にわかファン大歓迎! 観たぞ、大阪世界陸上! メールで共有する愉快な9日間





はじまった! とにかく暑い!
暑い初日の熱いレポートをお届けします!

こんにちは、永田です。
うなるほどの投稿が届いています。
どうもありがとうございます。

はじまりましたよ! 大阪世界陸上!
そんなことはわかってるって?
わかってるってこともわかってますよ!

さあ、さっそく、大会一日目の模様を
愉快なメールとともに振り返っていきましょう。

と、そのまえに!
例によって「どぼん」の発表です!
このコンテンツでは、
あまりにも多くの人から
同じ内容の投稿が寄せられたときに、
それを「どぼん」として先に発表してしまうという
奇妙な習わしがあるのです。
それでは行きましょう、今日の「どぼん」です!
本日の「どぼん」は3つあります!

「ぶぅぉぉぉおおぅぅぅぅ〜〜。
 競技の前に、ホラ貝の音が鳴っている!」

はい、これ、たくさんいただきました。
うん、当然といえば当然ですね。
誰しもあれは「ほ、ホラ貝?」って感じますから。
続いての「どぼん」は、こちら。

「男子マラソン、実況アナウンサーが
 『競技場に入ってからが長く感じるそうです』
 と伝えるのを受けて、解説の瀬古さんが
 『だからナガイ競技場っていうんです』
 と渾身のダジャレ! アナウンサー、スルー!」

まさに、つっこんでくれ! という出来事でしたね。
当然、多くの方からのツッコミが入り、
結果的に見事な「どぼん」に。
思わずメールしてしまった多くのみなさん、残念でした!
ユー・アー・ドボン!
最後の「どぼん」はこちらです。

「危ない、危ない! 計る人、危ない!
 ハンマーが当たるってば!
 砲丸が当たるってば!」

うん、あれは「危ないよ!」って思っちゃいますね。
そしてこの「計ってる人が危ない!」という指摘は
じつは3年前のアテネオリンピックのころにも
大量に投稿されていたのです。
いわば、年月を超えて色あせぬ「どぼん」!
「どぼん」の中の「どぼん」!
おそらく、将来なにかの「観たぞ!」をやるときにも、
「計る人が危ない!」という
メールが寄せられることでしょう。

さあ、それでは本編に移りましょう。
当然、今日も大ボリュームですので、
お時間があるときにゆっくりご覧ください。
斜め読みしてもオーケーですよ!
まずは、朝6時に放送がはじまった
「男子マラソン」から幕開けです!



男子マラソン

マラソンスタートまであと4ぷーん
(玲)
朝の6時まえから、
力の抜けまくったメールをありがとうございます。
「。」も打たない、リラックスした文面から
早朝の手持ち無沙汰な様子が伝わってきます。
開始前なのに、なぜこの人が
こんなにだらけているかというと?

いよいよですね。
テレビ欄で6時ってあったから
頑張って起きたけど、
マラソンは7時スタートなんですね。
(けろとん)
そうなんですわ。
番組は朝6時からスタートでしたけど、
マラソンのスタートは7時からだったんですね。

どぼん覚悟ですけど、ボヤかせてください。
‥‥もう6時半過ぎましたけど、
いつスタートするんでしょうねぇ‥‥。
(あやぞぅ)
おはようございます。おつかれさまです。
そして、お伝えいたします。
スタートは7時みたいですよ?

男子マラソン、開始前のカメラ、ミスりました。
スタート前の大崎選手の話のとき、
カメラがクロースアップしていた選手の胸には、
韓国国旗と「KOREA」の文字が‥‥。
韓国の選手じゃん!
彼は黒いサングラスをしていました。
数秒後、大崎選手が映りましたが、
彼も同じような黒いサングラスをしていました。
(大阪@PUPPY)
「はい、大崎コメント入った!
 カメラ、大崎追って!
 はい、サングラスに切り替えて!
 よしきた! ナイスサングラス!
 ってそれは韓国選手!
 違う違う、そっちのサングラスじゃない!」
というようなどたばたが、バックヤードで。
そうこう言ってるうちにスタートしたようですよ。

朝一、TVつけたら画面全体がクリスマスカラー。
ユニホームの上が赤、下が、緑。上が緑、下が赤。
男子マラソンがエチオピアとモロッコの選手で
団子状態だったのです。
(サチック)
真夏の大阪から、
メリークリスマス!

解説はあの瀬古利彦さんですよ。
お正月に駅伝を連日解説の‥‥。
(けろとん)
真夏の大阪から、
あけましておめでとうございます!

寝過ごした! 寝過ごした!
さっそく寝過ごした!
しょっぱなからにわかファンっぽい!!
慌ててテレビをつけたら、
ちょこん道の脇に座ってる人が。リタイア?
やっぱり大阪の暑さはこたえるの??
ってか、今どこを走ってるんやろう。
(ぽんぽん)
不思議の国のアリスのうさぎのように、
寝過ごした、にわかファンが
「遅れた、遅れた」とスイッチを入れると
そこは真夏の大阪だったのです。

現場の近くに住んでいるのですが、
陸上競技にあまり興味がないので、完全スルー。
初日がマラソン、朝から大変だなあと
通行止めの看板を見ながら思っていました。
んで、今朝! 土曜日なので、ゆっくり寝るつもりが!
朝っぱらから、パラパラパラパラ‥‥
ヘリコプターの音がうるさくて寝てられへん!
今までこんなことはなかったので、
世界陸上ってすごいですね。
ヘリの音がすると、メインが始まったのかな?
とテレビつけてチェックです。
(イチ)
ヘリの音で遅まきながら
世界陸上のイベントの大きさを認識する。
そんな府民の方が多いのかもしれませんね。

陸上経験者&日本陸連公認審判員なので、
この企画はすごく嬉しいです。
タイムスケジュールや選手のリスト、
試合経過をチェックしながらの観戦という
データ派観戦です。
さて、競技場を出る時点で
既に集団からとっても遅れていた選手ですが、
実況ではイスラエルの選手だと言っていましたが、
どうやら違うようです。
91番のパトリック・デュプイ選手みたいです。
国籍は「PYF」ってどこだぁ? と思って調べたら、
「フランス領ポリネシア」だそうで。
タヒチのことらしいです。
(みどび〜つ)
にわかファンばかりではなく、
ちゃんとした陸上ファンの方からの
ちゃんとしたメールも届いております。

大阪在住です。
遠ざかっていったヘリコプターの
音が戻ってきました。
折り返しです。
(とらちゃん)
遠ざかり やがて近づく ヘリの音
折り返しを知る フルマラソンかな
〜『なにわの陸上短歌集』より〜

見ました?
男子マラソンで先頭集団の前を走る
トラックにひな壇状態に満杯で
乗っているカメラマン達を!
すごかったよーあんなものが目の前にいるのに
走っていける選手ってすごいね。
ちなみにトラックはハイブリッドカーでした。
(メアリー)
観た観た。
もう、どんだけ記録すんねん状態。
ふと冷静になった選手が
あれを観て笑っちゃわないか心配です。

