にわかファンのにわかファンによる にわかファンのためのオリンピック企画  観たぞ、ソチオリンピック!
 
フィギュア団体、決着!
レジェンドも飛んだ!
ソッチー!

どうですか、みなさん。
たのしいですね、オリンピック。
寝てませんか、そうですかそうですか。

時差5時間、
ある意味、オリンピックらしい
「眠い目をこすりながらの観戦」が
続いているのではないかと思います。

今日も、週末に日本に降った雪と
同じくらいの量の投稿が届いています。
ぜんぶを紹介できず、すみませんと
あらかじめ謝っておくほか、ありません。
いやー、でも、投稿が殺到するはずだわ。
おもしろいもの、やっぱり。

申し遅れました、担当は私、
男子アルペン大原稿、ニッポンの永田です。
さあ、じゃ、まずどぼんからいきましょう!

フィギュア団体女子フリー、
カナダのケイトリン・オズモンド選手の
お尻の布が若干小さめで、お尻が! お尻が!


はい、たくさんきました。
どぼんというのは、その性質上、
多くの人が観ている競技で生じやすいんですが、
この日はフィギュア団体のクライマックスでしたから、
そもそも観ている人が多い。
そこへ、あの、スリリングな衣装では、
どぼんもしょうがないですね。
思わず投稿してくださったみなさん、
ユー・ア-・ドボン!

さぁ、じゃあ、
そのフィギュア団体から行きましょう!
いや、すごかったですねー。



フィギュア団体

フィギュア団体戦における
リプニツカヤ選手のSPのキャンドルスピン、
レベル4の加点1.5、つまり満点がつきました。
しかも、ジャッジ全員が+3をつけるという完璧な満点です!
美しいですね~、この数字の並び‥‥ほれぼれします。
スピンの満点は男子ならランビエール選手、
女子ならアリッサ・シズニー選手が連発していたのですが、
それ以来、めっきり見かけることがなくなっており、
いささかさびしく思っておりましたが、
今大会はこのリプニツカヤ選手と
同じくロシアのソトニコワ選手に期待です。
(採点マニア)

すっかりレギュラーの採点マニアさん。
こちらは、ショートプログラムのときの
得点表を解析。
いや、しかし、リプニツカヤもすごいけど、
並んだ数字を見て惚れ惚れしてる
あなたもそうとうすごい‥‥。


リプニツカヤ選手のキャンドルスピンって、
ビールマンスピンよりすごいんですか?
違いがよく分かりません!
炎の部分が難しいんですか?
誰か教えてください!!
(じんべえ)

すごいッス。
自分、夜中に声、出たッス。
ええとね、ひとことで言うと、
「ろくろで火の点いたロウソクができていく感じ」。
ああ、なんて、伝わりづらい。


メリル姐さんには
襟を抜き気味にした紫の銘仙のお召しに
長いキセルを持って長火鉢のまえに座り
「お前さんの言うことは道理が通りゃしないじゃないか」
(火鉢にキセルをコンと叩きつける)
という役柄で是非エキシビションを。
(まれ)

おもしろいけど、組み立てづらいわ、
そのエキシビション。


アイスダンスの「ツイズル」は、
「池中玄太が追い続けている幻のツルの写真」
て、ことでよろしいでしょうか?
笑顔がうさんくさい優男(鶴)の求婚ダンスに、
つい付き合ってステップを踏んで
一緒に回ってしまった美女(鶴)。
その一瞬の写真を彼はいまだに追い続けている、と。
(ねこちゅう)

鶴子ーーー、見えるか、鶴子ーーー!
カシャ、カシャ、カシャ(シャッター切る)。
って、古い! アラフォーでも無理!


イケメンなのに寝起きの天使みたいな髪型の人来た。
(ダルメシアンは全身睫毛)

はい、わかった!


ピノキオがいる?
(りり)

ええと、その人はですね‥‥。


鼻と言えば、鼻皇帝プルシェンコでしたが、
彼がしばらく世界の舞台からお休みしてる間に
若手の鼻の台頭が!
カナダ、ケヴィン・レイノルズ選手。
長すぎる手足、細い肢体、小さすぎる頭、
そして高すぎる鼻で、
ファンタジーの世界から来たような雰囲気の彼は、
さながら「鼻の妖精」でしょうか。
(実家ではピノキオと呼ばれ親しまれていました)
やはり屈指の四回転ジャンパーなレイノルズ選手、
五輪登場が楽しみです。
団体男子フリーにて新旧鼻対決!
頑張れ、鼻くん!!
(茶坊主)

ということで、ピノキオは、
ケヴィン・レイノルズ選手ではないかと。
ええと、彼については、
もっと詳しい情報が届いてたな。
よいしょっと。ゴソゴソ‥‥。
(膨大な投稿がつまった巨大なダンボールから
 該当の投稿を引っ張り出す)


カナダのケヴィン・レイノルズ選手。
日本のゲームやアニメ好きが高じて、
数年前から日本語を勉強しています。
2011年、引退を考えるほどのスランプ中に、
日本のファンから続々と届く励ましの手紙を読んで、
再び奮起した屈指の4回転ジャンパー。
ソチへ経つ直前、習字で「金メダル」と書き初め、
選手村の食堂でお味噌汁を飲んでいた彼は、
紛れもなく「うちの子」です。
(アサコール)

しゅ、習字で「金メダル」‥‥。
なかなかディープですね。


団体男子フリーカナダ、ケビン選手
これから魔王を倒しに行く新米勇者みたいで可愛い。
(まさこ)

その魔王が誰かというと‥‥。


プルシェンコ、透けすぎじゃないですか?
(フトン・イン)

フィギュア団体決勝、
プルシェンコのフリーの衣装は、
全体にスケスケです。


ちなみに、ケヴィンくんは上向き、
プル様は付け鼻的です。
(cottonsnow)

みんな、申し合わせたかのように、鼻情報を。


大きさならプルシェンコ、角度ならレイノルズ。 
(れいこ)

わかった、わかった。


フィギュア団体決勝男子シングルフリー。
応援席に高橋大輔選手発見!
ずっといないなーって思ってました。
今日ソチに到着したんですね。
役者が揃った感!
(シジミ)

そう、今日は応援席に高橋選手が。
村上選手はこれからかな?


今、イタリア代表男子として、
くりいむしちゅーの有田さんがすべってます。
(ハビ)

あ、パルキンソン選手ですね。
加藤茶の声もありましたが、
有田さんでいいと思います。


イタリア男子のパルキンソン選手、
なんでか途中からソフトバンクホークスの
内川選手に見えてきました。
斜め後ろから見たお顔の稜線のせいだとおもうんですけど。
(ウオ)

ああ、若干、ありますかね。
門倉選手ほどではないですけどね。


ジェイソンブラウンさん
しなやか!
手脚長っ!
巨神兵みたい!
もしくは昆虫。
(いるかとかぶ)

アメリカ代表、ジェイソン・ブラウン!
「巨神兵、もしくは昆虫」って
ものすごい振れ幅なんだけど。


アメリカのジェイソン・ブラウン、
EXILEにいそうな顔立ちじゃないですか?
(虹子)

遠目にみるといそうだけど、
よくみると、絶対いない感じ。


ジェイソン・ブラウン君は
「ウォーリーをさがせ!」の
ウォーリーじゃない、だいたいの人に似てますね。
(めい)

ぶふぁっ、むせた。
すっごい比喩を持ち出してくるね!


