HOBO NIKKAN ITOI SHINBUN http://www.1101.com/home.html   あの日 そこにいたふたり サンドウィッチマンと 気仙沼の話を。  伊達みきお・富澤たけし ✕ 糸井重里 2011年3月11日、震災当日、 お笑いコンビ・サンドウィッチマンのおふたりは、 テレビ番組のロケで気仙沼にいました。 そんなおふたりと、 「気仙沼のほぼ日」をつくった糸井重里の対談です。 「糸井さんは、なぜ気仙沼のことを?」 おふたりからそんな質問があったことで、 対談は主に、糸井がお話をする場となりました。 あの日のこと、今日までのこと、そして未来のこと‥‥。 深くうなづきながら、ときどき笑いながら、 耳をかたむけてくださるサンドウィッチマンのおふたり。 すてきな初対面になりました。 伊達さん、富澤さんと、 この先もご一緒できることを期待しつつ、 「はじめまして」の対談をお届けいたします。
サンドウィッチマンのプロフィールはこちら

ことしの3月11日に連載スタートした
伊達さん、富澤さんと、糸井による対談、
『サンドウィッチマンと気仙沼の話を。』は、
多くの方々に読んでいただいたコンテンツでした。
まだ読んでいない方は、最初からぜひぜひどうぞ。

このとき仲良しになったおふたりから、
動画のメッセージが「ほぼ日」に届きました。
「ファンといっしょに出かける東北バスツアー」
のご案内のようですよ。
約2分の動画です。どうぞご覧ください!

ほぼ日ツアーとサンドウィッチマンツアーを連チャンで!
というのはさすがに無理ですけれど(笑)、
こちらのツアーも、たのしそうですねー。

サンドウィッチマンのライブを観られるのはもちろん、
ゲスト陣も賑やかで
おたのしみポイントが満載のツアーのようです。

くわしくはこちら↓のウェブサイトへどうぞ!!


▲お申し込み・お問い合わせもこちらのサイトから

ツアーの旅行期間は、
2014年6月7日(土)〜8日(日)の1泊2日。
この日付は‥‥そう、動画でもお話されていましたが、
「ほぼ日」が主催する、
「マジカル気仙沼ツアー」(6月6〜7日の1泊2日)と、
たった1日だけ違う日程なのです。

「ほぼ日ツアー」と「サンドウィッチマンツアー」が
合流するポイントがないのが、ちょっと残念。
でも、ほとんど同じ時期に
みんなで気仙沼に向かうっていうのは、
なんだかちょっとゆかいなことですよね。

サンドウィッチマン・プロデュースのバスツアーは、
定員が決まっています。
まだいくつか席があるようですが、
定員に達し次第、受付は終了しますので
お申し込みはどうぞお早めに!

「大人の修学旅行」と銘打たれた
サンドウィッチマンのバスツアー、
参加された方は
ぜひ「ほぼ日」にもご感想をお寄せくださいね。

以上、
サンドウィッチマンのおふたりからのおしらせでした!


2014-05-08-THU

 
2014-03-11
なぜ、気仙沼のことを? 2014-03-12
安波山から見えたもの 2014-03-13
なんか…食べちゃう 2014-03-14
サンドウィッチマンハウス、つくろうか。 2014-03-17
サンドウィッチマンハウス、つくろうか。 2014-03-18
サンドウィッチマンハウス、つくろうか。 2014-03-19
最終回 はじめましてで、仲良くなれて 2014-03-20
特別編 サンドウィッチマン プロデュース 石巻〜気仙沼バスツアーのおしらせ 2014-05-08
2007年から続く「サンドウィッチマン単独ライブ」。
お相撲さん姿のふたりがジャケットのこちらは、
2013年の記録をおさめたDVD。
収録されている漫才・コントは“オール新ネタ”。
ファンはもちろん、
サンドウィッチマン・初心者にもおすすめできる内容です。
※本DVDは耳の不自由な方のための字幕付きスペックです。
アマゾンでのご購入はこちらからどうぞ!
ツイートする
感想をおくる
「ほぼ日」ホームへ

サンドウィッチマン

伊達みきお(だて みきお)さんと、
富澤たけし(とみざわ たけし)さんによるお笑いコンビ。
ふたりとも、1974年生まれで宮城県仙台市出身です。
1998年にコンビ結成。
2005年、『エンタの神様』へ初出演。
2007年、『M-1グランプリ』の王者に輝き、
一躍人気者に。

宮城県仙台市の出身で、東北との関わりは深く、
現在は下記の役職をつとめています。
・みなと気仙沼大使
・みやぎ絆大使
・東北楽天ゴールデンイーグルス応援大使
・ベガルタ仙台仙台市民後援会名誉会員
・喜久福親善大使
・宮城ラグビー親善大使
・松島町観光親善大使

サンドイッチマンのテレビ出演情報などは、
おふたりの事務所、
「グレープカンパニー」のサイトでご確認を!

伊達みきおさんのブログ
「もういいぜ!」

富澤たけしさんのブログ
「名前だけでも覚えて帰ってください」

とじる