バイクの後部座席で
先頭集団を映しているカメラさん。
うつぶせ。少し上がった脚がラブリー。
そんな格好で、しんどいだろうに、ありがとう。
乗り物酔いに気をつけて下さいね。
(Bt)
かと思うと、バイクのカメラマンは
非常にアクロバティック!
ふと冷静になった選手が
あれを観て笑っちゃわないか心配です。

会場の外のあちこちに
水道水を霧にして吹いている装置がありました。
なんとなく涼しくなりました。
(しぶちょ)
ミストステーションですね。
あれ、なに? 日本独自の発明?
なんか、よさそうですよね。
うちの職場にもつけてくれないかな。
あ、それも困るな。

日本の諏訪選手、
キャッチフレーズは「最後に笑うイケメン」。
なのに、サングラスで顔が見えないじゃあないか!
もったいない! イケメンなのに!
外して、サングラス!!
(ぽんぽん)
ていうか、「最後に笑うイケメン」っていうのは
どういうキャッチフレーズなんですかね。
イケメンなのは、まあ、いいとして、
どうして最後に笑うんですかね。
最初や真ん中のあたりは、笑わないんですかね。
むしろ、最後になるまでは。
おかしくても、こらえるんですかね。
そんなイケメンは、たとえイケメンであろうと、
つらいんじゃないですかね。
関係ないですけど「最後に笑うイケメン」という
謎のフレーズを聞いて真っ先に思い出したのが
シド・バレットのファーストアルバムの邦題、
『帽子が笑う‥‥不気味に』でした。

朝8時に起きたら、
テレビでマラソンをやっていました。
メガネをかけていない私は、
ある選手のタンクトップの後ろに
×が入っているのを見て、
「この人姿勢矯正ベルトをしているの?」と
母に馬鹿なことを聞いてしまいました。
(ふふいふい)
ロスリン選手でしたっけ?
あれを観て、どうしても
xboxを思い出してしまいました。

一瞬テレビをつけて寝てしまい、
起きたらもう20キロ地点でした。
さあ、ここからでも見るかと思ったら、
さしわたし手のひらほどの
衝撃的にでかいクモが出ました。
(たぶんアシダカグモだと思われます)
家から出ていってくれません。
掃除機とナメクジ用スプレーを手に、
天井近くを素早く逃げるクモと戦っている間に
マラソンはもうあと
数キロになっているではありませんか。
ちっっっっとも楽しめません。
(のらねこ)
なにをやってるんだ、なにを。

さっき彼が大阪城から帰ってきました。
大阪城の出口で、トップ集団をキャッチ、
あっという間に見学終了して帰宅。
30分ほど自転車で走っただけなのに
おパンツは濡れて、おもらしのよう。
大阪の湿気は、まじ凄いです。
ただいま尾方4位!がんばって。
(kanako)
現地から大阪の湿気を
お伝えしていただけるのはうれしいのですが、
「おパンツがおもらし」以外に
もう少し、いい例えはなかったんですか。
それはさておき、
42.195キロも、いよいよ終盤!
日本選手にもメダルの可能性がある!

うわー、うわー、
3、4位争いがすごいことになっていますよ、
ドキドキしてきたー!
残り500M!! 尾方がんばれー!
(遠)
追い上げる展開のほうが、
わかりやすく応援できるんですよね。
尾方選手、届くか、メダル!

朝起きたらちょうど男子マラソンが始まったところ。
歯医者へ出かける準備をしながら
チラチラテレビを見ていたら
出かける直前になって
尾方選手と大崎選手が並んでスパートし始め
出発のギリギリまでテレビに釘付け。
後ろ髪を引かれる思いで
歯医者に到着すると待合室に誰もいないので
こっそりテレビのチャンネルを
マラソンに変えて引き続き応援してました。
時間は午前9時過ぎ。ちょうど終盤の公園内で
尾方選手と3・4位の
選手とのデッドヒートがすさまじく
「尾方選手がんばれ!」という気持ちと
「頼むから今診察室に呼ばないでくれ!」
という気持ちで
ほんとうにハラハラドキドキしながら
しかし声は出せずに一人盛り上がってました。
そしてなんとか諏訪選手のゴールまで
きっちり見てから診察室に呼ばれ
最後だけ見逃すという事態からは
まぬがれることができたのでした。
(ぺぱぐり)

結果、尾方選手5位、大崎選手6位、諏訪選手7位。
惜しくもメダルは逃しましたが、3選手入賞。

旭化成の選手が遅れて入って来た時、
谷口さんがすごくがっかりした声を出しました。
よい人なだけに胸をえぐる。
(宇治茶漬)
1991年に東京世界陸上のマラソンで
見事金メダルを獲得した
谷口選手の所属は旭化成でした。
もしもヱスビー食品の選手が出場していたら
瀬古さんもダジャレとか言ってる余裕は
なかったかもしれません。

今朝、出勤途中に御堂筋で
生まれて初めてマラソンの先頭集団見ました。
ケニアのヒトが優勝したそうですね。
あのヒトかなぁ‥‥って感じです。
でもほんとにみんな早くてびっくりしました。
(nm)
大阪世界陸上、最初の金メダルは
ケニアのキベト選手でした。
お、入賞した日本人選手の
インタビューがはじまったみたいですよ。

その眉毛‥‥ホスト仕様?
血豆で苦しんだにもかかわらず
さわやかコメントの諏訪選手から
なぜか夜なニュアンスを感じ取ったのは、私だけ?
タイの子供のような素朴な佐藤選手との
コントラスト、おもしろいです。
(kanako)
尾方選手の眉毛も
なかなかエッジが効いてました。
それはそうと、佐藤選手に対して
さりげなく見事な‥‥あ、いやいや、
失礼なことを書いてますね。

すごい! 男子マラソンでエリトリアが4位!
エリトリアのアスメロン選手の
パーソナルベストは2時間15分台。
タイム的には出場全選手中で
「後ろから10番目くらい」
の選手が4位に入ったんです。
こんな大番狂わせが‥‥と思ったのに、
メダルを獲得した選手
と4〜6位の日本人選手の間に落ちて、
ニュースでも全然名前が出てこない‥‥。
なんだかカワイソウなので、
永田さん、出してあげてください。
エリトリアのアスメロン選手です。
(ゼルゼナイくんもがんばれ)
そうそう、ニュースで見ると、
1位、2位、3位を報じたあとで
5位の尾方選手の話になっちゃうんだよね。
ちゃんとしたご報告、ありがとうございます。
当方、にわかファンにつき、どうしても
「パーソナルベスト」といった方面へ
関心が向かないのです。
エリトリアのアスメロン選手、4位!
すごい! 立派!
明日はメロンでお祝いだ!

