なつやすみ(7月・8月)用の
「おためし版」を、
無料(送料別)でおとどけします。
ほぼ日の「ホワイトボードカレンダー」は
たっぷり書けて何度でも消せる、
表面がホワイトボードになったカレンダー。
これ、使ってみると本当に便利で、
全国LOFTのカレンダー売り場で
発売1年目から11年連続売上1位を記録中の、
ベストセラー商品なんです。
この便利さ、もっと多くの人に知ってほしい。
ということで、
今年の「なつやすみ(7月・8月)用」の、
「無料おためし版」をつくりました。
2017年6月1日(木)の午前11時から
お申し込みを開始します。
商品代金「0円」でおとどけいたしますので、
みなさん、どしどしお申し込みくださいね!
こっそり書いておいたお出かけの予定を、
子どもたちが見つけては、
よろこんだりしています。
また、献立の予定を書きこんでおくと
よろこんだり悲しんだり、
リクエストが来たり‥‥。
そのリアクションもまた、楽しいです。
スケジュール管理と
アイディアのメモが同時にできるので、
プロジェクトチームのミーティングは、
ホワイトボードカレンダーを中心に
行うようになりました。
確定前の予定や日程を
とりあえず書いておけるのがいい。
変更になったら消せばいいし、
あとで書こうと思っても、
忘れてしまうことがあるから。
夫が妻の、妻が夫の予定を忘れなくなり、
相手の予定を忘れたことによる
ケンカがなくなりました。
このカレンダーのおかげで
「夫婦円満」です。
我が家では
「連絡帳」のように使っているのですが、
カレンダーを中心に、
以前よりも会話が増えました。
夫が
「ものすごく上手にキン肉マンが描ける」
ということを知りました。
夫婦間の「言った言わない問題」が
なくなりました。
ダブルブッキングが減りました。
カレンダーに書き込みたくて、
情報に敏感になった。
某ハンバーガーショップの
オトク期間情報とか。
空いたスペースに子(中学生男子)が
今日のできごとや予定を、
書き込んでくれます。
反抗期で以前より会話が減りましたが、
ホワイトボードという
消せる魔法(!?)によって
思っていることを書いてくれるようです。
月の数字は、三國万里子さんの編み地作品。
7月8月ともに、2013年に大好評だった
三國万里子さんの「月の数字」をリバイバル。
なつやすみを素敵な柄の編み地で彩ります。
7月を、ひっくり返すと、8月に。
7月のカレンダーと8月のカレンダーを
表裏に両面印刷しています。
両面ともに、もちろん、
書いては消せるホワイトボード仕様です。
7月が終わったら、
ひっくり返して、お使いください。
もし、白い壁などで、
マーカーの汚れ移りが気になるようでしたら、
7月の書き込みを
きれいに消してからご使用ください。
日付の数字を「太く、見やすく」しました。
現行の2017年版にくらべて、
日付の数字を「太く、見やすく」改良しました。
離れた場所からの視認性が大幅に向上しました。
日付のマスも大きくなって、
もっといっぱい、書き込めるように。 
日付マスの縦の長さも「8ミリ」大きくし、
面積がぐーんと広がりました。
いっそうたくさん、書き込めますよ。
※日付の数字の太さ、および日付マスの大きさは、
9月1日(金)発売予定の
来年2018年版のホワイトボードカレンダーに、
そのまま引き継がれます。
よって、数字の視認性や書き込める量など、
来年2018年版の「使用感」を、
この「なつやすみ版」でお確かめいただけます。
サイズ:縦395mm×横395mm
【1マス(1日):幅50mm×高さ47mm】
ページ枚数:1枚(11月のみ)
重 量:約110グラム(パッケージ含む)
原材料:コート紙にポリプロピレン表面加工
付属品:ほぼ日オリジナル ホワイトボードマーカー(黒)
記載内容:祝祭日/記念日など(七五三)/
二十四節気(立冬、小雪)/月の満ち欠け
ほぼ日ホワイトボードカレンダー
なつやすみ無料おためし版は
以下のお店でも配布する予定です。
(なくなり次第終了となります)

▶︎TOBICHI

6月1日(木)~(予定数配布後終了)

▶︎蔦屋書店 湘南T-SITE

6月10日(土)~(配布は終了しました)

▶︎銀座ロフト

6月23日(金)~(予定数配布後終了)

2017-06-01-THU