アメリカのジェイソン君、19歳なんだ。
ヒゲダンスっぽい動きしてたけど、
19なのにそんなの知ってるんだ。
(きょうこん)

ひー、みんな高度すぎる。
単に「似てます」で終わらせないもんね。
「19なのにそんなの知ってるんだ」って‥‥。


ケビン・レイノルズくん、
4回転の安定感がすごい!!
それはそうと、ホビット役が似合いそうですよね。
(もーさん)

鼻天使、4回転、3つ!
ちょっと待ってください、計算しますね‥‥。
4×3=12
出ました! 12回転です!


カナダのケビン・レイノルズ選手を見ると、
「にんじん」を想い出します。
(プー)

もう、観てない人にも、
だいたいどんな感じの選手か、
わかったのではないでしょうか。
「観たぞ、オリンピック!」シリーズは
10年前からテキストオンリーで
やらせてもらってます。


団体戦、カナダの男子。
衣装が遠山の金さんが桜吹雪見せて脱いでるみたい、
と呟いたら、隣にいたオットが
「金さんが脱いでるのは右肩だから、
 あれは逆だけどね」
と細かすぎる突っ込みを!
ホントかどうかはわかりましぇん。
(あそのこ)

どういう衣装かというと、ですね‥‥。


カナダ。レイノルズ選手。
上半身は右側が青。
左肩と左腕、左脇にかけて斜めに白。
ウエストの黒いベルトでふんわりさせて
下は細身の黒。
両手首には金色のリストバンド。
袖口や左胸のあたりにも金色。
ひとつのプログラムで4回転を三度。
167.92
(ぬばたまの)

「観たぞ、オリンピック!」シリーズは
10年前からテキストオンリーで
やらせてもらってます。


滑り終えたケビンくん。
戻ってきたときに
妖怪アンテナが立ってました!
( ぐいつ)

妖怪、っていうか、
魔王がいたんじゃないですかね?


きゃあ、テレビつけたらプルシェンコ!
(さちぽん)

玄関開けたら2分でご飯!
テレビつけたらプルシェンコ!


あのー、ひげが濃すぎませんか?
オリンピックだよ? 自国開催だよ?
(ドギー)

大丈夫です!
プルシェンコのヒゲは、回転すると消えるのです!


プル様!!
フリーの曲名が
「ベスト・オブ・プルシェンコ」です!!
(うまだ)

いろんな意味で、この人しかできないよねぇ。


皇帝、あの、
ブーブークッションみたいな動きは
なんだろう。
(リ)

ひー、どれだかわかんないけど、
その表現がおかしい。
スピンかな。


プルさま!
ああ確定申告に集中できない。
なんでこの時期なんだ! 確定申告!
(じょなたん)

観終わってからで
いいんじゃないですか、確定申告?


皇帝プルシェンコのフリーの最後のスピンは
明らかに「シェー」でした。
(さんご)

「シェー」なのにかっこいい!


プルシェンコ演技を姉妹で見てました。
ジーニャの衣装は「セクシー長襦袢」と命名。
後ろ姿はもう袋とじレベルだと思います。
(はだし姉妹)

「後ろ姿は袋とじレベル」!


団体男子フリーが始まった時、
母に買ってきたお米を
米びつにあけておいてと頼まれた事を思い出し、
テレビ見ながらあけてたら、
台所にお米をぶちまけました。
でもこれから町田くん、
しばらく台所はお米まみれでも良いですよね。
(ばんび)

なにをやってるんだ、なにを。


うわあ、
ロシア選手の直後の大歓声の中で出陣て、
昨日に続いてまたですかい日本!
がんばれ負けるな町田君!!
みんな応援してるぞー!
(にけ)

そう、昨日の真央ちゃんに続いて、
ロシアの直後!
町田選手の曲は『火の鳥』。


町田くんはマスクを被り忘れた
何とかレンジャーのレッドのようですね。
(かみなりがーる)

ふははははは!


町田君、
赤い羽根募金いっぱいした人みたいだから
がんばれー!
(あっこOTJ)

火の鳥です!


町田選手の『火の鳥』は、
「手羽先!」「手羽元!」「胸肉!」
の順で始まります。
(ウオ)

コーヒー、吹き出しちゃったよ。


え、町田君パーマかけた?
(こぐまのミーシャ)

言うてる場合か。


日本。町田選手。
ロシアの歓声やまぬ中リンクに登場。
上半身、首回りからむね・腕にかけて
赤と金がジグザグと。その上に赤い羽根がふんわり。
慎重に確認作業をして最初のポジションへ。
ロシアで生まれた火の鳥の曲に乗って力強く舞います。
165.85
(ぬばたまの)

よかったんじゃないかと!
なんか、ミスもあったんだろうけど、
よかったんじゃないかと!
あと、火の鳥だった。
鳥感、あった。


町田くんの演技、大変鳥です!
開会式のハトより鳥です!
(うまだ)

開会式のハトは白鳥なのにクラゲだったからなあ。
なにがなんやらわからんわい。


よくがんばった! 観客反応薄い!
(ちゃか)

そうそう、まぁ、しょうがないけど、
自国の応援に盛り上がってるぶん、
ほかの国には反応が薄くなる。
それはもう、ふつうのことでは。
しかし、それを考えると、
バンクーバーのお客さんってば、
やっぱりすごかったなぁ、と。


まちだくん、
カメラに近づき過ぎて
場外になっちゃったかとドキドキした!
(オフサイド)

なんか、すげー近い瞬間ありましたよね?
にしても「場外」て。


演技後、まっちーの礼に礼して返した羽生くん。
(長野のsora)

ああ、そうだった、そうだった。
町田選手は全体の3位。


三位だった真央ちゃんの背中に
そっと手を添えたあっこさん。
三位だった町田くんの背中に
そっと手を添えた大ちゃん。
いいチームだなぁ。
(大女、雪女)

団体戦はいいなぁ。


町田くんて詩人? 不思議ちゃん?
(みをな)

あ、インタビューを観たんですね。
独特でしたね、噂に違わず。


グレイシー・ゴールド、
ものすごくグレイシー・ゴールドっぽい!!!
(ココナツ)

きっれいでしたねーー!
さすが、刈屋さんのお気に入り。
CGみたいなルックスで、
名前もグレイシー・ゴールド!
すごいわー。


ゴールドちゃんかわいい。
今までに見た人間のなかでいちばん美人。
(アマンチェロ)

「人間」のつかいかたが
小学生男子っぽくていいですね。


全日本早風呂にエントリーしてましたが、
今上がって参りました!
鈴木選手に間に合ったようです!
自己ベスト更新!!
(海原)

このタイミングでお風呂に行かれた方が
多かったみたいです。
このコンテンツやってると、
いろんなことを知ることになります。


今日の録画開始は手動です。
録画開始後しばらく見張っています。
もはやデジタル機器、信用できない‥‥。
(のらねこ)

あ、「12秒録画」の人だ。


日本。キャプテン、鈴木明子選手登場。
やわらかなミルク色の衣装。
上半身はキラキラと淡い色の花が
ぎっしり散りばめられています。可憐。
きっちりお団子にまとめた髪に小さな白い花の髪飾り。
耳には小さな白い丸い真珠。可憐。
中間の夢見るようなメロディにのせて笑顔でステップ。
ジャンプで一瞬ひやっとしましたが、転倒はなし。
ああ、可憐なクリスティーヌだった。
112.33
演技構成点は63.01
(ぬばたまの)

たくさんの投稿が寄せられました。
緊張感とやさしさの伝わる演技でした。


ラスボスは15歳。
(A県民)

そう、思えば、ここがクライマックスだった!
鈴木明子選手が終わって
ほっとひと息ついたあと、
ひとりおいて、ロシアの新星、
ユリア・リプニツカヤ登場!