永田さん、永田さん。
日本が金メダルみたいですよ!
あ? 団体? 何それ?
すっかり出遅れたらしいです。
いつだってにわかファンです。
見てないのでわかりませんが、
無事に走り終えただけでスゴイんじゃないのか?
今日も関西はあっついでー。
今さらですけど、猛烈に応援したいーーっ。
(こんがら)
うんうん、こんな感じが
一般のにわかファンの姿じゃないかな。
団体の金メダルって昔からありましたっけ?
さて、つぎの競技に行ってみましょうかね。

男子砲丸投げ

ミフネビッチかわいい。
投げた後にちょっと肩をすくめるしぐさも、
赤と白のしましまの靴下も。
(ghost)
とにかく、やたらと
「かわいい」「かわいい」という
メールが届いた男子砲丸投げでした。

砲丸投げのホッファ選手。
ルックスがやけにかわいらしいです。
背中にデイバッグがはりついてる〜。
手がアップになってましたね。
グーしたらドラえもんです。かわいっ。
(こんがら)
一発で予選通過したホッファ選手が
あっさり荷物をまとめて帰ったんですけど、
その荷物というのがデイパックでね、
ふつうの大きさなんだけど、
大きい人が背負うから、
ほんと、背中に張り付いてるみたいなの。
しかも、通過一番乗りでニコニコしてるから
「やった! じゃあボク、もう帰るネ!」
みたいでかわいらしかったのです。

起きて、テレビをつけたら、
プロレスラーみたいな人達が
くるくる回っていました。
投てきでした。
(ぴろ)
でかい! ほえる!
でもサークルせまい!
はみだしちゃダメ!
しょうがないからくるくる回る!
そのあたりの両極端さが
砲丸投げをかわいく見せるのかもしれません。

ミフネビッチ選手は
名前とシマシマの靴下が可愛くて
印象に残りました。
ちなみに奥さんも砲丸投げの選手で
赤ちゃんが産まれるそうです〜。
(maki)
あの赤白しましまソックスは私物?
ほかのベラルーシの選手ははいてなかったよね?
ていうか奥さんも砲丸選手ですか。
ふたりが代わる代わるに
赤ちゃんを「高い高〜い」したら
えらいことになりそうですね。

発見しました!
男子砲丸投げのネルソン選手の後頭部に、
ミステリーサークルが!
(こけちょ)
マジですか。超、気になる。
終わってからそういうこと言われても困ります。
どこかに残ってないのか、
ネルソン選手の後頭部。

砲丸投げのネルソンさんが、
テンションをあげる為でしょうか?
大声を出してましたが、それが、
「マツコハーン!」「マツコハーン!」
としか聞こえませんでした。
誰? 松子はん?
(リ)
飲んでたコーヒーを
盛大に吹き出してしまいました。

砲丸投げのネルソン選手の
Tシャツの脱ぎ方がとても
気合いが入っていました。
何かを叫びながらTシャツを脱ぎ捨てて、
後で取りに行くところがかわいかったです。
(ふふいふい)

Tシャツを脱ぎ捨てながら、
「マツコハーン!」「マツコハーン!」
あとでTシャツを取りに行くときには
「マツコハーン!」「マツコハーン!」
とは言わない。

今まさに砲丸投げやってます。
もう9時半なのに選手は眠くないんでしょうか。
居眠りで足に砲丸を落とさないか心配です。
(熊)
午後、9時半。
砲丸投げ決勝の最中に、
思わず眠くなってしまったネルソン選手が
眠気覚ましに両頬を叩きながら、
「マツコハーン!」「マツコハーン!」

女子3000メートル障害

なぜ、そんな棒を飛び越えながら
走らなければならないのでしょうか。
そして、さらに
水につからなければならないのでしょうか。
(ぞりちゃん)
女子3000メートル障害を観ながら、
多くのにわかファンが思ったこと。
それは、「なぜこんなことを‥‥」。
しかし、あらゆるスポーツは
そもそもなんらかの不条理を含むのです。

女子の3000メートル障害、
「そんな罰ゲームみたいな競技があるんだ!?」
という驚きも冷めやらぬまま見ていると、
水のはった落とし穴まである!
どんな意地悪な人が作った競技なんだろう。
(ぴろ)
罰ゲームちゃうっちゅうねん。
落とし穴ちゃうっちゅうねん。

ピンクのコスプレが走っています。
えっと、えっと女子3000メートル予選3組で
ものすごいショッキングピンクの髪に
黄緑のブルマの人が走っています。
画面ではものすごく目立つのに
有力選手ではないからなのか、
解説では何もふれません。
画面上では、その組で走っている
日本の「ハローワークの星」について
大注目で語られていますが、
私の目はピンク頭に釘付けです。
ゼッケンも222となんだかおもしろい。
あ、予選終わったようですが、
そのピンクが何位で
どこの国の選手かもわかりませんでした。
でも、きっと「観たぞ」的には大人気のはず!
(hiro)
いや、あれはびっくりした。
たしかに、なんらかのコスプレとしか思えなかった。
だって、頭、どピンクだよ?
しかも、なんていうの、団子がふたつみたいな髪型。

女子3000m障害予選で、
1位になった選手よりも目立ったピンクのひと。
織田さんも「あのこは、いったい何だったんだろう」と
素のコメントになってしまうほど気になるひとでしたが、
明日以降にほぼ日をみれば、どなたかが
別に知らなくていいことまで教えてくれるはずなので、
あえて調べないことにしました。明日が楽しみです。
(他力本願)
うんうん、オレもそう思ってたよ。
ところが、ここに集うのはおもに、にわかファン。
「ピンクだ」「ピンクだ」という投稿はくるものの、
「それは○○選手です」といったメールは皆無。
届く情報といえば、こんな感じのものばかりで‥‥。

ショッキングピンクの髪の選手が
女子3000m障害に出てましたよね。
その方をつい先日、千葉で
大学の陸上部の合宿を行っていたときに目撃しました。
ちなみにそのピンクの人を目撃したとき
彼女はポールによじ登ってました。
遊んでる場合か。
(あそん)
名前も国籍もわかりませんが、
ピンク頭は千葉でポールによじ登っていたそうです。
こんな情報がわかるのは「ほぼ日」の「観たぞ!」だけ!
とも言ってられませんので、自分で調べましたよ。
オーストラリアのビクトリア・ミッチェル選手ですね。
それはそうと、この女子3000メートル障害、
そうとう過酷な展開になったのでした‥‥。

3000メートル障害女子は
日本の選手に厳しいのかしらと思ってしまいました。
かわいそ過ぎます、永田さん何とかしてください。
(あっこ)
早狩実紀選手が、
ラスト一周で障害に足をかけて
壮絶な転倒‥‥。
そして、辰巳選手も2度の転倒‥‥。

