HOBO NIKKAN ITOI SHINBUN
簡さんのお茶のいれ方
 

専用タンブラーをつかったお茶のいれ方を
簡さんに教えてもらいました。
とっても簡単、なのにおいしい!
まずはこのいれ方をお試しください。

とはいえ、
「自分が好きなときに、好きなように飲むのが一番」
というのが簡さんのモットーです。
飲み慣れてきたら自分の好みに応じて
茶葉やお湯の量など、少しずつ調整してください。

香りをより楽しみたいなら
すこしタンブラーを振ってみる。
もっと味を確かめたいなら
茶葉を多めに入れてみる。

そんなふうに
あなただけの飲み方を探すのも
お茶の楽しみ方のひとつです。

 

用意するもの>

・茶葉
 専用タンブラーで入れる場合の目安は1~2g。
 はじめての場合は、味が濃く出てわかりやすいよう、
 少し多めの2gがおすすめです。


・茶器(専用タンブラー)
 ポットや急須でもかまいません。
 その場合は茶葉を多めにして調整してください。


・熱いお湯
 中国茶は日本茶とちがいゆっくり茶葉が開くため、
 沸騰したての熱いお湯を使います。

 

  専用タンブラーを温めます
熱いお湯をすこし入れてフタを閉め、
専用タンブラーをまわして全体を温めます。
専用タンブラーを温めることで、
茶葉の香りをよりひきたたせます。
温めた後、お湯は捨てます。
  茶葉を入れます
専用タンブラーに茶葉を入れ、
フタを閉めて底側を軽く1,2回まわします。
強くまぜすぎると雑味が出るので、注意。
  茶葉をぬらします
茶葉をぬらす程度に、ほんの少しだけお湯を注ぎます。
お湯を注いだらフタを閉めて茶葉を蒸らし、お湯を捨てます。
茶葉からはいい香りが立ちあがっているはず。
ぜひ楽しんでください。
  お湯を1cmほど注ぎます
お湯を入れるときには、
専用タンブラーを斜めに傾けて、
静かにそっと注ぎます。
お茶の味をやわらかくするために、大切なポイントです。
1cmほど注いだら、少しお茶を残すようにして、
最初の一口を味わってください。
お茶はカップに注いでも、
専用タンブラーから直接飲んでも大丈夫です。
  お湯を足します
2~3cm程度の高さになるくらいにお湯を足し、
また少し残すようにしてお茶を楽しみます。
この「少し残す」というのは、
「前に飲んだお茶と、味をつなぐため」だと簡さんは言います。
お茶のゆるやかな変化を楽しむための工夫なのだそうです。
  好みでお湯を足しながら飲みます
ここからは自由にお湯を足して、飲んでください。
簡さんのおすすめは、
飲みきれる量(お湯の高さが5~6cmくらい)ずつ、
くりかえしお湯を足して飲む方法。
中国茶はゆっくりとお茶が出るので、
お好みにもよりますが10煎目ぐらいまで
長く楽しんでいただけます。
お湯を多めに注いで携帯したい場合は、
フタを開けたときに熱いお茶がふき出さないよう、
7分目くらいまでにしておいてください。
 
 
メールをおくる ツイートする ほぼ日ホームへ
 
 
カートの中身をみる
ほぼ日ストアヘルプ
トップページにもどる
商品の一覧をみる
簡さんのこと
風吹さんが教えてくれました。
夏のアイスティー
茶葉について紹介します
簡さんのお茶のいれ方
かんさんのお茶について
 (C) HOBO NIKKAN ITOI SHINBUN