後半に5つのジャンプ!?
そりゃただ1人だよ!
(まさこ)

さすがににわかなオレも覚えたぞ。
演技後半のジャンプは得点が1.1倍!


彼女は真央ちゃんが15歳の時に
オリンピックに出ていたら
こうだったんじゃないかと思わせる。
プレッシャーすごいだろうに。
今日も素敵。
(ささな)

いえてる!
ジャンプは失敗という概念がないみたいだし、
スピンはやわらかいし。
あのころの真央ちゃんも、
「片手ビールマンができるのはこの子だけ」
みたいに言われてなかったっけ。
で、リプニツカヤには、
リプニツカヤしかできないスピンがあって‥‥。


キャンドルスピン、ずっと見てたい。
(あっこOTJ)


今日のキャンドルスピンも
きまってましたねー!
いやもうしょうがないよこれ。
なんなの、リプニツカヤ!
(三児の母)


このスピン‥‥
骨とか内臓とかちゃんと入ってるんですか。
人体ってスゲー。
(くろまる)


こりゃ、参った。
(サチック)


こ、言葉が出ない‥‥。
スゴい‥‥!
(なかちゃん)


はぁ~。ためいきしかでない。
(かのあ)


大ちゃんもア然。
ユリアちゃん、恐ろしい子‥‥。
(はゆる)


大輔「(ぽかーん)」
まおちゃん「すごいね」
ロシアの少女、圧巻!
(あま)


フリー後半でもスピード落ちず、
ジャンプも決めちゃうって!!
ユリア、おそロシい子‥‥。
(あさっこ)


リプニツカヤ、とんでもなさすぎる‥‥
軽々と跳ぶし、ぐるぐる回るし、
勢いだけでない表現力もあるし。
とんでもないわ、リプニツカヤ。
(ゆゆゆ)


リプニツカヤたん
ロシアの15歳
おそロシア
(みゆきんぐ)


フィギュアを見て初めて、
感動とともに「コワい」と思いました。
なにか今フィギュアの歴史が
大きく変わる瞬間に
立ち合ってるような気がしてなりません。
ホントにユリア‥‥恐ろしい子ッ!
(なかちゃん)


アイスダンス前に
もう金決まっちゃったの!?
おそロシア!
(ささな)


アイスダンスは、
アメリカはメリル選手とホワイト選手組、
カナダは、バーチュー選手モイアー選手組で
逆転を狙ったんですが、
女子シングル終了時点で、
ロシア金メダル確定。
(世羅)

ロシア、団体金メダル!
導いたのは、15歳のエース、
ユリア・リプニツカヤ!


クールビューティー系のユリアちゃん、
キスクラでのキャップのギャップが可愛い。
キャップのギャップが‥‥
キャップのギャップ‥‥
(あれ?)

もう遅いし、寝たほうがいいのでは?


お、おはようございます永田さん‥‥
幸運な若者にはなれませんでした‥‥
色々と私は見逃しましたね?
(はなこ)

はい。しかし、まだ、リード姉弟が残ってます。
席につきなさい。


ロシアの金が確定したところで恐縮ですが
フィギュアのピクトグラムが今にも缶蹴りしそうで
得点表が出るたびに気になってしまいます。
(こまこ)

いまそんなこと言われても‥‥。


リード姉弟って。
ハリウッド映画に日本人役で出てきそう!
(さっとん)

和装!


日本。リード姉弟登場。
着物をイメージした衣装。お母様デザインとのこと。
キャシー選手は全体が紅梅、
右下が白梅のような色合い。
肩から襟にかけて黒と白の花。
ウエストには白と黒の帯。
まとめた髪には組紐のような赤い髪飾り。
クリス選手は下が黒とグレーの縦縞。
上半身は白の上に黒のベストが陣羽織のよう。
ウエストには白の中に黒い細い筋のある帯。
衣装をつけているから見えませんが
控室の画像では膝に保護具が装着されていました。
怪我の影響を感じさせない情感のこもった演技。
76.34
リフトで6秒の制限時間をオーバーして減点1
(ぬばたまの)

でも、がんばったのではないかな?
フィギュア団体、日本はけっきょく5位でした。
アイスダンスはその後も
各国がすばらしい演技!
にわかファンとしては、
いろんな国のよさが凝縮して観られて
かなりうれしかったですよ、フィギュア団体。
そして、ここからが本番ともいえる個人戦。
いやぁ、たのしみです。


父が自慢げに話してた
日本チームの途中経過と
録画で見た途中経過が
何ひとつ合ってなかった。
父よ、あなたが見たのは何なんですか?
(かずい)

ふはははは、父、おもしろすぎ。


ジャンプ・ノーマルヒル

スキージャンプ初出場、
新潟県出身の清水礼留飛選手。
礼留飛(れるひ)という名前を
今時のキラキラネームと思うことなかれ!
新潟県上越市(礼留飛選手が生まれた隣の市)にて、
日本で初めてスキーを教えた実在の偉人、
オーストリアのテオドール・フォン・レルヒ少佐
に由来しています。
「礼」儀を正して、
悪いことがあっても踏み「留」まり
遠くまで「飛」翔してほしい
という思いから、この漢字になったそうです。
お父様はノルディック複合・ジャンプの国体選手、
お兄様はノルディック複合で、これまた注目の選手。
スキーをやるために生まれてきたような方です!
ちなみに、由来となったレルヒ少佐は、
現在「日本元祖スキー漢(おとこ)」として、
新潟県公認ゆるキャラになっています。
「レルヒさんのうた」なるものも存在するので、
観戦のおともに、是非。
地元メディアでは昔から取り上げられていたので、
まだ高校生位だと思っていたら、もう20歳!
その名前の由来から、
「スキーの実力があって本当に良かったよねぇ‥‥」
と地元民にしみじみ言われている礼留飛選手。
オリンピックの舞台で、遠くまで飛翔してほしいです。
(りこびたんD)

いや、選手紹介の原稿として、
完璧じゃないでしょうか?
本職の方でしょうか?
それはそうと、レルヒ選手。
どうしても名前を聞くと、
頭のなかに『Let it Be』が流れます。
♪レルヒーー レルヒィーィー
 レルヒーィ レルヒーー


予選が始まったばかりなのにすごいジャンプ。
実力あるけど休んでいたから飛ぶ順が早いのだとか。
そんなチェコの選手。
どう出るか、コーデルカ!
(ひろぴー)

うん、それは、言いたくなるね。


アホネン選手、無事予選通過。
くわえて、ヤンダ選手、
コウデルカ選手も決勝へ。
それからいじれそうでいじりにくい、
コイブランタと言う名の選手も出ます。
さあ、名前萌え?の方々も
モチベーション上げていきましょう!
(モスグリーン)

やんだ、アンタ、こうでるか?
アホねーん。
〜舞台『恋ぶらんた』より〜


アホネン選手、いまもご活躍なのですね。
長野オリンピックを観ていた小学2年の頃、
学校で「知っている外国人の名前を挙げなさい」
という課題でにやにやしながら
「アホネン」と書いて出したら、
先生にダメ、と返された悲しい思い出。
今ではうっかり職場で「観たぞ」を読んでしまって
にやにやする社会人2年生です。
(いまは家)

いや、16年前のことを言ってもしょうがないけど、
それは先生がおかしいんじゃないのか。
あ、「にやにや」がダメだったのかな?