うわっ! うわっ! うわっ! 
見ちゃった! 見てしまった。
3000m障害での早狩実紀選手の転倒。
こんな投稿、不謹慎かと思いながらメールを打っています。
女子駅伝などでなじみのある早狩実紀選手、
名前をずっと「ミキ」だと思っていたら
「ミノリ」と読むんですね。
もう35歳という選手生命の残り少ない時期に
こんな仕打ちをするなんて、陸上の神様は残酷ですね。
ぜひとも来年、北京に出場してほしいと思います。
この後も辰巳選手が
着水時に後の選手に乗られて転倒したり、
靴が脱げる選手が出るなどアクシデント続出。
3000m障害が過酷な競技だとは知っていますが、
暑さの影響もかなりあるのではないかと思います。
解説の増田さんが、
たぶん「暑すぎですね‥‥」とつぶやく声を
かすかにマイクが拾っていたのが聴こえました。
(ジクター)
ちなみに、着水した辰巳選手の上に
乗っかるかたちになってしまったのが、
前述のピンクちゃんなのでした。
なんとも、過酷なレースでした。
最後くらいはマヌケなメールを紹介しましょう。

女子障害3000メートル。
最後の一周の鐘を鳴らす人の力が入りすぎです。
テレビでもわかるくらい
鐘を叩く腕の筋がくっきり出ていました。
(ウマスキー)
「ラストいっしゅーーーー!!!」
カーン! カーン! カーン!
うるさい、うるさい、うるさい。
「マツコハーン!」「マツコハーン!」
関係ない、関係ない、関係ない。

男子100メートル・予選

100M男子のパウエルとゲイの判別がつきません。
(みをな)
ああ、いいテーマですね。
「パウエルとゲイの見分け方」
みなさん、ふるってご応募ください。

男子短距離、タイソン・ゲイ選手。
今季は好記録連発の彼の顔を見る事が多いのですが、
どうしても、
「パーマをあてて黒のボリュームマスカラを
 18回重ね塗りした」ような
そのまつ毛に釘付けになってしまいます。
逆まつ毛の私には、うらやましい限りです。
(今朝からか)
パウエルとゲイの見分け方、その1。
ふつうのまつげがパウエル選手で、
「パーマをあてて
 黒のボリュームマスカラを
 18回重ね塗りしたまつげ」がゲイ選手です。

永田さん!!
男子100mでアメリカ、
タイソン・ゲイ選手のゼッケンが
「1100」でした! おしいです。
あとプラス1で「1101」だったのに〜!
(里保)
思った、思った、これ、思った。
ていうか「1101」は誰なんだろう?

100m男子1次予選がはじまりました。
サウジアラビア選手のユニフォームがかわいすぎます。
似合ってませんから。
(かまきち)
かわいすぎます、と上げておいて、
似合ってません、と下げるにわかファン。

男子100m一次予選。
解説の伊東浩司さんスゴイです。
「すごい汗ですね、これだけ汗をかくと
 肉離れなど故障が出ることがあるので心配ですね」
と、言ったとたん、
アメリカのジェルクス選手、足を痛め
途中でレースをやめました。
(けろとん)
ともかく、暑いのですよ。
世界の舞台に上がってくる
アスリートの体なんて、
ある意味精密機械みたいなものですから
影響されるのだと思います。

永田さん、またアジアチャンピオンが
すぐ走るのやめちゃうとか
わけのわからない事になってます。
豚肉をゆでている間はわりと普通だったのに。
とりあえずタマネギを買って来る事にします。
(宇治茶漬)
過酷なレースの様子を、
調理の話を交えて伝えてくださいました。
できれば、調理の話を抜きでお願いします。

男子100m走予選、終わりましたねぇ。
陽炎で選手がユ〜ラユ〜ラしてましたね。
この冷たい梨を選手のみんなに配ってあげたい!
と思いつつ、サクサク食べてます。
日本の夏のなかでも、今年は最高に暑いのです、と
だれか選手のみんなに伝えてください!
(さややや)
「過酷すぎるよ!」と言いながら、
ナシをサクサク食べるにわかファン。
「こんな暑い時期にやらなくても‥‥」
と言いながら、
ナシをサクサク食べるにわかファン。
「つらい練習に耐えてきたのに!」
と言いながら、
ナシをサクサク食べるにわかファン。
ともあれ、最後のフレーズには強く共感します。
「日本の夏のなかでも、今年は最高に暑いのです」と
選手のみなさんに伝えてください!

フライングで2回目は失格というのは知っていましたが、
同じ人が2回すると失格なのだ、と思っていました。
別の人でも2回目にフライングした人が失格なんですね。
今日見ていて、違うんだ、と知って「そんな馬鹿な!」と
テレビの前でカッカしてます。
今ひとつ納得できません。カワイソ〜。
(ま)
そうそう、これはね、つらいですよね。
誰かが1回フライングしたら、
つぎにフライングした人が失格になるんですよ。
それって、ちょっと、不条理だと思いませんか!
と言いつつ、ナシをサクサク食べるにわかファン。

男子100m一次予選で朝原選手が
タイソン・ゲイ選手らを抑えて1位通過したあと、
その組の公式記録が競技場の電光掲示板にでた時、
会場のアナウンスが
「ごらんください。記念に写真でもいかがでしょう!」
と言ってました。スタッフもなかなか楽しんでます。
(しぶちょ)
いま、ケーキにナイフが入ります!
おふたりの、初めての、共同作業です!
カメラをお持ちの方はどうぞ前のほうに!
というやつと同じ性質のものですね、それは。

日本で「On yourmark」は
ものすごくしっくり来ない。
仕方ないんだけれども。
(加賀百万石)
そうそう、あの「On yourmark」、
なんか、妙に大阪っぽい感じがしませんか。
「On yourmark」というよりは
「おんにゃまぁく」みたいな。
食堂を模したセットに誰かが入ってきて、
おもろいポーズをしながら
「おんにゃまぁく!」
一同、ずっこける、みたいな。

ハンマー投げ

男子ハンマー投げ予選です。
永田さん、大変です。
室伏広治のライバル、ポルシュ。
髪型がいとうせいこうさんです。
(うめっこ)
もう、こんな素敵なレポートばかりで
ほんと、すいません。

室伏選手のハンマー投げを見ています。
うちの母に「室伏がでてる」と言ったら
「何に?」と言われました。
母はハンマー投げ以外でも
世界に通用すると思っているのでしょうか。
期待しすぎです。
(ささな)
コーヒー、吹き出しちゃったよ。
「何に?」って‥‥。

室伏選手! すごいなで肩です!
特にCMのシャツ姿がすごいです!
あたしもなで肩で、友だちに
「小人のすべり台」と言われたことがあるのですが、
その称号は室伏選手に譲ろうと思います。
(眠り姫子)
違う! あれはなで肩じゃない!
首の筋肉を鍛えてるからああなるの!
一般的ななで肩といっしょにしてもらっては困ります。
ちなみに、「ほぼ日」の武井も見事ななで肩で、
「小学生時代、ランドセルが下がって困った」
などと言っておりました。

室伏選手のヒゲとモミアゲがつながっているのは
小顔効果を狙っているのでしょうか。
(ささな)
狙ってない、とは思いますが、
こればっかりは本人に訊いてみないと‥‥。

