス」という
 小冊子が付いてきますので、ご参考にしてください。
※湯ざましをつかわず、ふつうにいれていただいても
 おいしくお飲みいただけます。





 




付属の1cc用スプーンに
すりきり1杯の茶葉をとり、湯のみに入れます。
約150ccのお湯をそそぎます。
濃い目がお好きな方は、お湯の量を減らしてください。
抹茶のように溶けませんので、
スプーンでかきまぜながら飲んだり、
最後の濃くなったところにお湯を足したりと
濃さを調節しながらお飲みください。



 





<オフィスなどで、手軽に飲みたいとき>
水(軟水)の入った500mlの容器に
冷茶を1パックいれて、30分以上置いてください。
お好みの味になりましたら、
パックを取り出してください。

※市販の500mlのミネラルウォーター(軟水)のペットボトルに、
 1パックいれていただくと、
 オフィスでも手軽にお飲みいただけます。
※ペットボトルで冷茶を作ったあとに持ち歩く場合は、
 日光にあたらないようにしてください。
 市販のペットボトルのお茶のように、
 熱処理をしていませんので、日光にあたると変質してしまいます。

   
<ご自宅などでたっぷり飲みたいとき>
夜寝る前に、水(軟水)の入った
1リットルの容器に、
冷茶を1パックいれて、
そのまま一晩冷蔵庫にいれておいてください。
朝、お飲みいただく直前に、
もう1パック冷茶をいれてください。
味や香りがまんべんなく行き渡るように、
十分、かきまぜてからお飲みください。


メールを送る ツイートする
トップへもどる

ほぼ日ホームへ