今季めきめき強くなった
オーストリアのディートハルト選手、
サッカーの本田圭佑くんを
縦に引き延ばしたような顔をしています。
そんな彼の幸運のマスコットは
かわいいブタのぬいぐるみ。
W杯で優勝したときに、
表彰台にも一緒にあがってました
(競技中はおとうさんが持って応援)
(うさぎ)

にわかファンとして、
しょっちゅうそう思うんだけど、
どんな競技にも、ちゃんとファンがいて、
当たり前に選手を応援してるんだよなぁ。


ノーマルヒル予選を見てるんですが、
風が安定しませんといって映されたのが、
プレゼントに巻いてあるような
ソチオリンピックリボンが
なんかわからない棒につけられフラフラしてる映像。
素人には試合が止まるほどには思えず、
やっつけ映像かとうたがいました。
(にわかオリンピッカー)

その、なんやようわからん棒が
オフィシャルな風速測定基準棒だったらどうしよう。


葛西選手が予選免除と聞いて、
よく考えずに
「40歳以上だから?」と発言してしまい、
夫に冷たい視線で返されました。
そうだよね、
五輪にシルバー枠なんてあるわけないよね。
(週刊中年ジャンプ)

「おはようございますー。
 あ、葛西さん、今日は葛西さん、
 シルバーデイですので予選免除ですー」
「なぜじゃ! バカにするでない!
 えーい、わしゃ飛ぶぞ!」
「葛西さん、困ります、葛西さん」
「えーい、離せ! わしゃ飛ぶんじゃ!」
「おーーーい、誰か来てくれ!
 レジェンドが! レジェンドが!」
‥‥深夜にぼくはいったい
なにを書いているんでしょうか。


新聞記事から。
今回で7大会連続(!)の
五輪出場となる葛西選手の
妹さんは、高校入学直後から血液の難病である
再生不良性貧血と闘い続けているそうです。
W杯最年長優勝したオーストラリアから
帰国した直後も葛西選手は
「甘いものが食べたい」という入院中の妹さんのために
一人では食べきれないほどの
シュークリームを持っていきました。
3人きょうだいのお姉さんいわく、
「妹のことをいつもすごく心配している。
 メダルを取ったら元気になるかもしれないと
 思っているのでしょう」と。
妹さんも、かつて一家が住んでいた
北海道下川町の神社のお守りを
毎年葛西選手に渡してきたそうです。
ジャンプが盛んで多くの五輪選手を
輩出してきた「ジャンプ王国」に
あやかったお守りで「飛翔守」。
入院中の今年は旦那さんに頼んで買ってもらい、
お姉さんを通じて葛西選手の元へ。
「頑張ってくるから。」
出発前、お姉さんに見せたガッツポーズ。
そして今、葛西選手の7回目の
オリンピックが始まります。
(はゆ)

コ、コラー、急に泣かせるんじゃない!
まいったなぁ、もう。
ちょ、ちょっとバランスとらなきゃ。


言わせて下さい。
レジェンド葛西さんは狩野英孝ちゃんに似てる!
レジェンド葛西さんは狩野英孝ちゃんに似てる!
レジェンド葛西さんは狩野英孝ちゃんに似てる!
(ほたる)

「ラーメン、つけめん、ぼく、レジェン!
 あれ? あれれれ? 
 テレマークがちょっと乱れちゃった?
 スタッフぅ〜、ソチのスタッフぅ〜〜」
‥‥すみません、全体に、うろおぼえです。


雪国育ちの雪国生まれながら
子どもの頃からスキーはまったくダメな私。
でも、ジャンプには憧れておりまして。
いちどは飛んであの景色を見たい‥‥。
でもケガするよなー、痛いよなー。
そうだ、地球滅亡の瞬間にジャンプすればいいんだ!
着地する前に地球が滅亡すれば痛くないじゃん!
と、この数年思っていたのですが、
ノーマルヒルの予選を見ていてハタと気づきました。
あれ?地球が滅亡しても
空を飛んでいる私は滅亡しないんでは?
でも地球が滅亡しちゃったら
私はどこに着地すればいいの?
それってとてつもない恐怖感!
痛いどころの話じゃないでしょ!
数年来あたためていたアイディアに穴が見つかり、
困ってます。
(加奈のおば)

(心から)なにを言ってるんだ、なにを。


男子ノーマルヒル予選を見ながら父が
「この解説は『こけちゃいました。』の人か?」
と問うので、
いいえ、『こけちゃいました。』は夏の人で、
この人は『ふなきぃ〜〜〜』の人ですよ。
と教えて差し上げたら、
「そんなんで解説できるのか?」
と聞かれました。
やってるじゃないですか。
たまにふわっとしたこと言ってるけど、
いい解説じゃないか!!
(北の庄)

ダ、ダメだ、これは、おもしろすぎる。
深夜に、お腹がいたい。
「そんなんで解説できるのか?」の
「そんなん」が
『ふなきぃ〜〜〜』を指してるかと思うと
さらにじわじわくる。
谷口浩美さんのことを咄嗟に「夏の人」と
説明しているのもポイントが高い。
父がおもしろすぎるけど、
この人はほんと、投稿がうまい。
ダメだ、もう一回読もう。


レジェンドが飛ぶまで、
ちょっと寝かせてください。
(めりー)

「レジェンド」がすっかり
葛西選手のおもしろいあだ名みたいになってて
ちってとも伝説感がなくなってるが
おかしいですね。
そう、予選が終わってから、
ノーマルヒル決勝のジャンプを観るまでの
待ち時間がけっこうみんなつらかったみたい。


眠い。眠いです。
よし、竹内君も二回目進出!
あとちよっとでレジェンドの出番。
がんばれ日本!
そして私!
(にけ)

余裕で3時過ぎとかだったもんね。
そして、決勝がはじまったからといって、
葛西選手がすぐに飛ぶわけでもなく。


葛西まで遠い‥‥
葛西よりまぶたが先に着地してしまう‥‥
我がまぶたよもう少し飛距離をのばすんだ!
(ささな)

ええと、葛西さんは24番目。
わあ、けっこう後ろのほうだね。


眠いからみんなさっさと飛べ!
(よねつろう)

こらこらこら。


♪よんじゅういっさいの五輪だから〜
葛西選手、頑張ってください。
(大阪@PUPPY)

ふははははは、お見事。


おはようございます。
10時半に寝て3時に起きて
4時間半寝たから最低限の睡眠とったはずなのですが
観たあとこのまま出勤できる気がしません。
選手たちも戦っているけれど、
観る方だって時差と戦っているんだあああ!!!
あああっ、葛西1回目きた!
(ニャンコスキー)

飛べーーーー!!!


まっきいろ! まっきいろです!
(ぼな)

これ、葛西選手のウェアのことね。
キル・ビルとか死亡遊戯とか言われてたやつ。


サイダー味のチュッパチャプス。
(さややや)

ああ、あの、ヘルメットがな。
ていうか、飛べーーー!!!


ジャンプノーマルヒル。
ドイツのフロイントが着地で足取られて転倒‥‥
昨日の予選ではスロベニアのクラニエツが転倒し、
今日の本戦飛ばなかった。
人工雪の影響もあるみたいです。
どうか、みんな怪我なく飛べますように。
葛西選手一本目8位につけた!
日本選手全員二本目に進出!
かんばれ〜!!!
(ponsuke)

十分に逆転可能な点差、と原田さんが。
「ふなきぃ〜〜」と原田さんが。
いえ、二つ目はウソです。


かさいぃ〜
だめだぁ眠くて
「ふなきぃ〜」みたいになるぅー
(アマンチェロ)

明け方におもしろくてお腹いたい。


おお、工藤さん
「この時私実況していました。」
「あ、これも私です。」
あなたこそ歴史の目撃者です。
(ようこ)

視聴者のまぶたが閉じそうなところ、
貴重な「当時の話」でつないでくれる
工藤三郎アナウンサー。
ありがとうございます!