室伏選手、無事に予選通過しました!
いつも「大丈夫だろう」とは
思ってるんですが、ドキドキします。
室伏選手は、ハンマーの弾道が
「ど真ん中」になるときに良い記録が出るので
決勝では、6回の投擲全てが
「ど真ん中」に行くように、念を送ります!
(あるふぁ)
いえてるいえてる。
ケージの間にある狭い空の
「ど真ん中」にハンマーが吸い込まれるとき
特有の美しさがありますよね。

ほぼにちは。
室伏さんが予選突破した時、
計測の係の人が拍手しながらハンマーに近づいてました。
その気持ちわかる! でもいいのかしら?
と心配してしまった‥‥。
(ゆ)
意外に、あれは喜びじゃなくて、
「ハイ、ハイ、ハイ!
 ぼやぼやしてないで
 ちゃんと計って、計って!」
っていう拍手かもしれないですよ。

ハンマー運搬車とはあれですか。
フィールドを黙々とひた走る小動物のような。
あのちっこいガンタンク。あれですか。
気になってトラックに目が行きません。
(うめっこ)
うん、いましたね。
チョロチョロしてましたね。
愛称は、「ハンマーくん」。
いま決めました。

ハンマー投げのアナウンサーの声が
でかすぎるっちゅうねん。
(ひなママ)
開催地が開催地だからか、
こういうシンプルなツッコミが多いですね、今回。
さて、室伏選手は見事に予選通過。
つぎは、男子400メートル障害なのですが‥‥。

男子400メートル障害

為末どうした〜? 残れるの?
(b)
ただ一行、そう書いてあるメールが届く
男子400メートル障害。
残念な結果になってしまいました。

うわあああああ、為末ーーーー!!!
(はやま)
ただそれだけの短いメールが
同じ時間帯に何通も届きました。

ヤバイよヤバイよ〜!
出川風。
(さややや)
この「ふつうに言えんのか」という
人を食った投稿も、
400メートル障害の為末選手に
寄せられたものだと判断します。

ターメーちゃーん‥‥‥‥。
(りえ)
まさに、為末選手とため口。
言うてる場合か。ほんとうに。

為末! 為末が!! あ〜。
中学・高校時代400ハードルをやっていた弟が
為末選手と同じ名前(大)なもので
そこはかとなく為末贔屓だったのですが‥‥
あ〜。残念! でも29だもん、次もあるさ!
そして成迫、名前覚えたぞうー!
(でも顔はちょっとまだ無理)
為末選手、まさかの予選敗退‥‥。
あらゆるところに
「まさか」があるからスポーツなんです。
やりきれない思いを抱えるにわかファンのために、
陸上ファンの方からのきちんとした投稿を
掲載しておきましょう。

少しだけ、為末をかばって良いですか?
一言で言えば
「ハードル封印のリスクがこんな形で出てしまった」
という事だと思います。
ハードル1台目を引っかける為末なんて初めてでしょう。
1年間、ハードルを全く跳ばず走る事に専念し
世界一になるための走力を身に付けたのですが
その分、ハードルの感覚が鈍ってしまう。
それは最初からわかっていた話で
それでも世界一になるために
あくまでも挑戦しようとリスクをとった訳ですが
それがこんな形で出てしまうなんて‥‥。
ただ、為末の世界陸上にかける
思い入れを十分に理解した上で、ファンとして思うのは
「為末の物語としては
 ひょっとすると良かったかもしれない」ということ。
というのは、為末大はこれまで、
何度も挫折を乗り越えて栄光を掴んできた選手だからです。
シドニー五輪での転倒の後、次の世界陸上でメダル獲得、
不振で、峠は過ぎたと言われる中で前回の銅メダル。
大きな挫折をバネに栄光を掴んできたんです。
だから、ここですんなりメダルを採ってしまうと
北京五輪へのモチベーションが保てるかな?
そういう気持ちを実は密かに持っていたんです。
きっと、これを大きなバネにしてくれる事でしょう。
為末大はこれで終わる男じゃありません!
(めたか)
ありがとうございます。
もいっちょ、いってみましょう。

私は高校3年間を陸上に費やしました。
世界陸上は、毎回欠かさずしっかり見てます。
自分の体一つで勝負する陸上競技は
勝っても負けても涙が出るくらい感動します。
しょぼい陸上選手でしたが
スタートの時の緊張感とかは、味わっていたので
ピストル音が鳴ると、テレビでもドキーッとするのです。
すでに走れないような怠惰な自分になってしまいましたが
世界陸上を見ると、恐れながらも
あの頃の必死だった自分を重ねてみたりします。
為末大選手は、高校時代に大会で見かけてました。
地区大会でも、同じ地区だったので。
中学生の時から、有名な選手でしたし
部内に、彼の先輩だった同級生がいたので
挨拶しに来たりしてました。
2年下でも、その当時から雲の上の存在でしたよ。
全然、面識はないですが
学生時代から知っているということで
格別な思い入れがある選手です。
予選敗退には泣きました。
来年に向かって頑張って欲しいと
本当に本当に心から祈ってます。
(ai)
きっと、「つぎ」の為末物語があるはず。
投稿を、どうもありがとうございました。

男子ハードル予選で成迫選手を
一生懸命応援してたんですが
夢中になって声を張り上げるあまり
うっかり「宮迫ーー!」と。
(決勝進出おめでとう)
(自分の両頬に軽いビンタを入れたあと、
 カメラを両手の人差し指で指しながら)
「成迫、です!」
そういったことを言ってる場合ですか。

400mハードルの為末と走ったA・デレビャギン。
名前だけならガンダムの敵ですよね。
あと、砲丸のR・ホッファは
黒い三連星ですね。
(ぴすて)
ガンダムのコーナー
金曜日で終わりましたよ。
頭を切り換えてください。

女子10000メートル

1万メートルって言うと短いみたいだけど
実は10キロですよね?
がんばれ、選手のみなさん!
暑くてスローペースって言われても
ぴんとこないんですけど。
だって早いじゃないですか。
(はやま)
せやねん。はやまちゃん。
1万メートルいうと、
なんやえらい短い気ぃするけど、
1万メートルて10キロやで。
10キロいうたら、そら長いでキミ。
10キロて、1万メートルやで!
1万メートルいうと、なんや短い気するけど、
1万メートルて10キロやからな。
10キロいうたら、1万メートルやで!
1万メートルいうたら、10キロやからな!
いつまでやるねん。誰か止めろや。

福士が先頭ですよ!
靴はきなおしたとこで、
ショックで目を放してる隙にもどってました。
すでに涙がとまりません。
がんばれ!!
(サチコ)
福士選手のシューズが脱げかけたのです。
止まって、はきなおして、リスタートして、
その後、なんとトップまで盛り返す。がんばれ。

