粕→エサ→肥料→野菜。

──
そもそも酒井さんは、
なぜお米からエタノールをつくろうと
思ったんでしたっけ?
酒井
本当は
生ゴミからエタノールをつくりたくて、
銀行から農大に入り直したんです。
──
宝くじをやっている
有名な銀行にお勤めだったそうですが、
そうですか、
すでに、その思いを抱いて東京農大に。
酒井
はい。
──
日々お札を数えながら、
生ゴミとエタノールに思いを馳せて。
酒井
そうです。
鮫島
どんな銀行員だ(笑)。
酒井
まあ、以前から環境問題に興味があって、
「生ゴミっていっぱい出るなあ、毎日」
と思っていたんですけど、
あるときに、
生ゴミをエネルギーに転換している
東京農大の先生を、テレビで見たんです。
──
それで、その先生のところへ?
酒井
そう、実際に会いに行ってお話を聞いて、
「ビジネスにもなるよ」と言われて。
──
へえ。
酒井
ごらんのように、
すぐにはビジネスにできるような話でも、
なかったんですが‥‥。
──
ご苦労、さまざまありましたよね。
酒井
まあ、苦労はともかくなんですけど、
同じくらいの時期に、
岩手県奥州市の胆沢というところに
休耕田があって、
それを、活用したいって思っている
農家さんがいたんです。

で、穫れたお米はどうするかと考えて、
「アメリカではトウモロコシから、
 ブラジルではサトウキビから、
 エタノールをつくってる。
 だったら俺ら日本人は米からだ!」
「俺たちの米で車、走らせるべぇ!」
と盛り上がって、
盛り上がりすぎてしまって、
アメリカまで見学に行った人たちがいて。
鮫島
おもしろいね(笑)。
酒井
その農家さんたちが
「オレたち、
 お米でエタノールやりたいんだ」って
市役所に言ったら、
その市役所の担当者が農大にやってきて、
「誰か興味ある人いませんかー」と。
──
じゃ、東北に縁があったというわけでも、
なかったんですか?
酒井
ないです。縁もゆかりもなかったんです。

所属していた農大の研究室に、
奥州市から、声が掛かっただけなんです。
あれは、2009年のことでした。
──
僕、東京から「通っている」というのが、
すごいと思うんです。

お子さんもいらっしゃるそうですけれど、
奥州へは、どれくらいの頻度で?
酒井
多いときで1週間に1回、1泊ですね。

それ以上、家をあけちゃうと、
子どもがちょっと、かわいそうなので。
──
ちなみに、休耕田のお米でつくってると、
先ほどおっしゃってましたが、
なんて名前のお米で、できてるんですか。
酒井
つぶゆたか。
──
その品種名は、聞いたことなかったです。
人間が食べるためのお米ですか?
酒井
いえ、餌用ですね。

その名のとおり、
粒が豊かで、たくさん取れるんですよ。
──
たわわに実る、と。
酒井
そのお米を発酵させて、蒸留すると、
エタノールができるんです。

そうやってつくったエタノールを
化粧品原料としてメーカーに売ったり、
自社で製品化したりしてるんです。
鮫島
里奈さんのお仕事のこと、
こうやって
ちゃんと聞いたの、はじめてかも(笑)。
酒井
いつもは、居酒屋で
呑んだくれてるだけだもんね(笑)。
──
なるほど(笑)。
酒井
でね、発酵すると粕がいっぱい出るんです。

お肌にいいので、その粕をもとに、
石鹸とかボディミルクも、つくっています。
──
いっぱい、とおっしゃいますと‥‥。
酒井
1回の仕込みで、
だいたい100キロくらいの粕ができます。
鮫島
100キロ!
酒井
石鹸やボディミルクにする以外の粕は、
ニワトリに食べてもらうんだけど、
今、何羽くらいかな‥‥
300羽くらいで、2週間くらいかけて。
──
100キロの粕を。
酒井
そう、ドロッとした液状なんですけど、
これが、めちゃくちゃ人気なの。
──
行列のできるエサ。
鮫島
ニワトリが行列(笑)。
酒井
そうそう、もう、大人気なんです(笑)。

そのエサが来るってわかると、
ニワトリたち、
鶏舎でスタンバイをし出すくらいだし、
乾いたエサは苦手なんですけど、
粕をかけると、
もう、よろこんで食べてくれるんです。
──
そんなにおいしいんだ‥‥米の粕。
酒井
で、そのニワトリたちの産む卵が、
こんどは、
地元の「人間」に大人気なんです。

農家のおばさんがお菓子をつくったり、
地元のカフェでプリンになったりして。
──
うまく循環してるんですね。
酒井
さらに、粕をエサとして食べていると、
フンがくさくならないんです。

そのために、フンが、
米や人参、ブルーベリーなどの栽培に、
肥料として使えるんです。
──
さらには、
農家の人たちに人気の肥料になる、と。
酒井
で、そこで栽培されたものの、
かたちが悪くて出荷できないハネ分を、
うちでエタノールに漬けて、
エキスを製造したりとか、しています。
──
みごとに無駄のない仕組みですね。
酒井
捨てるものは、ほとんどないです。
──
酒井さんが岩手で事業をはじめて、
今のサイクルをつくりあげるまでには、
どれくらい‥‥。
酒井
はい。7年、です。

<つづきます>

2017-05-18-THU