「一番葛西選手に
 金メダルを獲ってほしいと思っているのは、
 実は解説の原田さんかもしれません」
さすが工藤アナ。いいこと言う。
(cottonsnow)

その背景として
リレハンメルの悲劇のことなど、
ちょっと披露しながら。


パトラッシュがじゃれついてきます‥‥。
(chiyo)

それでもパトラッシュに導かれて
ひとり、またひとりと夢の国へ‥‥。


前回王者のシモンアマンが早くもメダル圏外。
難しいコンディションなんですね。
(ペス。)

あのシモン・アマンが!
ジャンプは、ルール改正もあるし、
入れ替わりがありますねぇ。
そんななか、ずっと、ずっと、勝ってきたから、
葛西はレジェンドなんです。


もうすぐ葛西!!
落ち着いていいジャンプを!
(ささな)

さあ!


フー、フー!!!!
(長野のsora)

踏み切った!


かさいーーーーーっ!!
遠くまでとんでけーーーーーーっっっ!!!
(bombobom)

飛べーーー!


レジェンド!
飛んでぇぇぇぇぇ!!!
(りこびたんD)

明け方にたくさんの人が祈る。


葛西!
100mちょうど!
(いらこ)

悪くないが、飛んだ時点で2位。
その後、後半の人たちが距離を伸ばし、
メダルはなりませんでした。


葛西選手、8位入賞。
メダルは逃しましたが、
まだ団体とラージヒルが控えているのが、
ジャンプの良いところ。
次の種目に期待しています。
(りこびたんD)

原田さんいわく、
「葛西選手は大きい台のほうが得意」とのこと。


二本目も大ジャンプ!
ポーランドのストッフ金メダル!
銀、銅に決まった選手も
「おんめぇ、すんげえな!」
ってなかんじで興奮気味に祝福。
(はゆる)

銀と銅のふたりに、金がかつがれて、
よかったですね、あの場面。


スキージャンプのコーチ席に
インカムがとっても似合うイケメンが!
どうやらポーランドチームのコーチ、
ルカシュ・クルチェクさんという
名前らしいのですが‥‥。
どなたか、どなたか、観たぞ読者さまの中に
ポーランドスキーチームに詳しい
読者さまはいらっしゃいませんかー。
(はだし姉妹)

すでに名前まで調べがついているのに、
さらなる情報を求めますか。
あくなきイケメン追求心、お見事です。


ジャンプのとき、コーチみたいな人が
国旗を掲げるのはなぜですか?
風の有無を選手に知らせてるのかなー、
と思うのですが。
でも、あんなに離れていて、
あんな小さい旗が見えるのでしょうか。
見せてないコーチもいるようだし、何?
しかし、冬のスポーツは、
ジャンプもモーグルもスノーボードも怖いですね。
転んだらどうしようと、ドキドキして
女性の私には何もついてないのに
股間あたりがヒュンヒュンします。
(私の名前はsachiオリンピックはsochi)

こらこらこらこら。
それでは、ノーマルヒルはこのあたりで。



ソリ関係

ボブスレー日本代表の宮崎久選手。
ソリより滑りそうなツルツル頭が目印です。
元は陸上選手です。
末續選手と同い年で
ともに九州出身の長きに渡るライバルでした。
願うは親友同士で夏冬の五輪メダル!!
頑張れ宮きゅう!!
爆走して爆笑してくれ!!!
(冬さくこ)

おお、末續選手とライバル!
こういう背景をひとつ知ってるだけで
観るときの思い入れが変わりますよね。
ちなみに宮崎選手、長崎出身、福岡在住。
「うちの子」の少ない九州の人たちから
熱い投稿がいくつも届いていました。
しかし、ソリ系は、応援というか
観賞がむずかしいんだよなぁ。
ビューーーーン!! 「おお!」
っていうあたりから、
一歩進んだ観賞を目指したい。


ボブスレーの米国代表、
ハードルでも代表だったロロさん!
夏も冬も出場するなんて、
よっぽど運動が好きなんだろうなあ。
私なんて、見てるだけで息切れするんですが。
(海)

おお、アメリカのボブスレーも陸上選手!
ボブスレーの選手をスカウトして回る
「ボブ」はいまも忙しそうです。


今回もボブやリュウやスケさんが
暗躍したようですね。
選手の大半が別のスポーツからの
転向というこの競技‥‥。
ドカベンの山田太郎の境遇と重なってしまいます。
(ハリー)

む、そうやって、『ドカベン』ネタを振れば、
おれがいくらでも書き散らかすと思ってるな?
か、書かないぞ‥‥そんなこと‥‥
‥‥赤城山高校‥‥わびすけ‥‥
そんな、柔道時代と野球時代のことなんて‥‥
‥‥影丸の背負い投げ投法‥‥賀間‥‥
あと‥‥まあ‥‥変わりダネとしては‥‥
剣道部から野球部になった‥‥紫義塾‥‥
い、いや! だから! 書かないってば!


四年に一度のにわか知識
スケルトンは頭!
リュージュは足!
(まきまき)

表がリュージュ、裏がスケルトン!
日光浴がリュージュ、日サロがスケルトン!
出川哲朗の罰ゲームがリュージュ、
バナナマン日村の罰ゲームがスケルトン!
でもさあ、これ、知ってると
わかるっておもしろいけど、
ほんとにわかんないときには
けっきょく「どっちだっけ?」って
なっちゃうんだよなあ。


ファーストクラスのリクライニング→リュージュ
連行されるハイジャック犯→スケルトン
(大阪@PUPPY)

いや、だから、おもしろいけどさ。
役立たないっつー話よ。


リュージュは敷き布団、スケルトンは掛け布団。
(サチック)

だから、それだとさ!
敷き布団と掛け布団は覚えてても、
「どっちが敷き布団だっけ?」ってなって、
けっきょく見分け方として、
役に立たないっつー話よ!
あれ? いいのか、別に、役立たなくても?


キャーナダーからです。
今日テレビを見ていたら、きれいなお姉さんが
タッタと走って板みたいなソリに
腹ばいになってシャーッとなるCMが流れたので、
「これってリュージュだっけ?」とつぶやいたら、
横で遊んでいた息子(6歳)が
「違う! スケルトン! リュージュはこう!」
と床にピンッと仰向けになって教えてくれました。
恐る恐る「じゃ、スケルトンは‥‥」と言うと、
すばやくクルッと回って腹ばいで「こうっ!」
おぉ。「表がリュージュ、裏がスケルトン」
が我が家に。これは便利。もう覚えなくてよいです。
ちなみに学校で体育の授業で習ったそうです。
皆で体育館で寝転がってやったのかな。
「表がリュージュ、裏がスケルトン!」
(ミス バード)

さーすが、キャナダー。
やっぱり、九九とかといっしょでさ、
「そういうもんだと覚える」ものは、
子どものころに覚えちゃったほうがいいんじゃない?
やったほうがいいんじゃない? 日本でも?
「表がリュージュ、裏がスケルトン!」


とある競技の種目について、気になる情報が。
それは「リュージュのリレー」
リレーだと? リュージュでリレー?
バトンとかあんの?
つーか、危ないだろう?
ホントにそんな種目にやるの?
などなど、湧き上がるナゾをナゾのまま、
詳しく検索などせず、放送を待ちたいと思います。
わくわく。
(夢のようだろ)