うわあああ! 福士さん!
と思ったら、もうグループに戻ってる!
すごく落ち着いて、水分まで補給して。
え、もう日本人三人の中でもトップ(16位)?
‥‥え、もう9位‥‥って、トップー?!
その間にエチオピアの選手こけたー!
なんかもうめまぐるしくて
ちょっとメール打ってる間に
どんどん状況が変わっていきます。
(はやま)
こんなに技術は進歩しているのに、
脱げないシューズは生まれないのか。
そんなことを真剣に思う、世界陸上。

女子10000メートル。
実況されてる方、
増田明美さんに最後まで
絹川愛選手のお守りの話を
させてあげてください。
(smily)
増田さんの「いい話」を織り交ぜた実況は
今回も健在です。
福士選手は10位。絹川選手は14位。
脇田選手は15位でした。

その他の競技

男子1500メートル。
選手を誰一人として存じ上げませんので
ファッションチェックしてます。
・ハイソックスをはいた選手が一人いる。
・短い靴下の選手が2人いる。
・ほかの人は靴下を履いているように見えません。
靴擦れが心配です。
ケニアのキプルプさんが1番でした。
18歳だそうです。
にわかファンなりに楽しみポイントを模索中です。
(さてらいと)
これはまた見事なにわかぶりですね。
さすが常連にわかファン。
今後ともよろしくお願いします。

午前の部では競技場のスタンドに
上半身裸の外国人男性(主に白人)が
やたらとうろうろしてました!
海水浴場でもないのに勇気がいるな〜。
(しぶちょ)
そうそう。
客席に上半身裸の人が映るたびに
「これは日本人の観戦マナーが問われるのでは」
と心配になったりしたんですけど、
よく観ると、ほとんど外国人!
日光浴という習慣のある国の人たちは
お日様が出るとすぐさま脱いで浴びちゃいます。

あの解説の、元マラソン選手の方の声のトーンは、
さかなくんですよねー。
(石川)
ええとですね、個人的な報告ですけどね、
オリンピックで「観たぞ!」をやるときに比べて
世界陸上で「観たぞ!」をやるときには
困った点があるのがわかりました。
オリンピックはなんの競技か
投稿の文面からだいたい想像できるけど
世界陸上はちっともわからないんです。

開会式

さっき入場行進を見ました。
姉と妹、二人でだったのですが、
二人ともイメージ画像はオリンピックやら甲子園やらの、
とにかく人がいーっぱい並んでいる姿だったんです。
だからついつい思ってしまいました。
「人、少なっっ!!」
(独りでも頑張って!)
競技も日程も、オリンピックよりは
ぜんぜん少ないのです。
短く、濃く、盛り上がっていきましょう。

さっき開会式で各国が行進していましたが、
スペインチームは、
全身黒スーツを着て行進してました!
暑くないのでしょうか‥‥。
(中乗)
まちがいなく暑いと思いますよ。
それはそうと、どなたか、
「日本の夏の中でもとりわけ今年は暑いのだ」
ということを参加者に伝えてください。

こんにちは、セレモニーファンです。
甲子園でも長居陸上競技場でもプレイしましたが、
私は吹奏楽部員なんです。演奏と応援が仕事なんです。
オリンピックも高校野球も開会式・閉会式が命なんです。
CMですら憎いんです。今すぐNHKに替われー!!
(甲子園の応援席にも大注目)
セレモニー・ファン!
そんなジャンルがありましたか。
ともあれ、世界陸上は民放での放送となりますので
NHKと違ってCMが入るんです。

さきほど宝塚の皆様が登場されました。
「かっこいい!! 素敵!!」
といつも以上に気持ちを高ぶらせて話す姉。
「そうか!! 大阪だから宝塚なんだね!!」
と自分の発見にうなずきながらはしゃぐ姉。
妹の「宝塚は兵庫だよ‥‥」
の突っ込みは完全に聞いていませんでした。
(姉よ‥‥)
日本のみなさま、世界のみなさま、
宝塚も甲子園も兵庫県です。
東京ディズニーランドは千葉県です。

宝塚ファンです。
AQUA5の水夏希さんは双子さんなんですよ〜。
ちなみに妹さんは、タカラジェンヌではありません。
以上、どうでもいい情報でした。
観客席に宮川花子さんがいましたね。
(花子さん、大の宝塚ファンで有名です)
宝塚のマニアック情報も
ひっくるめて読める世界陸上のコンテンツは
おそらく世界で「ほぼ日」だけ!

サラ・ブライトマンの歌も素敵ですが、
踊りの妨げにならないよう、
カメラマンのケーブルさばきも鮮やかです!
(みをな)
カメラマンのケーブルさばき。
とりわけ、カメラマンに
「てめぇなにやってんだ」と
怒鳴られるタイプの人のケーブルさばき。
それは、日本の伝統芸のひとつです。

世界陸上かぁ、そう言えば
「観たぞ、トリノオリンピック!」
楽しませてもらったなぁと思い、
晩ご飯の用意をしながら、
サラブライトマンの
『誰も寝てはならぬ』を聞いていました。
用意をし終わって、テレビをつけたら開会式で
サラブライトマンが歌っているではありませんか!!
地元大阪でサラブライトマンのオーラを
キャッチしたのかもと、うれしくなりました。
(みるら)
どうでもいいですけど、
「サラブライトマン」と
ナカグロなしで表記されると
正義のヒーローみたいですね。
悪を倒して、歌もうたう!
それが、サラブライトマン!
ありがとう、サラブライトマン!
戦え、ぼくらの、サラブライトマン!

観たぞ、織田裕二!
マジックタイムの中の熱唱、素敵でした。
気持ちよかっただろうな〜。
(m)
あれを、世界のメディアは
視聴者にどう説明したんでしょうね。
「彼は日本の有名な俳優です」
「俳優がなぜ歌を?」
というあたりの説明がむつかしいのではないかと。

どうでも情報

TBSが使用している
世界陸上のキャラクタ(金色のマッチョ)と
エプソンの「つよインク」のキャラクタが
かぶっていませんか?
(ゆかぷー)
いや、あのキャラは、
「ガキの使いやあらへんで」の
バス釣り大会の優勝トロフィーに
似てると思うんですよ。
ぼくの職場には、たまたまそれがあるから
そう思うのですけどね。

ちょこちょこ出てくる
室伏選手のCMに反応してしまいます。
あと、世界陸上を意識した
陸上っぽいCMにも反応してしまいます。
(ai)
「そりゃ世界競泳向けじゃないか?」
っていうCMも混ざってませんでした?

ウチの母は 新聞に載っていた
テレビ欄下の世界陸上の宣伝を見て
「新しい時代劇の宣伝だ!」と。
織田裕二はともかく、為末とか室伏とかが‥‥?
あ、でも、結構それっぽいかも。
(走れおさかな!)
「それがしが行ってまいります!」と為末が。
「それがしがぶん投げてしまいます!」と室伏が。
「鳴かぬなら殺してしまえホトトギス!」と織田が。

秋田にはTBSがありません‥。
世界陸上‥‥観れません‥‥。
なぜ独占するのか、TBS。
せめて他局のスポーツニュースは
毎日チェックしようと思います。
(でこ)
東京には空がない。
秋田にはTBSがない。
カラオケはあるけれど
かける機械を見たことない。

テレビカメラにすだれがかけてありました。
テレビカメラという
ハイテク機器を日差しから守るには
ちょっと心もとない感じがしますが、
日本らしさを海外にアピールするにはもってこいな
アイテムですね。
(カオリ)
甲子園のカメラにも、
すだれがかかっていたことがあったような。

世界陸上の映像を伝える
カメラマンさんの着ている服。
緑と赤の服。
どこかで見たことあると思ったら、
コンビニのサンクスのユニフォームと同じ。
(とや)
あっ! そういえば、
マラソン中継のときに、
やたらとサンクスが映り込んでなかったですか?
これは、新たなタイアップのかたち?

むかし、世界陸上の中継で、何か投げる競技で、
「おーっとどっこい!」って叫んだ
女性アナウンサーがいたと思います。
(lotta)
そんなつかみどころのないこと言われても‥‥。

いくら世間(の一部)で流行っているからと言って、
好記録や新記録が出たとしても、実況や解説者が
「どんだけ〜〜〜っ」
とは言わないと思います。
(Jamy)
つられて英語圏のメディアの人が
「ハウ・マッチーーー!」
と叫ぶこともないと思います。

このコーナーのHTML、
世界陸上2008になってるような気がするんですけど‥‥
今年って2007年じゃなかった‥‥?
まあ、歳を重ねていくと今年が何年で、
自分がいくつかか分からなくなることは良くあるので、
細かいことは気にしません
(アッサム)
んん? なになに? どういうこと?
え? このページのアドレス?
http://www.1101.com/sekairikujou2008/index.html
んん? 「sekairikujou2008」
うわっわわわわ! ほんとだ!
ごめん! まったく気づかなかった!
でも、いまさら直すわけにいかない‥‥。
ほら、うち、いま、来年の手帳とか作ってるから
「2008」っていう数字のほうが
見慣れてるんだよね‥‥。

けったいな名前やな

男子ハンマー投げのデブヤトンスキー選手と
もしも結婚したら、
私もデブヤトンスキーですよ。
病院で、市役所で、レストランの順番待ちで、
「デブヤトンスキー様」って言われたらと思うと、
そんな勇気ありません。
いい人だと思うけど、ごめんなさい。
(スミノフスキー)
「こんど東京から引っ越してきました、
 デブヤトンスキーです」
そんなリハウスガールはいやだ。

「ピカリング」選手の登場で、
我が家は一気にヒートアップしました!
(かなこ)
男子100メートル予選、
イギリスのピカリング選手ですね。
たしかにあの名前はインパクト十分。
だって「ピカリング」だよ?
リングがピカッと光って「ピカリング」だし、
「イカリング」とは一文字違いだし。

男子砲丸投げ、銅メダルになった
ベラルーシのアンドレイ・ミフネビッチ選手。
とっても気になる名前です。
「〜ビッチ」っていうのは、
苗字のない国や地域で使われてるもので、
「〜さんの子ども」っていう意味だったはず。
つまり、ミフネビッチ選手の
お父さんの名前は、ミフネ・○○ビッチ。
きっと、おじいさんが
ミフネのファンだったにちがいない!
(東京都 遊美 )
どうにもたしかめようのない話ですね。

美女発見。美男発見

女子3000メートル障害という競技を初めて見ました。
スタート直前に順番で映った選手の
笑顔が可愛くてビックリ。
走っている時の真剣な顔とは違う魅力がありました。
(おじこ)
ていうかね、テレビ局のキャッチフレーズに
踊らされるわけじゃないですけどね、
予想以上にキレイな人が多いですよね。
しかも抜群にスタイルがよくて、
そのうえベラボウに運動神経がいいんですよ。
大阪世界陸上に登場する美人というのは、
そういう希有な美人であるということを
私たちは忘れてはいけません。
むろん、美男においても同じことがいえます。
あなたの気になる美人、美男、
どうぞお寄せくださいませ。

ハードル王子ってなに!?
王子ってつければ注目されるとか
思わないでほしいわっ。
でも一応見てあげるわっ。
違うわよ、ほら、王子に相応しいかどうか、
たしかめる為なんだってば。
(Bt)
大会中に、もう4〜5人ばかり、
「○○王子」が生まれそうな気がしますね。

織田アニキと中井ねえさん

織田&中井ペアは10年目なんですね。
10年経つと、中井さんの
織田裕二さんの扱いにも慣れてきましたね。
当時は織田の熱弁っぷりとちぐはぐなトークに
二人が出てくると辛くてチャンネルを回したものです。
今では世界陸上と言えば、この二人ですよ、やっぱり。
(ゆずわ)
いつの間にやら10年目。
世界陸上の顔、織田さん&中井さんに関する
報告なども募集しております。

織田の兄貴の興奮度が
マックスに達した時がすげーんだ。
その際の中井姐さんの
右から左への受け流しがすげーんだ。
(もーりすぐりーんがはえーんだ)
初日で印象に残ったのは、
「なにやってんの〜タメ〜」でしょうか。

千葉ちゃんの声が「ド級」!!
以前から千葉真子さんの声が
風変わりなことは知ってましたけど
今回、朝っぱらからうなりました。
(サチック)
うん、あの声はすごい。
アナウンサーでも声優でもない、
独特の現実離れした感じがある。
ガツンと来る。くらくらする。

街角のアスリートたち

報告することじゃないですが、一応。
ただ歩いている、どこかの国の選手かスタッフを見ました。
僕がコンビニにアイスを買いに行こうと
アパートを出たら、いました。
昨日も夕方、他の人たちを見たのですが、
今日は二人連れ男女で、
IDを首から下げていたので間違いないと思います。
しかしやはり、ともかく二人とも
190cm以上はあり、見た目に体格とかが美しいです。
昨日は全員ユニフォームでしたが、
今日は女性が私服で、タンクトップでした。
あと、大阪は日本一歩くのが早いと言われますが、
彼らはゆっくりです。そういう発見がありました。
近くにホテルがあるので、また見そうです。
(ぜんそく)
コンビニにアイスを買いに行くと、
そこにトップアスリート。
日常の中の非日常。大阪の街にアスリート。
現地のみなさまからの報告をお待ちしております。

世界陸上の前日、
リーガロイヤルのフロントは
まさに世界陸上の関係者であふれていました。
大阪駅=リーガロイヤルホテルのシャトルバスに乗ったら
大会選手か役員の方かわかりませんが、
Tシャツに短パン・ビーサンをはいて
駅からお向かいのヨドバシカメラに
お買い物に行くのを見かけました。
大会前なのにいいのかい?
っと思わず言いそうになりました。
余裕があるのかなぁ‥‥。
(kyouko)
アスリートだって買い物くらいするさ。
アスリートだって最新家電が大好きさ。
アスリートだって1円でも安いほうがいいのさ。
アスリートだってポイントをためるのさ。
「こちら、ポイントはどうされますか?」
「ア〜、タメテクダサイ」