そう、世の中には、検索しないほうが
おもしろいことが山ほどあるのだ。
ま、おれは、さっさと検索しちゃったりするけど。


スケルトンは、スピードが出ていると
目線の方向を変えるだけで、曲がれるそうですが‥‥。
どういう理屈なのか、いまひとつ、ピンときません。
ネットにも、あまり情報がないので、悩んでます。
左右を見るだけで、意識しなくとも体全体が傾くのか、
黒目のわずかな重さで、傾くのか、
命がけであるがゆえに、念力が働くのか。
(すらぼぼ)

「念力」よりも「黒目の重さで傾く」っていう
仮説のほうが数段おもしろいですね。


お昼に私がリトミックから帰宅すると
旦那が開口一番
「デムチェンコが一位だよ!」
と歓喜のお出迎え。
あの葛西さんと同じく7度目の出場、
ロシアのデムチェンコさんが
1回目の走りで1位だったみたいです。
3位の人も40歳だし、リュージュは
年齢を重ねる方がいい競技なんですよね。
みんなおっさんばかりの中で
日本の金山さんにもがんばってほしい!
それにしても旦那のツボポイントがわからん。
(眠れる森のコフトン)

日本の金山選手、残念ながら32位。
それにしても、旦那‥‥。
なによりもリュージュがツボか‥‥。
いや、もちろん、いいんですけどね。


リュージュの選手は皆さん、
いい目をしているのに、
なんでコーチは総じて虚ろな目なんだろう‥‥。
(はにわいぬ)

あーー、たしかに!
冬季五輪の、とくにソリ関係のコーチは
しばしばうつろな目をしている! 大発見!


リュージュのゴール後、
だいたいの選手は観客席の前で止まるんだけど、
たまーに観客席を過ぎて、
デパートのバックヤードみたいなとこで止まる選手が。
あれは、失敗して観客に合わす顔が無いからですか?
(いずみん)

ひー、やめてくれー、
あの、仄暗い場所が
デパートのバックヤードにしか思えなくなりました。


私の夫、リョージっていう名前なんです。
去年、娘が生まれて「女子二人乗り」になりました。
よーし、金メダル狙うぞ。
(リョージの奥さん)

おお! と思ったけど、
ぜんぜんふつうの名前じゃんか、リョージ!
おれの叔父さんの名前だってリョージだぞ。
それはそうと、娘さんと二人乗りはいいですね。
家族でリュージュごっこはいいんですけどね‥‥。


このコンテンツを見ながら彼氏に
「カップルでオリンピック見てたら
 リュージュごっこができるって
 リュージュごっこ!
 リュージュリュージュ!
 でもきっと後ろから羽交い締めにして
 くすぐるだろうからやめとく!」と言ってたら、
「リュージュごっこって、
 そんなのただの幽体離脱ごっこになるじゃないか」
と言われました。
しかたないから幽体離脱ごっこやりました。
(セロリ好き)

‥‥ムカムカムカムカ‥‥ギリギリギリ‥‥
ギ、ギャルソン‥‥すまないが、水を一杯。



そのほかの競技

スピードスケートのユニフォームは
「スーツ」と言うそうです。
(ピヨカイ)

「キミ、面接会場に、なんて格好で!」
「スーツで来いって言われたので‥‥」


スケートに欠かせない製氷車、ザンボニー。
氷が荒れると怪獣ザンボニーが現れる。
(正義の味方)

どっちかっていうと、
ルックス的には正義の味方の乗物っぽいですね。


女子スキーアスロン、
上位のノルウェー勢3人が全く同じ動きをしていて、
棒で繋いで人形が踊ってるやつみたいです。
(桂奈)

や、安普請ですね。


スキーアスロン、
ぶつからないようにすり抜けて、
いかに追い越すか。
まるで朝の新宿駅の様だ。
(まるっと)

実際、東京の朝のラッシュは
かなりスポーティですよね。
「ここはガマン‥‥」みたいなときあるし、
無言のコミュニケーションで
場所を譲り合ったりするし。


女子スキーアスロンの競技後。
控室に侵入して
感動の祝福シーンを撮影するカメラマン。
‥‥そして、おもむろに着替え始める別の選手。
ボディースーツ脱ぎだした!
背中ぺろーんって見えてる!
このまま撮影し続けるの?
放送しちゃうの?!
だれか! ギャルソン!
このカメラマンつまみだしたまえぇぇ!
そしてギリギリ際どいシーンは放送されることなく、
係員につまみ出されるカメラマン。
おおお‥‥とほっとしたところで、
ダンナが冷静に一言
「ってか女子さ、カメラいるのに
 着替え始めちゃダメじゃない?」
(OLは巻きが命)

あれ、まったく気にせず脱ぎましたね。
カメラがいたのもわかってた感じ。


バイアスロン、コース途中に
グラサンの雪だるまミッケ!
(あん)

この週末は、東京都内でも
かなりの雪だるまがつくられたようです。


バイアスロン、
ランドセルを忘れて学校に行く子のように、
ライフルを背負い忘れて
スタートする子はいないかと、母親的心配。
(ぷん)

「ライフルもったー!?」
「もったってばー」
「的はずして、走らされちゃダメよー!?」
「わかってるってばー!
 ‥‥でもしょうがないじゃん、はずしちゃうのは」
「なにか言ったー!?」
「なんでもない! 行ってきまーす!」


バイアスロンの鉄人、
ノルウェーのビョルンダーレン選手。
射撃で一発ペナルティをもらってしまったのに、
スキーで挽回してトップに!!
しかしビョルンダーレン選手、スキーの時に
ヨダレを流れるままにしているんですよね。
つららのように顎から伸びた
ヨダレがブラブラと垂れ下がり、
いつ垂れるのか垂れないのか、
そちらについつい気を取られてしまいます。
バイアスロンのルールをよく知りませんが、
せめてヨダレ掛けが認められれば、
もう少し滑りに集中できるのですが。
(んりくき)

4年に一度、世界中のにわかファンは
ビョルンダーレンのヨダレを見て
「これはどうにかならないものか」と
やきもきすることになるのです。


バイアスロンを見てます。
実況のアナウンサーが、
やたらせせこましく喋ってるなーと思ったら、
解説がいないんですね。
実況アナが、一人でずーっと喋りまくってるんですね。
我が国には、バイアスロンを解説できる
バイアスラーがいないんでしょうか?
にしても、1人スポーツ中継はホントに大変そう。
がんばれ鳥海アナ。
あなたのゴールももうすぐだ。
(北海のひぐま)

おー、そうだったのか。
いいとこ、観てますねー。


永田さん、お久しぶりです!
トリノ、バンクーバーと
「長髪のプロゴルファー猿」こと、
アルペンのボーディ・ミラー選手をご紹介してきました。
波乱万丈を越えて、バンクーバーで獲得した
涙なみだの金銀銅メダル、
深夜の絶叫から4年。
またオリンピックに野生児が帰ってきましたよ!
2012年に受けた膝の手術を克服し、
ついに既婚者となっての出場です。
実はわたしには、スキーの知識なんて全然ないんです。
ただただ、誰よりも速くひたむきに滑る姿に惚れただけ。
「観たぞ」で一緒に応援してくださる永田さん、
みなさんがいたからこそ
こんなにずっと好きでいられたんだと思います。
年齢を考えると、もしかすると
最後のオリンピックになるかもしれないソチ。
「ありがとう」の想いを込めて、
悔いがないように声が枯れるまでボーディを応援します!
野生児はきっと、今回もやってくれるはず!!
(iPAd)

やぁ、おひさしぶり。
この方は、いつも冬季五輪になると、
大好きなミラー選手のレポートをしてくださる方です。
いやぁ、10年もやってると、
こういう不思議な関係ができてきますねー。
あいかわらず、このレポート以外には
ミラー選手との接点がないぼくですが、
どうぞよろしくお願いします。