海外より

スイスからです。
今回は息子の友達も出るんで、
一応マラソン起きてましたが
1時頃に寝てしまいました、時差を恨む‥‥。
そしたらなんとスイス、
男子マラソン3位じゃないですか〜? くーっ。
彼は、隣の村の方で、
一応欧州選手権2位だったんですけど、
まさかサウナの様な大阪で3位とは!!
地元FMでは、彼の3位よりも話題だったのが、
朝の7時で28℃湿度71%の大阪のお天気。
そんな苛酷な環境でよくがんばった
っていう報道のされ方でした‥‥。
大阪の暑い夏、もうスイス中で
知らない人はいないかも。
(ハイジ)
「とりわけ今年の夏は暑いんだ」って
村のみなさんに言っておいてくださいね。
わかりやすいハンドルネームにしていただき、
ありがとうございます。

ここイタリアでは、
1日に2回、世界陸上を放送しています。
日本人選手らしき名前が出るたびに、
画面に目をやるのですが、
イタリア人ナレーターの発音にかかると、
選手の名前が全く理解不能。
何せ、大阪が、「ぉ・さーか」ですからね。
(さるさちえ)
「とりわけ今年の夏は暑いんだ」って
イタリアのみなさんにも言っておいてくださいね。

大阪でんがな

現地入りしていますが
さすがに現地はネタが色々あります。
スタッフでも何でもないのに
交通整理するおばちゃんとか
「大阪だなぁ」って事も満載です。
(めたか)
「はい、車、ちょっととまってー!
 あんた、先行き、先行き、
 あんたは、まだやまだや!」
愉快な大阪ネタも募集しております。

暇つぶしに
おとんが競技場に行ったんですが。
なんか競技場の外からでも、
隙間から中が見えたそうです。
(はやぽん)
『通天閣 オトンとボクと、のぞきみ世界陸上』
そういったことを言ってる場合ですか?

両親がわざわざ、早起きして、電車を乗り継いで
マラソンを見に行ってました。
私の知らないうちに。
まだ混戦状態だったそうです。
黒い固まりがびゅんって通り過ぎていったそうです。
お母さんががんばれって大声で叫んだら
その集団が一瞬早く走ったそうです。
外国の人も頑張れってわかるんやで、
と興奮しながら話してました。
それはうそやろ〜。
(私の名前は、おぱうえる)
「行ってきたんか、マラソン」
「行ってきたわ、マラソン」
「どないやった、マラソン」
「なんや黒いかたまりが
 びゅんて行きよったわ」
「ちゃんと説明しぃな」
「でな、『がんばれ!』言うたら
 その黒いかたまりが一瞬速なりよった。
 外国の人も『がんばれ』てわかるねんな」
「それはないわー」

男子マラソンを見るために、
朝の7時から大阪城と大阪府警の間の道に
待機しておりましたです。
暑いのなんの! 配られたうちわの裏には、
各国の「がんばれ」の
読み方が載っていたにもかかわらず
みんな誰に対しても「がんばれ」と叫んでおりました。
アメリカはUSAとわかりやすいので、
小さい声で「ファイト!」と言ってみました。
しかしうちわを見たら「カモン」と書いてあった。
(ナピチ)
「行ってきたんか、マラソン」
「行ってきたわ、マラソン」
「どないやった、マラソン」
「なんや黒いかたまりが
 びゅんて行きよったわ」
「ちゃんと説明しぃな」
「アメリカ人が来よったから
 『カモン!』言うたったわ」
「おお、国際的やな」
「そしたら、そいつがこっちに来て
 『なんの用や』言うからびっくりしたわ」
「それはないわー」

ボランティアとして参加しています。
一日でめっちゃ焼けた‥‥。
お知らせですが、
セキュリティとかの関係でスタンド内に
ペットボトル・缶・ビンは持ち込み禁止です‥‥。
水筒はOKです。
そこんとこ、ヨロシク!
(ジェスチャーとセンキュー駆使)
おお、現地で働く人から。
おつかれさまです!

似てる

男子ハードルの成迫選手
誰かに似てるなぁと思ったんですけど。
相馬さんのお姉ちゃんに似てるんです。
ほんとです。
(みたむら)
残念ながら相馬さんのお姉ちゃんが
どういう人か知らないんですけど、
とりあえず、成迫選手は、高津投手と並ぶ
「女子アスリート顔」でしたね。

400メートルハードルの成迫選手と
女子レスリングの
吉田沙保里選手は似てませんか?
(カラコル)
似てます。
なぜなら、成迫選手は、高津投手と並ぶ
「女子アスリート顔」だからです。
そして、女子レスリングの吉田沙保里選手は
「女子アスリート顔」の典型なのです。

女子800mのキューバの選手、
おでこの感じが
東国原宮崎県知事に似ています。
(はやまやすゆき)
女子なのに‥‥。

女子10000mの福士選手は、
エリマキトカゲに似ています!
特に、ディズニー映画の
「ビアンカの大冒険 ゴールデンイーグルを救え!」
にでてくる、エリマキトカゲにそっくりです。
かわいい!
(18歳)
最後のひと言から察するに、
肯定的な意見かと。

世界陸上のある風景

私も夕食を食べながら世界陸上観ました。
我が家は両親と娘二人の四人家族。
スポーツ大好きの父と、全く興味のない母と妹。
そして、TVでついてたら見るくらいの私。
母「チャンネル変えようよー。
  お姉ちゃんもこんなんより他がええよね?」
父「いや、お姉ちゃんは陸上観たいやろ?」
私「どっちでもええよ」
母「ええ!?
  お姉ちゃんはお母さんの味方やろ?」
父「こんな時くらいお父さんの味方してよ〜」
私「私はどっちの味方もしません。
  どっちでもいいです。」
結局は世界陸上を見ておりました。
(たこ)
ああ、世界陸上のある風景。

早くも我が家は問題が発生しております。
今日は土曜日で、お仕事やすみだったので、
愛方が、TVに朝から張り付いて離れません。
競技の無い時間は、物を食べているか、
寝ているか、まるで、だらしないです。
もう9時半になるのに、
犬の散歩も終わらず、夕飯もまだです。
糟糠の妻は、大人しく動き出すのをまっているのですが、
そろそろ、鬼嫁になりそうです‥‥。
(ねぇねぇ♪)
自慢じゃないけど、
放送があるうちはテレビに張りつき、
放送が終わるとパソコンに張りつく、
という状態の我が家は
もっとたいへんなことになってますよ。

16年前、東京で世界陸上があったとき、
一つ上のサークルの先輩と見に行きました。
ものすごく好きな先輩でした。
16年後、大阪で世界陸上があります。
当時よりもっともっと大好きな主人と見に行きます♪
(麦実・新婚13年目)
お、のろけやがって。
結婚しちゃ‥‥ってるのか。
また明日!