クール女子を装う私を4年に一度悩ませる
「滑降格好いい問題」が、今年ついに決着。
ダウンヒルという別名に今さら気付いた私は、
この言い方で闘いに挑むことを決意。
口に出して入念に練習、
そして脳内シミュレーション。
先週職場でオリンピックの話題になった時、いざ勝負!
しかし、出だしで言い慣れた「滑降」と口走り、
つまづいた動揺からそのまま勢いで「格好いい」と発言。
‥‥かっこう、かっこいい‥‥
一瞬の静寂の後、どよめく社内。
しかし、私のクールキャラは大して浸透していなかったらしく、
オヤジギャグを繰り出すほど面白い競技として
同僚たちに何の抵抗もなく認識されたようです。
そんなわけで、結果オーライなのですが、
少々ハートブレイクな気持ちで今滑降を観ています。
‥‥やっぱ滑降、格好いいじゃん
(うーたん)

ふはははは。
ええと、この人も4年ぶりでして、
以前から、滑降ファンなんだけど、
クールな自分としては職場で
「かっこう、かっこいい」などと
言うわけにはいかず‥‥っていう方なんです。
ていうか、4年振りに登場する人がいるって、
「こち亀」の4年に1回起きてくる人みたいだ。
長く続けてると予想だにせぬ
おもしろいことがあるなぁ。


スタートのゲートに
「HOT,COOL,YOURS」
って書いてあります! かっこいい!
「熱く、冷静に、おまえのレースだ!」
(ピヨカイ)

いいね!
「 HOT. COOL. YOURS. 」
これ、ソチオリンピックの
メインコピーなのかな?
よく見ると、いろんな会場の壁にあります。


はじまりますはじまります、アルペン滑降!
日曜日の午後に決勝なんて、
わたしへのごほうびに違いない!
永田さん、観たぞ読者の観たぞのみなさん、
ボーディ・ミラー選手が出ます!
15番スタートです。
映ってる!!!
オリンピックが始まって、
ツイッターのフォロワーも急増中。
でもいまはつぶやいてません。
もうなにがなんだかわからなくなってきました。
とりあえず応援します! ボーディ!!
(iPAd)

こんだけ、誰かのファンだと、
もう、清々しいなあ、と。
で、結果はどうだったんですかね?


ボーディ!!
残念ながらメダルには手が届きませんでした。
でも、いいんです。
ケガ人も出るくらい難しいらしいこのコースを
無事に滑りきってくれて。
次の種目で、また野生児の勇姿を見せてくれるはず!
(iPAd)

ミラー選手は結果的に8位でした。


我が家には愛犬「マイヤー」がいます。
虐待の末に飼育放棄され、
真冬の北海道の路上に放置されていました。
縁あってうちの子になると決まった時
「この子は強運だ、不死身だ」というところから
ヘルマン・マイヤーが頭に浮かんで
そのまま名前が決定しました。
一昨年ガンが見つかり、
神経に触る場所だったので
「もしかすると左足の切断になるかも」と言われました。
正確な年齢も分からないまま(高齢犬です)
手術に踏みきるのはどうかと悩みましたが、
この名前に守られるんじゃないかと決断。
無事にガンは取りきれ、足の切断も免れ
現在は余生を過ごしています。
今回、マティアスマイヤー選手が
アルペンに出場とのこと。
マイヤーつながり。応援しています。
(まみ)

ヘルマン・マイヤーは
度重なるケガや事故を乗り越えて活躍した
アルペンスキーの選手。
いい名前ですね、「マイヤー」。


男子滑降で
「たかたたかこ」ちゃん的な選手を見つけました。
ブルガリアのゲオルギ・ゲオルギエ。
なんだろう、繰り返したくなるんだろうか。
(あそのこ)

ゲオルギ・ゲオルギエ!
モビルスーツでもないわ、そんな名前!


「ソチもワルヒホファー」
というフレーズが頭をぐるぐると‥‥。
(けろ)

ふはははは、懐かしい!
出てないでしょ、ワルヒホファー選手は。


似てる問題

カーリングの小笠原さんは、
金太郎が入っている。
(dene)

昔話の人と似てるといわれても‥‥
いや、入ってるね、たしかに。


鈴木明子さんが本当に似ているのは、
タケカワユキヒデ。
(ふふ)

少々、お待ちください‥‥
(ミタゾペディアでチェック中)
ああ、それもすでに登録済みですね。
鈴木明子さんについては、
そうとう研究が進んでおりますので。


いまさらですが、我が家では
鈴木明子さんのことを
ニコちゃん大王とよんでおります。
ついでにイタリアのコストナー選手はイカ星人。
(スターウォーズに出てくる人で
 名前わからないんですが、
 イカっぽい人いますよね)
(ごろちゃん)

ええと、「ニコちゃん大王」は
すでに登録がございますが、
コストナーさんの「イカ星人」ははじめてですね。
それにしても「イカ星人」って‥‥。
たぶん、あれかな、と想像しますが。


リプニツカヤのFPの衣装は、
アスカってことでいいですか?
(さとこ)

ということは、シンジが羽生選手で、
アスカがリプニツカヤで、
鈴木明子選手が量産型エヴァ、と。



どうでも情報

ちょっとソチのグルジア語表記ってのを
チェックしてみて下さいよ。
ちっちゃい子は「ん」が上手に書けないのよねー。
みたいな気分になります。
(北の庄)

↓それがこちらです。
სოჭი ※OSによっては表示できないかも?
こんな文字があるのかー。
いやぁ、世界って、広いなあ。


マトリョーシカとかチェブラーシカの
「シカ」は日本語だと「ちゃん」。
キティちゃんはキティシカ。
永ちゃんはエイシカ。
(moana)

どうです? ためになるでしょう?
どなたかがツイッターで言ってましたけど、
「観たぞ」シリーズは、
1割ためになって、1割泣けて、8割笑える、と。
うん、目指すバランスですね、そのへん。


ソチの選手村にはエアホッケーゲームと
任天堂Wii Uがあるみたいです。
うちにもほしいです。
(SHIN-G)

やっぱ、『Wii fit U』のスキージャンプとか、
めっちゃうまいんだろうか。
あ、その意味ではあれだね、
東京オリンピックですごく安心できるポイントだね。
世界のアスリートのみなさーん!
2020年東京オリンピックの選手村では、
絶対、おもしろいゲームが充実してますよ!
むしろ、寝不足に注意!


「あんたアホネン、なにしてマンニネン」
でおなじみのフィンランド選手団ですが、
検索してみると、今大会も愉快なお名前がずらり。
平気ねん、冷えたねん、献杯ねん、
まからいねん、ノー試合ねん‥‥
さてここで、ソチクイズ!
「‥‥ネン」のつく選手とつかない選手、
どっちが多いでしょうか?
正解は、ネンつき42名、ネンなし62名でした。
(とらちゃん)

ていうか、108名もの選手を、
「ネン」がつくかどうか数えてくれたんですか!
こういった、おもしろさに対して真摯な読者に
「観たぞ」シリーズは支えられているのです。


問題「オリンピックの五輪のマークは、
   一筆書きできる。○か×か?」
答えは‥‥
‥‥‥‥
‥‥‥‥
‥‥‥‥正解「○」
みなさんやってみてください。
ちなみに、赤い輪っかの右真ん中から
下に描くとわかりやすいです。
(くろーばー)

いや、ためになるし、「へー」とも思うけど、
なんで急にクイズがはじまるんだ。
読者どうしの謎のシンクロ、
長くやってるとあるんだよなぁ、こういうこと。


フィギュア団体戦の各国選手の応援席が
「アタック25」の応援席っぽい
という投稿がありましたが
今の「アタック25」でクイズの問題を読んでいるのが
朝日放送の角野友紀(かどの・ゆき)アナ。
角野くんと名前がニアミス!
ソチと「アタック25」には
フシギなつながりがあるのかも?
(なかちゃん)

す、すごい‥‥ようだが、
正直、どうでもいいっちゃどうでもいい!
読者に感謝はすれど、情報はシビアに精査。
「観たぞ、ソチオリンピック!」、
「観たぞ、ソチオリンピック!」でございます!


ロシア語で「こんにちは」は
「Здравствуйте
(ズドラーストヴィチェ)」です。
「Здр」「вств」のあたり、
あり得ないほど子音がつながっており、
長さといい、発音のしにくさといい、
初めてロシア語に触れようとする人を
くじけさせる気満々な言葉です。
どうぞ、覚えられない自分を責めるのはおやめ下さい!
現地の方は「ズラースィチェ」ぐらいに
縮めて発音していますので、
どうぞ、「ズロース一丁」と覚えてください。
(のびた)

‥‥ズロース一丁。
なんか、変な覚え方しちゃったぞ。
‥‥ズロース一丁。
大丈夫か、これ、ほんとに。
‥‥ズロース一丁。
あ、前からロシア人らしき人が歩いてくる。
えーと、あ、あの‥‥ズロース一丁。
ズロース一丁。ズロース一丁。
いや、その、あやしい人じゃありません、
ズロース一丁! ズロース一丁!
逃げないで! 待って! ズロース一丁!
ズローーース! 一丁! ズロォーーース!!


「Здравствуйте!
(ズドラーストヴィーチェ)」で、
こんにちわ! です。
「Доброе утро
(ドーブラエウートラ・おはよう)」
「Добрый день
(ドーブルイジェン・こんにちわ)」
「Добрый вечер
(ドーブルイベーチェル・こんばんわ)」
と時間帯でわかれますが、
「Здравствуйте!」は無敵です。
(にわかモスクビチカ)

‥‥‥‥よくわかった(わかってない)。


オーストラリアと
混合されやすいオーストリアですが、
ウィーンの土産物屋には
「No Kagaloos in Austria」と
プリントされたTシャツが売ってます。
(しの)

へーーー。おもしろいなぁ。
もう、こういうことも、
広義にオリンピック情報ととらえたいね、
この場所では。


今回のメダルのデザイン、
なんかこういう目薬あるよね!
(コオリ)

あ、まだ観てない。
なんか、羽生選手がスマホに
メダルの画像入れてるっていうのを、
テレビでちらっと見た程度。
まあ、調べたりすればすぐ見られるんだろうけど、
それより、現場で見たいんだけどな、現場で。


選手村で商売始めるなら
クリーニング屋にします。
即日仕上げ、国旗のシワのばします。
(はだし)

なにを言ってるんだ、なにを。


競馬実況の永田さんコメントがありましたが、
2月8日の京都競馬の第3レースの未勝利戦で、
「マトリョーシカ」という馬が出て、
勝ったんですよ!
それも一番人気で。みんな、わかってるね〜。
知ってたら僕も単勝を勝ってたのにな〜
(かねてつ)

うっそ、なにそれ、知らないよ。
オレも買えばよかった!


今夜の我が家の夕食は鍋。
雑炊を作るために食卓から鍋を持ち上げて
台所へ運ぼうとしたら、
鍋が娘の頭にタップしてしまいました。
(きららレモン)

コーヒー、吹き出しちゃったよ。



オリンピックのある風景

先週から、オリンピックのことを
考えていて気もそぞろで、
家族にもうすぐ歯磨き粉なくなるから
買ってきてって言われたのをすっかり忘れ、
ここ四日くらいは毎日
「歯磨き粉買ってきてくれた?」て聞かれてます。
明日は買いに行かないと。
でも、かあさんはあと15日くらい
気もそぞろの予定だから、
家族の誰かが買いに行ってくれてもいいのよ?
(しらかば)

オリンピックとハミガキをめぐるあれこれ。
それはそうと、
「かあさんはあと15日くらい気もそぞろの予定」
っていうのが、すごくいいですね。


トリノ五輪のとき、今は亡きじいちゃんから
「小野寺のじいさんからのお土産だ」と、
イタリア製の美味しいチョコレートをもらいました。
聞けばそのじいさんとは、
カーリングの小野寺選手(現・小笠原選手)の
おじいちゃんでした。
ウチのじいちゃんと小笠原選手のおじいちゃんは
茶飲み友達だったようです。
これは「うちの子」ということで、
今回ママになって戻ってきた小笠原選手率いる
カーリングチームがんばれー!!
(カー子)

ああ、これはいい「うちの子」だ。
「小野寺のじいさん」っていう気安さがいいですね。


学校で図書館司書をしています。
今月の図書館前の掲示板は
もちろんソチオリンピック特集。
ウィンタースポーツやロシアの本を紹介します。
それで、掲示板には表彰台を画用紙を作り
日本選手がメダルを獲得したら、
その表彰台に画用紙で作った
メダルを貼っていく趣向です。
日本がたくさんメダルをとったら、掲示板が
とても賑やかでいい掲示になる予定です!
もしも、のことがあると掲示板には
謎の白い四角が取り残されてしまいます。
図書館のためにも選手の皆さんにはぜひ
頑張っていただきたい!
早く金色の色紙を丸く切りたいんです!
(かえる司書)

昨日、いくつか貼れるかと思いましたけどねー。
大丈夫、貼れますよ、きっと。


夜中はLIVEを見れないので、
朝仕事に行く前に開会式見て、
帰ってきてからテレビを見てたら
一緒に暮らしている彼氏が、
テレビばっかり見てないでもっと
オレとイチャイチャしようぜって
絡みついてくるんです。
でも、せっかくのオリンピックなので、
彼氏を振り払って17才の男の子が
しゅーっ、ぴゅーん、どわーーーって
滑ってるのを見たいんです。
彼氏が顔を舐めたり、足を噛んだり、
膝の上で寝転がったりして
邪魔をするので困っちゃいます。
ま、犬なんですけどね。
(じゃっき)

‥‥‥‥犬かよ。
ギャルソン、呼ぶところだったよ。


前回のロンドンの開催中に彼と付き合うことになり、
今回のソチの開会式があった
今日、その彼と結婚しました。
今日婚姻届出してきました。
何かとオリンピックに縁があるようです。
きっとこの先観戦しながら
あーでもないこーでもない議論すると思われます。
そして、フィギュア以外では
歯ブラシに歯磨き粉を付けて持って行くのは
夫でなくあたしのような気がします。
フィギュアだけはテレビの前から離れません。
(ここゆず)


わぁ、おめでとう!!!
10年も続けてますから、
「結婚します」「結婚しました」
という投稿はたくさんもらいましたけど、
「今日、結婚しました」は
はじめてのような気がします。
いやぁ、おめでとうございます!
オリンピックのたびに、
ふたりの人生を刻んでいってください。
なんだか、結婚式のスピーチみたいになったところで
本日は失礼いたします。
ソッチー。
2014-02-10-MON
投稿について
いつもはメールのみで募集してましたが、
今回から、投稿フォームを設置しました。
メールでも受け付けますが、
編集作業効率化のため、
できれば、下のボタンを押して
投稿はフォームからお願いします。

メールで送る場合は以下へどうぞ。
宛先:postman@1101.com
件名:観たぞ、ソチオリンピック!


まえへ このコンテンツのトップへ つぎへ
メールをおくる ツイートする ほぼ日ホームへ
(C) HOBO NIKKAN ITOI SHINBUN